2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【代理母】本人の希望尊重を - 朝日新聞

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:04:03 ID:8WbZruST0
【天声人語】2006年10月18日(水曜日)付

ここはどこだろう。まっくらだ。ワタシがだれなのかもわからない。まわりには、
ワタシのようなものはいないようだ。これから、どうなるのだろうか。▼てがかり
は、とおいかすかなきおくにしかない。いつかどこかで、ふたつのものがあわさっ
てワタシというものがはじまったようなのだ。まだみてはいないが、このそとには、
せかいというひろいところがあるらしい。そこには、オトコといういきものとオン
ナといういきものがいて、それがであってあたらしいいのちができる、ときいたき
おくがある。▼ワタシは、ひにひにおおきくなってきた。せまいこのばしょではき
ゅうくつだ。そろそろ、せかいのほうにうつるころなのだろうか。▼「カッパ」と
いういきもののせかいでは、そとへのでぐちで、きかれるそうだ。アクタガワリュ
ウノスケさんによると、チチオヤが、ハハオヤのおなかにむかっていう。「おまえ
は、このせかいへうまれてくるかどうか、よくかんがえたうえでへんじをしろ」。
「いやだ」といえば、でなくてもいいらしい。▼あれあれっ、そとへおしだされそ
うだ。すごいあつりょくだ。だれも、でたいかどうかきいてくれない。きかれても、
なんといえばいいのかわからないが、きかれないのもちょっとさびしい。▼ついに、
そとへでた。ひかりがまぶしい。あたらしいせかいのはじまりだ。からだに、ちか
らがわいてくるようなきがした。ワタシをあのくらいところではぐくんでくれたオ
ンナのひとが、ワタシのハハオヤのハハオヤだとは、まだしらなかった。

http://www.asahi.com/paper/column20061018.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 11:47:35 ID:G0L0/AdG0
狂ったのかとオモタwww

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:00:14 ID:3ODmNy61O
くれいじー

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:37:16 ID:aeABtj+90
ようするに、まだ非難していいのか、非難する輩を非難していいのか、判断つきません、ってとこだね。
わけがわからない、どちらともとれる、というより意味があまりない、そんな文章。
例えば私が今ここで何気なく、思いつくままに打ち込むこの文章では金をもらうことは当然出来ないが、
この天声人語を書いた輩はこれでお金をもらって生活しているわけだ。
そこに誇りを感じ、責任を感じ、使命を感じているのなら、こんな事恥ずかしくて書けないだろう。
恥ずかしくてOK出せません。
なによりも芥川龍之介の子孫は(いるのなら)訴えるべきだね。
これはひどすぎる。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:37:51 ID:g2jsRWrF0
〜2ちゃんねらの予言 ここはどこだろう編〜

数日以内に天声人語に「弁解コラム」が掲載されます。それは元記事の飛ばし方からは
一転して穏当で常識的な社会人の文体に徹したもので、全体を貫くトーンはよく言えば
謙虚、悪く言えば卑屈、要するに「あれは一つの表現手法でした」「代理出産に対する
問題提起をしたかった」「もちろん分かってて書いたものです」ということを理屈をこねて
強調する往生際の悪いコラムになるはずです。
弁解コラムを掲載することになる動機の一つは内的なもので、一言で言えば数日たって
読み返してこみ上げてくる恥ずかしさに天声人語子自身が耐えられなくなったというのが
原因です。だったら最初からあんなの書くなよ、という声が聞こえてきそうですが、誰しも
思春期に「創作のおと」を作成して恥ずかしい文章をしたためた苦い記憶があるはず。
四十、五十になってそれをやるとはさすが朝日の記者と笑って許してあげましょう。
動機の二つ目は外的なもので、読者、とりわけ朝日新聞を熱心に読んでいるような
「進歩的で教養のある読者」からの批判に応えざるを得なくなって、というものです。

それはたぶん、こんな感じの文章になるはずです。

母親の母親から「誕生」する子供の人生とは、いったいどんなものだろう。これまで
誰一人として経験したことがなかった新しい「生のかたち」を見つめたい。生まれて
くるその子供の身になって誕生の瞬間のひとこまひとこまをできる限り細かく想像
してみることで、その本質の一端に触れることができないか。そんな想いを込めて
18日付け小欄を書いた。▲生命誕生の神秘。その神秘に限りなく近づいていこう
とする近代医学の執念。そこから生じる葛藤、悩み、喜び、苦しみ。その中心に
「にんげん」がいることに変わりがあろうはずがない。▲小欄の記事に対して、多く
の読者から反響を頂いた。生まれてくる子供やご両親に対しては、細心の配慮が
求められるのではないか、との指摘に対しては襟を正して謙虚に向き合いたい。
言うまでも無く、代理出産という技術的な問題の是非と、生まれてくる子供の人生
の尊さとは全く別の問題である。万が一にも、子供に対する社会的な差別が助長
されるようなことがあっていいはずはない。▲「生と性」。人類永遠のこの二つの
テーマに対して、今ほど根源的で深い議論が求められている時代はない。だから
こそ、私たちもこのテーマに対して、さらに深く考えてゆきたい。それは今を生きる
私たち自身の未来につきつけられたテーマなのだから。


6 :4:2006/10/19(木) 00:43:18 ID:aeABtj+90
>>5
僭越ながら一部推敲させて頂くと、「生のかたち」の部分は、無駄にカタカナで、「生のカタチ」となると思た。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:46:24 ID:g2jsRWrF0
>>6
採用!

修正しました。

母親の母親から「誕生」する子供の人生とは、いったいどんなものだろう。これまで
誰一人として経験したことがなかった新しい「生のカタチ」を見つめたい。生まれて
くるその子供の身になって誕生の瞬間のひとこまひとこまをできる限り細かく想像
してみることで、その本質の一端に触れることができないか。そんな想いを込めて
18日付け小欄を書いた。▲生命誕生の神秘。その神秘に限りなく近づいていこう
とする近代医学の執念。そこから生じる葛藤、悩み、喜び、苦しみ。その中心に
「にんげん」がいることに変わりがあろうはずがない。▲小欄の記事に対して、多く
の読者から反響を頂いた。生まれてくる子供やご両親に対しては、細心の配慮が
求められるのではないか、との指摘に対しては襟を正して謙虚に向き合いたい。
言うまでも無く、代理出産という技術的な問題の是非と、生まれてくる子供の人生
の尊さとは全く別の問題である。万が一にも、子供に対する社会的な差別が助長
されるようなことがあっていいはずはない。▲「生と性」。人類永遠のこの二つの
テーマに対して、今ほど根源的で深い議論が求められている時代はない。だから
こそ、私たちもこのテーマに対して、さらに深く考えてゆきたい。それは今を生きる
私たち自身の未来につきつけられたテーマなのだから。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:48:51 ID:TIXABpAc0
976 :文責・名無しさん :2006/10/18(水) 18:32:58 ID:ChObcz0u
>>867
>ワタシをあのくらいところではぐくんでくれた
>オンナのひとが、ワタシのハハオヤのハハオヤだとは、まだしらなかった。

ハハオヤだろうと、ハハオヤのハハオヤだろうと、
いのちをはぐくむことにおいては、なにもかわりがない

と言いたいのだろうけど…。

「オニババ」擁護支援天人だな。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032664/

むかいあきなんてのは、もう、「オニババ」にしか見えんゾ。w

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152417004/976

9 :6:2006/10/19(木) 00:56:29 ID:aeABtj+90
>7
結局、何が言いたいのかわからない、どっちつかずの駄文で2日分潰すわけだね。
新聞に広告掲載すると、あの社説分のスペースでもかなりの額になるんだよね?
それを何も考えずに2日分無駄にするとは。「言葉のチカラ」って恐ろしいね〜。
「言葉には人を救ったり、勇気を与えたりするポジティブな力もある。だから、
朝日新聞は言葉の力を信じている」そうですが、今回の天声人語では、少なくとも、
勇気は与えられなかったし、誰も救われなかったね。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 00:58:58 ID:jf/zJfRA0
>>7
オマイ、明日にでも朝日新聞に入社できるよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 04:30:28 ID:tubc4MPq0
>>10
最高の侮辱ですねw

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)