2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仮説:某国Aと国際政治機構の10年

1 :匿名:04/12/22 20:35:28 ID:w2zFglEB
この制止不可の状況が続く某国Aと、それを取り巻き、この状況を
かもしだしている国際政治機構の状況を法廷工作の実況を交えて議論する。

2 :匿名:04/12/22 20:37:24 ID:w2zFglEB
【抗争か和平か?】

抗争か?和平か?が現場で話題になっている。
実際に捜査になったようだ。
抗争でしか成し得ないことがあるようだ。

3 :匿名:04/12/22 20:43:07 ID:w2zFglEB
石油に絡む地域での紛争が多い。

本ケース(後述)とは並行して、UN絡みの腐敗・癒着の
公開済みの捜査として
「Oil for food」事件が上がっている。

捜査対象も本件と共有している。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 20:43:08 ID:0kTCf7Uz
ヤクザじゃねーんだから「抗争」じゃなくて「紛争」がいいんじゃないか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 20:44:56 ID:0kTCf7Uz
「本ケース」と「本件」は同じだろ?ごちゃまぜだと混乱するぞ。

6 :匿名:04/12/22 20:45:16 ID:w2zFglEB
ここで本件と言うのは、

・世界的な障害行為
・世界的な撹乱行為
・国際的な法的不正処理の構造追及
・国際政界での癒着

を含む。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 20:47:54 ID:0kTCf7Uz
「法的不正処理」じゃなくて「不正行為の法的処理」だべ?あとは意味がわからん。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 20:52:06 ID:0kTCf7Uz
もうヘタレ発症か?

9 :匿名:04/12/22 20:52:54 ID:w2zFglEB
この件は、「Oil for food」に負けない重要性があり、
国際政界での強力なファクターになっています。
関係者・有識者で疑問があれば質問してください。


10 :匿名:04/12/23 18:21:49 ID:Rl0LBjzr
>

11 :匿名:04/12/24 11:27:01 ID:f4HtPML+
審査動向

米国人は、
「国際政治機構リーダが、約束したことをやるのを待っている。」
と言って、審査を諦めようとしない。


12 :匿名:04/12/24 18:24:15 ID:f4HtPML+
カーター時代への言及の断片

「まけてもらった」
「相手が何を欲しているのか分かった」
「でも、これで今まで国際政界は進んできた」
「〜は上手かった」


13 :匿名:04/12/25 02:32:24 ID:gfKfkyJW
アメリカが日本国内の件の処理しない理由について
言及を拒んでいる。

14 :匿名:04/12/25 02:32:57 ID:gfKfkyJW
訂正

言及をー>供述を

15 :匿名:04/12/25 02:38:43 ID:gfKfkyJW
どうも、この供述を最後まで取っておきたいようだ。

16 :匿名:04/12/25 18:51:42 ID:gfKfkyJW
それにしてもアメリカ人のしつこさ、いやらしさには、あきれる。

いくつか、状況が伝わっている。
・周囲の機関が脅迫をエスカレートさせているが、その人員に言わせると、
 「おれたちは、アメリカがひっくり返らないためにやっている。
  N(元大統領配下NSA/FBI)の中にいる人物がきっかけを言うのを待っている。」
・アメリカ国内で、法工作を匂わせる何かを隠し・保持しているらしい。
 (と言うことは、アメリカの確信性が高まる?)
・ICBと現場のたかり人員が言うヨーロッパ寄り機関が、
 たかり人員を確保していたが、そのICBの保護をアメリカが約束していた
 のが発覚して、強制撤収されている。

どうも、現在、以上の結果から、国際政治機構リーダに
この件の確定を促しているようだ。
(詳細不明)

 

17 :匿名:04/12/25 21:21:16 ID:gfKfkyJW
現場人員は無線に執拗にへばりついたまま、
何かを待ちつづける体制のようだ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 21:25:09 ID:???
おいい
なんだか名スレの予感がするぞw

>1のコテハンが(・∀・)イイ!カンジ!

それからついでに、












キティク死ね!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/25 21:27:22 ID:???
キティク※英しね

20 :匿名:04/12/26 17:42:01 ID:9ctuH64L
現在、米国が執拗に審査に固執し、引き伸ばす傾向がある。
既に米国内で用意してあるものも判明、国際政治機構リーダに
判断を促している段階である。
「時間を与えず、出口を閉じてしまえばいいじゃないか?」
と言ったところ、
「どうせ、こいつらはやらないんだ」
「J(現場では米国DOJの意)に確認してくる」(NATOの人員(親玉))

これらの会話から、NATOと米国DOJの関係を窺わせる。



21 :匿名:04/12/26 17:42:29 ID:9ctuH64L
ところで、ブリュッセル(NATO本部)からの米国提訴は、
何の意味があったのだろう?

22 :匿名:04/12/27 02:25:09 ID:cxL0WxPv
今、パレスチナ問題に関して、以前の和平に関する平和ノーベル賞に
ついて話題にしたところ、
「そこにいる人たちが、宿敵だった」等と言う発言があった。
関係者で内容を確認いただきたい。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/27 02:28:27 ID:EHx245ns
>>21


24 :匿名:04/12/27 02:44:27 ID:cxL0WxPv
公的にはイラクに関して、合意無しのアメリカの介入だが、
どうも、その背後での実態はそのレベルが違うようだ。
情報公開的行動と実態とではレベル差があると言うことになる。
なぜだろう?
現場では、「それで、UN」と言っている。
現状に関して、様々の段階を経ている。
どう言う手段を取って、しかも、何を目的としていたのか?
課題だ。

25 :匿名:05/01/06 21:43:42 ID:Q6UymDnY
年末から無茶な無線操作の影響で
意識がふらつきがちだった。

26 :匿名:05/01/06 21:50:54 ID:Q6UymDnY
【情報規制とUN/NYトップ(+接続?)】

現在、審査と主張する不正処理により、
処理が停滞している。
処理に加え、政界犯罪に関する情報規制元としてUN/NYトップ
(当方には詳細不明)が、言及され始めている。

当方に入っている情報としては、
-先の情報規制
-配下の審査/証人脅迫指導米国警察機構グループ
 (現場でも現に証人脅迫/拷問を指導し、NY軍団と称している)
-詳細不明のコネクション
などがある。
関係者でも調査願いたい。


27 :匿名:05/01/08 00:53:02 ID:3MScqEKy
v

28 :匿名:05/01/10 18:58:03 ID:PIvCtlFQ
【この期に及んでの同業他社関連会社からのたかり人員】

本日、判明したことで非常に憤慨させられ、一流企業とは思えない
反モラル的行為があった。
某同業他社関連会社から、現場にたかり人員が出ていたことが
判明した。

建設的な態度の私に対する侮辱、しかも違法行為であることに
非常に憤慨している。
上記の状況に関して、また、社会的なモラルを鑑みて、
私が考案した方式/特許の使用、活動に関しても承諾しかねる
状況だ。

関係者でも調査願いたい。
この一大事件の収束段階において、たかり行為を行う人員が
関連企業にいることを、
一連の証人恐喝事件の最中の行為として、法廷で議題として上げて、
検証するべきことを要求する。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 19:13:52 ID:7AovU92V



30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 19:19:07 ID:7AovU92V
なかなか証人恐喝/審査がおわらないが、
米国は、「こうすれば、うやむやにできる」として、
各機関に証人恐喝の関係者を送りつけていたようだ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 19:39:58 ID:1cLRLXZe
日本人を買って、恐喝が続くことについて、
なぜそう言う方法を取る?と言う質問があったが、
「こうしないと、ある日本人の責任にできない」
と答えているようだ。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 19:41:50 ID:1cLRLXZe
しかも、これが続く理由として、
「最初の約束を維持する」、と言う取引があった。
その意図として、
「アメリカを逮捕させる代りに、〜」(後不明)
関係者でも注意しておいて欲しい。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 03:53:05 ID:hVOlPtcE
たかり人員の処理を要求したところ、
新たな人員を導入して、たかり・拷問を始めたようだ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 04:07:10 ID:hVOlPtcE
上の投稿に対して、
「最初から拷問行為をしていた人員だ」と主張しているようだ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 07:49:21 ID:hVOlPtcE
「やつは聞いてる」

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 22:49:32 ID:kvXT5cO+


37 :匿名:05/01/22 02:58:11 ID:+N7pukyv



38 :匿名:05/01/24 22:00:50 ID:fGW0aTL8
>


39 :匿名:05/01/25 19:07:00 ID:N9HC4K8C
この国際的にこの状況を取り巻く原因として、
ICJ/ICCの中のDocketに上がっていると言うのだが、
何だろう?

40 :匿名:05/01/29 02:01:14 ID:1CuXyYNK
>>21
確か、ブリュッセルから米政権を提訴したんだけど、門前払いになった
状況がニュースに流れた事があったと思うんだけど。ぼくも再検索してみなきゃ。
さらにその後の関係者の動向が、色々あったらしい

41 :匿名:05/01/29 02:04:04 ID:1CuXyYNK
最近、政策?犯罪?の議論を通り超して、
NYとの癒着の話題が蓄積されがちだ。
そちらが捜査を先導しそうな雰囲気すらある。

42 :匿名:05/01/29 02:11:03 ID:1CuXyYNK
ところで、
昨年の米国の9.11パネルは、NATOの関与を察知したらしい。

43 :匿名:05/02/03 18:48:54 ID:6g9gVcFt
>


44 :匿名:05/02/07 04:52:58 ID:8Q9XJLid
>


45 :匿名:05/02/07 04:58:06 ID:8Q9XJLid
この事件は、近々、情報公開になる模様だ。
関係者でも、監督願いたい。

46 :匿名:05/02/09 20:54:39 ID:3nZ+++EL
>


47 :匿名:05/02/11 19:35:33 ID:C1Fsgpit
憲法改正に必要な国民の同意、に対するアメリカ人たちの反応

私が「憲法改正には国民の同意が必要」と言うと、
アメリカ人たちは驚いていたようだ。


48 :匿名:05/02/13 09:21:38 ID:TDCozYln
「既に韓国は不参加を表明していた話だから、
あやしい話しだった。」


49 :匿名:05/02/22 18:19:33 ID:7hR0bd/K
審査を主張し、執拗にたかり/立てこもりを続ける人員は、
「P5(常任理事国)がすってんてんになる!」を連呼している。
この審査に関しては、様々な事件が引っかかっているが、
先に関して「取引き」と、言及している。
現場は、先のような例の人員の連呼に関らず、その内容について
取り調べていないが、外部からその状況について取調べを強化いただきたい。

50 :匿名:05/02/22 18:42:54 ID:7hR0bd/K
「P(米国、ペンタゴン)がP5の雇い主」
「米国にやらせている」
の供述がある。
(乗ったやつが悪い。)などについては、
(「じゃあ、何なら良かったんだ?」)に関しては、
「人命に関らないこと」
「人命に関ったことはだれ?」
「全て、UN内のの暴力組織」


51 :匿名:05/02/22 19:14:02 ID:7hR0bd/K
一連の事件で市民を盾にしたがる人員が、
どこかに隠れているらしい。
どうも、密室では、取引きを始め、いろいろ隠蔽下で、
行われているらしい。
強力に解体、調査しなければいけない。
アナン国連事務総長の任期中のタスクとして「UNのリフォーム」が
上げられていたが、
様々な「今まででは考えられない粗末」な事態が発生している上、
この審査でも、犯人の売り買い、それの追跡(いわゆる泳がせ)をもって、
UNの改善、と称する人員が行動(米国まかせの様子)している。
こんな状況で良いのだろうか?

52 :匿名:05/02/22 19:18:44 ID:7hR0bd/K
「ぎったん、ばったん?」

現地の連中の間では、分かりきっているのだが、
僕からは、具体的にどの機関をさすのか分からないので、
何の意味かわからないものがある。
一連の事件で、「ある機関とある機関を上げたり、下げたり」を
繰り返しているらしい。その中核が何なのか、関係者で調査いただきたい。


53 :匿名:05/02/22 19:20:49 ID:7hR0bd/K
(なお、これは、ある国際刑事事件を通報した結果、
審査と称し、裁判を差し押さえて、処理を個人証人恐喝に
置き換えようとしている一派からの供述・状況を記録したものです。)

54 :匿名:05/02/26 16:58:45 ID:H3E1v89/
>

55 :匿名:05/03/03 20:24:48 ID:MmkUZWsr
>


56 :匿名:05/03/10 21:15:57 ID:4b5i7jro
今、本件の処理に関して、
国連事務総長がなぜ、何もしないのか?
なぜ、アメリカに任せてしまうのか?
について問題視している。

57 :匿名:05/03/11 01:34:39 ID:1F/0WLVr
最近、たかり行為が執拗なのだが、
外からの撤収を拒みつづけているようだ。


58 :匿名:05/03/11 01:39:07 ID:1F/0WLVr
「アメリカが絶対に処理しない理由に、
「本部長寄りにがんばってもらわないと、自分達の立場が
弱くなってしまう」と言うものがある。」
の供述あり。確認要


59 :匿名:05/03/15 23:42:18 ID:RYs8FaQu



60 :匿名:05/03/16 19:14:39 ID:JABzLEsT
【裁判直前に事件を脇にそらそうとする工作が発覚】

裁判直前になって、事件を脇にそらそうとする工作が発覚したようだ。
この期に及んで、人員を拡散しているようだ。
より強固な、監視が望まれる。

それにしても、最高裁は事件を知りながら、対処する意思があるのか?

61 :匿名:05/03/16 19:15:46 ID:JABzLEsT
【P5よりの最高裁?】

どうも姿勢として、最高裁はP5寄りの様子が伝わっている。

62 :匿名:05/03/16 19:19:25 ID:JABzLEsT
私は、アルバイトする傍ら、元の会社の仕事を見て、
さらには、事件の展開まで神経をつかわさられる忙しさだ。



63 :匿名:05/03/16 19:19:57 ID:JABzLEsT
周囲政界・地方行政でも監視を強めてもらいたい。

64 :匿名:2005/03/22(火) 17:50:48 ID:7qd65hRU
【常任理事国入りアジア国について】

2国の内、アナン国連事務総長が言う通り、
一国は日本のようだが、あともう一つはどこ?
と言う議論があった。
果たして、自由経済国アジア代表としての日本を
一国出して、もうひとつと言うのは、有効だろうか?
それなら、オセアニアに飛ぶが、オーストラリアが
発言力として有効なのでは?

65 :匿名:2005/03/31(木) 23:24:19 ID:YbEEx9ZC
【国際政界シナリオ陣営と米国C.I.Aの関係.】




66 :匿名:ヒジュラ太陽暦1425年,2005/04/02(土) 18:04:10 ID:O4GCEqro
【未だに審査=不正処理から開放しない最高裁】

通報してから、審査と言う不正処理に巻き込まれているが、
これは、通報を受けながら、即時、事件の処理、市民証人の
保護を行わない法廷の不手際として罪を問うている。
また、審査側=不正処理側の言動からして、
審査以降の供述に関して、個人が証言することは、
不正処理の可能性を開く可能性として、判断される。
また、既に法廷が通報を受け取り、取調べに当たる責任から
不必要な行為である。
従って、不正処理の可能性を防ぐ観点からも、また、不必要であり、
それが法廷の責任であり、個人の不利益であることからも
審査以降の現場で見ても聴いてもいない事の供述を押し付けられた
事に関する証言は行うつもりは無い。


67 :匿名:ヒジュラ太陽暦1425年,2005/04/02(土) 18:13:21 ID:O4GCEqro
また、審査以前の事件に関しては処理が済んでいる。
結果として、個人としては審査以降の国際事件とは関係が無い。

そこで、国際事件を排除した条件で、最高裁に開放と、
資金の返却を即時、執り行うように要求しているのだが、
具体的行動に出ない。
外からも、対個人に対する被害としても、法廷の責任追求を
 具体化していただきたい。
(周囲に徘徊させている人員で、小言や、不鮮明に話し掛けている
 (空耳とも取られかねない)行為が多いのも要注意だ。
 個人として隔離して、事件処理から遠ざけている状況を何としても、
 解決したい。)
多いのも
 気になる。
 )

68 :匿名:ヒジュラ太陽暦1425年,2005/04/02(土) 18:15:56 ID:O4GCEqro
【事件が存在する証拠】
個人を処理から孤立させているようだが、
実は事件が存在する具体的な証拠を持っている。
たかり人員が、当事者しか知らない事実(ネットでも未公開)
を明らかにして、ネットで攻撃してきたことがある。
(国家公安委員会にも通報済み)

69 :匿名:2005/05/22(日) 21:48:49 ID:DyRdh+fe
?

70 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

71 :匿名:2005/08/20(土) 17:52:28 ID:Nw87J5KF
?


72 :匿名:2005/09/04(日) 20:08:10 ID:aLHTjJyr
「責任転嫁でしか、成立しない法廷は存在するべきではない」
の評価が出ている。
もうそろそろ、Oil for Food捜査のコースになりそう。

最近、NHK-BSで
アメリカをめぐる疑惑
「テロとの戦い」
(演出された善悪の戦い、など核心をついている。
 これを見て、一体誰が今のアメリカ政権を信用するだろうか?)
「アメリカは何故戦うのか?」
「The Carlsons」(ちょっと古いかな?)

が放送されていることから、”これから何かありそう”



73 :匿名:2005/09/04(日) 20:12:53 ID:aLHTjJyr
ところで、アメリカとつるんでいる日本検事達は、
第一期小泉政権で発生した恐喝事件を核に、
同様構成の審査(コントロール下証人恐喝での主従関係の
既成事実化工作)を行っている。(この企業恐喝自体、アメリカからの
要請によるものだ、との供述がある。)
それをアメリカは日本の責任にしたがっていたようだが、
「いくらなんでも、日本では無理」
と言われてしまったようだ。


74 :匿名:2005/10/18(火) 09:28:51 ID:I3NisOAo
【アナン・国際連邦思想は崩壊寸前】

アナン陣営が推し進めようとした国際連邦は、
民主主義の言い換えの
内政干渉的な体制構築、
密室での列強間のカードのやり取り、
癒着傾向の増徴、
などで、崩落寸前のようだ。



75 :匿名:2005/10/20(木) 18:47:26 ID:UlkuX0U7
小泉首相の靖国参拝に起因して、
アジア周囲の反感を危惧。
アジア経済区域での日本のリーダシップ危機を懸念。
中国寄りの傾向になる可能性あり。
(さらにはP5寄り)
さらにはG4計画にも影響を懸念。
これに関して、
「先ずは国際連邦」の発言があった模様。
現行のP5、アメリカ集権体制と、G4体制=経済区域+民主制
との関係の移行が心配される。

確認要



76 :匿名:2005/10/21(金) 15:51:04 ID:fbGCNO3E
本事件について、一通り出た様子なので、これから事件の始まりから振り返ってまとめてみようと思います。

77 :匿名:2005/10/21(金) 19:56:32 ID:UBVrOSyt
****************************************************************
* 総括編
****************************************************************
本スレは、先に述べたとおり、ある政界不正事件に巻き込まれた「みお」(仮称)が
国会議員寄りの警察人員の不審な行動を国際的法機関に通報した事から始まります。
これらを含めて関連事件を国内、国外で通報したにも関わらず、法廷での事件処理に
法・警察機構が動かない事から、国際レベルでの法的不正処理機構が発覚、前回の
通報の更にも増して、広範に通報したことで現状の小康状態に至っています。

この国際的な政界保護のための不正処理機構(シンジケート)は、最近の
諸事件・不審な社会動向に影響を及ぼしています。

その仕組みを自分の首をしめる形でしか逃げ切れなくなったシンジケートは、
ほとんどの仕組みを露呈、米国・NYへの集権を続ける国際政界の狙いを
明らかにしてしまいました。
これを機会に(これとは別に、法処理前の関係者の動向・供述を無脚色に通報している
事もあり)、事件の発端から振り返って、シンジケートの軌跡・狙いをストーリーを
交えて記録します。

78 :匿名:2005/10/21(金) 20:31:03 ID:UBVrOSyt
■プロローグ

-現在
 今、私(みお)は、数年前に事件に巻き込まれた上、違法に追い出された
前勤務IT企業を相手取っての、裁判準備に追われています。
個人的にも、このような奇妙な状況に追い詰められるとは思いもしませんでした。
このような個人レベルでの不条理な現在に対抗すると同時に、国際レベルの事件を
周囲に働きかけながらも、問い詰めていくにつれ、国際社会でも特定集団(シンジケート)
の利己的な誘導の結果が具現化していく事に危機感と、正義感を交えた対抗意識に
駆られます。

−何故、国際政界-EUですら-先制攻撃を唱え、非協調的にユニラテラリズムを
 を標榜した結果のアメリカの制止を怠り、アメリカへの利権集中を許してしまうのか?
−P5(常任保証5理事国)体制から脱却、国際レベルでの経済区域代表を選出するG4構想が、国際政界を
 席巻し、全力で進もうとしないのか?
−アメリカを始め、なぜ、あのような無茶な企業買収が成立してしまうのか?
 また、日本でもそのような危惧は無いのか?
−世界的な経済の不活性は何故なのか?
−小泉首相による靖国参拝は、アジア諸国の反感を買い、G4構想下でのアジアでの
 リーダーシップに影響を与えないか?むしろ、P5-中国に益しないか?

国際政界は本当に、グローバルな自由経済社会の均質な開発と成長に献身しているのか?
国際連邦が本当に、グローバルな民主政治の成長、堅牢化を達成するのか?
に考えを悩ませてしまいます。

79 :匿名:2005/10/22(土) 08:55:45 ID:TA1j5rY6
私は経済区域によるグローバルな民主政区域の制定と、
各経済区域での経済の発展・開発を主張しています。

区域としては、EU、アフリカ、アジア、オセアニア、北米、南米、ロシア、
中国、中東。。。

この区分での民主政の確立、経済発展、人・物の流動化によって、相互作用的に
区域社会の発展を担います。石油・地下資源の分割もこの区分での分配を考えます。

アジア経済区域での第一経済/工業国である日本には、同経済区域を統括する
本部が置かれ、インド等の発展途上国の開発を含めた政治・経済の発展に尽力します。

人も政府電子認証局で管理する電子パスポートを用いて、流動的に区域内を
移動します。

日本にとっては、一例を取っても、工業・情報通信の分野で莫大な市場と
成り得ます。

80 :みお:2005/10/22(土) 09:13:17 ID:TA1j5rY6
■依然続く脅迫活動
今朝も裁判を前にした常設たかりグループによる脅迫が続いている。大概は、
出来の悪い人材派遣会社の事務手伝い女たち(前科有りや、精神障害)で、
警察機関の一部が採用し、出入りさせているらしい。連中は精神の弱さ・狭さから、
被害妄想と現実逃避の傾向を持ち、許されたたかり行為に執着する習性を持っている。
使っている連中も、それを承知で利用している。
受刑者と裁判の国際政界差し押さえによる、事件差し押さえはシステム化している
らしい。

81 :みお:2005/10/22(土) 09:21:32 ID:TA1j5rY6
頭部に埋め込まれたフィルムのパッシブアンテナも、かなり消耗したので、
有害電波攻撃は大分減ったようだ。これは、私だけではなくて、アメリカでも
FBIが麻薬取引の不正で証言台に立ち、同様に(彼は金属製)頭部にアンテナを
埋め込まれ、拷問に等しい攻撃を受けているらしい。
私は2000年5月に宿泊先のホテル(小田急線湘南台駅近傍)で就寝中の襲撃を
受けている。薬物を打たれ、アンテナを埋め込まれた。薬物に関しては、
科捜研の指示で大量の水分で尿として流したため、何とかやり過ごす事が出来た。

82 :みお:2005/10/22(土) 14:33:05 ID:TA1j5rY6
先にも述べたとおり、前勤務IT企業相手の係争も法廷に運ぶように具体行動を
起こしている。
その延長上に現れた国際事件も、国会議員寄り検事が企んだ、国際政界不正処理の
個人恐喝への変換と隠蔽化工作も失敗、そのずさんな政策への非難から、再度、
国際政界の審議を受けようとしている。
このスレも通報用に未脚色に投稿したため、断片的で難解だったが、その節々で
現状に合致するため、注目を受け始めたようだ。(実際、「国際」「癒着」「政界」で
調べても検索エンジンで結構上位になってしまう。)

この数年、奇妙な状況に巻き込まれ、今、国際事件の渦中にある。
脱出口をなかなか見つけられず、傷害事件も数度受け、脅迫にも非常に
精神的にも疲弊したが、諸機関(非P5-NATO諸国、国際報道機関)への通報
によるシンジケートの脅迫工作の沈静化を経て、この投稿による一般情報公開の
効果が出て、衆目を集め始めている。やはり、本政策を非難する一派も言っているが、
特定利益に偏り、その工作が一般市民に影響しすぎているのも、結果を導いていくだろう。
アメリカ人の中には「シーリングが下がっているんだ」と言う表現を使っているが、
まさしく、私のように多少なりとも政策レベルの計画に携わるようになると、
そのような裏工作の表面化である事件に巻き込まれる可能性すら出てくるようだ。

これから基本的に時系列で事件を復習してみる。

83 :実況:2005/10/25(火) 10:35:11 ID:QnKqPEOB
今、NATOとの関係にこだわる安保理に話題が集まっている。
やはり、2001年のあの事件と法案の通過には安保理が関係している、との供述がある。
一連の工作の裏固めとしてNATOの合意を取り付けたつもりだったのだが、ここまで広く露呈するのを想像していなかったらしく、ローカルでひそかに行われたようだ。
安保理の主張は通るか?

84 :みお:2005/10/25(火) 18:43:29 ID:VnbH6SVQ
******************************
*本文(1998年夏〜)
******************************\

85 :みお:2005/10/25(火) 19:40:34 ID:VnbH6SVQ
1998年夏当時、全勤務IT企業からの海外派遣で私はカナダにいた。
私としては、非常に不満のある海外派遣であり、
2年前に乱暴にも直前に取り上げられた、大学への学術的な留学でもなければ、
具体的で理論的対策のまとめを迫られている高速回路設計技術の開発研究目的でも
なかった。
当時、上司だった人物は人材育成に不熱心で、周囲からも評価の低い人物だった。
学術的なアプローチに不誠実で、その場の事態の先送りに傾向している。
実際の学術的なアプローチは、その職場からは出て行ってしまった(追い出された?)
人たちに、礼儀知らずにも丸投げにされている。
そのような人物に有能な人材育成に優れるわけでもなく、それができないからには、
組織的にも作業者的な物に成るしかない。当然、将来、組織技術力の改善と実力による
設計技術リーダとしての研究開発部門を具体プラン化する私としては、当時も、好まないタイプだ。

翌年、私の帰国後、彼の嘘をつきながら、事実を捻じ曲げる言動自身、むしろその方法論自体が
刑事事件の探求につながることになる。

86 :みお:2005/10/25(火) 19:48:33 ID:VnbH6SVQ
私は最近特に、また、以前からも運命論者的な考えを内に持っている。
個性を強く放つ人物には、何かしら、運命が良い面でも、また、はた迷惑な面でも、
特殊な意味を持つ事象が引き付けられる物だと思う。
先の元上司の行動も、後日、その接続に事件の関連性をもち始める。

私が、このような板ばさみにされた状況で、不本意な北の赴任地であるカナダで、
困惑している一方で、国際事件的にも、やはり、一連の事件・工作の重大なきっかけである大事件が
勃発していた。

87 :みお:2005/10/25(火) 20:05:17 ID:VnbH6SVQ
■コソボ紛争(1999年3月〜

コソボ紛争(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%83%9C%E7%B4%9B%E4%BA%89
コソボ情勢(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/yugoslavia/cosv/josei.html


88 :みお:2005/10/27(木) 18:19:55 ID:LWY+X4aJ
■ユニラテラリズム(=アメリカ独裁主義→国際連邦)+帝国主義(植民地時代)
       VS
 グローバリズム(G4ベースの経済区域管轄による均質な社会向上・経済開発)

グロスにどれくらいの公益の差が出るか、試算すると面白いだろう。

89 :みお:2005/10/27(木) 18:29:13 ID:LWY+X4aJ
ソマリア    (積極的介入で、そこそこ成功?)
  ↓
コソボ     (やり過ぎの空爆)
  ↓
東チモール  (介入の遅延に対する避難)
  ↓
(NATOが最初に唱えた積極介入主義者の台頭?)
  ↓
9・11->アフガン->イラク (公然の工作・茶番劇)


90 :みお:2005/10/27(木) 18:30:34 ID:LWY+X4aJ
(本文の執筆は多忙により、調査・情報収集も兼ねて、休憩中)

91 :みお:2005/10/27(木) 18:51:38 ID:LWY+X4aJ
1998年、ICC-Rome statute
→国連PKO下でのアメリカ軍の行為に関する例外・適用外措置

92 :匿名:2005/10/31(月) 22:19:52 ID:AlIJScRb
【9条改正と自衛隊増強?】
(TVタックルより)

どうも、世界情勢が矛先を変えようとしている今としては、
こちらでは、この番組の討論は見苦しい過剰反応のように写っている。

東シナ海のガス田は中国との外交努力によるものだし、冷戦時代でもあるまい。
既に包囲・監視されている北朝鮮のために、憲法改正も増強も是が非とはいえないだろう。
PKO活動だって、残るは地域紛争の沈静化であって、それ自体が減少する動きを示している中、
こちらも根拠として絶対ではない。

むしろ今の今まで、紛争問題に率先して参加・貢献してきたとは言えない、後に付いて来るだけの
日本人が、以上のような事を後にして、血相を変えて番組で平和憲法改正、自国の兵力増強、を
怒鳴っているのは、”とてもみっともない”、と見られているようだ。

93 :実況:2005/10/31(月) 22:38:25 ID:AlIJScRb
【アメリカ、EU、日本、の同時憲法改正の意図と取り仕切りは?】

ところで、上の話題から派生して、アメリカ、EU、日本、の同時憲法改正の
意図と、取り仕切りがどの一派か?で議論・騒々しくなっている。

94 :実況:2005/11/01(火) 08:22:14 ID:ZUTWIWFt
現在、この裁判前の「審査」と称する行為も、
NY・アメリカが「約束した以上は、続ける」と言う口実で
続けられている。
実際には、あまりの「癒着」、「裏工作・事件」の多さに、
不評を買い破棄された粗末な国際政策の惰性と空転の
結果なのだ。しかも、それを一定期間を設けて「捜査」
とある機関が称している。
実際の世界情勢でも、これに属するものを見極め、
警戒すべきだろう。
実質的意義と言うものが薄い根拠で、世界は市民を
引きずりながら、動かされている。

95 :実況:2005/11/03(木) 17:52:46 ID:alhL8mQj
【事件報道差し押さえについて、議員イニシャルY、O氏の名前が】

詳細は不明。
国内事件の報道差し押さえについて、Y、O氏の名前が挙がっているようだ。
誰だろう???


96 :実況:2005/11/03(木) 18:44:17 ID:alhL8mQj
【国内事件:法務省関連たかり人員】
国際政界の供述が、ほぼ出尽くしたところで、
国内での事件、私の回顧録風にまとめようとした所だが、
どうも、執拗なたかり行為が止まないばかりか、法務省配下であることに
ずに乗って,たかり人員が図々しいのには、頭に来る。しかも、
連中は、法務省以外の組織の名前を挙げては、たかり行為を続けている。
それも、人員が尽きてしまったようだ。
誘導させないためにも、事件の発端と、審査現場の現状と、国内での市民被告の逮捕を
記録しておく。


97 :実況:2005/11/03(木) 18:52:04 ID:alhL8mQj
【国内事件の発端】
まず、アメリカから話を受けた国会議員は法務省に不正売却工作の相談を
行ったらしい。
【市民被告の逮捕と、政界接続人員の国際レベル審査現場での吸収】
現状、市民被告の逮捕が情報として入っているが、政界接続の人員に突いては、
国際レベル審査現場に置いていた。
つまり、会社側の市民被告(つまりは裏切り者達)の逮捕と収監は行っているが、
政界接続については、国際レベルの審査と接続、処理が不鮮明になっている。

国際レベルの差し押さえと、報道規制により、このような不鮮明な処理が、
密室で行われている。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 19:00:36 ID:???
【上原さくら】でき婚2週間後に流産
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1130962940/

99 :実況:2005/11/03(木) 19:13:26 ID:alhL8mQj
【国内事件<->国際事件の交換方式】
以上から、国際政界レベルと国内政界レベルの事件の変換が行われているのが分かる。
供述で明言されている部分だけでも、
・国際
 -国際工作を処理不可として、EUが買い取り。
 -国際政界リーダは、アメリカが逮捕できなくなったことを理由にしている。
 -その結末を国連内機関が、捜査の名目で監視している。そして決着を要求されている。
 -関係者は、その出される決着を待たされている。
 -これらに日本人が関係している。
・国内
 -その日本人が関係していることに起因している事と関連して(と言っているが、内容は不明)、
  国内事件の不正処理が、強固に密室で保護されている。

気になるのは、日本では、これが国際レベルに関する審査。
他国ではどうだろう?なお、イギリスでも行われていると言うのだが。

100 :実況:2005/11/03(木) 19:31:43 ID:alhL8mQj
【国内不正処理<=>国際不正処理の交換?】
人員によっては、不正法処理工作を「国連の商売」と称している者も
いる。国連と各国との保守政権との利益供与の一例のようだ。
今回も、国内不正処理と国際不正処理の交換となっている。
捜査機関と称し、その結果を見ることを捜査と称しているが、
信用できるのか?

101 :修正:2005/11/03(木) 19:38:55 ID:alhL8mQj
>>99
その結末を国連内機関が
->国連内ではない

ICC関連と思われる。

102 :実況:2005/11/03(木) 19:53:55 ID:alhL8mQj
【法工作(茶番劇?)は日本では崩壊か?世界は?】
どうやら、その機関への日本人の参加はできなかったようだ。
確かに、私が巻き込まれている「審査」(個人恐喝への変換行為)の始まった
後で日本人が参加したことになっていたのは、以前から知っていたから、
確からしい。「そこに日本人が居るつもり」で審査を続けていたらしい。
これで、日本国内での工作は失敗したらしい。

そこで、むしろ、「では、他の国、事件・情勢では現状、どうなのだろう?」
が気になってくる。

103 ::2005/11/08(火) 20:53:27 ID:wqKM6o5J
http://intlfacsts.exblog.jp/

104 :実況:2005/11/09(水) 09:45:38 ID:g2Fnj4AY
【法務省の不正処理人員調整のための不正処理重版行為】
現場の人員は、国際レベルが日本国内事件を差し押さえている事に上じて、法務省・検察庁で揃えてきた人員を他組織の人員として、今のたかり行為で再調整しているようだ。

105 :実況:2005/11/12(土) 17:45:01 ID:X2YIG349
【何故、極東の不正売却事件を国際工作の黒幕の不正処理のために提供するのか?】

既に9/11の上位に国際政界トップの後ろ盾と動機があったことが供述として上がっている。
では、何故、その9/11を始めとする国際事件の処理で事件の処理とせず、
極東の不正売却事件の差し押さえを持って、処理とするのか?
もはや、9/11の処理により、黒幕を順当に裁く行為を放棄してしまったのか?

106 :実況:2005/11/12(土) 17:46:50 ID:X2YIG349
即時、政界は国内事件を適正に法廷処理に取り掛かり、
国際政界は、9/11を始めとする国際事件の処理の準備に取り掛かるべきだ。

107 :実況:2005/11/12(土) 18:24:50 ID:X2YIG349
【国際事件処理の日本誘致の当初を回顧】

当初、会社脅迫に傾倒していた人員「おおたけ(通称)」が、
「日本なら可能」と言う理由で、アメリカ人に日本での処理を
誘致している。
その後、私に対して国際レベルの供述を一方的に繰り返し注ぎ込み、
さらに、誘拐を始めとして恐喝を繰り返して証人潰しを繰り返していた。


108 :実況:2005/11/14(月) 22:13:01 ID:Z9W5ow7W
【憲法改正派の根拠薄の呆けた粗末議論(+ただのヒステリ隣人)】(TVタックルより)

今の憲法改正論派の議論は何だ?裏付ける根拠も無く、
「ただ、今の自衛隊は十分協力だから」しか理由が聞けない。
議論の価値が無い議論のやり方だ。(しかも隣のヒステリは何?)
1990年後半から頻発した地域紛争も沈静化した今、わざわざ
日本が国際協力の為に憲法改正するのか?こんな事で時間を浪費するん
じゃない。
地域紛争を巡る国際工作に行き足止めを掛ける事に誘拐までされて尽力した私としては、
この表面議論だけで身の程知らずで図々しくも押し切ろうとする不誠実な粗末さは、
憤慨せざるを得ない。

アジア経済区域のどこで日本の軍隊があえて必要だと言うんだ?
軍隊が無くてもアジアの第一国として君臨でき、それに存分な国益が見込める
日本にとっては、そのような不要な寄り道・時間の浪費はヤブヘビになりかねない。

そもそも、この内閣は一貫してアメリカを始めとする外圧のうわさと、その未検証な
鵜呑みの日本輸入の気配が多すぎないか?

もう、国際世界では地域紛争の頻発の行き先を失って、方向変換を余儀なくされている
のだから、「ただの極東のお付き合い小国」の立場から脱却して、
真の国益を追求する実務・実力派の政権を立てて、邁進するべきだ。

109 :実況:2005/11/18(金) 19:02:12 ID:Qctsxs6u
【経済区域グローバリズムと地下資源各区域分配;80年代カータイズムの再来】

80年代のカータ前大統領の思想を引き継ぎ、
世界を経済区域に分割、均質な社会・経済の発展・開発を行うのは
21世紀にふさわしい政策です。

思い起こせば、カーター大統領の時代は冷戦時代を引きずり、早り過ぎたのかも
しれないが、諸先進国が自由社会として成熟の域に達した現在は、グローバルに
社会・経済の発展に貢献するのは、先進国の義務であり、莫大な公益である。

例えば、アフガンからつながるパイプラインの終点・パキスタンは、
アジア経済区域への石油供給拠点となり得る。

このように、グローバルに益する経済区域均質開発に反して、
既に先進国としてあるアメリカに権益を集中する政策は、
公益の観点からも疑問がある。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 19:24:08 ID:T9mwQG5n
http://midori-midori.blogzine.jp/kappaebisen/

111 :実況:2005/11/18(金) 19:34:09 ID:Qctsxs6u
【P5・安保理体制を追い詰める、アメリカ独走と裏工作暴走のお膳立ての負債】

このアナン任期期間の、P5・アメリカの調整によるアメリカ独走と諸裏工作お膳立て、
頻発する地域紛争の失態処理は、その過程で発生した目に余る暴挙を反省する意味でも、
その結果を危惧する意味からも、解体・政策変更を余儀なくする切迫要因となっている。
最初に突きつけたのは、G4構想だが、これすら積極的にやろうとしているとは、とても
言えない。
この空転期間と言える無駄な行為を廃し、従来の閉所政策に反省を与え、
G4構想に具体的目的・公的利益を裏付ける発展政策構想である、
経済区域均質社会開発グローバリズムを全力で推進するべきだろう。

112 :実況:2005/11/26(土) 17:50:56 ID:C9b7zesZ
【立ててしまった法廷処理の帳尻あわせか、即時政権交代か?】



113 :実況:2005/11/26(土) 23:49:10 ID:C9b7zesZ
【最高裁の国内事件処理不正の噴出と、今回の国内事件の国際事件不正処理接続に対する非難】
どうも、最高裁は国内事件の処理不正について他でも続出しているようだ。
しかも、今回の会社不正売却事件については、処理を怠り、そのまま国際事件不正処理のための買取・交換にまで発展させている。

114 :実況:2005/11/26(土) 23:50:39 ID:C9b7zesZ
国内事件の処理を困難にしたばかりか、距離の遠い国際政界工作の不正処理まで、この極東の地につなげている。

115 :実況:2005/11/26(土) 23:52:00 ID:C9b7zesZ
その結果、国際政界工作の処理まで、ただの取り決めによる中身の無い事件のすり替えにして、処理を不正確な物にしている。

116 :実況:2005/11/26(土) 23:54:39 ID:C9b7zesZ
【国際連邦下での政界汚職不正処理サービスと保守政権との利益共有】
しかも、この国内・国際政界汚職の不正処理を国際連邦下の保守政権への見返りとして利益共有する計画すら見せている。

117 :実況:2005/11/27(日) 00:02:29 ID:FxaXl3nA
結局のところ、国際連邦で目立つのは、
アメリカへの権力集中と癒着構造の強化。
各国内事件の各国レベルでの裁判のスキップ=法制の穴空け=保守政権(性質的に癒着より)への利益提供
が目立つ。
国際連邦などと言うと、聞こえは良いが、人道・人権レベルでも、
政界の浄化と言う意味でも、全く逆に聞こえるものしか聞こえない。

118 :実況:2005/11/27(日) 00:15:33 ID:FxaXl3nA
【国連・アメリカの各国合意の盾】

先ほど、国際連邦下での各国保守政権との利益共有に言及したが、
国連・アメリカは、今までの方針について、各国の合意を盾に正当化している。
国際連邦下で、このような結託が行われると、とても危険なことが分かるだろう。各レベルで責任・処理の区切りをつける近代政治・法制が非常に理にかなっていることが分かる。


119 :実況:2005/11/28(月) 04:48:25 ID:rW9496A7
本文の開始

どうやら、卑劣な拷問・恐喝で私と国際癒着機構の処理を封じ込めようと
しているらしい。
それなら、私も対抗措置として、
「何故、NATO原案の7カ国同時攻撃プランは、中止になったのか?」
について、そのこれら国連とUSペンタゴンによる世界的工作の真相に
ついて世に問うしかない。実は、これら戦争励起派は、人類の歴史に
例を見ない、卑劣な人類の種破壊を行っていたのだ。

120 :みお:2005/11/28(月) 04:54:36 ID:rW9496A7
【1998年終夏〜】

既に資料編でも述べたとおり、コソボ、東チモール、ICCローマ規約制定など、
不穏な動きは、表面化し始めている。国連の強国間では何かしら準備を始め
たことが、今となっては、整合性を持って一連の工作として世界を動かし始めたのだ。



121 :みお:2005/11/28(月) 05:00:49 ID:rW9496A7
【温和なカナダの人たちは、どこに行った?】

この頃(1998年終夏)になると、世界中で、いや、国際事件と言うレベルではなく、
普段の生活で異変を見せるようになる。
「みんなが、とても被害妄想的になっている。」

122 :みお:2005/11/28(月) 05:07:18 ID:rW9496A7
1998年終夏は、ある種、非常に特殊な意味を持つポイントだった。

後の2000年の就寝時湘南台ホテル襲撃事件から、半回復した私は、
癒着事件をお膳立てした政界トップが送りつけた刺客・工作員達の
奇怪な私の周囲で繰り返す行動と、この1998年終夏の周囲の変化が
関連していることに気がつく。

123 :実況:2005/11/28(月) 05:09:31 ID:rW9496A7
【1998年終夏に始まった国際サービス:資料編】

124 :実況:2005/11/28(月) 05:38:58 ID:rW9496A7
【休憩:推理小説「Da Vinch Code」】

依然として、法務省がかくまう異常行動の精神脆弱な
女達の奇声を交えた撹乱行動が続いている。
これを「悪魔の小間使い」と言うのだそうだ。
個人、組織に寄生し、低俗な撹乱で不信感を巻き散らかす
連中だ。

ところで、最近、リハビリから回復して以降、さぼっている語学の
レベル復帰も目的として、以前からのベストセラー「Da Vinci Code」
を原文で購入した。
単に、文学的に濃厚な作品では語彙力と文章堪能スピードが
追いつかないので、センテンスの希薄な推理小説にしたのだ。
それ以外に目的はなかった。

125 :実況:2005/11/28(月) 05:53:26 ID:rW9496A7
ところが、意外なことに、キリスト以前の土着信仰との葛藤について、
非常に興味深い説明が載っている。

私の知識では、土着信仰というのは、自然・人間の分析から発生したもの
が多いと思う。つまりは、「人間の性」と言うものを表した信仰・宗教と言うものが
存在する。これが、(まだ読んでいる最中だが)ダ・ビンチがヒントを残した
聖杯に関するものと、秘密結社に関連すると思われる。
実際に、現代でも知られる土着信仰起因の古代信仰が「悪魔信仰」だ。
これは、父性、男性、光、強さを象徴とする現代キリスト教に対して、
母性、女性、暗、弱さを根底に持つ信仰だ。

「Da Vinci Code」の中に暗号解読を職務とする女性主人公が、その殺害された
祖父から受けた暗号に、字句の並べ替え(Anagram)と言うのがある。

実は、この社会にも、「悪魔」を示すAnagramが存在する。

126 :実況:2005/11/28(月) 06:06:53 ID:rW9496A7
【イラク進行中継で垣間見られた「悪魔」】

これは、全くの事件発覚の発端・ヒントとなっている。
この「悪魔」は、CNN等のイラク侵攻の中継でも
しばしば見られたAnagramだ。象徴的にも、
米国Pengtagonの中東侵略活動宣伝のための
Deviceとして利用されている。

某米国ケーブルテレビ・ニュースより、
「今回のアメリカによるイラク侵攻は、史上初めて衛星を介して
 TV生中継された戦争です。。。」
 衛星の名前は、「INMARSAT」。。。
 「Mir SATAN(悪魔)」

127 :みお:2005/11/28(月) 07:15:10 ID:CoPiV4V7
#

128 :本文:2005/11/28(月) 07:20:28 ID:CoPiV4V7
【国際事件名:「The INMARSAT Case」】



(※これは、INMARSAT自体に関する事件ではなく、
 米国DODに通報した際に、その事件発覚の起点として記述
 したものが、象徴的に呼称として使われています。)

129 :実況:2005/11/28(月) 10:46:05 ID:CoPiV4V7
ー本文休憩ー
ところで、不正手段により不当解雇を行った会社に対して、第三者機関を介して話し合いの場を提供したのだが、同機関に対して拒否したようだ。
建設的に対応したつもりだが、不誠実な態度だ。
知的所有権に対しても徹底する必要がある。
判断保留の大容量MCMについても私の発明方式による、社外活動を停止して頂きたい。
その関連で提案した三次元実装超並列コンピュータによる個人認証サーバ開発に置いても、同社の使用を禁ずる。

130 :実況:2005/11/28(月) 14:58:01 ID:CoPiV4V7
どうも会社には、ある勢力が傍に居て、アドバイスをしているようだ。

131 :実況:2005/11/28(月) 18:49:27 ID:rW9496A7
どうも、会社は労働局によるあっせん調整を拒否したようだ。
この調子だと、金のかかる弁護士経由の裁判の手段を取らざるを得なくなるようだ。

132 :資料:2005/11/29(火) 17:05:22 ID:oUjxrkV6
・不審な内部協力による会社不正売却行為
・政界、法会にも影響を及ぼす宗教団体との関係


133 :実況:2005/11/29(火) 18:11:24 ID:Vh6vwJL+
【国内事件の差し押さえと、国際事件処理の交換式】

実は、国内事件を差し押さえることと、その期間の証人恐喝を
国際事件処理に変換している。
それをICCに持って行こうとしてるらしいのだが、そもそも、
ICCは国家間戦争の範疇から漏れた、民族紛争・民族粛清を
裁くために、個人による広域人権侵害を裁くために、被告を
個人犯罪としている。
国際事件の変換を主張する連中は、この変換個人証人恐喝(=「審査」)
を個人で買取り、個人犯罪による証人恐喝としてカウント、
それをICCに持っていこうとしている。
国内も、それを国内法廷をスキップして、政界汚職処理をICCに
持って行くことを目論んでいる。
それが、国際連邦派の各国と国際政界の共有利益の夫性処理サービスとして
約束されていたことらしい。
連中にとっては、ほとんど国際法廷の規約など、事件不処理のための
”へりくつ”程度でしかないようだ。

134 :資料:2005/11/29(火) 18:24:14 ID:Vh6vwJL+
国内の事件についてだが、こちらでは、件の内部協力ありの不正売却工作について、
他にも余罪があるようだ。これも、不正処理コースに進めるわけには行かない、
「非常にけしからん内情」のようだ。広範な捜査が進むことを期待する。

135 :実況:2005/11/29(火) 19:18:28 ID:Vh6vwJL+
【日本政界に復帰する「うるさ型議員」】

どうやら、これから何か起こるのではないだろうか?
安手の、善悪の戦いはうんざりだが、公共の利益に与する
不正癒着・汚職構造の撤廃は、強く望まれる。
それと、浄化後の真に有益な政策に準備を徹底するべきだと思う。
ひとつには、G4の延長線上である、「アジア経済区域政策」と言うのは、
国益に非常に与する。
属性としても、この10年が「密所での結託」、「特定利益の追求」、「無責任な被害妄想」
に費やされたとして、つまり、これが例の「弱さ」、「暗」、「責任転嫁」等を意味する
属性であるのに対して、
G4による5常任理事国体制からの脱却、つまりは、パワーゲームの終焉、
極秘操作・結託の排除を達成し、
経済区域毎の代表選出と、グローバルな民主主義新構造の達成、経済開発は、
公に益し、民主主義の発展を考えると適切なステップアップだと思われる。
”サイン”として見ると、「普遍な強さ」、「政治の透明さ」、を意味する「光・明」の属性だ。

136 :本文:2005/11/29(火) 20:08:09 ID:Vh6vwJL+
【再び1998年夏カナダ】

北国の夏は日が長い。
日没は10時以降になる。アパートも銀行も整い、生活は慣れたが、
母国語ではない言葉を朝から晩までしゃべりつづけるのは非常に疲れる。
カナダでもバンクーバ辺りなら、日本食もあって、日本文化の断片が
見れるのだが、私の行った東海岸寄りは、日本人がほとんど居ない。

悶々としながらも、職場で冗談を言いながら、過ごしていたのだが、
ある日、日本から柱上ファイバ終端装置の空冷で問い合わせが入る。
装置内部の構成を変える事を伝えたが、どうも気がかりだった。
熱設計は私の担当なのだが、どうも私が居ないこともあり、日本の事業所
では上手く行っていないようだ。熱設計と言うのは、非常に不確かな現象を
追求する技術で、洞察力と経験の分析・整理がものを言う。
気にかかって、Mと人物と別の人間に連絡するが、特に帰る必要を訴えない。
当時、気が付かなかったのだが、このMと言う人物は外部から流れ着いた
人物で、事件に関係することになる。


137 :本文:2005/11/29(火) 20:12:47 ID:Vh6vwJL+
それは、2000年の4月、私がホテルで襲撃を受け、薬物を注射された事件に
その兆候が見られた。私は薬物でふらふらになりがらも、私有地である、
休職を指示された会社に保護を求める。まさか、職場に内通者・裏切り者の
まさしくその人物が居るとは知らなかったのだ。朦朧とした記憶の中で、
数人が私を気遣い、「何とかしてやるべきだ」と大声を出していたが、
その中で、当時は真実を全く知らなかったのだが、Mが非常に白々しい顔を
して、そっぽを向いているのを脳裏に焼き付けている。

「なぜだろう?なぜ、この男は何かを知った顔をして、無理に白々しくそっぽを向くのか?」

この外部から流れ着いた男M、しかも、他にも同様の境遇の数人は、ある関係で
結ばれ、この職場を侵食していたのだ。決して、この一連の事件は偶然ではない、
計画に従っている。

138 :実況:2005/11/30(水) 12:01:51 ID:4KztG1N/
【国際事件本件はGeneralAssembly総会判断へ;今後の国際政界政策方針・モラルを問う】

先程の議論で、本件の判断をどうするか?について、結局の所、オールドEU=ICCのずさんなリードと、周囲によるアメリカの悪行寄り工作チームの買い取り、として、NYが(何故か)アメリカ (控え組)が有利と判断したいようなのだが、どうだろう?
実際の所、NYはP5の管理下にあり、その配下でシーソーをしていた、との露呈もある。
では、実質的には何が国際政治の利益なのだろう?アメリカはP5体制を国益として譲らない。


139 :実況:2005/11/30(水) 12:21:39 ID:4KztG1N/
EU、カナダ、オーストラリア等は、自国で経済区域を確立しているので、現国連の泥仕合に興味が薄い。
アメリカは日本も入ってしまうが、かいらい小国を引き連れ、中東で無謀な活動を続けるだろうが、P5としてもEU(やはり石油で利益があるとの情報もある)としても止める理由が薄い。


140 :実況:2005/11/30(水) 12:22:37 ID:4KztG1N/
かくなる上は、この暴走を止めるためにも、国際政界に公的利益を呼び戻すためにも、この時点で、P5がまとめる体制に処理が任される事態に行き足を止め、合意するEUに責任を追求し、G4+の経済区域開発政策との方針判断を、国際利益の天秤で総会で採決を取るべきだ。

141 :資料:2005/11/30(水) 16:28:09 ID:4KztG1N/
【悪魔時代の創成を制止】
天使借り、と
人類の洗脳

を制止する


142 :資料:2005/11/30(水) 16:31:16 ID:4KztG1N/
天使狩り、の制止でした

143 :本文:2005/11/30(水) 18:26:44 ID:0ysl3B3k
【1998年秋〜1999年春・カナダからの帰国】

カナダでは、ひたすらにデジタル回路設計の知識を注ぎ込み、
職場では、オブジェクト指向のプログラムのコンポーネント化を
注力した。

二回ほど、日本に帰国したが、日本というのは本当に、
狭くて、そして、「湿気の多い」国と断定できる。

ちょっとうんざりしていたカナダから、日本に帰国したのだが、
ここまで酷い状況とは、思わなかった。

144 :本文:2005/11/30(水) 18:36:43 ID:0ysl3B3k
【1999年春〜1999年末:事業の栄光的復興と諦めない裏切り者達】

1999年春、日本の職場に復帰した。
私は、あまり細かいことも言わず、熱解析業で方々の製品開発で顔を
出していたので、昔から、どちらから好かれる方で通っている。
仕事をする開発者達も、昔ながらの顔なじみなので、いざこざは無かった。

ところが、帰ってみると、社内にも関わらず、上流・下流工程で「客だ」
などと、罵倒が飛ぶは、荒れきっていた。

しかも、当時の開発製品は企業間で競争が厳しく、もはや他に追従する
後続チームに分類されていることに諦めた感すらあった。

145 :本文:2005/11/30(水) 18:52:55 ID:0ysl3B3k
【1999年夏・まずは製品開発競争での一勝】

当時問題になっていたのは、柱上設置の光ファイバ終端・加入者分配装置で、
音声通話からデジタル・データ通信への掛け橋となる、重要通過点として、
競争も厳しかった。

 私は柱上設置装置規準上、寸法に収まらないで、各社が困惑していた
その大容量バージョンの検証に取り掛かった。つまり小さくしてしまうと、
放熱面積が減るので、製品寿命が持たないのだ。
私は、装置の放熱経路の抵抗を計算し、等価回路に置き換えて検証、
見落としている抵抗をつぶす事で、冷却効率を飛躍的に向上、大幅に小型化させた。
 いざ、大容量バージョンで成功してしまうと、構成部品の整理に取り掛かり、
さらに、製品構成上も、その下位容量バージョンを吸収、それによって、
同事業所の全面逆転勝利に終わらせることが出来た。
帰国には華々しく、また喜ばしい結果にに終着させることが出来たのだ。
これでギスギスした事業所が和んだのは言うまでも無い。

146 :本文:2005/11/30(水) 19:04:31 ID:0ysl3B3k
【1999年秋〜2000年夏:
  和やかな期間と定期的な成功、
  事業戦略策定と体制作り、政策へ昇華、
  心よく思わない裏切り者達】

その後も、光ネットワークを中心に、定期的な成功を収め、
受注も向上、事業も著しく改善した。

そうなると、ゆとりも出来、また、リーダとしての期待も高まる。
実製品開発も順調だが、戦略的発想が要求されるようになる。
通信業界というのは、元来、競争寄りの業界であり、実際、
技術的な実力を要求される。

そこで、要素技術開発/シードと、市場での戦略策定の
短期・長期の両方を結合させ、シナジー効果的に国内トップ、
さらには、米国メーカを抜いて、リアル・ブロードバンドの時代に
トップになることを画策し始めた。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 19:07:49 ID:???
日本がいまやってるフセイン大統領の裁判を国際司法裁判所に
勤務なさっている小和田氏に任せればよいのでは?
日本人である、いや和魂を持った人間ならば、
イラク戦争の正当性など簡単に否定できる。
かつて極東軍事裁判でイ項戦犯の方々を全員無罪にした、
パール判事のように。


148 :本文:2005/11/30(水) 19:12:37 ID:0ysl3B3k
【1999年秋〜:IT革命の原案創出】

私が出したのは、当時、通信業界が伝統的に執着してきた
ATMに技術的・実現面での不利を問題定義し、当時は、
まだ広まるに至らないIPネットワーク網の大容量化、
具体的にはIPの大容量交換機を以って、市場にマルチメディア提供の
インフラを早期に提供する、と言うものだった。さらには、広大な
アドレス空間を持つIPv6をネイティブで対応することにより、真のブロードバンド、
ユビキタスを社会にインフラ提供するというものだった。

これが高じて、最終的には、e政府等の追加案を経て、
2000年の国策「IT革命」としてまとまり、社会に施行された。

149 :本文:2005/12/01(木) 20:35:52 ID:dPtW6fwM
【職場での孤立化工作:徹底した包囲と事実の隠蔽】

ところが、それと並行して、私の孤立化工作が始まる。
私を孤立化して、徹底して功績を隠蔽しようと、故意の捏造が
始まる。また、事業所のEMS化(製造請負)の身売り話の吹聴。

この組織には、秘密裏の外部との接続と組織を硬直化するための
方法論を共有する、秘密結社的なメンバーの結託がある。

150 :資料:2005/12/01(木) 20:50:01 ID:dPtW6fwM
【社会に蔓延る人心誘導・洗脳】

脳神経学<心理学・犯罪心理学<集団心理<社会行動学

連続犯罪者の正体 <-「平気でうそをつく人たち」(M.Scott Peck著)

151 :本文:2005/12/01(木) 20:57:15 ID:dPtW6fwM
【私を孤立化するために取った操作】

当時の私を抑えようとした人物の取った、周囲への働きかけは、
以下のようなものだった。
 「生意気になるから、やつには話すな」
 「自分で訴えなければ、認めるな」
後から分かるのだが、このような組織の誘導に関連して、
「自分達の弱さを隠しながら、組織を硬直化させながらも、
 自分達の地位を確保する」
と言う、誘導論を提供する新興宗教に結託が存在したのだ。

152 :本文:2005/12/01(木) 21:08:12 ID:dPtW6fwM
>>128
【国際事件:国際政界における諸工作】
1.法機構の劣化
  法廷の独立性を弱化
2.諸工作の不正処理・処理妨害のための法界準備工作
  前例の創出、傀儡政権合意による正当化、処理不可状態の演出
3.国際的な撹乱工作、社会の硬直化
  諸工作、社会操作
4.癒着構造の強化


153 :資料:2005/12/01(木) 21:10:46 ID:dPtW6fwM
【悪魔の特性】

聖書(法律)の隙間から逃れる弱者の理論


154 :資料:2005/12/01(木) 21:25:05 ID:dPtW6fwM
特定組織の特定利益のための閉ざされた結託

155 :資料:2005/12/02(金) 08:10:29 ID:6LS3LJ4H
>>147
【事件買い取りと、処理の様子見。国内事件の国際容疑者買い取りと差し押さえ】
EUが事件を買い取り、その処理をどうするか?について政界全体が様子を見る、と言っている件について言っているのか?
日本事件の容疑者を国際政界が買い取り、裁判を差し押さえ、審査として証人恐喝を続ける、この件もか?

156 :資料:2005/12/02(金) 10:27:16 ID:6LS3LJ4H
【国際政界に生き残り続けるブッシュ関係者】

BCCI事件
1993年ヨーロッパでの免罪

157 :実況:2005/12/04(日) 10:59:50 ID:IdQINodR
この審査の調整について
「国連がぐだぐだになれば良い。そうしないとアメリカに任せられない」

その上で、アメリカ頼みの処理に乗りたいようだ。

それにしても、これに限らず、アメリカに任せるために、とてつも無く世界を引きずり回すのが、アナン任期の方針のようだ。地域紛争処理失態とアメリカ先制攻撃派、911と愛国法、そして現状。実は他にもある。。。

その結果の世界連邦を信用する理由なんてあるのだろうか?これは普遍的な徴候となりつつある。


158 :実況:2005/12/04(日) 11:07:07 ID:thaf+1a+
【シナリオは、どこで屈折されたか?:コントロールしてきた政界トップに君臨する少数の人たち】

ここで、緊急情報。
先日から、政界トップで世界に意見してきた人達(いわゆるフリーメイソン)が、どこに行ったか?
で騒動になっているらしい。
もしかしたら、これだけで全人員を回収、処理に取り掛かるかもしれない事態のようだ。

159 :実況:2005/12/04(日) 11:12:06 ID:thaf+1a+
【アメリカ中東制圧のため、演出された責任転嫁・放棄的な環境調整と
 その結果を引き継ぐ国際連邦の危険性】

今まで、責任放棄的にアメリカを祭り上げ、そのために前例まで作り上げてきた
中東制圧政策の副産物を引きついで、国際連邦につなげるのは、非常に不安が残る。

160 :実況:2005/12/04(日) 11:18:09 ID:thaf+1a+
【P5体制とNY確保による、最終的コントロールの維持】

常任理事5カ国は基本的に、「NYさえ抑えておけば」と言う考えがある。
アメリカも、「国益」として、あからさまにP5体制を譲ろうとしない。

161 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

162 :実況:2005/12/04(日) 16:06:30 ID:IdQINodR
【ダビンチ・コードを読みながら思うこと;予言はどこから来たか?】
この本の聖杯の秘密を巡るチェイスを読みながら考えている。
その内容物と符号する予言(隠されたもう一つの予言)はどこから来たか?ミステリーは存在するか?
最近、予言は過去から来たのではないか?と考え始めている。
となると、予言が畏れられるミステリーであり得る状況は、
予言は少数の実力者て秘密を守られ、履行されて来た。予言は「秘密にされてこそ、価値がある」

この仮定が先のフリーメイソンの捜索騒動に繋がっている。

163 :実況:2005/12/04(日) 16:13:21 ID:IdQINodR
果たして、聖杯の秘密は守られるべきか?の問いについては、もはや明白だ。

現在の政界にいくつか符合するのに気がつくだろう。
かつて、「正しい」新世紀創出派がいたのだ。それに対する裏切り行為をいくつか知っている。

164 :実況:2005/12/05(月) 11:55:12 ID:2QX3Ighx
【国内裁判はまだ?】

どうも、某所では、にらみあいをおこしているようなのだが、それが理由か否か、裁判の召集がまだ始まらない。周囲で確認頂きたい。

165 :実況:2005/12/06(火) 17:39:13 ID:YP8Dn2ZA
【現場たかり人員と一緒に居る検察階層トップと政界グループ関連】

現場には検察階層トップが居るにも関わらず、人材派遣上がりのたかり女達の行為がやまない。
それを端に政界グループ(呼称・UL陣営)接続と担当事件に言及している。

166 :実況:2005/12/06(火) 18:09:36 ID:KrWFFmwU
【陣営の関係事件】

この件に関しては、いろいろな関連が上がっている。
どうも、私個人に関する事件にも上がっているかもしれない。
後ほど述べるつもりだったが、不思議と1992年ごろの
やはり会社の不正処理に関する人員が多い。
1992、3年ごろまで存在した某オフコンメーカに関する事件を
関係者は象徴的に言及している。

167 :実況:2005/12/06(火) 20:42:38 ID:KrWFFmwU
【現場立て篭もりは、関連事件隠蔽が目的?】

先の投稿を受けて、不正処理陣営に対して、
「事件を隠蔽するために立て篭もっているのではないのか?」
と問いただされているようだ。

168 :実況:2005/12/07(水) 09:51:37 ID:gF9ftbr/
【一連の政権操作と国際事件処理工作の根拠不明・負けを認める】

一連の政権操作、つまり、刑事事件の背後のある政権を保護する方針に、不正な動機を認めた模様。様々な工作を秘密裏に進める準備をしていた模様。
実際、本件を通しても、NYと国内事件の交換を匂わしていた。また、情報規制も顕著だ。
また、国際政界に置いても、嫌疑の共有により、利害・主従関係に混乱を来たす、構成を構築していた。
現在の国際事件処理のたらい回し状態についても、大儀銘文を無くし、ただの「処理を逃げる目的」を認めている。

169 :実況:2005/12/07(水) 10:06:54 ID:gF9ftbr/
【アナン任期10年の意味;復習】

かくも、アナン任期中は、秘密結社的、密所協定による工作・調整がーそれは国際レベル法廷に及ぶーが非常に目立つ。
アナン任期期間(ANAN Decade)の意味を復習・総括する時期が近づいたようだ。
この任期は、1991年の湾岸戦争から始まる伏線を引継ぎ、中東ビジネスを遂行するための国際的な環境作りに傾倒している。それは、最終的には国際的な無秩序に繋がろうとしている。

170 :実況:2005/12/07(水) 10:44:50 ID:gF9ftbr/
【G4+経済区域を地域紛争を交えてシミュレーションする】

先ほどから、経済区域グローバリズムを具体化・実勢を得、成功利に導くため、残存する地域紛争の可能性も含めてシミュレーションしている。
これからだが、中東の問題も含めて、G4+Suiteとしてまとめられるべきだ。
AUに関しても、まとまりが無いようだが、アフリカはこれからのスパンが長いので先ずは、形としてまとめるのが先決だろう。

171 :実況:2005/12/07(水) 14:30:55 ID:gF9ftbr/
【国内企業不正売却に絡む、恐喝行為の請負い行為】
どうも、現在の不正売却については、企業間相手に恐喝行為の請負・とりまとめがあったらしい。
また、1993年の事件に関しても、特定陣営が引き続き、関係しており、政界との接続を仄めかしているのが、現在、不正処理を手掛ける現場人員の不審さも含めて、大きな議論になっている。




172 :実況:2005/12/09(金) 01:36:15 ID:uxJ7stqy
【情報公開戦略】

今、政界は、ひたすらに刑事的な、しかも、古典的な痴漢・ストーカに対して用いる
刑事的な方法・泳がせ、重犯取りの方法を踏襲してる。

政界で重要なのは、実質的な勢力の排除とコントロールの完璧な奪取だ。
勢力転換の十分な周囲のコンセンサスを得る事も重要だ。

是非、段階的な情報公開により、勢力奪取の状況を盛り上げてもらいたい。
まずは、カタールの放送局辺りからの展開も良いだろう。リベラリズムについて
試してみるべきだ。

そうでなければ、再びP5・UNレベルでの密室処理を残すことになるだろう。

173 :実況:2005/12/10(土) 15:59:29 ID:zsfn+B1Z
【国際事件の不正処理を固めるポチ議員】

国際不正をおぞましい証人恐喝で不正処理する現場の周囲を固めるのは、ポチ(一般的に米国ネオコン下)二世議員、との情報がある。

174 :実況:2005/12/10(土) 16:10:38 ID:zsfn+B1Z
【古典的な事件隠滅工作・刑務所方式】

この裁判前審査は、古典的な事件隠滅工作からスタートしている。
複数の拠点で、囚人を拘束し、その指揮に見せ掛けて、事件を起こさせ、消滅させるやり方だ。
以前は、一つは日本、一つはNYだった。ある意味で、これに新たな買手が着いた、と取れる。

175 :実況:2005/12/13(火) 19:32:10 ID:qow7RbPD
【ロックフェラーに偏るNYと、それを指示する世界・ヨーロッパ】

一般的に知られていることでもあるが、
現場では、ロックフェラー財団寄りのNYの政策に言及している。
それ自体が問題だが、対抗ヨーロッパ勢力であるはずの、
ロスチャイルド系列を差し置いて、ヨーロッパが合意するのか?
に疑問が残る。
それに関しては、同じユダヤ系だから、最終的には合体する、
との憶測もある。つまりは、今の段階では、NYにやらせて置けば良い、
と言う考え方なのだろう。
ちょっと、先日の聖杯の秘密=キリスト教・ユダヤ教宗教観とその勢力、国際政界・財界との結合は、
予想以上に予断を許さないことになりそうだ。

176 :実況:2005/12/13(火) 19:32:38 ID:qow7RbPD
誤字訂正;指示する->支持する


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/13(火) 19:56:06 ID:Xyz1eTCe
この際、EUの世銀総裁合意にも検証してみよう

178 :実況:2005/12/15(木) 20:01:45 ID:???
【たかり女達の誤算;O議員の被害妄想演出の露呈】

現場のたかり女達は、O議員が以前の事件での警察・検事との
いざこざを利用して、被害妄想的演出を期待したらしいが、
事前に発覚し、数人が愚行にも処理されてしまったようだ。

179 :実況:2005/12/16(金) 11:33:47 ID:Xo4oIunF
【東アジアASEAN+は◎、ネオコン寄り次期首相は×?】

先日の東アジアサミットの「東アジア共同体」構想は、とてもグー。

しかし、次期首相候補については疑問が残る。実際、この人はネオコン本拠地で憲法改正に関するスピーチ(当然、ネオコン寄りだろう)を行っている。
東アジアでは「共同体」を歌っておきながら、先制攻撃を煽る怪しいタカ派軍団寄りを付けるのは、必要が無い以上に、不適切だ。
小泉首相は、「共同体」構想を上げる傍ら(実際、結構な勢力らしい)、どこからこのような人選の横やりを受けているのだろう?



180 :実況:2005/12/16(金) 12:05:12 ID:Xo4oIunF
>>126
>>152
【国際政策と裏工作の表裏一体について】

さて、もうそろそろ私の実体験を踏まえて、まとめとして、この数年の失策政策と、私が被害にあった事件も関わる裏工作に突入したいのだが、中には信じない人も居るだろう。国際政策と裏工作・オカルトが表裏一体であることについて。。。

しかし、先日、イスラエル機密漏洩で告発されたファイスがペンタゴンであり、しかも、ネオコンの発祥である事を考えると不思議な事では無い。
国際政界トップですら、計画でも現場の実践に置いても、ペンタゴン・CIAがかなりの実権をもっている。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 13:26:43 ID:OECpPju6
dでもない事に気付いてしまった、
イランのアハマディネジャド大統領氏の度重なる危険な発言(下記ソース参照)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/iran/
これ等の発言が続くようなら米にとって開戦の絶好の口実となる恐れがある
他にも同氏は女性に対するシャブールの徹底等もはや時代錯誤と言える政策を打ち出している
御存知のとうりシャブール(黒い被り物)は米が圧制や人権侵害の象徴とプロパガンダしている物であり
米の自由と開放の為の戦争の格好の利用材料となる。
これ等を考慮すればアハマディネジャドの異常な言動は米の開戦に口実と大義を与える
アピールにすら見えてくる。
導き出される答えは、アハマディネジャドはCIAのスパイという疑惑である。

182 :実況:2005/12/17(土) 17:40:22 ID:???
【国際検事級の粛清(1993年ごろ)について言及】

現場では、現場人員による1993年ごろの
国際検事級にたいする粛清工作を言及し始めた。


183 :本文:2005/12/26(月) 20:25:17 ID:???
*************************************
* 本文(2000年秋〜2001年春)
* 報奨金2億円の行方
* 日本警視庁警官Kによる追跡
* IT革命への打開案提出による足跡発覚
* 警官国会議員Oによる抹殺命令

私は、不審にも偶然に、インフルエンザにかかり、しかも、社員寮を追い出されてしまった。
そのころから、会社Hが「地持ち屋」(地付きの土地権利がらみ暴力団)対策として雇った、
裏の理事会長と名乗る「K」が頻繁に周囲をうろつくようになる。

ところで、以前からこの会社には、報奨金制度が存在する。
理由は、顕著な社会的功績に対する、報奨金と保護のための資金なのだが、
今回の功績に関して、2億円の話が行き交っている。

これが、一連の事件の最初の顕著な事象として記憶が残る。


184 :本文:2005/12/26(月) 20:37:15 ID:???
「K」についてだが、最初は「裏の理事会長」として、それなりの事を言って周囲に存在していた。
ところが、段々に不審な行動を示すようになる。
後に、国会議員にも雇われる、証人恐喝グループを率いる裏工作警官「K」の正体が明らかに
なって行く。政界・暴力関係・警察の結託の実行リーダとしても、彼らの事件破壊方法論と
人心誘導・心理分析的解釈、などで象徴的に重要人物化する。
その数々の政界事件にも関連して暗躍してきた「K」は、米国CIAと接続する日本工作員としても、
挙げられている。

185 :本文:2005/12/26(月) 20:38:32 ID:???
>>183
誤字修正
* 警官国会議員O
->国家議員O

186 :本文:2005/12/26(月) 20:53:09 ID:???
後に日本警視庁裏警官「K」との対決は激化。
米国CIA伝授の証人(含・犯人)の撹乱・事件破壊誘導の技術が展開される。
それに対抗して、犯罪者心理分析、行動事前予測、先守防衛による丁丁発止の
攻防戦が展開される。これは、私へのホテル襲撃、薬殺行為まで続き、
その分析は国際政界で公然と行われた、世界的誘導工作の解明へとつながった。

187 :資料:2005/12/26(月) 21:00:34 ID:???
【連続犯罪者の正体】

「平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学」M.スコット ペック (著)は、
米国CIA・FBIでも犯罪者心理の名解説として評価が高い、資料的名著である。

それによると、連続犯罪者の正体は以下のように説明されている。
「連続犯罪者は、以外にも、普通に町角に暮らす普通の人であることが多い」

つまりは、
@精神的にさして強くもない、小市民が大事件に手を染め、
A周囲から、自己の不安から、自分を叱責し、
B最終的には、その精神の弱さから、自己反省の範囲を超えて、常習的責任転嫁に至る。

と言うものである。

188 :資料:2005/12/26(月) 21:03:20 ID:???
この自我(精神力)の弱さと、強い外界からの入力に対する感受性のバランスの崩れは、
精神病の基本スキームとして一般的である。

例えば、先の連続犯罪者の心理も、ADD(多動性症候群)にも適用される。

189 :本文:2005/12/26(月) 21:13:24 ID:???
***********************
* 2001年春:IT革命の展開困難と打開案
* 足跡の発覚と追撃命令

私は、「K」の不審な−当時は、それほど過激でもなかった。実は、暴力警官・事件霍乱の
恐怖警官の象徴である「K」も引退間近の老人であり、それ程の「やる気」は削がれていたの
だろう。−行動に警戒しながらも、会社による、周囲業界からの悪評価を無視するかのような
無反省と言える、事態解消の不誠実さに憤慨を覚えていた。これは、結局は会社が、
不正売却工作に被害者として以上に、この仕組みに、むしろ積極的に参加する側である
象徴だったのだ。

190 :本文:2005/12/26(月) 21:25:16 ID:???
ところが、そのような時期に、「IT革命が上手く進展しない」の相談が舞い込む。
つまり、「当時政権を中心に、各IT業界代表が集会を開催するのだが、
具体的社会への展開が、一線上の整列された方針・計画として、定まらない」
と言うのだ。
それに対して、私は、「政府、企業、教育、その他有識者を招待、分野別に分科会を
設けて、5ヵ年計画を策定。それを社会・市場に展開することにより、本政策を
構造化・具体計画化する」
つまり、後に言われる「IT革命の構造化」を提案する。
これは、着実に効をそうし、e-Japan構想として結実した。

ところが、それが暴力関係との接続を有する、国会議員の私への追撃を
励起し、その正体が明らかになる。
これは、現米国政権での状況とも符合し、決して国内レベルの些細な兆候ではなく、
何かしらの超法的な社会誘導を、一般に隠されたまま遂行されていることを
窺わせる現象であった。

191 :本文:2005/12/26(月) 21:38:08 ID:???
この国会議員Oと周囲の接続については、
最初の就任から数年前の事件、今回の事件、と一貫して、
ある組織との関係が集中捜査の対象となっているようだ。

これは、警察庁と暴力組織/総会屋との抗争の行方、未達領域に
関連が及んでいる。これを今や惨憺たる評価を受けながら、
実質的に存在意義を失い、ただの累積不正行為の後処理に成り下がった
国際連邦構想に用意された、国内法廷省略の政界事件不正処理ルートに則った、
ICC行きに未練を残して、茶番に等しいICC処理へと接続されようとしている。

192 :資料:2005/12/26(月) 21:53:33 ID:???
【不審な国際/各国レベルの法機構不正調査のICC処理合意】

この件を「審査」と言うのは、実は、根底に国際/各国のレベルで
法機構の不正調査をICCが担う、と言う合意に従うものらしい。

ところが、その実態は、各国の政界事件に対する米国FBI参加による
法廷処理妨害の集客とセットアップ、それを証人恐喝に置き換えて、
その法処理ブロックを観察する、と言うものなのだ。

これは、米国でCIAが常套手段とする、事件消滅ルーチンを模倣している。
それに加えて今回は、この10年で噴出した国際政界裏工作の処理ブロックとして
機能している

現場の状況から推測するに、これは、かなりの割合で
「国連・P5合意による戦争励起(NATOの7カ国同時攻撃プランを元とする)工作の表面化妨害」
として各国に用意されたものである観測が強い。

193 :実況:2005/12/29(木) 13:13:33 ID:DJdNKWOo
【もはや茶番に均しいUNメインボディーvsNY構造】

もはや両者の対決は、現場では茶番に均しい。
両者が同様に癒着に関連し、暴力組織の雇い主である。それに慣れ親しみ、しょうもない同士でのたらい回しを演じているのだ。

194 :実況:2005/12/30(金) 14:29:14 ID:Wekh5tXL
【空転とマネーロンダリング確立】
現状のアメリカが「約束したから」の主張で空転しているないように
マネーロンダリング手段の確立も含まれている。
大体想像がつくだろう。



195 :資料:2005/12/31(土) 21:54:25 ID:???
>>156
【BCCI事件】
http://www.fas.org/irp/congress/1992_rpt/bcci/
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2004/02/3.html

重要な事件なので、リンクと合わせて再掲します。
現在の不審な国際プレイヤー(ブッシュ家、ビン・ラディン家、)が
勢ぞろいしている。しかも、その調査委員長は、ジョン・ケリー氏だ。
本事件は、イラン・コントラ事件、湾岸戦争の直後のマネーロンダリング発覚である。その処理に非常に疑惑が持たれる。

また、ケリー氏の信用度については、二番目の資料もあり、
周囲でも鋭意確認しているところだ。

196 :資料:2005/12/31(土) 23:13:10 ID:???
【現状:国際司法法廷について】

実は、このスレは結構、政界でも閲覧が多いスレらしい。
周囲関係者から報告が行くよりも、こっちの方が早いかもしれない。

現状は、国際司法法廷の信用について議論が起こっている。
一連の事件について(今回と言うよりも、ずっと前も)の展開を見ると、
やはり、とても正常に機能しているとは言えないし、それを知っていた
節がある。

非常に手の込んだシナリオだが−(退任時、カーター大統領いわく「国際政界にはシナリオがある」)−
G4成立の勢いで周囲が方向を模索しながら、周囲を包囲しているので、
この際、数々の負債への叱責も含めて、やってしまうべきだろう。


197 :実況:2006/01/06(金) 19:21:00 ID:???
本スレが事実にとても符合するため、
警察/政界に問い合わせが行っているようだが、
即座には動こうとしていないようだ。

198 :実況:2006/01/09(月) 10:58:23 ID:bHLz5t1t
【計画的な悪魔の仕業の実行関係が露呈】

政界の中には通達が行き届いていないかもしれないので報告。

昨晩、この十年の悪魔の仕業と呼べる計画的凶行の調査が、始まった。
その結果、国際政界とアメリカグループの接続が判明。究極的に例外的措置が始まる模様。

199 :実況:2006/01/18(水) 23:12:17 ID:???
age

200 :実況:2006/01/23(月) 18:21:00 ID:???
【G4+=ネオ・リベラリズムのために鋭意準備中】

201 :実況:2006/01/23(月) 21:20:42 ID:???
【立て篭もり現場は、日本警視庁?】

証人立て篭もり人員は、監査の入らない現場で気ままにやっているようだ。
立て篭もり現場は、日本警視庁?と言う情報もある。
実のところ、日本警視庁と言うのは、元来の政界調査の役割を地検特捜部に
譲り、もはや虚構になりきっている、と言う情報もある。
政界の警察機構脆弱化工作の一環として、日本警視庁は政界調査として無効化され、
政界事件の撹乱のために存在するとの情報もある。

この状況が明確化し、話題になった2001年ごろに当時の誘拐事件で再召集がかけられ、
一度、表舞台に出たが、再び圧力により無力化されたようだ。

202 :実況:2006/01/26(木) 19:38:41 ID:???
【証人の孤立化を指示する中央政府】

どうも、証人として孤立化するため、中央政府からの指示が出ているようだ。
「調査のため、証人を安全を維持した上で放置する。
 調査終了次第、安全な企業に移動させる。」
の意の通達を秘密裏に各方面に通知し、証人恐喝を放置したまま、
隔離しているようだ。


203 :通報:2006/01/27(金) 08:01:49 ID:yBjraV2n
【前代未聞の国際事件の真相】

卑怯な国際連邦派議員のやり方には怒りを覚える

ここに真相を明らかにする。

1998〜2001年の間、米国・国連は衛星を使って、マインドコントロール電波を放射していた。9.11等の戦争励起工作を加速するためであり、また、人類に犯罪者の感情を植え付け社会を犯罪社会寄りに洗脳する目的だ。(ネオコンの一部が消えたのは関連あり、と思われる)

204 :匿名:2006/01/27(金) 08:11:43 ID:yBjraV2n
これで思い出されるのは、当時の被害妄想的なき行、幼児虐待、他人の声が聞こえる、など
これは犯罪者の卑怯な精神感情(脳波)を照射すると同時に、再帰的に地上の脳波を受信・再照射したことによる。感情扇動と同時に地球を一つの部屋に閉じ込め、集団心理を加速する目的だ。

205 :通報:2006/01/27(金) 09:21:44 ID:yBjraV2n
【暗示解除方法】
暗示の解除方法もいくつかある。
一番良いのは

「田中角栄」

を早口で低いおやじ声で三回繰り返すことだ。
週一回程度やると頭がすっきりする。

206 :通報:2006/01/27(金) 09:34:15 ID:yBjraV2n
【国際・アメリカ政界に正義は存在しない】

本件はこの二十年あまりの法政破壊工作の集大成として議論されるべきだ。
起源はカーター前大統領の失脚に始まる。カーター大統領失脚の原因は「アフガン進攻」「大使館人質事件」だが、カーターを快く思わない陣営の「揚げ足取り」と思われる。
「国際政界にはシナリオが存在する」はご本人の言だ。
この国際政界の荒廃ぶりをみるとご本人は存命ではないのではないか?と思われる。

その後、登場したのがパパ・ブッシュ一派だ。パパ・ブッシュは国連の一部と手を結んだ、と思われる。

207 :通報:2006/01/27(金) 09:39:51 ID:yBjraV2n
その直後に、「イラン・コントラ」「BCCI事件」が起きている。しかし、それに関連する一派がことごとく、証拠不十分で罪を免れ、今回のイラク・アフガン・9/11て名前が再登場する。これはもはや、国際レベルでの政界不正事件買い取り、カード化の仕組みが完成した証だ。



208 :通報:2006/01/27(金) 09:50:19 ID:yBjraV2n
目新しい所でも「OilForFood事件」の調査でもボルカー前連邦準備委員会議長は国連組織自体の責任追求を回避している。
国連、つまりは彼等の本丸、を保護する事は理解できることである。
「インマルサット事件」では有名無実の「国際連邦」の保護をかたり、国連の保護壁としている。
日本は、これら国際癒着シンジケートの茶番責任迂回工作の中で、この度の憲法改正議論により、平和憲法を危機に曝されているわけだ。

209 :実況:2006/01/27(金) 18:07:56 ID:???
【P5配下の国連の意味】

BCCI事件は、世界レベルのマネーロンダリング疑惑だったが、
国際法政が目的としたゴールは「クライム・ロンダリング」だ。
政界事件、大概は癒着だが、それらの罪状浄化の機能を提供している。

総括すると、常任安全保障理事国5カ国が指揮する国連の意味は、
石油企業、軍事企業、ひいては、やはり、ロックフェラー王国の利益の為に、
戦争励起工作を行い、それらの罪状を浄化するサービスを提供する
集会場と提議できる。



210 :実況:2006/01/27(金) 18:16:39 ID:???
【国際政界の新たな目標:G4+=グローバリズム=ネオ・リベラリズム】

これらの起点は、カーター大統領政権の終了後から、計画的に行われてきたのだ。
今までは、政治も経済もゴールの無い、眼前の問題処理に明け暮れてきた。
しかし、これからは、カーター大統領も同様のドグマを展開していたと思うが、
民主政治・自由経済の適切な発展形、もはや義務と言えるG4+、G4をさらに
グローバリズム的に展開した、世界的経済区域思想=ネオ・リベラリズムの達成を
必須とすべきだ。

アメリカ専制主義・帝国主義、NY集権政策を展開してきた陣営にとっては、
カーター大統領が敵視するの同様に、G4=経済区域思想を毛嫌いすることからも、
むしろ、逆に正しい方向であることを証明している。
「NPT」、「G4」もまともにやろうとしない、国際政界など21世紀にもなって、
不要を通り越して、殲滅するべき有害要素でしかない。
茶番と偽善・欺瞞にまみれた現国際政界など、戦う価値も無い世界だ。
G4+=グローバル・ネオ・リベラリズムを達成された世界だけこそが、
本気で戦うにふさわしい将来だ。いかなる手段を用いても絶対に達成されなければならない。

211 :本文:2006/01/27(金) 18:49:01 ID:???
******************************
* 本文:2001年早春
*    −神奈川以西への逃避−
*     暴力警官Kを「懲役前逃亡」で制する

さて、国内の事件も言及し、処理を後押ししなければならない。
この事件が非常に政界・法界を引きずりまわしてまで処理が困難な現状がいずれ分かる。
現在、ライブドアがニュースをにぎわせているが、一流企業間不正買収・合併をお膳立てする
となると、相当強力な犯罪界の頂点域に限られる。レベル的にも犯罪タイプ的にも
類似することから、どこかしら接点を持つ可能性がある。(実際、現場もそのような雰囲気だ)

※「K」について(http://strange.toheart.to/urlmemo/cache/20050313093507.html)
私の前勤務企業である有名総合メーカH社の地もち(土地がらみの暴力団)対策担当としても、
当時相談役として在籍していた。

老人に域に達した暴力警官Kだが、政界の後押しもあり、執拗な撹乱工作を
繰り返すようになる。
配下のチンピラまがいの手下を使い、様々な撹乱を用いる。
それで、私は、Kの行動の計画性を理論的に論証し、有罪にすることを
要求した。(これは、一般から出た優良判事例として関係者では知られているらしい)
それで、「K」の収監は決定されたのだが、なかなか、収監しようとせず、
何度も戻ってくる。「K」の県警での有力さが分かる事態であった。

そこで、私は周囲の人間を率いて、神奈川以西−つまりは事件・K住居の管轄外−に
移動することにした。つまり、管轄を超えて懲役前の犯人が移動することは、逃亡とみなされ
非常に重いペナルティが課せられる事を逆手に取ったのだ。
それで、「K」の行動を制しようとしたのだ。

212 :実況:2006/01/28(土) 09:19:14 ID:???
【国際連邦派の正体】

国際連邦派というのは、結局、それが目指した癒着構造の完成のために、
国連メインボディーが排除/選別を繰り返した結果の、大概はお好みの保守派-癒着寄り、
戦犯寄り、二世議員等-の集合体なのだ。
実際、このような体制に嫌気をさした、カナダ、オーストラリアなどは、
国連と距離を置き、また、安保理も彼らが居ない間に隠れては、怪しい
議決を採決しているようだ。

213 :資料:2006/01/28(土) 15:39:45 ID:x/UqfAVF
【国際連邦体制とインマルサット工作】

件の電波が戦争励起工作であった事は述べた。
実は、もう一つ意味がある。それは圧政社会、独裁政権社会創出の目的達成手段でもあるのだ。これが特に人類の永年洗脳疑惑に繋がる。
つまりは、人類の精神を脆弱化することにより、眼前にそびえる権力の前では、判断不能(多動症候的)に落としこむことで反対勢力を権力下に閉じ込めるのだ。
言うまでもなく、いざという手段のため、暴力組織が併設されるのは言うまでもない。
アメリカ善悪劇場と合わせて、これらの工作もメインボディーで買い上げられた。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 17:53:45 ID:???
*****************************************************************
*
* 以上の検証から、
*
* 国連癒着体制≒国際連邦、米国専制帝国主義の嫌疑立件化と断罪、
*
* G4+=ネオ・リベラリズム体制の擁立は並行遂行必須!!
*
*****************************************************************

215 :本文:2006/01/28(土) 21:17:08 ID:???
*************************************
*
* 神奈川以西の逃避行:2001年4月
* 「K」の狂気の追跡
*
*************************************

「K」を巻けると考え、当時の東京町田の家を離れ、
別荘がある神奈川以西に移動することにした。
実は、その直前に「K」の撹乱行為が激化し、ほとんど
睡眠も取れない状況が続いていたのだ。

ところが、「K」は諦めず、むしろ、かつての狂暴さを再びあらわにし、
逆に関係者を抱き込み、手下として引き連れ、懲役前逃亡無視の
追跡を開始する。

216 :本文:2006/01/28(土) 21:30:40 ID:???
**************************************
*
*  平行して進む警察内部の粛清:
*
*       異常な2001年4月
*
*************************************

本事件は、警察機構内部でも政界でも、大論争を巻き起こしかけていた。
警察機構内部では、政界にもコネがあり、長年警察内部を荒らしつづけた
「K」が今度は一市民を相手に恐喝工作を働き、それが表沙汰になったのだ。
警察機構内部トップでも私の保護と「K」の逮捕・有罪を後押しする気運が高まった。

しかし、元大臣が有する国際的司法不正コネクションは、はるかに予想を越えた。
国際司法不正シンジケートの機能は、もっとシステマティックなものだった。
「K」とそれを取り囲む陣営の実行部隊、それを後押しする国際政界シンジケートは、
警察機構の粛清と証人破壊を同時に実行に移したのだ。

217 :実況:2006/01/29(日) 11:52:39 ID:w6h7YQ9y
【国際連邦=第四次世界大戦後体制の集客力】

(関係者ではコソボを三次大戦に当てがちだ)

政界でこれらの世界戦略を黙認、追従する理由について、既にNATOによる、七ヵ国同時攻撃プランをベースにした第四次世界大戦後の後の戦後体制を是認、待機していたものと思われる。
これは、9.11の戦略発案がNY国連寄りの機関である事を早期に言及している事からもわかる。
国内第一政党でも、取りあえずは、国連+常任理事国の御意向(といってもただの石油利権の癒着だが)を伺い、保守派を立て、後ろで待機するつもりだったのだろう。

218 :改悪大反対!!!!!:2006/01/29(日) 12:03:41 ID:grSzh/y3
憲法改悪反対! 戦争反対! 徴兵制度反対! 主権反対!
アジア諸国友好賛成! 平和憲法賛成! 東アジア共同体賛成!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138461922/l50

憲法改悪反対! 戦争反対! 徴兵制度反対! 主権反対!
アジア諸国友好賛成! 平和憲法賛成! 東アジア共同体賛成!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138461922/l50

憲法改悪反対! 戦争反対! 徴兵制度反対! 主権反対!
アジア諸国友好賛成! 平和憲法賛成! 東アジア共同体賛成!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138461922/l50

219 :実況:2006/01/29(日) 12:06:16 ID:w6h7YQ9y
「想定外」だったのは、先の独立した経済体系を有し、国連の裏工作に嫌気がさし、NATOに引いていた大国が、マインドコントロール事件、9.11の通報・暴露で憤慨したことで戦略撤回を余議されなくなったためと思われる。

なお、9.11では常任理事国としては、ペンタゴン無血?偽装?襲撃に合意、他の大量犠牲については、政界活動に足かせを喰らわせるための別途準備された裏切り行為と思われる。


220 :実況:2006/01/29(日) 12:19:15 ID:w6h7YQ9y
9.11は、常任理事国承認、裏切り行為についてアメリカ一部グループに加え、アラブが人員提供、FBIが炭疽菌に引き続き、国内引導役、とまとめられそうだ

221 :実況:2006/01/31(火) 12:22:19 ID:???
【最近、騒々しい周囲の状況:人的構造類似、事件現場・領域類似、関与企業の合致】
−本格的に立件か?−

最近、直接・間接の両方で合致・符合する事件の立件・公開が進んでいる。
 人的構造:天下りによる操作−今の事件は直接、本件には関係していないようだが
 領域の類似:大企業間の合併−官寄り、団体での操作を窺わせる
 関与企業:本件、不正売却の前事件−。。。

実は同企業について、本件に先立ち数年前に、本件とほとんど同様な手口・手法で
合併操作が行われていることが、言及されている。別件と思われるが、国際的に名前が
上がりはじめた。
(さらに言えば、その数年前には−恐らくこれがその歴史の起点と思われる−やはり米国FBIの
不審な捜査を受け、なぞの決着がついている。)

やはり、その合併にまつわる事件でも、社員に報奨金を掛け、それをエサに暴力団を誘致。
それをその手の組織への取り分として、殺人事件(これも手口同一)を誘致している。
その工作/お膳立てについては、政界->法務省人員の情報が漏れている。
(私としては、いまだにその工作が不正売却・合併につながるのか理解できていない)

もしかしたら、それらは局所に向かおうとしているのかもしれない。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 12:34:56 ID:???
現状、民主党が第一政党を道義的責任でやり玉に上げているが、
一連の事件に強力な背後・シンジケートの存在を匂わせることを考えると、
むしろ早急であり、綿密な実態捜査を後押しし、議員逮捕のレベルに辿り着くのも
最重要課題である。その上で、さらに上の国際司法レベルに移行するのが、
実勢が要求するレベルである。

私の投稿を見ると(自分でも意外なほど脈絡を以って)、
 アメリカ/NY−>国内政界/大臣級−>国内実行部隊/司法寄り
の国際シンジケートの流れがあるのが分かる。


223 :実況:2006/01/31(火) 12:42:25 ID:???
【実況:大規模企業不正処理事件のお膳立ての理由が言及!】

ついに、大規模不正の前段階で暴力がらみの恐喝事件が理由について供述があった。
一連のコントロールを、その暴力団と対を成す司法陣営の関連グループに移行する目的が
あったようだ。その司法陣営については、本件の現場でも騒動になっているようだ。

やはり、重大事件の捜査と言うのは、十分以上の監査を以って、オープンに行われる
必要がある。

224 :実況:2006/01/31(火) 12:45:49 ID:???
(暴力団と司法陣営の関係のニュアンスについて:
 滅多に逮捕できない、つまり保護された暴力組織に、捜査を任せ、つまり、
 権力による捜査のコントロールが行われ、司法による事件処理と合わせて、
 いもずる式に企業自体のコントロールが引き継がれる。
 米国法務省も警戒しておいた方が良いようだ)

225 :本文:2006/02/01(水) 19:43:31 ID:???
******************************
*
* 本文:
* 静岡から神奈川西部へ久しぶりの訪問
*     そして、ホテル襲撃と残虐な薬殺行為
*     瀕死の臨死体験12時間

中央政府での粛清劇がどのようだったか?は、静岡の遠隔地に居て、私には不明だが、
私の懲役前逃亡罪で「K」を制止するはずが、諦めずに静岡に執拗に、しかも、
簡単に逃亡・追跡したことで警察機構の信用の無さ、で方針を変えざるを得なくなった。
恐らくは、法廷も活動を制止させられていただろう。

そこで、海外への退避と私用で、かつて、会社勤務時代の住居-独身寮、の近くに移動する
ことにした。これは、全くの失策で、本件で犯行グループが、後の痴呆の老両親をそそのかして、まんまとはめられた誘拐事件と並んで、死のふちに立たされた大失策のひとつだ。

ホテルと言うのは、信用のならない場所だ。それ自体が当事者の敷地ではないので、
ホテルの経営者が許してしまえば、簡単に侵入、不法侵入でとらえるのは困難だ。

226 :本文:2006/02/01(水) 19:54:45 ID:???
私は、2001年の4月20日ごろ、私用を思いつき、藤沢市湘南台駅付近の
「湘南台第一ホテル」に宿泊する。
その日は、私用で、深夜過ぎまで外で過ごすことになる。
駅のそばのインターネットカフェで調べもの−当時の検事総長−を調べていた。
(当時の検察、警察組織は非常に不明な部分がある)
その後、ホテルの部屋に戻るのだが、ドアを閉める際、補助カギが若干浮いているのに
気がつかなかった。早く起きるつもりなので、ほんのひと時うたた寝をするつもりだったのだ。
3〜4時間寝ただろうか?目を覚ますと、腰の辺りから、首筋に掛けて、痛みが走る。
悪い予感で背筋が凍る。ドアの補助カギも浮いている。
最大の失敗−襲撃を受けたのだ。

227 :本文:2006/02/01(水) 20:16:48 ID:???
恐らく、脅すか、立場を利用してマスターキーを入手したのだろう。
後で三人組−新興宗教にも関連がある暴力団寄り人員、警官、婦人警官(こいつも、
何もしないことを方針とする新興宗教寄りの不審極まりない婦警だ。証人の霍乱工作として、
周囲を「なにもしない警官」で包囲し、証人が事件に巻き込まれるのをまつ戦術がある)。

何にしても、この日の夕刻から人生でも最大の、「死の恐怖」を全神経であじあわされることになる。
今は、ドアノブには素手で触らないし、アパートは狙撃から逃れるよう高台を選び、
カギも絶対に破れない厳重な物にしてある。

ときどき、9.11のことを考える。オフィスでデスクワークをしていた最中の人々が、逃れようも無く、
地上何十階のコンクリと鉄筋の建造物が崩れるのに引きずり込まれ、そのがれきと一緒に
押しつぶされる、痛みと恐怖はいかなるものか?いかに想像を絶する壮絶な最期か?
このような事をやり遂げる人間達は、どのような連中なのか?

この大事件は、この私自身への襲撃の数ヵ月後に「まさに悪魔の仕業」として、発生するのだが、
私への襲撃と平行して、遠くアメリカの地で準備が進められ、のちの私の奇跡の生還後の行動・探求と、
彼らの様々な工作の展開と経過を以って、ある一点で想像を越えて必然的に交わることとなる。

228 :実況:2006/02/03(金) 22:05:19 ID:???
【今、サードウォッチを見て気がついたこと。:愛国法と言う強制制止力】

今、サードウォッチを見ていたのだが、テロ対策捜査官が、このように言う。
「テロ防止の行為に協力しないと、”愛国法”で逮捕することになる」

愛国法と言うのは、9.11をきっかけに、有無を言わせず採決された法案だ。
これに関しては、色々言われている。
−これにより、テロ闘争を盾に民主党を抑えている。
−P5が愛国法の前例をアメリカのために成立させるため、9.11の一部
  (多分、ペンタゴンへの無血攻撃)の計画を承認した。
実はこの審査中、「テロリストの頭領を”どこかの高位の機関”で買い取っている。」のことを
匂わせている。
”どこで買い取ったか?”は重要だ。”そこ”が落ちるまでテロ闘争の茶番劇に政界は
振り回されつづけるわけだ。
同様な事例として、国際法廷での「国連vsアメリカ」の法廷調整のため、ペンタゴンが、
国連に買い取らせている本件だ。
同様な法廷工作が行われている可能性がある。米国のやりかたは、非常に”執着度”が高いのが
特徴だ。ひとつには、法的前例の確立。
(それともう一つ。それは後で述べる。)

229 :実況:2006/02/04(土) 14:15:12 ID:wsQpMbPy
【現場は、故影山民雄氏殺害疑惑で騒動】

どうも、宗教絡みで政界も巻き込み、騒動のようだ。

230 :実況:2006/02/07(火) 17:36:35 ID:???
【たかりを続ける”企業省配下のたかり女たち”】

現状は、自称「企業省配下」と言う女達が、たかり行為を続けている。
それと同時に、後に述べる六本木ホテル襲撃の際に、付加された
「耳内無線」による脳への直接電波放射による、拷問を続けている。
異様なまでに、甘やかし、これらの行動を前例として、
国内法廷をスキップして、国外法廷に行こうとしているようだ。

たかり女達については、神奈川県警由来の可能性もあり、
何らかの目的で事務手伝いの目的で企業に配布されていた
可能性がある。

後に述べる、H社元社員「(自称)大木」、影の理事会長「大平」も
これらの活動に参加していた可能性がある。

231 :実況:2006/02/07(火) 17:37:38 ID:???
やはり、企業省がらみの暴力団接続と言うのは、問題があり、
遠かれ近かれ、昨今の不審事件と関連があるかもしれない。

232 :実況:2006/02/07(火) 18:25:11 ID:???
【注目を浴びる国内政権事情】

最近、国内政権事情・内情について議論が集まりがちだ。
小泉首相、山崎氏、青木幹事長、安部官房長官の関係。
しかも、それらは、顕著に国際政界事情と接続しているが、
内容は不鮮明だ。
しかも、それらと政界事件と関連して、創価学会の名前が挙がる。
現場では、これらの三つ巴が国際連邦を推進するファクターとして、
重要化している。

233 :実況:2006/02/07(火) 18:40:39 ID:???
【結局はアメリカの模倣−癒着を促進する戦争事情】

以上から、ほとんどプレーヤーは揃ったようだ。
癒着に偏る政権、水面下では、複数の不正売却事件が発生しながらも、
それは国外法廷の操作で国内事件としては、公開に至っていない。
アメリカでも、不審な事件が以前あった。エンロン事件等を思い出すだろう。
アメリカの連邦準備委員会を核とし、企業癒着、違法操作の動機をNY投資家陣営との
結託により、工作化する陣営と、院内総務で国内議会を制圧する政界内部圧力集団。
カールソン社の理事会名簿を見ても分かるように、これらの方式を国際政界にも展開し、
国連を調整の場として、保護している。これらは、実は、石油企業、軍事産業との政界の
癒着を促し、「戦争」の起因剤として確保されている。
極東の日本においても、国連・アメリカ連合は、これらの様式の成立を促し、今となっては、
頓挫してしまった世界大戦後体制として、準備していたと考えられる。
国連・アメリカによる、アメリカ専制主義・帝国主義、国際連邦の内政干渉の言い換えと言える、
関係は、「自由経済」、「民主主義」とは、全く逆行する詐欺まがいの国際施行策だ。

234 :実況:2006/02/07(火) 18:57:16 ID:???
ここで今一度、世界レベル暗示工作を思い出そう。
>>213

件の電波が戦争励起工作であった事は述べた。
実は、もう一つ意味がある。それは圧政社会、独裁政権社会創出の目的達成手段でもあるのだ。これが特に人類の永年洗脳疑惑に繋がる。
つまりは、人類の精神を脆弱化することにより、眼前にそびえる権力の前では、判断不能(多動症候的)に落としこむことで反対勢力を権力下に閉じ込めるのだ。
言うまでもなく、いざという手段のため、暴力組織が併設されるのは言うまでもない。
アメリカ善悪劇場と合わせて、これらの工作もメインボディーで買い上げられた。

つまり、これらの工作を9/11のお膳立て、コソボ、東チモールのハンドリング失敗とあわせて、
世界規模で準備してきたのが、アナン任期工作のまさしく正体だ。
これらの工作が、まさか、政治家だけで発想できるとは思わないだろう。
やはり、背後にCIA,Pentagonの軍部の計画立案があるのは、間違いない。

235 :実況:2006/02/07(火) 21:33:34 ID:???
どうも、一般には、「証拠不十分」を盾にして、裁判開始を遅らせているようだ。

現場では、全く異なるものになっている。はなから、国会議員と法務省の協議により、
内部裏切り人員の利用で事件を工作してる。

現場も、法務省人員が監督しているらしく、たかり女達も法務省を当てにして、
強気になっている。


236 :実況:2006/02/07(火) 21:37:50 ID:???
法務省に、このような企業内導入役、撹乱人員の配布を行っていたものが居るが、
国際政界との取引により、どこかに存在を隠してしまったようだ。

国際政界と国内政界不正の事件隠蔽、証拠隠蔽は、このように行われている。

237 :実況:2006/02/17(金) 20:01:10 ID:???
体調不良により、休載

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 13:02:31 ID:???

ついに隠れ家が割れて、毒を盛られたか?

239 :実況:2006/02/18(土) 18:18:14 ID:???
>>238

また、「日本警視庁」を語り、神経毒を持ち歩いて、
ドアノブに塗ったり、JALのスチュワーデスをそそのかして、
薬を盛ろうとした連中か?

240 :実況:2006/02/21(火) 20:29:31 ID:???
現況

カルテル疑惑で騒動の模様


241 :実況中継:2006/02/23(木) 09:14:27 ID:MgzMrTe2
【官民協力によるカルテル事件に発展!】

実は先日、海外での価格調整疑惑で国内の合弁会社が罰則金を請求されている。
実は、この合弁会社、同一企業により、今回の事件に先だって起きた同様の暴力事件に直接関係あり。
つまり、報償金を掛けた社員を恐喝にさらしている。
関係者の情報によると、官民協力によるカルテル疑惑に発展しそうだ。


242 :実況:2006/02/23(木) 10:05:19 ID:MgzMrTe2
【やはり、トータルな人民・経済の統制なのか?】

アナン任期の中での政界・財界の結合(カールソン、ブッシュ政権構成が良い例)が著しいが、やはり、昨今の無理な合併(アメリカIT業界でも顕著。彼等の戦略は見え透いている)は充分に警戒に値する。
政界とNY投資家による、支配の行き過ぎは、著しい公益違反として警戒しなければならない。先のような極東での末端事件との相互影響による、なし崩し的な社会への侵略は最重要な警戒事項だ。

243 :実況:2006/02/25(土) 16:37:06 ID:N87lBS4b
【国際政界に正義は存在しない。石油産業を相手にした裏工作紛争処理と外交カードの裏処理】

現場では、コソボ〜東チモール〜アフガンの紛争処理を巡る、国連失態のカード処理と、かねてからのオペック解体工作を通じて、国際政界と石油産業の垣根の無い癒着ビジネスへと移行を果たした。
これらの国際カードの交換の場である、国際法廷(ICJ)に注目が集まる



244 :実況:2006/02/27(月) 22:38:24 ID:???


245 :実況:2006/02/28(火) 16:43:51 ID:???
再掲&解説
>>241
【官民協力によるカルテル事件に発展!】

実は先日、海外での価格調整で本件に絡む国内の合弁会社が罰則金を請求されている。
実は、この合弁会社、本件と同一の企業による合弁会社で、今回の事件に先だって起きた
同様の功績社員に対する報奨金をめぐる暴力事件を起こしている。
つまり、報償金を掛けた社員を恐喝にさらしている。

この手口は、予め報奨金をかけた社員に対して、報奨金をエサに、滅多に手入れの出来ない
恐喝請負組織に恐喝事件を誘致する。それらに対して手入れできる捜査体制を官の調整により、お膳立てする。
その恐喝事件自体は、それらの調整された司法権により、内密に処理され、背後でそれらと
接続する官利権グループにコントロールが移行する。企業と司法、官利権グループの結合が
構築される。

これらの官民結託の準備工作を見ると、先の合弁会社の件は、官民協力によるカルテル疑惑に
発展しそうだ。


246 :本文:2006/02/28(火) 22:58:45 ID:???
********************************************
*本文:
* 瀕死の品川駅での12時間
* 薬物中毒からの解脱−臨死体験

先に述べたとおり、湘南台のビジネスホテルで襲撃を不覚にも襲撃を受けた私は、
首筋から腰の辺りに連続した注射の痛みを気にしながら、会社から追い出されるまで
住んでいた、その地を離れようとしていた。
依然として借りていた町田のアパートに帰れば良かったものを、東京駅から地方に
逃避行を行おうとしてのかもしれない。
横浜桜木町で、人と会った後、深夜の襲撃と薬物の恐怖は突然、始まった。
人と会って用事を済ませ、一段楽して、ほっとした後だった。
脳内に異変があるのに気がついた。内容は言えないが、複数の精神薬物を腰から首筋にかけて
連続的に時間差で打ちつづけたらしい。

247 :本文:2006/02/28(火) 23:06:42 ID:???
複数種の薬物を打たれたため、様々な現象が脳内を駆け巡る。幻覚剤も打ったようだ。
その間、PHSから、水分を多量に取るように指示があった。栄養を取るため、ドリンク剤も
飲む。これが、かろうじて薬物中毒に対抗して、命をつなぐ原因となったようだ。

薬物の影響も無くなったようだ。ほっとする。
「これで終わったか。。。」
ところが、その後、PHSで別の男が、

「次は『無し』だ」

生死をかけた、精神の限界へと追い詰める、決死の死への抵抗が始まったのだ。

248 :実況:2006/03/01(水) 14:15:55 ID:C0jnocbM
【政界シナリオのエンディングは許容できるか?】

どうも、やはり現行の保守体制は、シナリオ前提の振り子の反対側のようだ。つまり、国際シナリオでは振れ戻るための準備として、保守的オーダーを敷いている。

でも、正しいのか?アナン任期は、国際政界を硬直化、財界との癒着を保護して、石油主導による中東戦争をアシストしている。これらのお膳立ては、財界でのNY中央集権化と縦系列化を促進している。
これらが、アメリカの独創劇が終わった後、元通り自由化する法律は無い。

249 :実況:2006/03/01(水) 14:28:20 ID:C0jnocbM
さらにはアメリカが狙うように、国連内部の体質も変化させられている。元に戻るなど、とても信用できない。
これらは、国際連邦構想を盾にした、対アメリカの法廷裁量調整(ICC、ICJ双方)のためだけが理由の詭弁としか思えない。
日本も第一政党を交換して、国内に風を通すと同時に、アメリカの言い分にはクッションを置くぐらいのことが必要だ。どうも今までも、とんでもなく怪しい事を言って来ているようだ。

250 :資料:2006/03/01(水) 15:03:36 ID:C0jnocbM
【シラク首相「回収不能のパンドラの箱」の意味】

補足しよう。
シラク首相は先のような事を言っている。その内容を推測するに、コソボ〜東チモールの事態収拾失態に加え、911に常任理事国が合意。しかも、無血のはずが、アラブ・イスラム陣営犯行による大惨事発展により、国連はアメリカ先制攻撃派に引け目を負ったことになっている。
そこで、EUはアメリカ陣営(ウォルフォウィッツ、ボルトン?)を買い取り、後に出るはずの国連=国際連邦保護のため、アメリカを泳がせる方策を取った。
だれが信用するだろうか?

251 :資料:2006/03/01(水) 15:11:46 ID:C0jnocbM
でも、だれが信用するだろうか?保護どころか、常任理事国間で国連の執行力を劣化させ、むしろ、秘密結社的に国連加盟国191国が擁する国連を勝手に人質にして、先制攻撃をしかけるお膳立てをした、と取るのが自然だ。
正義を失ったアメリカとP5に国連を任せると、このようになる、と教訓に取っておくべきだ。

252 :実況:2006/03/02(木) 07:28:56 ID:???
国内事件

【最高裁が決してやろうとしない、企業-司法-官のシンジケート:あるカルテル事件】
実は先日、海外での価格調整で本件に絡む国内の合弁会社が罰則金を請求されている。
実は、この合弁会社、本件と同一の企業による合弁会社で、今回の事件に先だって起きた
同様の功績社員に対する報奨金をめぐる暴力事件を起こしている。
つまり、報償金を掛けた社員を恐喝にさらしている。

この手口は、予め報奨金をかけた社員に対して、報奨金をエサに、滅多に手入れの出来ない
恐喝請負組織に恐喝事件を誘致する。それらに対して手入れできる捜査体制を官の調整により、お膳立てする。
その恐喝事件自体は、それらの調整された司法権により、内密に処理され、背後でそれらと
接続する官利権グループにコントロールが移行する。企業と司法、官利権グループの結合が
構築される。

これらの官民結託の準備工作を見ると、先の合弁会社の件は、官民協力によるカルテル疑惑に
発展しそうだ。

※なぜか、最高裁はこのシンジケートを決して処理しようとしない。むしろ、保護的だ。

253 :資料:2006/03/02(木) 15:42:25 ID:2yiIW70v
【最高裁がシンジケートに片寄る理由】

現在、国際政界で買い取られ、最高裁が抑えている本件は、カプセル化したまま、ある元大臣に接続する暴力関係を祭り上げて、上下関係をねつぞうしようとしている。
最高裁のこのシンジケートへの保護姿勢は異様なものがある。実は、この大臣、はるか以前に民間から導入された人物で、政界では二番手と思われる。むしろ、長老クラスから引き継いだ陣営が上と考えられる。
テレビでも解説に出てくる以前の政界捜査陣は、最高裁黙認の中で行われた、日本警視庁を中心とした破壊行為をご存知なのでは?と思う

254 :資料:2006/03/02(木) 15:52:29 ID:2yiIW70v
思いおこせば、私への薬殺事件自体、最高裁が黙認した行為であり、実は、その後、会社から被害届けを受けながら、さらに誘拐事件に発展した経緯も黙認である。
さらに事態の収拾を遅らせ、国際事件の処理に接続して、さらに処理を困難にしている。
現在では、会社も最高裁に近い陣営の指導に従い、不動を決め込んでいる。
どうも最高裁は、警察機構崩壊(次を眼中にした作戦か?)と、件の官・司法・企業の癒着には、触れようとせず、むしろ、保護する姿勢でいる。確信的と言える。

255 :実況:2006/03/02(木) 16:19:25 ID:2yiIW70v
どうも最高裁は、国際的戦争励起の雰囲気で国内でも不穏な動きの連中を黙認していた可能性がある。
最高裁は、先の関連の陣営相手にはだんまりを決め込むのがお決まりなようだ。
最高裁の怠慢で、議員が民主政に反し粛正されたり、産業界が不利益を受けたり、ひいては治安に影響するような事になれば、やはり公に弾劾する必要があるだろう。

256 :実況:2006/03/02(木) 19:32:06 ID:???
騒がしいようだけど、どうだろう?

国際的な事も書いてあるけど、これが常任理事国5カ国とアナン国連に任せた
結果だ。ほとんど、シナリオベースのうそと茶番と蛮行で世界人類をだまして、
搾取の道具にしようとしている。信じがたいけど、本当にこれが真実。
なんとかして、これまでの負債をきれいに葬り去って、
G4をベースとして発展させたネオ・リベラリズムを起点に21世紀のスタートにしないと、
利権グループにもっていかれかねない。検証要の最重要課題だ。

257 :本文:2006/03/02(木) 23:11:48 ID:???
>>247
*******************************
*  品川での瀕死の12時間
*  六本木での攻防
*******************************

強烈な不安が脳内を完全支配する。自我がかき消されるくらいに弱体化し、
外界の音・光が壮絶な恐怖となって迫ってくる。
強制薬物中毒からの解脱が始まったのだ。
映画でも麻薬を絶つために、部屋にこもって、恐怖に耐えるシーンがあるだろう。
まさしく、それだった。ぼくは、甘く考えていた。まさか、戸締りだけの不注意で、
死のふちに立たされるなんて。


258 :本文:2006/03/02(木) 23:28:06 ID:???
このまま品川駅の雑踏の中に居ると気を失ってしまいそうなので、
臨時列車用の人気の少ないホームの公衆トイレに逃げ込む。
際限の無い恐怖が、何時間も襲う。
検事が二人、様子を見に来た。「塩川」「黒川」と言う連中だ。
基本的に「塩川」は大人しいが、常に企みを持って、回復後も
つきまとう。「黒川」は非常にいやみなやつで、居れば、いやがらせ
をやろうとする。しかも、知的傷害まがいのちんぴらくずれを連れているのが、
トレードマークの野郎だ。その時も、黒川は、私が窮地に追い込まれているにも関わらず、
わざと側で騒音を立てようとする。

体内の音ですら、気を失いかねないので、水も飲めない。恐怖の時間が過ぎる。
臨時ホームとは言え、時々電車が通る。何度も気を失いかけるのを堪える。

ようやっと、眼は開けられるようになった。検事配下の若手の二人が交代で様子を
見に来る。だれかが、「警察病院に搬送しよう」と言い始めたようだ。

259 :本文:2006/03/02(木) 23:33:42 ID:???
ところが、黒川がそれを許そうとしない。最期には、私がこもっているトイレのドアを
チンピラくずれと蹴破ろうとしはじめた。こっちが気絶寸前にも関わらず。
顔を合わせると、黒川は警備の制服を借りて着ていた。私が動けないことを知りながら、
場所を移動させようとする。白々しく警備員の振りをして、事情を聞くが、暴力警官/検事がらみ
の事件であることを伏せて話すと、「なんだ?俺達のことをかばっているのか?」と
いやみたっぷりに乱暴な口調で言い返す。軽く蹴りまで入れようとする。
こいつは、後々も突っかかってくるので、何かしらバックに隠しているようだ。
最近までも、近くに居たが、その正体は明かそうとしない。

260 :本文:2006/03/02(木) 23:42:10 ID:???
弱々しく品川の駅を出て、裏道でうずくまる。深夜2時、生まれて始めて死を覚悟した夜だ。
トイレに逃げ込んだのが、前の日の夕方5時ごろ。
まさしく薬物拷問による臨死体験だ。後になって、安楽死させてやるべきか、と
思った、と周囲の人間が言っていたようだ。発狂して死ぬよりも、安楽死の方が
ましだ、と言うぎりぎりの線で奇跡的に生還できたようだ。
(後に誘拐事件で、再度、薬物で危険な目にあう。しかも、法廷へ被害届が提出された後だ。)

薬物中毒からの解脱を完了するため、さっきの若手の一人がやってきた。まだ、
夜道にも関わらず、サングラス無しでは目を開けられない。この若手の指導で
少しずつ目を開けたり、歩行の訓練をする。空が明るくなるのに会わせて、何とか歩けるようになる。

261 :資料:2006/03/03(金) 10:42:28 ID:+GijNEhv
【中東・OPEC解体のシナリオ】
OPEC解体はNY陣営の念願である。しかも、国連主導で民主化したのでは利権がNYに流れない。
そこでテロを口実に先制攻撃をアメリカにしかけさせることで、利権をNYに集中させようとしている。アラブも乗りやすい。
イスラム革命派もアメリカ発信(「テロとの戦い」を参照)。宗教的善悪感による抗争はラムズフェルド一家の得意とすることである。
イラン→パキスタンの核技術漏洩もいかにも疑わしいところがある。
思い起こせば、OPECが保護された時代のカーター大統領退官の原因のアフガン進攻、

262 :資料:2006/03/03(金) 10:43:53 ID:+GijNEhv
大使館人質事件も、当て付けたような胡散臭さが、今となっては漂う。

263 :本文:2006/03/05(日) 05:18:29 ID:???
【民主党鳩山議員のHPより、癒着と不穏な諸工作】

民主党代表鳩山議員に政界癒着の実態を赤裸々に記す文章がある。

http://www.hatoyama.gr.jp/cont09/indy_sengen.html
「尊厳なき政治」がこの国をめちゃくちゃにしてしまった。政官業癒着をはびこらせ、自浄できない自民党政治に「尊厳」のカケラもない。この数十年の自民党政治が、日本社会に癒着・依存の風土と体質を作り上げ、この国から「誇り」というものを消し去ってしまった。
政治家に始まり、外交官、官僚、経営者、知識人、医師、教師、エンジニア、地域、家・・・。
その多くが自立心を失い、無責任になり、尊厳も誇りも失っていった。その結果、議員会館のソファーで、在外公館の正門で、官公庁のコンピュータ室で、企業の役員会議室で、大学病院の手術台で、中学校の教室で、食品工場の倉庫で、信じられないことが続発している。


264 :資料:2006/03/05(日) 05:30:14 ID:???
これは、各方面での撹乱工作を記されたのだと思う。

実は、同氏についたは、先の品川の事件の数ヵ月後(2001年終夏)のハワイへの退避旅行の
際に、この事件の撹乱工作員から名前を聞いていた。多分、その当時、何かしらの迫害行為
を受けていられたはずだ。

第二政党である、民主党でも先のメール事件を見ても伺われるが、癒着の実態を知っていながら、
間合いを取らざるを得ない、政界内調整力があるようだ。
このように、政界の中でも、一般大衆から見える虚像とは全くかけ離れて、民主政を脅かす動きが
存在するのは間違いない。アメリカは、民主主義のための戦いを唱えているが、国際政界でも、
また、アジアの日本でも、実際は大きくかけ離れて、民主主義が損なわれるような国際的オーダーが
敷かれている。
このような、一部の利益のための不穏な動きに対抗して、ジャーナリズムは踊らされず、
啓蒙的に政治の透明化を導かなければ成らない。さもないと、連中が目論む通り、人類は衆愚に
落ち、社会は一部の利権集団の搾取の道具・家畜にされてしまう。

265 :実況:2006/03/05(日) 05:48:28 ID:???
【NYは国際政界が却下?!】

多分、関係者にとっては朗報だろう。
最近の動向として、やはり、本HPで記された行き過ぎた諸工作の根源になりがちなNYの指導体制は、
国際的に却下の方向になるかもしれない。
これが実現すれば、報道規制も含めて、かなり違った方向に行きそうだ。

266 :実況:2006/03/05(日) 22:45:44 ID:???


267 :資料:2006/03/07(火) 13:50:46 ID:7EoXCDqD
【国内と国際の臨界点】

国内では刑事事件をベースとして政界調整を展開するNYとの接続点、その実態を隠しながら政界に展開する拠点が明らかになろうとしている。
第二政党もこれの存在に二の足を踏んでいるかもしれない。



268 :資料:2006/03/07(火) 14:07:05 ID:7EoXCDqD
さらに国際情勢だが、一連の国際工作が回収不能になった経緯で、表立っては「大事に至らない」と言うポーズで事態の静観をへりくつのように要求している陣営だが、「果たして今の国際政界を形成した過程を見るに信用できるのだろうか?」
あつらえたとしか思えない事件(イラク革命、アフガン進攻、そして911!)で責任が追求され、出来上がった構成。
今回、また、一大事が発生、その責任追求に走らないとは、限らない。しかも、この数年で地球・人類を破壊してしまうのでは無いか?と言う狂行が既に成されていのだ。とても安心はできない。

269 :資料:2006/03/07(火) 18:08:37 ID:???
【全てはNATOに対する引け目を返済するため】

どうも、やはり、アナン陣営は依然としてコソボから始まる国連の処理失態の
NATOに対する負債と、その結果の先制攻撃の優先を言いつづけているようだ。
これは、アメリカ・ネオコン・先生攻撃派と合致する。
この関係を解消するために、つまり、NATOとの有線関係を清算するために、
不穏な状況から抜け出さないようだ。

これに関しては、ICJで扱う国連vsアメリカの法廷で、「国連の失敗を
NATOの刑事事件で調整する」と言う裏工作。

また、ヨーロッパで買った犯罪組織を、今度は、NYで処理している、
と言う構造もあったりするので、存分に国際法政を疑惑の目で検証するべきだ。

270 :実況:2006/03/07(火) 19:25:40 ID:???
【依然、国際政界でも信望の厚いカーター元大統領はどこに?】

この情報を閲覧された方で、数人、国際政界・アメリカ政界の
優秀な重鎮・カーター元大統領を気にしているようだ。

この80年代に民主主義を押し進め、その後もご意見番として活躍された
カーター大統領は、述べている国際工作を推し進める上で、邪魔者扱いされた。
さらに言えば、「お亡くなりになった」のでは、と推測している。

しかし、実際には、一切、表舞台から引退されたようだが、ご健在の証拠もある。
だが、狂行に乗じて、「にせ者」を立てたのではないか?と推測してる。
何らかの手段を用いて、外観同じの人物を作ることは可能なのかもしれない。

この手の情報と言うよりも、うわさに近いものは、少人数の中で流れているのかもしれない。
意外にも映画業界は、この手の情報に敏感だ。

「ソードフィッシュ」・・・政界請負のテロリスト(J.トラボルタ)の、影武者が出てくる。
この数年間で他にもいくつかあったはずだが、記憶に無い。

このような、常識はずれの工作を交えた国際政界トップでの動向を総括すると、
ペンタゴンのパトロンである政界黒幕が、一般世界から隔絶された領域で、
密やかに「クーデター」に似た暴挙を成し遂げようとしている、と言う見方も成り立つ。

271 :実況:2006/03/07(火) 19:31:06 ID:???
(補足)カーター大統領の歴史上の取り扱いについて

先に述べたとおり、カーター大統領は、紛れも無く優秀な民主政治の推進者だった。
(最近のG4=ネオ・リベラリズム、石油生産体制の見直しについても、草分けのようだ)
ところが、共和党から「イスラム革命」「アフガン侵攻」「大使館人質占拠事件」で、
「弱虫」呼ばわりされ、大統領の座を引いている。
さらには、最近のメディアの報道を見ても、同様の風潮があるのが気になる。
つまり、カーター大統領の評価を「弱虫」として片付け、歴史から排除し様としているのでは、
ないか?

272 :資料:2006/03/10(金) 09:52:50 ID:BshDXb1Z
【ICCが信用できない理由】

NGO間の通信でも、ICCが信用できないと言う情報を入手している。
民族粛正など国際レベル刑事事件に対応する法廷として設立された。
ところが、評価は低く、しかも2001年までは米国に特例不適要を採用する等、また、実際の地域紛争の裁決にも批判がある。
また、新たに今回の諸工作を通して解った事は、ICCは政界で固められ、シナリオの下の事件の処理による事件吸収の場に成り下がっている。米国のアブグレイブ、ディテイニー問題は見せ掛けの処理だ。(では、どのNGOが国際政府のロールプレーヤ?)

273 :資料:2006/03/10(金) 09:57:20 ID:BshDXb1Z
つまり、事情通のNGOとしては、ICCは「わざと失敗する」可能性ありの法廷、として捕らえられているのだ。

なお、このような大掛かりな調整に入る理由としては、間違いなく9.11の大惨事発展が上げられるだろう。

274 :実況:2006/03/10(金) 20:21:01 ID:???
【官民教癒着連合に対する国内事件の不正処理の状況】

どうやら、先の官民癒着連合のメンバー企業は、自分達の協力分の引け目もあり、
官の指導?もあり、この審査への協力と、事件処理の不正誘導に協力しているようだ。
さらにそれを取り巻く法廷は、国際政界の調整・事件買取り・国際事件のロンダリングを
持ち込み、責任転嫁による事件の矛先の誘導をアシストしている。
つまり、官は、この不正処理を連合企業、宗教関係を任せ、連合企業は自分達の引け目で
不正処理に参加。法廷は国際事情を盾にそれに対して、処理不可を演出すると言う、
実におぞましい責任転嫁の三すくみによる結界を敷いて、事件の処理をブロックしている。

先にも述べたが、最高裁は、以前から、この官民教の連合に対しては、見てみない振りを
続けてきている。

土木関係の癒着も起源に持つため、恐らく国内で処理不可の癒着事件と言うのは、
この連合と、最高裁の結合で成り立っているようだ。

275 :実況:2006/03/10(金) 21:49:03 ID:???
【最高裁との議論】

たった今、最高裁と思われる人員から連絡があった。
これに関して、法の施行を阻み、証人恐喝をお膳立てする最高裁を責めたところ、
「今回は(自ら)収監する」と!

なんと言うことだ?!最高裁では、「自分達が収監されるから、自分達の事情の政界事件
不正処理のためお前は被害を受けつづけろ」と言う言い方が成り立つのだ!!
すごい前例だ!!


276 :実況:2006/03/10(金) 21:58:48 ID:???
しかもだ、今回の事件で、最高裁は国内で法の番人以上に、国内最高最悪絶対不可侵の官教民シンジケートの
番犬役として、もみ消しに当たりつづけていたのだ。
「日航墜落事故」は適正に処理したのか?「今回のH社の事件」は適正に処理するのか?他にも色々出てくる。
もはや、政界捜査の為に法機構の最高位に位置している最高裁が、国内最高の汚職シンジケートを保護している
以上、もはや、法廷ではないし、そのような連中と私の時間・一分・一秒にも交換できない。

もし、連中が秘密裏に収監されるなどと言うのは、何の社会に益しない。
仮にも法の最高番人としての看板を掲げ、罪滅ぼしになることを多少でもやろうと言うなら、
国会で決死の覚悟で現実を暴露しろ!

277 :実況:2006/03/10(金) 22:01:21 ID:???
情報公開が前提だ

278 :実況:2006/03/11(土) 06:58:17 ID:???
しかもだ、今回の事件で、最高裁は国内で法の番人以上に、国内最高最悪絶対不可侵の官教民シンジケートの
番犬役として、もみ消しに当たりつづけていたのだ。
「日航墜落事故」は適正に処理したのか?「今回のH社の事件」は適正に処理するのか?他にも色々出てくる。
もはや、政界捜査の為に法機構の最高位に位置している最高裁が、国内最高の汚職シンジケートを保護している
以上、もはや、法廷ではないし、そのような連中と私の時間・一分・一秒にも交換できない。

もし、連中が秘密裏に収監されるなどと言うのは、何の社会に益しない。
仮にも法の最高番人としての看板を掲げ、罪滅ぼしになることを多少でもやろうと言うなら、
国会で決死の覚悟で現実を暴露しろ!



279 :実況:2006/03/11(土) 07:28:04 ID:???
【シンジケートの中での最高裁の役割とNYの関係】

最高裁は、「法務省とNYの関係がわからない。」と、さも、法務省の調査を行っているように振舞っている。
ところが、最高裁は事件の実態を黙殺し、暴力団付き検察庁を放置・持ち上げる役割を担っていた可能性がある。
つまり、それ自体、NYによる事件処理に必要なオーダーであり、それをアシストする最高裁自体、
実はNYとのパイプを持っていたことになる。つまり、「法務省とNYの関係を調査したいのだが、国際政界が
邪魔をする」と言うのは詭弁かと思われる。

280 :実況:2006/03/12(日) 19:43:01 ID:???
【ライブドアとフジ買収事件について】

ライブドア問題は、今一段楽しているようだが、もう一つ問題を残している。(捜査もむしろ
こっちが本体かも)
ライブドアはニュースでも虚業などと評価されながらも、フジの買収事件の際には、
高等裁はフジ側の請求を却下している。ライブドアはフジ買収の際に、NY投資企業から
資金を調達していると言う情報がある。
これについては、今も問題に成る可能性がある。

実は、今、警戒すべきアメリカの状況として、弱い企業によるIT企業群の買収の傾向がある。
これにより、将来、展開が期待されるIT企業の実質的支配が達成される可能性がある。
ライブドアひいては今回のH社による内部協力による不正売却工作は、関連無いとは居えない。
しかも、国内政界から捜査妨害の圧力がある状況を匂わせている。(ライブドアの件も
妙な雰囲気を伝えている。)

また、
>>263
で記述した、私の恐喝を行っている宗教絡み、宗教駆け込み精薄犯罪者達が、
先の陣営をNY寄りとして、持ち上げ、罪状逃れの頼りにしているのも気に食わない。

281 :実況:2006/03/18(土) 16:27:19 ID:???
【現状と国連メインボディーとJ・ブッシュ一家+EUの関係】

まずは、メインボディーとJ・ブッシュ一家(さらにはEU)の関係について。
これで、世間の期待に反して、世界が協調的に石油・軍事産業を中心に、
地域紛争を含めた死の工作に傾倒するか?が解明できた、と言っていいだろう。
後は、常任理事国5カ国が賛同しさすれば、いい訳だ。

つまり、J・ブッシュ(父)とが台頭した時代のメンバー(さらにEU)が、国連メインボディー
を牛耳っている、と言うのだ。
これは、理解に容易い。何度も述べているとおり、カーター大統領は、人権重視・民主主義の
真の展開を政策として、国際政界に君臨したが、その裏で、J・ブッシュ(父)は、ヨーロッパと
手を組んだのは、間違いない。その後、世界随一の強国である、アメリカの正義は失われた。
さらに、国連内部でも、湾岸戦争を期に、紛争を理由に挙げ足取りによる、人員調整・派閥統一を
進めてきたのだ。

これらにより、国連トップを中心に等しく石油に関心がある常任理事国を巻き込んで、
紛争による調整(コソボ、東チモール)、法廷工作(ICCの米国例外措置)、9/11の演出、
そして今回の9/11を含めた戦争犯罪相当の事件の処理不能を演出可能にしたのだ。

282 :実況:2006/03/18(土) 16:34:21 ID:???
【現状:国際連邦/国際政府派(Amnestyも参加)による国連(過)保護!】

現在、これだけの事態を起こしながら、国連本体の責任追及は成されていない。
ボルカー前FFC議長参加の「OilForFood」処理でも、脇に逸らされている。
これは、(対NATO/アメリカ?)の国際連邦/国際政府構想を保護するため、
と言う理由付けで、Amnestyも協力している。(Detainee事件も本題であるアフガン・イラク
追求のスケールダウンされた代用品と言うイメージがある。これは、諸工作の真実を
知りながら、機能しない、前米国法務省長官指導による「市民法廷」が機能しないどころか、
そばで見るにつけても、草の根行動の緩衝材と取れることからも分かる)

283 :実況:2006/03/18(土) 16:54:07 ID:???
これが、国際協調による石油産油国攻撃のお膳立て工作保護の詭弁と言うのに加えて、
”国際連邦/国際政府構想が、実は、単にこの十年近くで構築した、「米国独裁主義、帝国主義」のための国際政界圧力・調整機構(つまりは露骨な「内政干渉」)、ユダヤ系財閥を頂点とする
寡占構造(自由経済の破壊と支配による搾取)を、引き継ぐための単なる「言い換え政策」「詐欺」
の可能性が大きいと言うことだ。まったくもって、衆愚をエサとし、”近代政治の知識も無い”、
金目当てのチンピラ集団としか言い様が無い。
>>109
>>79

これら諸工作を引き継ぐアメリカを取り巻く、国際連邦/国際政府に反して、
G4を発展させた、G4+=ネオ・リベラリズムが、如何に近代政治の思想を
重視し、(しかも、このネオ・リベラリズムは、彼らが逆恨みし、政界から追放したカーター大統領が
先鞭を付けた発想だ)、洗練された権力に付きまとう諸悪を根源から撤廃する洗練された思想か、
説明しなくてもが分かるだろう。



284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 18:10:57 ID:???
>>>>>>>>>>>>>

これすごいな!
どっかの週刊誌で匿名情報として、有力仮説としてまとめてみたほうが良いよ
ほっとんど合致するよぉ

285 :実況:2006/03/19(日) 18:34:08 ID:???
【現場を固めるのはアメリカ・ネオコン繋がり二世議員の配下?】

どうやら、現場で、やくざに拾われた、「精神薄弱」、「派遣女くずれ」、「事務手伝い]レベルを
保護して、国際政界と国内政界のロンダリング・調整工作を担っているのは、ネオコン繋がりの
二世議員のようだ。(小林大先生の言い方なら、「ポチ」の大物・生き残りか?)

誰かは知らないが、あきれた話しだ。世界搾取の先頭である、
ネオコンの極東下っ端として奔走するなどとは、平和国日本の議員の気概もあったもんじゃない。

これから、日本はアジア諸国の自由経済国代表として、非先進国を開拓することで、

286 :実況:2006/03/19(日) 18:39:27 ID:???
莫大な公益とし、国際政界にも「敗戦国」の時代を乗り越えて、台頭する時期に、こんな
矮小なことでいいのか?

287 :実況:2006/03/19(日) 19:20:50 ID:???
【ブッシュの「イスラムによる統一世界」創出発言】

すごいことを言う。統一世界を言っていたのは、もちろん、彼の父=12世(パパ・ブッシュ)、
そのものの「New World Order(新世界秩序)」だ。

これを推測するに、また、状況証拠として、彼らはイスラム革命の祖師「ホメイニ」を象徴とする
何者か、を捕らえているはずなのだ。

国際法廷に相当するどこかで、これに関して保存しているのではないか??

288 :実況:2006/03/20(月) 18:39:48 ID:???
>>257
【湘南台での薬殺行為は中央警察(公安?)による会社側被疑者「K井」・証人(私)同時処分行為?!】

どうも、国内の事件の起点の部分で、捜査が端からどんでんがえし、捜査権交代の事態になりそうだ。

さきの体験談投稿-「湘南台ホテルでの薬殺事件」、でこれから状況を述べなければならない部分なのだが、
ホテル就寝時襲撃の際は、実は、既に薬物を打って行動不能になっている、会社でも暴力団ぶりで悪評高い「K井」を
二人の警察官が引き連れ、しかも、その二人(「黒木」「庄田(女)」)の女の方が、私に薬物を複数回・致死量を
注射しているのだ。実に不審な状況だ。
それについて、本日、議題に上り、「その二人は、「K井」を処分しようとしていた」と言う見解が出たのだ。
それと同時に、暴力警官「K名」も消えている。

どうやら、これで、捜査権は中央から外さざるを得ないようだ。

289 :実況:2006/03/20(月) 22:00:58 ID:???
【会社へ要求すること】

依然として会社は私に与えた、「社内での迫害行為」、「殺人事件への巻き込み」などの
行為について法的に適正な手続きによる清算を完了していない。

結局のところ、会社は癒着に深く関連し、しかも余罪もあるようだ。

IT革命と言う、社会的な功績を発し、業界でのその評価と衆目の中で、事件を周囲の非難も省みず
暴力団がらみの事件で、その当人を巻き込むと言う、劣悪さだ。

何しろ、自事業所を不正に売却する事に参加して、殺人事件まで導入して、「やらない」と言ったことだ。
私が有する発明に関する権利に復旧する術は、法的にも差し押さえられている。

現場の情報では、結託する陣営に参加し、宗教団体と協力会社人員に押し付けるような違法法廷工作に
協力していたようだ。

かくなる上は、殺人事件にまで巻き込む結果となった末に、依然として私を裏で結託した上で、
社会復帰を妨害するような行為に協力せず、素直に誠実さを示して、適正な罪の清算・権利の返却を
履行するべきだ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 19:04:23 ID:???
【調査】

このスレは、「国際」、「政界」、「癒着」の検索キーワードでトップになるくらいのスレなんだけど、
見ててどうだろう?何か感想はないかな?何の応答も無いから、どんな人達が見てるか気になるよ。

291 :実況:2006/03/22(水) 14:44:03 ID:x2G1no4i
【アメリカを理由にした事件処理の歪きょく】

どうも、国内のアメリカ・NY窓口は、アメリカを理由にしながら、実はその間に暴力団関係を挟み、それに対する罪状付加で進めているようだ。
だが、本質は違うと思われる。これは、NY投資会社寄りの政界連携による、戦略的財界癒着構築の行為だろう。その手先が政界保護暴力団であり、協力司法だ。
本件がそうであるのと同様に、ライブドア事件にも、NY接続から、その戦略展開の影響がある可能性がある。
月曜タックルのテーマである、「金権体質・癒着」も関係無しとは言えないかもしれない。

292 :実況:2006/03/22(水) 15:02:33 ID:x2G1no4i
先のような、国際連携を撤回し、一連の「癒着構造」としてスイーツで議題にしなければならない。
なお、このような広域組織刑事事件の捜査・組織壊滅手段のセオリーは、まずは「分断」することだそうだ。

293 :実況:2006/03/22(水) 16:07:06 ID:x2G1no4i
【世界の政界・財界のトップの安全問題】

実は、ロスチャイルドの実権はどこにあるのか?から起因して、ロックフェラー、アメリカユダヤ系財界の実情が不安になっている。
実は国連も同様にアメリカ警察による支配を受けている、と言う情報がある。さらには、フリーメイソンも粛正まがいの事態があったのでは?と言う観測もある。
オカルトめいてくるが、世界のトップは野蛮な方法で入れ換えられているのでは?と思えてくる。だからこそ、世界レベルで嘘と現実、茶番劇が工作している今があるのだろう。

294 :実況:2006/03/22(水) 16:19:17 ID:x2G1no4i
【そこで、「聖杯」の改題】

実は「聖杯」については改題を遅らせていた。
実は、キリストの逸話は、ある種の「詐欺事件」との観測がある。つまり、神の教えを民衆に広め、市民の精神的支配から現実的支配。
その上での教会支配から、市民から「おひせ」(当時は石油も軍事産業もないので)をツリーの頂上で回収。最終的には周囲に控えた「裏切り者達」がねこばばしてしまう。
これらの詐欺術を含む陰陽の知識(先の天使・悪魔を参照)を封印したのが「万物の知恵」たる「聖杯伝説」だ。


295 :実況:2006/03/22(水) 16:33:14 ID:x2G1no4i
後に教会は、この陰陽術を封印。さらに新約聖書を編纂することで「土着宗教性」を排除し、万人に流布するための「自己犠牲による愛」を主張する「キリスト教」で置き換えたのだ。
封印された「聖杯」の知識は、ユダヤ人種の一派により、十字軍を経て、第二次世界対戦、さらには今のアメリカ独裁の強制「民主主義」流布につながっている。
長くなったが、お気づきの通り、現在の嘘の「民主主義」の流布こそが、先にある「搾取」を目論む、「聖杯の陰謀」を再現しているのだ。

296 :実況:2006/03/23(木) 10:12:23 ID:AjGo84hw
【法廷が非常事態】

法機構最高クラスでの不法操作が予想を越えているので、関係人員(判事、裁判官?)は非常対応でしばらく拘束されるかもしれない。

297 :実況:2006/03/23(木) 10:19:48 ID:AjGo84hw
【もうひとつ、際どい話、湾岸戦争以降の人心誘導(警察無線使用)】
例の1998年に炸裂した事態に先駆けて、湾岸戦争以降、警察無線を用いて人心誘導を試していた、と言う情報がある。
別の時期に、別の警察関係者の供述で合致したため、信憑性がありそうだ。

298 :実況:2006/03/23(木) 18:58:19 ID:???
>>263
【証人たかり犯と官公庁派遣組織撹乱人員の正体:数年前の組織的万引きチームの保護観察】

 先の263の参照にも関係あると思うが、どうも、現場のたかり人員がちんぴらその物で図々しく、しかも、自分勝手なことを
ほざいた上、自分達に司法権があるような態度で、私も含めて「一生!」「ぶちこむ!」とか、常軌を逸した行動を
取りつづけている。(それを先のネオコン配下(「ポチ」?)絡みの政界が、責任転嫁しようとているのだが)
 しかも、どれも同じような年齢程度なので、一時期集中した犯行グループの保護観察流れ、とは思っていたのだが、
どうも、組織的な万引きチームで結構な事件があったのを、保護観察として引き取り、それを人材派遣関連で、
官公庁・企業に、撹乱人員として送っていた様子だ。
 先の鳩山議員の参照記述でも、色々な場所が出てくるが、そいつらの派遣先と合致するので、関連ありだろう。
そういったところは(実は本件の前勤務先も事件当時、同様の出来の悪いのが増加していた。)、何かしらの
撹乱工作に関わりがある所で、以下のような記述になったのだろう。
「官公庁のコンピュータ室で、企業の役員会議室で、大学病院の手術台で、中学校の教室で、食品工場の倉庫で、信じられないことが続発している。」

ちょっと、数年前の組織的万引き事件を調べて、トレースしてみてくれないか?


299 :実況:2006/03/23(木) 22:16:39 ID:???
【国連を癒着の道具として私物化したシンジケートを参加国191カ国で追訴しよう!】

さてと、以上で、連中が如何に国連を私物化し、癒着のための道具として利用して来たのかが分かっただろう。
時間もあまり無い。(ブッシュが窮地な時、大事件が起こるのも気になって。)
癒着と搾取の為に国連191カ国が国連に参加したわけではない。
現在、国連が無力化しているのは、明らかに政治論理ではなく、パワーゲームで事態を処理するための方策だ。
その下に、地域紛争と事態処理の遅延に苦しむ住民達がいる。
国連を私物化し、依然として癒着の野望のため、くすぶらせている連中を裁判で裁く採決を191カ国で取ろう。
1.戦犯を裁く戦犯法廷相当の裁判を用意しよう。
2.適切な情報公開を準備しよう。
3.各国の「審査」(結果としてはNY一派による政界癒着事件の違法処理)を再調査し、法的処理しよう。
4.新たに警察機構を設立しよう。
5.G4+を採択し、ネオ・リベラリズムを世界に展開しよう。


300 :実況:2006/03/26(日) 10:54:26 ID:???
【安保の腐れ縁を絶つためにも、G4+の採択を!】

今も、沖縄の基地問題が議論されているが、やはり、アメリカのご機嫌伺いをせざるを得ない状況を
裏から作り出す、国連メインボディを変えなければならないようだ。
言い換えれば、常任安全保障理事国-パワーゲームの裏の支持者である、国連メインボディーは、
適正なグローバリズムを展開していない、と言う意味だ。いますぐにも、この国連メインボディーを
入れ替え、今までの戦争工作を戦争犯罪として適切に法廷処理し(戦争支持責任の財閥を含めても、
たった100人も行くのか?それだけで、世界の民主主義を危うくしているのだ)、終わらせ、真面目にG4+の
グローバリズムを展開する陣営を総会決議で選出しなおすべきだ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/26(日) 11:03:00 ID:???
>>299

>4.新たに警察機構を設立しよう。

現実的な包囲戦略として、米国CIAの中東担当チームも一斉包囲してしまおう。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/26(日) 11:27:38 ID:???
>>288
【公安?証人と犯人を同時に殺る?】

今、公安についてTV放送しているが、私が4月20日頃、藤沢市湘南台のビジネスホテルで、
襲撃にあい、その際、薬殺レベルの薬物注射を受けたのも、政界汚職の手先「暴力警官K」「会社人員K井」と
証人である私を同時に殺る、意味があったと言う言及がある。(マスターキー入手の経緯で調査可能だ))
その薬物は、滅多に手に入らず、科捜研経由ではないか?と言われている。(実際その後も、各種の神経毒を
アパートに塗布されている。)
さらに、その後、再度、襲撃にあい、フィルム状の耳内無線を付加され、遠隔による、政界汚職のロンダリングに
利用されつづけている。

303 :実況:2006/03/26(日) 12:09:20 ID:???
【公安・日本警視庁対策としての地検特捜部】

このように、政界のお抱え暴力団にも取られかねない公安・警視庁だから、
政界汚職処理のための保護区として地検特捜部があるようだ。
(それでも特権的な立場だから、ライブドアのような事件でも妨害まがいの
 横やりがあったりするのではないか?と思う)

わたしの事件と言えば、既に社内協力者は逮捕・収監しておきながら、
まだ法的処理を拒んでいるぐらいだ。

304 :実況:2006/03/26(日) 12:23:27 ID:???
【ところでライブドア・偽メール問題について】

まったく、この問題でいつまで政界を空転させるつもりなのだろう?
たかが、はやる若手議員が偽メールをつかまされて過失的に
国会で使ったと言うだけの問題に。

そもそも、ライブドアと言う、現在、詐欺ではないか?とすら言われる
会社に対して、党のイメージ向上、逆にいえばその交換で、第一政党が一企業の
信用を保証するような、ライブドアの偽りの人気を上げる片棒担ぎと取られかねない、
自民党にこそが、元来の今回の詐欺まがいの市民被害に対する責任追及が
あってしかるべきなのだ。

今回の粉飾決裁は、個人投資家の投資ゲームだけでうなぎのぼりになった株価から、
利益を得る方策を模索せざるを得ない状況の結果と取れる。

そのようなことは、素人レベルでも判断できる内容で、高等裁も含めて、
(偽メールにも増して)行動・判断に責任を追及されるべきだ。

305 :実況:2006/03/26(日) 17:21:13 ID:cEaWmewj
どうも、現場のたかり審査人員がやまないのは、依然、付近に同族を保管している、との情報がある。週間に関して手抜きの可能性がある。

306 :実況:2006/03/27(月) 21:44:14 ID:???
【憲法改正議論?】

それにしても、あのブレインの何とかの不快さには憤慨させられる。
大竹まことも嫌いだけど、よっぽど大竹のほうが可愛いから、
あんなやつ二度と呼ばないで、大竹を取っておいて欲しい。

それに、あの男のうわっつらの情報だけで、その態度自体、全然
分析的じゃなくてブレインじゃないし、それで非常に「誘導話術」に
執着するのは、知性の無さ、ブレインとしては許しがたい。
この程度のなら、他にもっとましなのがいるはずだ。

307 :実況:2006/03/27(月) 21:55:40 ID:???
【じゃ、憲法改正は?】

で、憲法改正なんだけど、面白いのはアメリカ人ですら、
「1945年に作られた憲法なんて最新憲法もいいとこ。俺達アメリカやイギリスなんか
 もっと古いのを使っている。変な条項なんていっぱいある。こんな新しい憲法変える
 必要なんかないよ。」
と言うのも笑える。
で、議論したいのは、憲法改正の出所だ。つい先日もEU統一憲法が失敗に終わっている。
憲法改正に国際的オーダーがあるのは、間違いないだろう。
自民党は、憲法改正が「軍国主義にはつながらない」と言っているが、全く信用を欠く。
既に述べたが、安部官房長官は以前、先制攻撃を唱えるネオコン本拠地で、
彼らに「憲法改正」を約束している。私のある国際刑事事件の実情の通報で、その勢いを
弱めているが、元来、世界の米国先制攻撃主義の放置は、「NATOの七カ国同時攻撃計画」を
起源としている。日本の軍国化は、決して視野外では無いはずだ。

308 :実況:2006/03/27(月) 22:10:45 ID:???
【G4+、ネオ・リベラリズム、ASEAN体制、は何よりも、憲法改正よりも勝る!】

そのような、失速した専制攻撃派の息のかかった戦争励起国際政策を起源を持つ、
憲法改正の流れに乗るのは、危険だし、いつもそうであるように戦争支持派は、
特定利益、石油・軍産のための帝国主義・搾取主義のためのものだ。これが基本原理だ。
公益に益しない、それどころか、罪を逃れつづける戦犯たちのために日本が誤った
洗濯するべきではない。

これらを根源議論的に打開するには、確実に公益に与し、世界的民主主義の展開に与する、
G4構想を展開するべきだ。これが最優先だ。これをやらない、国連NY本部、メインボディーは、
全く信用ならない。世界を間違った方向に誘導する詭弁と取れる。

今、憲法改正を議論する理由は何一つ無い。順番が根本的に愚作・失策だ。まずは、日本は、
G4の具体的展開である、ASEANでの経済区域制定に尽力し公益を得、アジアの自由経済国代表
として世界にアメリカに匹敵するいつ立場で、その上で始めて、そのためにこそ、憲法改正を考えられる。

309 :実況:2006/03/27(月) 22:15:39 ID:???
P.S.

さらに、憲法改正を今、議論する必要の無いバックアップ論を一つ、現場の議員から。
まあ、聞いてあげてくれ。

「イラクと同様に、有事レベルのたびに、国会で議決を取れば良い。それで十分」

さすが。確かにおっしゃるとおりだ。ガス田で有事レベルのエスカレートがあったら、国会で
特例を採決すれば良いんだもんね。これで安心安心。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 20:58:02 ID:???
>>>>>>>>>>>>>>>>

どっかで、すっぱ抜こうよ。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 09:23:58 ID:???
>>


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 19:11:54 ID:???
【茶番恐喝事件で、他の組織に振ることを取引にするのは、都合が良すぎるのではないか?】

どうも、(とても一般的には話にならないので内輪での言い訳だろうが)この審査=茶番証人恐喝を
通して、他の組織に振った結果を本審査の成果として取引したいようなのだ。
どう考えても普通の人間からすれば、所詮その組織までコントロール可能であることを露呈している
だけ、としか取れない。しかも、それで誉めてもらおうなんて、虫が良すぎるよ。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 21:53:14 ID:???
【EUは既に先制攻撃政策から撤退?】

ブッシュがアメリカで劣勢な状況で、イラン核問題がくすぶっているが、
どうやら、先制攻撃政策に亀裂が入るかもしれない。
イラン首相は「安保理が統一決議を出せるわけがない。空中分解するだけだ。来るなら来い」
などと”知ったような”事を言っているが、ここまで疑惑の目が集まると、国際政界もさすがに何もできずらく、
引きがちだ。(実のところ、そもそも、EUは当初から「アメリカがやるというから」と言うスタンスでいたような
気がする。当時は、結局アメリカがすってんてんになる事を想定していたようだが、どうなったんだろう?
それどころか、ボルトンやウォルフォウィッツを買ったりしている。何か周囲の状況を見たのだろうだけど。。。)

314 :大和守良信:2006/04/05(水) 22:09:53 ID:gUl711/U
http://jbbs.livedoor.jp/news/3098/常連募集
かなり歓迎します。友達誘ってどうぞ。




315 :実況:2006/04/05(水) 22:23:37 ID:???
【民主党は調整されているか?;岡田前代表・アーミテージ会談を思い起こす】

民主党が混乱状況だが、何か裏はないだろうか?国民が関心があるのは、
ライブドア粉飾決裁と言う詐欺まがいの事件と、既に述べたが、少なくとも間接的にも
そのような、怪しい企業と協力関係をもったことで、本件に加担しているのだ。
その責任と過剰かつ不自然な企業買収の防止策を練ることは、圧倒的に自民党の
国民に負う責任である。
では、なぜ、このようなことになったのか?ある関係者が、ぼそっと「これで調整している
つもりなんだよ」と言っている。真偽と内容を確認できなかったが、思い当たる節がある。

316 :実況:2006/04/05(水) 22:33:42 ID:???
【国際政府での日本の二大政党体制】

少し前になるが、岡田前代表が、元来、軍関係であるアーミテージと会談した。
その時の岡田代表は、マインドコントロールでも受けたかのように、興奮し、
派兵寄りの発言を行っている。
想像するに、岡田氏を国際政府時代の日本の政党構成をネタに、そそのかしたの
ではないか?アーミテージが元来、軍関係であり、日本の軍国化を指示するのは、
分かる。しかしだ、仮に真実だとすると、米国軍人出身、しかも、パウエルと並んで
後衛の軍隊だ。ところで、前衛(デルタ)・後衛がチームを組むというのは陸軍の常套戦術だ。
この米国軍後衛が、この先制攻撃ムードが片付いた後の国際政界体制をコントロールできる
事を示している。(疑惑の真髄であるので「証拠」と言ってしまいたいくらいだ。)

317 :実況:2006/04/05(水) 22:38:55 ID:???
国際新体制の方は、これも重要なので後で再考したい。
ここでは、我々の生活に直接関係のある国内政界での二大政党の片割れ・民主党が、
国際政府の時代の体制を気にして何か民意の適切な誘導を忘れて、調整下に入ったのでは
ないか?と不安になる。しかもだ、先の仮説が真なら、日本、ひいては、世界全体は、
パワーゲームに利益を見出すアメリカに追従するのではないか?当然、常任理事国調整体制を
捨てたくないし、そうなると、真のリベラリズムの時代は、だまされた上に、また遠のいてしまうのではないか?と。

318 :実況:2006/04/08(土) 19:07:18 ID:???
【私の周囲の事件を製する、現場のたかり屋の不法過護】

どうやら、現場には私を付け狙う、たかり屋一団を保存。しかも、それを
政界の上に持ち上げて、不正司法を後押ししているようだ。
周囲からの解体を望む。

319 :実況:2006/04/13(木) 20:04:12 ID:???



320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 20:19:12 ID:???
(´д`)<「xxxいったらおっぱいうpスレ」とか「○歳♀だけど〜うpスレ」とか乱立し過ぎorz
(;゚Д゚)<混乱する次スレ、出会い厨の女神囲い込み作戦、こんなのもうこりごり!

※※※ そんなあなたに朗報。VIP女神系スレファミリーへお越しください! ※※※

おっぱいとかうp祭り好き総合 パート970.12
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144861642/
貴女も今日から賓乳(貧乳)女神様!おっぱいとかうpスレ 228パイ
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144915457/
とりあえずお前らふともも見せて下さい
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144788490/
巨乳ちょっと来い 【雷鳴】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144765367/
なぁ、くびれを見せてみないか!
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144681390/
【女の子座り】新・かわいいおにゃのこ座りが見たい!【三角座り】
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1144826811/

BBQ規制復活により続々スレ再生中!旧腕振り人の参加も求む!
(荒らし残党が活動中の場合は適時スレ移動よろ!)
  _  ∩
( ゚ー゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 20:10:36 ID:???
これから官製談合の本体があらわれるのか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 21:40:25 ID:???


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:43:40 ID:???
偽善と私利私欲の言い換えの国際政府をストップしよう!

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/19(水) 00:45:32 ID:???
*********
マインドコントロール解除のスペル
*********
以下の名前をおやじのだみ声の早口で三回唱えよう。




「田中角栄」

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 18:05:45 ID:???
官製談合の真打ち登場!!

「日本経団連役員企業のカルテル・談合事件(1991年以降)」
http://www.cpi-media.co.jp/shiokawa/torikumi/2004nen/karuteru.htm

ライブドアも経団連加入後にあの事件だ。
経団連からの政界への献金は膨大。
司法の分野でも工作が何かありそうだ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/22(土) 18:33:25 ID:???


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:25:59 ID:gQ6/A4oW
【国連と悪魔の不干渉主義:現場で見る、国連の地域紛争不干渉主義】
現場では、この大事件、国内事件としても、が周囲のアシストを拒みながら、強権発令による一斉も忘れかけている。
これにつけて思い起こされるのは、国連の方法論的不干渉主義だ。
地域紛争、民族粛正に介入に手間取り、荒廃するに任される。対外的には主権主義を言うが、実に陰の部分の価値を利用した悪魔の手法だ。
具体的には国連の無効化を事実化し、アメリカ先制主義の台頭を誘導している。
国連=悪魔、と言うのは記憶しておこう。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:32:23 ID:gQ6/A4oW
【共謀罪の動向】
やはり、共謀罪は時代錯誤甚だしい。
テロを理由にするにしても、既にオーム、サリン事件で法案ができたし、十分以上だ。(名前を忘れた)
しかも、現場ならではの展開として、この発案元の一派を追求する姿勢が取られ始めている。ジャーナリストでも調べてほしい。



329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:41:08 ID:gQ6/A4oW
【話題の弁護士について:しかも大事態に発展(司法調整)】

最近の話題をもう一つ。
オーム、ヒューザ等で話題になっている某弁護士だが、その道のプロからすると、朝の番組で議論された事とは違う意味合いがあるようだ。
単刀直入に
「議論をさせない」
が目的なのだそうだ。つまり、議論を排し、検事主導で裁判を進める手法なようだ。
松本被告も控訴しなかったが、被告が同意してしまえば、文句は言えない。
さて、やはり注目は、先日別件逮捕されたヒューザだ。何を誘導するのだろう?


330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:46:35 ID:gQ6/A4oW
【接続する法務省調整陣営】

それと、他人事では無く、まさしく本件だ。
先の司法調整で法務省トップ調整陣営が白熱している。司法陣営の粛正まがいも絡んで、自衛官を導入しかねない一大事だ。
(今、ワイドショウに出ている、野に降りた検察・警察トップは知っているはずだ)

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:00:19 ID:WvHPJbni
【報道機関への政界調整も破綻か?・報道管制の終焉と詐欺まがい政策への憤慨】

どうも、国内・国際でも政界の調整が、所詮、癒着がらみ目的の詐欺に等しいことがわかり始めている。
徐々に硬直化していた報道体制が自由化しそうだ。
国内は、以前の政界癒着事件で構築された、政界トップ、司法、暴力のバランスで癒着の構造を強化している。構造改革など吹き飛びそうな実情だ。欺瞞として最終評価されそうだ。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:11:33 ID:WvHPJbni
【国連改革も茶番・詐欺?!】

実はアナン国連も、似たような事をやっている。
国連改革を掲げなら、実は内部の縦割硬直化、特定企業陣営の国連組み込みなど。
さらには、自身の家族参加の「OilForFood事件」、首相OBの投資企業参加、地域紛争の処理失態、などが表に出ている。
裏工作としては、癒着の強化に加え、アメリカ先制主義の演出など。
驚くべき国内の類似として、一大癒着事件「BCCI事件」の関与者が今もそれらのプレーヤであることだ。
明らかに、国際警察・検察は、国際政界事件の取引ビジネスにどっぷり漬かっている証拠だ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:33:41 ID:WvHPJbni
では、この国際レベルでの司法不正の責任元は何か?についてだが
以前から国際司法裁判所(ICJ)の名前が挙がっている。

実は、この審査も私が国際レベルの衛星電波による、戦争励起目的・マインドコントロールの国際刑事事件のICJ通報に端を発している。
通報と同時に極東の地で日本人を利用した事件揉み消し目的の証人恐喝が始まっている。
(誘拐もされた。NATO周辺国に通報することで緩和されている)

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 10:43:39 ID:WvHPJbni
マインドコントロールについては、後程、実証する。
投稿が停まっている、ホテル襲撃以降の裏公安の不審行動にマインドコントロールの疑惑を持ち(当初は私も存在を否定したが)、社会的な被害妄想励起工作として論証できた。
先に言ってしまえば、件の暴力警官Kは、アメリカCIAで研修を行ったようだ。



335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 17:54:31 ID:???
>


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 21:27:53 ID:???
?

337 :実況:2006/05/04(木) 22:30:31 ID:???
【格差社会は仕組まれたもの?】

最近の議論で、これらの社会的誘導を踏まえると、
格差社会は、”失策”ではなく、”仕組まれたもの”と言う観測が出ている。

最近の上層部の捜査と併せて、国内・国際政界は
「社会を欺瞞で”とんでもない所”へ誘導しているのではないか?」と言う
不安がある。


338 :実況:2006/05/04(木) 22:31:36 ID:???
この21世紀にあって、表面化した以上は成功もしないし、
付き合うだけ損な愚行と思われるのだが。。。

339 :実況:2006/05/08(月) 21:25:35 ID:???
【竹島問題、北朝鮮誘拐問題は、世論誘導に利用されないか?】

本当に気なる。

340 :実況:2006/05/09(火) 12:10:41 ID:l8MN1NhX
【もはや言い訳の成り立たないアナン国連】

つい最近まで「コソボ事件」を起点とした、アメリカ先制主義を理由に繰り返していたアナン国連だが、アメリカ軍管理衛星による人類洗脳・傷害の罪で言い訳が成り立たなくなっている。
もはや、国際政界トップの先制攻撃の流れを汲んだ政策は、無意味な惰性でしかない。
後にはネオ・リベラリズムが控えている。


341 :本文:2006/05/09(火) 20:03:27 ID:???
>>260

*************************************
*  2001年4月末
*  六本木での攻防戦

品川駅近傍の裏道で突っ伏していた僕にも、夜が明け始めた。
何とかサングラスをかけて、眼が開けられ、やんわりと歩けるようになったから、
とは言え、強制薬物中毒からの解脱直後であるてめ、精神は磨耗しきっている。
外的な音による視覚による衝撃は、全てトラウマになり得る。
「ひどい目にあった」
絶望の最中ではないが、全てに不安を覚える。
駅のアナウンスが頭に響き渡る。日光も直視できない。
何しろ、数時間前まで渇きをうるおす為飲む水がのどを通る
音にすら、気絶しかけていたのだ。何が周囲であっても、精神が
ふらつくのが分かる。
(ここいら辺の症状は、麻薬中毒患者治療に当たった医者でしか分からないだろう。)

品川駅前のホテルのロビーに逃げ込んで、休憩を取る。
「ほとんど動けないし、誰とも会話できないが、町田のアパートに帰るしかない。」


342 :本文:2006/05/09(火) 20:09:01 ID:???
【ここで人心誘導について言及】

実は人間が使える、人心誘導術にはキーワードがある。

既に事件解決のヒントが、本文に出ている。

>>247
>薬物の影響も無くなったようだ。ほっとする。
>「これで終わったか。。。」
>ところが、その後、PHSで別の男が、

>「次は『無し』だ」

これがそうなのだ。後日、日本警視庁を自称する人員との、
何気ない会話から、人心誘導術の仕組みと具体的な方法が明らかになったのだ。

343 :実況:2006/05/15(月) 21:52:35 ID:???
【イラン制裁に関する、東西分裂の真の意味】

イラン精細に関して、東西(ロシア・中国vsアメリカ・英国・フランス)が真っ二つになっている。
これに関して、「東西関係の悪化か?」と騒ぐ向きもあるようだが、どうも、これは怪しい。
(そもそも冷戦自体が怪しいと言う説もある)

仮に、やはり、昨今の国際政界の特徴として、シナリオを前提にすると、真の狙いは、
「イラン対策における安保理分裂」
が狙いのようだ。
危惧するに、安保理決裂の状態で、先制攻撃派がイランと開戦する可能性が大だ。

>>313
を思い起こそう。

>ブッシュがアメリカで劣勢な状況で、イラン核問題がくすぶっているが、
>どうやら、先制攻撃政策に亀裂が入るかもしれない。
>イラン首相は「安保理が統一決議を出せるわけがない。空中分解するだけだ。来るなら来い」
>などと”知ったような”事を言っているが、

イランも、それを熟知の上で乗っているかのような状況になり得る。

開戦に先立って、件の「核兵器問題」で核テロが起こるなんて事にならなければ良いのだが。。。


344 :実況:2006/05/15(月) 22:06:05 ID:???
【イスラム革命派は、何故、負け戦に乗りたがるのか?】

イランが、仮に事前合意の上で、先制攻撃派との戦争−当然、負け戦に乗り出すのか?
に注目が集まる。(この国際政界にシナリオが無い、などどこのバカが信じるのか?)

断片的な証拠ではあるが、イスラム過激派のリーダである、ビン・ラディンだが、
ソ連アフガン侵攻当時のアメリカ側傀儡として活躍している。
その後、世界を揺るがすマネーロンダリング事件、「BCCI事件」で顔を出している。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bank_of_Credit_and_Commerce_International  (WikiによるBCCI解説)
http://www.yorozubp.com/0405/040508.htm
一方、ビン・ラディン一家はアラブ首長国連邦下の実業家として名を知られている。
NYでも有力投資家として知られている。(以前は、ブッシュが接待したとか、9.11の時に
NYに居た、とか騒がれたものだが)
先のアフガンも、今は、首相はユノカル出身だ。

どこかで、これら、国際プレーヤ達は、イスラム革命派も含めて、利益を一つにしている、と疑っているのだが。。

345 :実況:2006/05/15(月) 22:23:00 ID:???
【リベラリズムの重要性とジャーナリズムの責任】

果たして、このような、幻滅させられる現状だ。
このような、連携は、局所利益を同にする輩だけで成り立つものだから、
件の、これから、その論証を述べる、世界人類の衛星電波によるマインドコントロール、
傷害事件の通報だけで、一派を包囲、公開・非公開にせよ、戦争犯罪裁判を
即時開催できるものと信じていたのだが、どうも、上手くないようだ。
(それでも、この衛星電波事件で、アナン事務総長が追い詰められている状況は、
 伝わっているのだが)

私が、品川での薬殺事件からの生還、裏警察達との接触から、この衛星電波による
マインドコントロールを騒いだ後、再び危険を感じ、ハワイに退避したときは、
お気楽にも、アロハを着たFBIが、周りを徘徊していたのだ。(私が当時、まだ若かったので、
あまり、本気で相手にしていなかったようだ)
その後、伊豆下田に居を移した際も、アメリカ人が数人ついてきたが、どうも、彼らにとっては、
下田の魚屋が、とんでも無く面白い場所らしい。(何しろ、アメリカでこれだけの鮮魚を一度に
目にする機会は滅多に無い)
(ただ、この後、私は誘拐事件にも巻き込まれるので、全然、決死の状況なのだが)



346 :実況:2006/05/15(月) 22:27:53 ID:???
このような状況を経て、国際政界は一大事も経ずに、似たようなことをやり続けている。
いくつもの広域人権侵害による戦争励起工作を起こしながら、「何をやっているのか?」と
思わせる。この期に及んで、ようやっとこのスレに記述されていることが真実であることに
真に気づいているようだ。
ジャーナリスト精神は、どうしたのか?と思わせる。少なからず、この世界を長く見てきた人間は
このようなことには築いているはずだが、誰も動かない。
このままだと(既にそうなっているし、敵の狙うところでもあるが)、市民は、リベラリズムの価値も、
世界の真実も知らされない、衆愚になってしまいそうだ。
さらに具体的問題として、何しろ、似たようなメンバーが同じ事を、また、始められるのは、
情報公開が制止され、国連の体質も、常任理事国レベル首相も変化していないからだ。

誰かが、リーダシップを持って、真実を世界に知らしめなければならない。

347 :下等:2006/05/15(月) 22:33:08 ID:???
jんふyせ

348 :下等:2006/05/15(月) 22:49:28 ID:???
あsdb

349 :資料:2006/05/17(水) 19:08:00 ID:???
【組織からの脅迫の証拠:組織下っ端の脅迫分から関連企業名が明らかに】

私は、ずーっと企業名を匿名にしてきたが、以前、組織の関係者(多分、宗教の下っ端)から
脅迫があった。事件の実在を示す証拠、つまり、犯人しか知らない事実として、以下に挙げよう。
これで本件に絡む企業名の証拠が、私の操作無しに挙がっている。

「仮説:某国Aの戦争犯罪が制止できない最終根拠」より

553 天使 oahu_j@yahoo.com 04/07/03 05:34 ID:9iWS253I
審査開始当時、
のーよう陣営と現場が言う、C.I.A.のNY企業配下出向組み(こいつらが非常に強い)が、
あることをM国会議員にお願いしていたのを思い出す。

557 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 10:32 ID:IX/Gjh6T
>>553
7年かかってもコレであきらめない君達は基地外


558 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 12:34 ID:DGDjtZYx
>>555
刺すなら本人が直接で頼むよ
 
日立さん 


350 :資料:2006/05/18(木) 14:31:13 ID:/DSCzQSJ
【地域紛争の裏工作と処理工作におけるペンタゴンと国連の役割】

上記の仕組みについて調査が進んでいる。
アメリカは、これを使って、中東産油国をアラブとアメリカだけの関係で完結し、実質上、OPECを解体する計画だ。


351 :資料:2006/05/19(金) 13:34:48 ID:JV7P8kKR
【各国の審査活動と「主権主義」の言い回しによる、各国政界汚職処理の撹乱】

この数年、国際政界は、「審査」と称し、政界汚職事件の証人恐喝への事件振替えを各国で行っている。
国際警察の言及によると、フィリピンにも赴いて派手にやってきたようだ。
これは、国際上位での「各国の司法審査」を建前にした、汚職の事件変換・撹乱と、最終的には後始末もせずに放置して出ていってしまうと言う、悪評の高いものだ。
本件の現状も同様で、事件変換のお膳立てを国際警察が介入し、セットアップしておきながら、今は国連得意の「主権重視」で

352 :資料:2006/05/19(金) 13:44:51 ID:JV7P8kKR
放棄してしまっているのだ。
証人恐喝の環境をセット、さらにそれを二重構造的に国際事件の変換に利用している。
(法律の専門家なら、この二重処理が禁じ手なのに気付くだろう)

(ところで当の恐喝対象である私自身がここまで事情を熟知しているのは、向こうも想定外だろう)

さて、このような違法おとり捜査の最悪な利用方法に関して、国際レベルでいくつかの地域紛争の発端と処理の不手際が相似形として思い浮かぶ。
ここいら辺は、最近の国際政界の茶番操作として常套手段になっているのだろう。


353 :実況:2006/05/23(火) 16:29:34 ID:???
【言い訳をする国連】

最近になって、依然としてリベラル化の進展が停滞している。
どうも、国連はこのこう着状態について言い訳を繰り返しているようだ。
つまりは、「こうやらないと、立場が維持できない」の言い訳だろう。

ところが、実際は、アメリカが石油産業に寄るのと同様に、国連は石油産業を
客にビジネスにしている。
しかも、国連の体たらくな体制が無かれば、成しえない国際事件が多発している。
ここまで来ると(と言うか、供述上も)、確信的共犯と捕らえられる。
実際、当初、件のマインドコントロールの一派は、
「圧政の社会を再現、恒久に実現する」と言っていたのだ。
>>234
それらを、国連の一派が買い取ったわけだが、(ラムズフェルド一家の善悪劇場も、
クリントン末期の不正企業操作も、その一つ)推測として、「恒久の圧政社会の頂点」
と言うのは何がなり得るか?当然、その国連の現在の言い訳の対象となっている、
「国際政府/連邦」だろう。(これに対しAmnestyも賛同してしまっているので、
自由な情報公開・行動が成しえていない一つの理由だ。)

現在、アメリカでは、「ブッシュ」、「チェイニー」は日常から市民から「バカ」扱いされ、
避難ごうごうの状態だ。このような状況で、「核非拡散条約(NPT)」、「G4」をほったらかしにしてる
国連は、もはや「実勢から孤立した、時代錯誤な利権団体」としてとらえられていいだろう。


354 :実況:2006/05/23(火) 16:35:54 ID:???
【もうひとつ再確認】

ここで、国連に対するアメリカ・ブッシュ周辺と、ヨーロッパの連合下で行われた、
対国連謀略としては、「OPECの解体」と平行して、「国連の無効化」だ。
その成果・結末が、今の国連と情勢を具現化している。
「OilForFood事件」でもそうだったが、アメリカも国連本体の責任追及をやり遂げようとしない。
これが、戦略だ。無力で、過保護で、そのくせ、常任理事国レベルの国際法廷レベルでの、
国際事件未処理の前例、その外交カード化のホルダーとして、各国には振りかざしているのだ。


355 :実況:2006/05/23(火) 16:49:12 ID:???
このような、長年の関係調整と人選によって、責任転嫁によるたらいまわしを行っている。
「だって、アメリカが言うから」、「こうしないと、皆さんの将来の協調国際政界は破綻してしまいます」などなど
「責任転嫁」と言うのは、最近の国連を特徴付けている。
「責任転嫁」と言うのは、悪魔寄りの手法として記憶しておこう。と言うよりも、むしろ、「アナン国連が悪魔寄り
の影の手法を使いたがる一派だ」と記憶しよう。
これは、既に述べた、ユダヤ財界で極秘に保持されている、「聖杯」の秘密。つまりは、教会が封印した(話題の
「ダビンチ・コード」でもその真意を直前まで追及した)、キリスト生誕を前後の当時、地域に蔓延した、
「天使/悪魔の陰陽術を用いた大規模詐欺事件」の第二次世界大戦以来の国際規模での再展開に同調している、
と考えている。


356 :実況:2006/05/23(火) 17:08:19 ID:???
【余談:「ダビンチ・コード」にみられるテンプル騎士団の一斉粛清について】

「ダビンチ・コード」では、「聖杯」の秘密を手にした、「テンプル騎士団」が世に勢力を得、
暴走しかけたのを、「13日の金曜日」に一斉収容、拷問による供述を得た後、粛清した
事件に言及している。

これは、「裏の主従関係」による「組織的詐欺事件」の強行執行なのだ。
これに対して、段階的に処理するのではなく、広範に分散した組織行為を分断、一斉摘発と
なったものだ。組織的裏主従関係による「詐欺行為」が対処に覚悟を要されることを示している。
これは、現在の国際政界における、国際事件の未消化の継続的外交カード化、さらには、
財界における、有力投資企業における、影の主従関係と実権の集約を伺わせる。

−−−−−
ところで、福田前官房長官が、「ライス」、「チェイニー」、「ベ−カー」と言う、まさしく、これらの
主要プレーヤと会談したようだが、何を話したのだろう?
「今までのネオコン・非協調型政策が行き詰まったので、我々も一度引いて、別のプランを取ろう」
と言ったのか、
「まだ、イラン、パキスタンも残っているし、続けられそうだ。そこで日本としては、これこれ、このように。。」
と言ったのか。
何しろ、これらの面子(特に後2者)のレベルの一派で、ほとんど閉ざされた世界で動いてきたのだ。
「よもやま話」など信じられないし、むしろ、そのように「はぐらかしたくなる内容」であるのが、つい、
「よもやま話」という表現になったのだろう。
それにしても、「どっち」なのだろう。
(どちらにしても、私は「ネオ・リベラリズム」しか次の時代に受け取るつもりは無いのだが)

357 :実況:2006/05/23(火) 18:27:37 ID:???
【強固な裏主従関係と警察機構の政界支配について】

一つ忘れていた重要なことがある。
強固な裏主従関係と言うのは、「政界汚職事件の買取り」で実現している。
これは、政界汚職事件を目こぼし、政界に元来なら受刑するべき人員を
残し、国際政界による「保護観察」状態で管理することで、利用している。

これは、司法・警察が国際政界の一派で完全支配されていることを示しているのだ。


358 :実況:2006/05/23(火) 20:55:15 ID:???
【そこでネオ・リベラリズムvs国際政府/連邦】

1998年から、既に言及したが、各地で「審査」と言う、政界汚職事件の「証人恐喝」への置き換え、
ロンダリングを繰り返している。(日本、フィリピンがそうだ)
当初は、「各国の司法の調査」の雰囲気を帯びていたようだが、今となっては、違う意味を帯びている。

1998年と言えば、ICCで「国連PKO下での米国軍事行動の例外措置」を採択した年であり、
件の衛星電波による世界的マインドコントロールが始まった年でもある。
(さらに言えば、「コソボ戦争」、「東チモール紛争」が始まり、国連が処理に失態。その責任から
 先制攻撃派・ネオコンを台頭することになった。)
米国の例外措置は、後の諸紛争の処理に影響を残している。
各国での「審査」は、政界汚職の不正処理と保護観察的に、テンプル騎士団を思い起こすような
「裏の主従関係」を違法司法により成立させている。

どうやら、国際政界のある一派は、世界統一を図るために、1998年にとんでもないものを
買い取ったようだ。

359 :実況:2006/05/23(火) 21:10:43 ID:???
これが、国際政府/連邦の中央集権的、結束構造として引き継ごうとしていると思っている。
逆にいえば、世界を中央集権的に支配するには、こう言う手段を取るしかないのだ。
何しろ「裏の結束」であるからには、民主政治の範疇からは、完全に逸脱し、(既にそうであるのだが)
その成り立ちの胡散臭さからも、政界汚職がはびこることが目に見えているようなものだ。

>>79
>>109
>>210
それに対して、ネオ・リベラリズムは、世界をヨーロッパ、アジア、中東、AU(アフリカ)。。に
分割し、政治・経済の結束を促し、地域社会を構築するものだ。極めて、極めて少数の
非民主国家を残し、民主政の成熟した先進国が多数の現在にとって、適切な民主政の
ステップアップだ。

360 :実況:2006/05/23(火) 21:11:53 ID:???
これは、G4のステップアップ版と言ってもいい。

361 :実況:2006/05/27(土) 18:37:38 ID:???

本文執筆準備中


362 :実況:2006/05/27(土) 18:46:28 ID:???
-強制薬物中毒からの解脱
-裏警察の異常な行動・人心誘導術
-秘密警察・軍隊が使用する、禁断の洗脳/人格破壊術「精神収容」の意味
  心理学的・脳神経学的な真意追求
-世界史にみる市民人格誘導と悪魔の起源
-予想外の犯人の正体


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 22:19:27 ID:crbrY1jm
>

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 22:52:29 ID:crbrY1jm
最近このスレ、検索順位が高いぞ〜!
「政界」「汚職」で10位
「国際」「政界」「汚職」で1位


365 :実況:2006/06/01(木) 00:03:22 ID:???
g

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:51:34 ID:lH03IYi4


367 :実況:2006/06/03(土) 23:57:44 ID:???
g

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 02:38:32 ID:UP4+HeG6


369 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/04(日) 11:15:56 ID:oC5bBG6Y
今、世界の警察官、自由と民主主義の盟主アメリカこそが我々に恩恵を最大限
にもたらしてくれる。 イラクの解放戦争をその一環。テロ以前の地球は僅か
20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集
まりでした。アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本の
ような、わざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二
者択一を迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うのは
今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うように成
るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。

引用:HP、恋愛manual→f u n w a k a論  より。


370 :実況:2006/06/04(日) 22:42:41 ID:???
現国連と常任理事国が目指す中央集権がもたらすものは、
制限された自由と搾取だ。
現強国によるこの体制は、むしろ、非民主小国郡での地域紛争増加と
事態収拾の失態をもたらしている。
イスラム過激派のビン・ラディン一家がアラブを介してアメリカと親しいことからも
分かる。
アメリカ中央集権による支配など欺瞞で、できるなら、今までも地域紛争を上手く処理しているはずだ。
かつて、クリントンがインドとイスラエルに振り回されたように、収拾がつかない。
せいぜい出来るのは、その突っ張った欲の皮にも従って、癒着寄りの政権との「取り引き」による
結託関係による、みせかけの連盟だ。ユノカルの社員が首相を勤める、アフガンが良い例だ。

やるべきは、戦争犯罪に加担した、アメリカを含めた現常任理事国の政権交代と、
AUも含めて、地域経済区域共同体樹立によるG4=ネオ・リベラリズムだ。


371 :実況:2006/06/06(火) 09:40:35 ID:jM/oKU6t
【真贋はいかに?:社会保険庁の事件は茶番・郵政民営化との陰謀?】
実は現場では
「社会保険庁たたきは茶番」
の供述が出ている。
そこで思い出すのは、郵政民営化の際の「アメリカによる少額健康保険業の進出工作陰謀疑惑」だ。
本文でも述べたが、アメリカ人に対して
「米国とは違い、日本にはメディカル・カード(国民健康保険)があるんだぞ」
と言って、その目先の事しか考えないアメリカ人とそのしもべである日本人を大いに馬鹿にしたのだが、今回の茶番劇では、これを狙っているのではないだろうか?


372 :実況:2006/06/07(水) 20:41:56 ID:???
>>


373 :本文:2006/06/08(木) 19:29:58 ID:BDDLLgvF
>>341
***********************
*  2001年4月20頃
*    早朝6:00
*  移動不可:強制薬物中毒の恐怖

自称「古田」(この手の連中は本名を使わない)が強制薬物中毒からの解脱方法を必要最低限指示したあと、
何とか夜が明けるに従い、歩くことも何とかできるようになった。
深夜の2:00からうずくまっていた、品川駅はずれの裏道から移動して、実家に帰ろうという気になってきた。
始発も動いているはずだ。

品川駅まで、静かに歩いていく。改札口まで来て、強制薬物注射が自分の精神を極限まで衰退させてしまったことに
気づかされる。脳内の全ての精神保護機能が麻痺しているので、駅のアナウンスが脳内に響き渡り、
とても耐えれるものではないのだ。電車の振動も不安だ。
「タクシーで家に帰ろう」
これで、この不眠不休の恐怖の体験から開放され、一息つくことができる。
これが前日の夕方、薬物大量注射の影響が出始め、駅の臨時用ホームのトイレに駆け込んだ、ちょうど12時間後だ。


374 :本文:2006/06/10(土) 20:50:42 ID:???
そこで、品川駅前のホテルの車だまりから、タクシーを拾う。
多少金はかかるが、実家まで辿り着ける。
ところが、高速にのった頃から、到底尋常では無い状況であることに
気がつく。
あまりに、大脳が大量の薬物中毒で疲弊しているので、車の微振動に
耐えられないのだ。
「高速を降りて、近くの宿泊施設に逃げ込むしかない」
高速を降りて、車をすぐ停止するに指示する。
タクシーから這い出る。

375 :本文:2006/06/10(土) 21:04:38 ID:???
【書き忘れた重要局面】

***************************
* 薬物襲撃の後、一時会社に退避を試みる
*  意外な先回り、裏切り者達の汚い面(つら)

そう言えば、重要な局面を記述し忘れていた。
襲撃を受けたホテルを出た後、薬物の影響を自覚した後、
会社に逃げ込んでいたのだ。
つまり、
「仮に警察だろうと、私有地である会社の敷地には入れない」
と考えたのだ。

会社に入ると、まずは、敵対関係にあったM部長に相談することにした。
オフィスに入ると、意外にも状況を知っている様子だ。
数人が「何とかしてやろう」と騒いでいる。

その中で、別のM(後で分かったことだが、検察と知り合いのリーダ格の裏切り人員だった)が
実にしらじらしい顔をしているのが、脳裏に焼き付いている。

376 :本文:2006/06/10(土) 21:09:52 ID:???
部長の方のMの部屋に行く

「ホテルで襲撃を受けた。場所を借りて、かくまって欲しい。」
「それは出来ない。会社はそう言うことはやらない。」
「休憩所でひと眠りしろ。」

どうも様子が変だ。危険を感じる。

377 :本文:2006/06/11(日) 21:06:33 ID:G+EGtL+J
【依然、証人恐喝違法司法に関与する会社の実名】

暴力関係を導入し、私を死に至らしめることに協力した、会社名を
公開する。
これは、同会社が絡んだ事件の関連の検事が引き連れたチンピラの
脅し文を、犯人しか知らない事実=本件が存在する証拠、として
挙げる。この脅し文から、同会社の実名が明らかになる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
557 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 10:32 ID:IX/Gjh6T
>>553
7年かかってもコレであきらめない君達は基地外


558 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 12:34 ID:DGDjtZYx
>>555
刺すなら本人が直接で頼むよ
 
日立さん 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
否定できないはずだ。

378 :実況:2006/06/13(火) 08:39:16 ID:nzl+eAsw
【仮説:国内メーカ・カルテル疑惑+米国内ダンピング事件に関する米国の思惑】

数ヶ月前に国内メーカ間カルテル疑惑と米国内のダンピング嫌疑に関して、
数十億の違反金と「司法取り引き」で、あっさり幕を閉じてしまった。

これで疑問なのは、既にこの事件の背後が、本件を通して、
明らかになっていることだ。つまり、事前準備として不正司法と政界+利権団体の結託による、
企業内刑事事件の不正処理により、カルテルを支配下におく、と言うものだ。
>>252

しかも、私がその被害者となった今回の事業所不正売却事件は、アメリカからの国内大臣への
要請があるのだ。
さらには、昨今の不正売却がらみの背後として、米国での経済界集権活動の、日本への展開としての、
様相が(しかも、国内政界の協力付き)濃い。

米国は、先のカルテル疑惑を「司法取り引き=捜査協力」で押さえ込んだつもりではないか?
ここで、推測だが(と言うか、現場でも騒いでいる)、
「米国は、自分達の事情による日本経済界の再編と支配準備のための日本政界を巻き込んだ、準備工作を
「上納金目当て」のヨーロッパ司法陣営の責任にしようとしているのではないか?」

これは、昨今の国際事件・工作の処理疑惑にも適用され得る。警戒要だ。

379 :紅蓮御頭 :2006/06/13(火) 09:52:56 ID:goqjF+xj
此度、怠慢にして怠惰なるが故に
弊血盟の全血盟員を解雇、放逐、放牧致しました。
六月三日土曜日二十二時に「新人を一人連れて戻るように」と
通達致しましたが、当然戻ってこない者も多いかと思われます。
http://www.adfka.com


380 :実況:2006/06/14(水) 01:11:41 ID:???
↑、どうも、こう言う文章が好きな人員が居るようだね
思い当たるような、思い当たるような。
「一人つれて戻るように」と言うのは、私かな?
戻ってこないのは、周囲の状況を恐れる元同僚かな。。。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 03:16:19 ID:qeiatcqJ
info2@seo-55up.com
info2@i-cont.com
kitaken@a.email.ne.jp

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 03:52:04 ID:gklObKe2
【暴行盗撮】元キックボクサー庵谷鷹志【強姦恐喝】31
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1146405334/l50

キックボクサー・庵谷鷹志のサイトが、話題を呼んでいる。
発端は、庵谷がオタクを盗撮してブログで公開、「死ねば良いのに」と言い放ったことに起因する。
これが「2ちゃんねる」で取り上げられると、
批判は常習的な暴行やレイプ未遂などを書き綴った過去の日記に飛び火した
騒ぎを知った庵谷は、BBSへの書き込みにより騒ぎを鎮火させようとするが失敗。
段階的にサイトを閉鎖するものの 遂に開き直ったのか、
2ちゃんねらーに対する新たな挑発文と共にHPの運営を開始した。

383 :実況:2006/06/14(水) 11:08:20 ID:OXLifcTa
【反応はいかに】
本件について、各警察機関に、真偽の問い合わせが殺到しているようだ。
中央の政界トップ汚職は、これまた国際政界の仕組んだ不正司法ロンダリング・サービスの、
閉ざされた交換・二重処理により、もちつもたれつの、事件消滅サービスの範疇に入っている。
(この二重処理が、不審である以上に、法界では、不正処理の抜け道封じとして、当然の禁じ手なのだ。連中はこんなことすら、ぬけぬけとやる野卑な法政陣営なのだ)

しかも、昨今の国際事件、911も含めて、このシステムに絡んでいる。

384 :実況:2006/06/16(金) 01:50:32 ID:???
【9.11前夜のPentagon-FBI人員の調整工作】

実は、9.11前夜、世界人類へのPentagon管理人工衛星による、戦争励起電波工作が
発覚した後、(嫌なニュアンスだが、本件の発覚で9.11の決行に拍車がかかった
可能性もある。ま、その3ヶ月前から準備されていたことだが)、
Pentagon-FBIの中間人員が、ハワイで日本の暴配下検事たちを前に、
「日本にも責任を分担させる」
と言う、国際政界での9.11事件のロンダリング含みの合意調整を行っていた事実がある。

385 :実況:2006/06/17(土) 22:02:02 ID:???
>>376
あれだけの薬物を打ち込まれて、睡眠をとるのは危険なことだ。
後から医者から指示があったのだが、大脳が疲弊した状態で
睡眠を取ると、かなり寝覚めが悪いようだ。(目覚められるのか。。。)

その時は、どうも、寝かせたまま引き渡そうとしたらしいのだ。
目的は、「奉賀」と呼ぶ、会社の報奨金。
その実は、「こいつを狙えば、2億円の分け前」の金目当ての連中への
取り分なのだ。
その後は、司法の調整が行われ、事件の隠密処理と、自前で司法をつくろえる
政界寄り利権団体による支配の取り引きになるシステムであることは、既に述べたとおりだ。

386 :本文:2006/06/17(土) 22:08:37 ID:???
***********************
本文:六本木ホテルへの退避
  襲撃から2日目
*************************
結局、自分の所属した職場での保護をあきらめ、
東京駅に向かったのだ。

話を襲撃から二回目の朝に戻す。

高速を降りた僕は、路頭を迷いながら、偶然にも六本木の駅の
近くに辿り着いた。
「ここでホテルを取るか。。。」
駅の近くのホテルに転がり込むことに下。まさしく、転がり込んだ。
すごい疲労だ。でも、寝るわけにはいかない。医者から指示がある。
理由は既に述べたとおり。


387 :実況:2006/06/20(火) 10:37:52 ID:j8IcpU+z
【国際政界の裏切りものはEU】
全体的な状況として、国際工作が適正に処理できないきっかけを作って来たのは、EU、と言うことになりそうだ。
(もちろん、P5の合意もあるが)
また、メインボディーにEU関連がいるのも事実。アナンは、それらのしもべと言える。
ブッシュ父は、カーター任期末期ごろにEUと連盟を築いている。

これらの関係で、世界は少数のための、茶番・シナリオに翻弄されているのだ。



388 :本文:2006/06/20(火) 20:10:38 ID:???
【凶悪たかり犯グループを囲いつづける、総務省-警察官僚の流れ】「

現場では、24時間の恐喝・拷問を繰り返す行為で、
60〜80年レベルの級駅になっているにも関わらず、
たかり犯を囲いつづけている。

これらの管理は、湾岸戦争時代の警察官僚-つまり、当時は、後藤田官房長官-
の流れを汲む、総務省の陣営だ。


389 :実況:2006/06/20(火) 20:15:41 ID:???
【戦争に付随する、警察機構の裏工作と情報管制】

世界一を誇る日本の警察は、やはり、湾岸戦争の前後からトップが崩れたようだ。
先の氏は、関係者では、マスコミ相手の情報管制でも知られている。

どうも、ここいら辺もにらむ必要がある。


390 :実況:2006/06/20(火) 20:23:56 ID:???
【必要なのは?−第一政党の交代!】

では、何が有効だろう?
やはり、第一政党の交代が有効だろう。

安閑とした政権安定が続いているが、何をしてくれた?
既に述べたが、郵政民営化も、アメリカの少額保険進出のための
布石と言われている。
しかも、最近の保険庁の混乱も、その延長の国民保健狙いの
布石と言う観測もある。

最近の、天下り問題と癒着といい、やはり、官がらみの癒着の常である、
同族継続による結託だ。

世界二位の工業国を誇る、日本をアメリカの手下に収めることに翻弄する、
現政党を打破しよう。

今こそ、国益重視のアジア重視の政策を打ち出す、与党後退が重要だ。
アメリカの使いっぱしリなどは、「後にしろ!」と言おう!


391 :実況:2006/06/20(火) 20:51:41 ID:???
【創価学会に押し付ける、日本政界】

マスコミなら知っていることだが、どうも、本件を創価学会に押し付けているようだ。

392 :実況:2006/06/22(木) 15:05:00 ID:22l4JLrN
【国内動向:政権と癒着官僚(天下り含む)の連盟】
最近は、政権と天下りを含む癒着官僚の話題が表面化している。
これらの取り巻きとして配下部隊と違法司法があるようだ。
最高裁も過去、これらの連盟の保護の体制を取っている。

393 :実況:2006/06/22(木) 19:33:02 ID:???
**************************p
本文:六本木ホテルでの攻防
 
 品川での薬物解脱から24時間
*************************
汚れた下着もそのまま、ぐったりよこになる。頭も体も洗っていない。
人間と言うのは、精神の極限まで追い詰められた状態では、
汚いとかは、気にならないようだ。
精神的なアンド考えられたときに、始めて、頭がかゆいとか、
体が深いとか感じるのだ。

女が一度、(裏公安がらみか?)が無理やり部屋に入ろうとした以外は、
攻撃は無い。

夜にかろうじて買出しに出かける。ましになったと言え、外の大きな音には、
精神が負けてしまう
(結局、外界の衝撃に慣れるまで、この後、二ヶ月強を要する。)

394 :実況:2006/06/23(金) 21:51:26 ID:???
>


395 :実況:2006/06/23(金) 22:00:26 ID:???
【常任理事国・EUと安保理の不思議な関係】

常任理事国とEUによる茶番劇は既に明らかになった。
唯一不思議なのは、安保理が何故、こんなものにひっかかったのか?だ。

実のところ、自国内で経済システムを完了できる、カナダ、オーストラリアなどは、
あまり、触りたくもないという雰囲気もある。
また、ICCのローマ規約の状況は、目を盗んで、抜き打ちで集会を開催、
勝手に採決した、と言う情報もある。

ところで、このスレの反応はどうだろう?
検索エンジンでも上位に入るkとが多い。

本格的捜査にはならないのだろうか?

396 :実況:2006/06/26(月) 18:28:47 ID:???
E

397 :実況:2006/06/26(月) 21:34:47 ID:???
************************
ホテルでの二週間
   不思議な均衡下の執拗な撹乱工作&耳内無線
************************

とりあえず、ホテルで移動できるだけの回復を狙うことにした。
会社にメールを送ろうと、ホテル・ロビーの有料インターネットに向かう。
ところが、精神を極度にやっているので、PCの仮想現実が耐えられない。
ウインドウシステムが仮想のデスクトップを演出する一方で、現実には立体物が
ないことのギャップが、精神を撹乱するのだ。
つい2日前は、閉じこもっていたトイレの壁の直線すら見ることが出来なかったのだ。

朝は、ホテルのバイキングで大量にスクランブルエッグを取る。絶望寸前の不自由さを
感じながらも、地獄からの生還の安堵感を心から感じていた。

ところで、今もそうなのだが、その当時か、湘南台の襲撃の際に、耳内無線を取り付けられている。
これは、耳の奥にフィルム状のアンテナを付着し、専用の送信機で音声の送受信を行うものだ。
上級警察官が依然つけていることがある。
後に分かるが、連中は、これを悪用、脳内に電波を流すことにより、上級警察官を散々に拷問、
その末には粛清していたようだ。



398 :実況:2006/06/26(月) 21:48:07 ID:???
***************************************
耳内無線による警察の大脳機能の探求と
 世界マインドコントロール電波の密接の関係
***************************************
この傍受システムは、80年代からあったと思われる。
これは、別の重要な副産物を生んでいる。
電波と大脳との関係だ。

これが、当初、FBIを含む上級警察官で、門外不出の知識として
広まり、それが、さらなる研究を経て、最終的には世界マインドコントロール電波へと
つながったようだ。今もマインドコントロール電波のオペレータは中央警察機構が多い。

また、これを悪用したのが法務省だ。
非常に連中はこのシステムが気に入ったらしく、(逆に自慢するあまりに、私にまで
その秘密をひけらかしてしまったのだが)、ちんけな、泥棒根性の市民やちんぴら程度を
捕まえ、そいつらにやらせるだけやらせて、その側で様子を見ていた形跡がある。
(先のM(二人居るので紛らわしいが)がそれにあたる。一時期、自分を差し置いて他が出世したり、
功績を上げたりするのが、腹に据えかねたのだろう。)
私の薬殺事件も、「証人と犯人を同時に殺る」の方針で、処分された犯人を囲っていたのであろう。

実際のところは、癒着陣営の大臣に対して、ほぼ対等の立場で、一連の事件工作を
取り仕切っていたのは、連中そのものなのだが。

399 :実況:2006/06/28(水) 22:45:33 ID:???
【話題は微妙な領域へ】

最近、状況が混沌として遅々としているが、その根源として、
EUの正体が話題になりがちだ。

いろいろあるのだが、バックはイギリスではないか?と言う観測がある。
EUに対してイギリスの影響が強いのも一つ。また、アメリカ共和党も
イギリス関係が濃厚。
ヨーロッパ系ユダヤ財閥であるロスチャイルドもイギリスの影響が強い。
これに関しては、第二次世界大戦当時の状況も関係あるのでは
ないだろうか?
そこいらを中心に元東欧共産国が連携を取れるのも、不思議だ。
どうも、さらに閉ざされた、その領域で密かな結託があるような気がする。

400 :実況:2006/06/28(水) 22:54:25 ID:???
【第二次世界大戦ではロスチャイルド、昨今の中東vs米国でロックフェラー?】

どうも、私の目には、第二次世界大戦でロスチャイルド、
昨今の状況では、ロックフェラーが取り込まれているように見えるのだが。。。

未確認だが、第二次世界大戦でロックフェラーは、あまりに暗躍しすぎたので、
連合国の中でも「何かあったのではないか?」と思われる。
で、今回は米国・NY=ロックフェラーだ。。。
(その上で投資世界でのNY支配推進となると、一体誰の利権に流れるのだろう。。)

401 :実況:2006/06/29(木) 22:21:40 ID:???
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110068505


402 :実況:2006/06/30(金) 21:24:19 ID:???
【依然、恐喝事件に巻き込みながら、政・暴の壁に隠れて事態解決を進めない会社の実名】

私を企業間恐喝に巻き込み、依然として事態解決に応じない、
(第三公的機関から調停を申し立てたが、調停を拒否したままだ。)
私が属した会社名を接続するチンピラの脅迫文から、「犯人しか知らない事実」
として、事件の実在を示す証拠として再掲する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
557 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 10:32 ID:IX/Gjh6T
>>553
7年かかってもコレであきらめない君達は基地外


558 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 12:34 ID:DGDjtZYx
>>555
刺すなら本人が直接で頼むよ
 
日立さん 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
否定できないはずだ。


403 :本文:2006/06/30(金) 23:22:08 ID:???
*****************************:
  会社(日立)の違法追放の方法:
       カルテの不正取得による会社追放
*****************************
そう言えば、会社(日立)が如何に私を追放したか?について触れていなかった。

きっかけは、会社定期検診で医者の「あえて言うことは?」と言う質問について、
「オフィス作業が混んだ午後、肩こりによる頭痛がある」
と言った事から始まる。
その医師は、親切にも、彼が勤める病院-実は日立に病院も経営しているのだ-に
呼び、軽いリラックスを促す薬を配合してくれたのだ。
別に必要でもなかったのだが、数週間薬をもらうことにした。

ところが、会社はこれを悪用しようと企み、何と私の痴呆気味の老父をだまし、
カルテ取得に合意させ、カルテを不正に取得、これを理由に私に強制休職を
突きつけたのだ。
これに関しては、先の公的機関も「違法」としている。それにすら、日立はその調停を
拒否しているのだ!
それ以降は、会社に入っただけで、警備員を呼び出し、強制的に社外に追い出す、
と言う行為を繰り返すのみだ。

404 :本文:2006/06/30(金) 23:24:43 ID:???
*******************************************
  運命の皮肉: 薬殺からの奇跡の生還
*******************************************
ところが、運命と言うのは皮肉な物で、このときもらった薬のお陰で、
体に薬物耐性ができ、何とか命を取り留めたのだから不思議だ。


405 :本文:2006/07/01(土) 18:45:25 ID:???
>>403
この不正行為(強制休職のでっちあげ)に関して、会社はどうも対外的に、
かなり嘘をついていたらしく、相当避難を浴びているらしい。

406 :実況:2006/07/02(日) 07:23:34 ID:x3gPKeDe
【総裁選を直前に橋本元総理の不自然な訃報?】

現場でも橋本元総理の訃報に疑いの目を持って騒々しい。
推測の域でしかないのだが、ただ、前回の日歯連について「調整含み」の発言がある。
ニュアンス的には
「これで引いて、連中が逮捕できないようなら〜」
詳細は不明だ。
任期的にも、何となくクリントンの退陣劇を思い起こす。

(それと森元総理以前の歴代首相の政界現存率が低いような気がするのだが)


407 :本文:2006/07/08(土) 22:05:17 ID:???
,

408 :本文:2006/07/12(水) 22:18:39 ID:???
/


409 :本文:2006/07/14(金) 21:49:46 ID:???
情報公開

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 01:51:08 ID:XzXZcwzi
.

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 03:31:53 ID:OFyFGx/f
s

412 :実況:2006/07/21(金) 22:10:53 ID:OFyFGx/f
【国際政府の上は常任理事5国】

以前から(1996年以降)、世界各地での恐喝事件の工作を手掛けた、
国際警察一派(つまり米国FBI)が、自分達の従属先である、国際政府
の上を「常任理事国」と供述したようだ。
どうも、冷戦崩壊当時、「統一するには刑事事件のみ処理による、保護観察
的支配が必要」とトップレベルで判断を出したようだ。これが前例として効いているのでは、
ないか?


413 :実況:2006/07/21(金) 22:21:36 ID:OFyFGx/f
それにしても、不思議だ。
先に述べた、
>>245
刑事事件の未処理による業界に対する支配、を思い出す。


414 :実況:2006/07/22(土) 11:09:17 ID:AQJMHeiy
【ビンラディン受け皿投資陣営を取り巻くアメリカ・国際政界と戦争工作の関係】

ビンラディンがNYで投資家として活躍していたことは周知だが、その受け皿の投資陣営と
ブッシュ、ひいては、国際、戦争工作の関係が露呈し始めている。



415 :実況:2006/07/22(土) 11:22:36 ID:AQJMHeiy
【なぜ受けない?福田アジア協調路線】

福田元官房長官がひいたようだ。
かねてから言うように、発展途上のアジア諸国の開発は日本の産業界に多大の利益をもたらす。
それができれば、アメリカなどは世界第2位の工業国・日本が実力を持って駆追できる。
昨今の弱体化は、小泉政権下の有効方策無しの産業弱体化と格差社会がもたらした物だ。
(さらには、事件的にも官参加で半導体業界で組織事件を誘導しているのは既出)

この時期に、アメリカ傾倒、と言うよりも、ネオコンの犬、とも受けとれる安部長官を採用するのを良しとするべきでない

416 :実況:2006/07/22(土) 11:30:23 ID:AQJMHeiy
【全ては自民党長期政権の膿?】
やはり、昨今の(村上ファンドも元通産省。ライブドアはその弟分。
実は村上に関しては、私の「学生企業家とあの面子では考えられない工作」の意見からスタートしている)
省庁内の派閥・天下りが主体的だ。
この自民長期政権の国内の、アメリカとの影の癒着は民意・国益を無視し、暴走、民主制を逸脱している。
政権交代は必須だ。


417 :実況:2006/07/22(土) 11:47:16 ID:AQJMHeiy
【今、現場が騒動なこと】
@ライブドア事件でなぜ「あの人は消える必要があったのか?」
A監査不能の軍産の癒着がやはり、事件の上位であること

で騒がしい最中だ

418 :実況:2006/07/22(土) 17:36:30 ID:AQJMHeiy
【元祖警察官僚Gの指揮による犯罪件数操作と現場たかり一派、戦争励起電波の関係】

419 :実況:2006/07/22(土) 17:46:23 ID:AQJMHeiy
検察庁で保護観察を用い、犯罪件数業務を支配していたようだ。
この人員は保護観察下で、しかも、今もたかり恐喝を病的に繰り返す陣営だ。
この犯罪件数業務のカバーは、既に述べた衛生電波による戦争励起工作
に付随して増加してしまう、犯罪件数を敬遠する目的であるのは明白だ。
しかも、この指揮は元祖警察官僚G元官房長官よる。
G警察官僚の起源は湾岸戦争に遡り、以降、中央司法が劣化したのは、関係者の知るところだ。
最近の情勢は国際、国内で湾岸当時に強く影響を受けている。

420 :実況:2006/07/22(土) 18:12:18 ID:AQJMHeiy
【国内警察機構の劣化と米国CIAの介入】

関係者によると、当時から、CIAが中央司法と暴の関係を調査・訪問していたようだ。
つまり、総合的に判断するに、警察の劣化はアメリカ、国際政界で、段階的に準備されていたものだ。

さらに、昨今の癒着寄り政権への国連内構成調整は、国連による、時代に逆行したこれら社会の硬直化工作のスイーツだ。

421 :実況:2006/07/22(土) 18:40:39 ID:AQJMHeiy
も〜
リソースと事情を知りたければ俺に匿名で聞けば良いだろ〜?
こうなったのは、ジャーナリストの油断だ
ま、「ここまではやらないだろう〜」を組織的にやった政界にもあきれるが〜
政治家にとって裏金と言うのは、何よりも魅力的な物なのだろう
どこかにそういう奴がいる


422 :実況:2006/07/22(土) 20:07:02 ID:a1uSSLg9
【適切な政策を展開しない現政権の本当の理由】

グローバリズムは真の国益をもたらす事は既に述べた。
Aseanも大好評を博した。
では、なぜ、現政権は専制主義よりになるのか?
アメリカの要求に応じているのだが、真意は何か?
これに関して、やはり、国益のための政策ではないとしか
考えられない。
で、議論だが、既に述べたように、橋本元総理は、
日歯連事件で引いたと金、「これで連中が逮捕できないようなら。。」
の意を漏らしている。
やはり、現場の応答を見ても、「何かの後処理をするため」
が現政権の行動論理なようだ。

423 :実況:2006/07/23(日) 10:26:33 ID:84E8ueTB
>

424 :実況:2006/07/23(日) 10:27:12 ID:84E8ueTB
【目標:パキスタンを日本・アジアの手に!】

パキスタンは連合国が中央アジア石油の輸出ポートとして設立された、
架空の国家であり、奪取することを目的として置かれた布石であるのは、
公知の事実だ。
今回の戦争工作で、イラク->イラン->パキスタンと侵略を進めているのは、
明白。そのために、国際政界を調整しているのだ。

ここで一つの正しい目標として、期待大のインドの開発も含めて、
G4アジア経済区域のリーダとして、パキスタンを奪取することを目標にしよう。
これは、グローバルなレベルでの地下資源均等分配として、適切な配分にもなる。
連合国側が専制主義と戦争工作を行使するのを制圧し、詭弁の-
実際は連合国の協議の下の隠れた圧政の具現化としての傀儡である-
現代の”バベルの塔”・「国際政府」を構築するのを駆追しよう。
連合国のゴールの象徴である、パキスタンを時代に即した「ネオ・リベラリズム」の
思想で先回りして、奪取することを目標にしよう!

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 10:30:56 ID:84E8ueTB
これぞ、10年に渡る「政策」と呼ぶにふさわしい政策だ。
某放送局では、総裁選を前に、政策無しで、「靖国問題」だけで、
しどろもどろになってるぞ〜

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 10:58:06 ID:84E8ueTB
【アメリカ専制主義を止めない、国際政界-国連・常任理事国・安保理】

とにかく、この事件でも、歯がゆいのが、
国際政界=国連・常任理事国・安保理 だ。
これらが、頑としてアメリカ専制主義の停止・撤回を、
それらの戦争工作が避難を半ば公に浴びているのにも関らず、
政策転換を行おうとしない。
これが、国連の無干渉主義と相まって、事態は停滞するばかりだ。


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 11:00:01 ID:84E8ueTB
この状況は、長年の情勢に見られる状況だ。
パレスチナでも東チモールでもコソボでも、そうだ。
常套手段と言える。(となると、協調行動か?)

428 :実況:2006/07/24(月) 21:47:23 ID:dp7vw6KU
【小泉政権は事実上崩壊?】

あれだけ、効率化をうたって、長期を勤めた政権だが、
小渕時代にできる減税を小泉時代はできなくなった。
本当は、小泉時代の日本は表面下は、「事実上」崩壊している
のではないか?
内部的にも、森政権下で福田元官房長官が引いたようだが、やはり、
アメリカに向いた調整が無いわけではないはず。
このような、調整尽くめの派閥に人気が集まるのだろうか?
多額の献金と天下りで自民党と結託する経団連にも疑問が集まる。
はたして、経団連の業界での存在意義は何なのか?
実態は皆無だ。にも関わらず、意見をまとめるために多額の献金など、
必要なのか?特定企業の集団と意味合いが強い。
さらに、既出の事件を考えるに、特定利害グループを構築するための、
口を悪く言えば「てきや」稼業となり得る可能性すらある。

429 :実況:2006/07/24(月) 21:57:26 ID:dp7vw6KU
【本当に景気は回復したの?】
一部では「景気が悪くない」と言う評価もあるが、本当か?
世の中は、本当に仕事で溢れているか?答えは、全然だ。
アウトソーシングによる人員削減と人件費削減で、表面上の
破綻をのがれているだけではないのか?
新卒の求人倍率も上がったわけでもない。
これで、さらに自民党による格差社会の助長。これらの基板の無さ、
を下地に、この政権は日本を、とんでもない崩壊に導こうとしている、
と考えられないか?

今一度、真面目な現状分析と将来予測を元に議論する必要がある。

430 :実況:2006/07/24(月) 22:15:19 ID:dp7vw6KU
【負の論理を導入する悪魔の手法と社会の停滞】
皆、意見をまとめようとしている。
面倒なので先に言いたいことを言ってしまおう。

特定派閥で固められた、国連メインボディーとアメリカは、
国際政府への道中、「圧政」の世界の構築しようとしている。
これが癒着陣営に人気を博したらしい。

これは、疑心暗鬼を世に広めるために雇われ、悪魔教を体系化した、
、アメリカ工作員の言葉だ。
国連と常任理事国は「石油」「癒着」「搾取」のために、軍隊・軍事産業に
与した政策を引こうとするのは間違いない。
さらに言えば、冷戦終終焉の際に、これらを実現するために、
「人民統制共産主義」的な要素を国際に組み込む取り引きをしたらしい。

それらのために、衛星電波マインドコントロール事件は発生した。
現状にまゆにつばを付けて見る際は、「世界は悪魔の時代を体現しようと
している(いた)」と言うことを思い起こそう。
眼前の問題については具体的行動で着実に対処するが、
同時に敵の長い目での思惑・修正を留意しておこう。

431 :実況:2006/07/25(火) 07:35:23 ID:z2D6PeHM
【提案:ゆとり政策と消費拡大を同時に達成;
   インターネット・テレワークによる週一日在宅勤務】
昨日、WhiteColorExemptionなる変な方針があったので、
それに逆行する、実は現場では以前から好評な提案を提出しよう。

それが、ブロードバンドを利用した、週一回在宅勤務(テレワーク)の
推奨プランだ。
政府主導でブロードバンド・ユビキタスを利用した、週一回の在宅勤務を
促進することにより、ゆとり政策と消費拡大を加速しようと言うものだ。
在宅勤務者は、自宅のBB+PCで会社と接続し、仕事をこなす。
これにより、暗号化を含めたインターネットのさらなる拡充とIT需要が
展開できる。
さらに言えば、別に家にいる必要も無く、携帯一つで家族と旅行に
行ってもかまわないので、付随する消費が加速できる。
経験上、実際には、外から会社・業務を把握する鍛錬になり、
業務も効率化するはう。仕事に対する意欲も向上する。

どうだろう?


432 :実況:2006/07/25(火) 07:44:45 ID:z2D6PeHM
これに比べると、WhiteColorExemptionが、いかに逆行しているか
が分かる。業界の硬直化を加速、消費の低下にも直結する。
万年サービス残業のお父さんは、家族と旅行にもいけず、
昼も夜も、休日も、着たきりのポロシャツを着て、会社に拘束されつづける。
作業意欲は失せ、マンネリ化による効率の低下。
さらなる、社会の硬直化と格差社会を助長するベクトルだ。

小泉政権がやらない産業のリード・方策展開、さらに具体的には
関係者によると、橋本政権と比較するに、「できない」と言う評価だ。
つまり、現政権は産業・実社会をあいてにした、実務的なセンスに
疎い、と言う評価が多い。

産業界をリードする施策と、さきのようなゆとりの拡大は、是非、
検討するべき政策方針だ。

433 :実況:2006/07/25(火) 07:53:27 ID:z2D6PeHM
【余談:IT革命の経緯と現状】
>>148
の前後でIT革命が世に出た経緯が記されている。
これは私が事業展開上の逆転を狙って提案したものだ。
森政権当時、「これくらいならやってもいいだろう」と言う考えで
採用に至ったらしい。これが、あのIT需要フィーバを生み出した。
現状を考えるに、実に皮肉な物だが、今再び、周囲状況の問題を
浮き彫りにして、再考され、施策として再出発されようとしている。


434 :実況:2006/07/28(金) 10:54:34 ID:pUQXJgtq
【証人(私)呼び出し制止の意図について露呈】
以前から、同一派の犯行スタイルが、足の着かない薬殺行為と個人対象であることは、判っていたが、
>>245
の企業間調整と直結しているとは、気がつかなかった。
同一派の汚さが判る。

(以下、通報内容)

個人被害者、証人にこだわる理由について
また、犯行も侵入による薬殺行為の足の着かない方法であることについて
また、呼び出し制止元の意図についても
「組織犯罪(企業間ふっかけ、HP参照)を個人証人抹殺で揉み消したい為」

調査要



435 :実況:2006/07/30(日) 10:11:55 ID:A8kFlEWR
【たかりちんぴらを従え、図々しく立て篭もる法務省】
現場は、、「たかりをやってれば、一生ここで飯をくわせてやる」
の指示で、法務省人員を筆頭に、いかれたたかりチンピラが
やりたい放題だ。


436 :実況:2006/07/30(日) 23:39:19 ID:A8kFlEWR
【軍管理人工衛星による世界閉所化とヒステリの伝播】
今、遠隔透視のサスペンスをやっているが、
ずっと後で、人工衛星電波の内容を説明しようと思っていたが、
地球の電波による被害妄想拡大工作の基本を簡単に説明しよう。

心理問題を扱う警察関係者で、これを説明する事例として、
深夜隔離された7人の男女、と言うのがある。
一人がヒステリーを起こして、閉所に閉じ込めると、
ヒステリーが伝播する、と言うものだ。

恐らくは、動物本来の脳波による、群れへの危機を知らしめる
本能なのだろう。

アメリカ軍は、人工衛星で補足した地球の脳波を際照射することにより、
地球全体を一つの部屋に置くことを遂行していた。
これにより、地球規模での被害妄想の拡大を工作していた訳だ。

437 :実況:2006/07/30(日) 23:59:03 ID:A8kFlEWR
素直に言うと、これで別に単なる暴露をやっているんじゃない。
この後起きたのは、コソボ爆撃(Bforコロンバインでムーアは
事情を知っていたんじゃないか?と思う)や、9.11、アフガン空爆だ。

国際のトップ-常任理事国管理国連・国際の配下で、
先のような電波を使い、実のところ、人類と言う種を破壊しかけている。
また、局所利害のため、戦争を誘致しているのだ。
このようにして、地球レベルでの我々の生活・安全・進化は侵害されて
いるのだ。
是非、戦略的・計画的に列強の政権交代を敢行したい。
いずれ、G4で標榜する新リベラリズムの時代が遅かれ、早かれ
来るはずだ。
それが実は世界の元来の宿命であることは、いずれ気がつくはずだ。

438 :再掲:2006/08/03(木) 21:00:00 ID:rSxnqFFX
依然、自分達の会社を売り払うために、国策になったIT革命の発起人の立場を
暴力団に売り渡し、私を暴力団に引渡した人殺し会社は、依然、法の場にでようとしない。
バカを装い、実はバックに暴力団を従えた、とんでもない悪党だ。

組織からの脅迫の証拠:組織下っ端の脅迫分から関連企業名が明らかに】

私は、ずーっと企業名を匿名にしてきたが、以前、組織の関係者(多分、宗教の下っ端)から
脅迫があった。事件の実在を示す証拠、つまり、犯人しか知らない事実として、以下に挙げよう。
これで本件に絡む企業名の証拠が、私の操作無しに挙がっている。

「仮説:某国Aの戦争犯罪が制止できない最終根拠」より

553 天使 oahu_j@yahoo.com 04/07/03 05:34 ID:9iWS253I
審査開始当時、
のーよう陣営と現場が言う、C.I.A.のNY企業配下出向組み(こいつらが非常に強い)が、
あることをM国会議員にお願いしていたのを思い出す。

557 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 10:32 ID:IX/Gjh6T
>>553
7年かかってもコレであきらめない君達は基地外


558 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 12:34 ID:DGDjtZYx
>>555
刺すなら本人が直接で頼むよ
 
日立さん 



439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 21:27:06 ID:rSxnqFFX
日立が雇った暴力警官「K」は、別の会社まで、口止めに出回っていたらしい。
二位以下に甘んじ、会社を売り払うために、暴力団印まで雇った日立はIT業界に
帰れるわけが無い。
暴力団と関係するに至った、原因である帳簿操作も含めて、諦めて法廷に出てきたらどうだ?

440 :実況:2006/08/03(木) 21:35:18 ID:rSxnqFFX
【神奈川管轄での処理停滞】
どうも、この事件を神奈川管轄で封じ込めているようだ。
事件の中央-最高裁到達を阻止しているようだ。

実は、国際政界でも同じことをやっている。
国際事件をNY州法廷で封じ込めているのだ。
これは、以前から行われていることだ。

441 :実況:2006/08/04(金) 09:31:16 ID:akBeDzqK
【異常な法務省でのたかり常習犯の甘やかし】
どうも、現場のたかり常習犯相当がご機嫌なのは、
通常は政界、重要人物(先にコクド堤会長も拘留)に使用する部屋を連中に与え、甘やかしている。
法務省の実態は、世間と実務から離れ、このようなちんぴらのお守り、地検を相手に悪びれもせず、
ちんぴらと一緒に中央優越感だけで司法妨害をぬけぬけとやりきるやから達だ。
(議員で現場を視察してもらいたい)

442 :実況:2006/08/04(金) 09:42:24 ID:akBeDzqK
【陪審員制度は要注意】
最近、法廷関係者が傾倒している、陪審員制度だが、これも要注意だ。
実のところ、「市民の司法参加」と言う上っ面の好印象のスローガンだけで意味がない。
また、これが上手く行っていると言う国もない。
米国での日本人射殺事件での無罪判決などで見ても解るように、不特定一般人の無知識相手のレベルになりかねない。
さらには、今回解ったように、アメリカにより歪められた中央司法で、
やはり、アメリカでCIAがやりかねない(映画にもあったが)、
証人恐喝が横行するのは目に見えている。


443 :実況:2006/08/04(金) 09:53:45 ID:akBeDzqK
憲法改正と同様、無意味以上に危険な立法として、法関係者は目を冷まし、制止しなければならない。

【では、どうするか?、有識者NPOの設立】
なら、どうするか?
法に感心のある市民に解放された、有識者を代表とする、NPOを設立すれば良い
各界の有識者(代表)は、定期的に選出、信任され、法廷で意見を述べる。
これで、法廷は社会の風を取り入れ、NPOは裁判における報告を受ける
これで、強固に組織として保護された、民意のリーダーたる「民主主義の教室」が完成する
どうだろう?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 10:12:17 ID:akBeDzqK
NPO→NGO
に修正しておいて

445 :実況:2006/08/04(金) 20:45:50 ID:lHPdHksw


446 :実況:2006/08/05(土) 12:19:48 ID:i+veoPaB
【リベラリズムが展開しない理由:国連無力の代償−事前協定拒否権による理事国戦略】
何度も言うが(私も言うが、アナンもしつこい)、リベラリズムを後回しにして、
アメリカNYに委ねられる理由としてコソボ以降の国連無力の露呈を上げている
しかし、既に現場でも事前協定による拒否権行使は供述されている
常任理事国が茶番で拒否権を行使、先制攻撃派に委ねて列強だけに通用する調整に持ち込むなど、たやすいことだ



447 :実況:2006/08/05(土) 12:26:20 ID:i+veoPaB
【拒否権の廃止とG4多数決制を!】
イデオロギー闘争など無い今、拒否権など必要無いのだ
さらには、先のような戦犯工作で利用される事が明確になった今、廃止は絶対だ



448 :実況:2006/08/07(月) 19:08:44 ID:ZHDNapWl
/


449 :実況:2006/08/09(水) 00:31:54 ID:P31R4FSp
>


450 :実況:2006/08/11(金) 14:48:28 ID:WgiPzmvv
【会社殺人関与再犯に偽裁量誘導の疑惑】
今、この疑惑で湧いている
先の会社暴接続裏切り殺人関与人員の裁量(6年)に疑惑の目が向けられている
つまり、(暴)接続、計画性、利己性ありの殺人で、
しかも、再犯で6年は短い、と言うものだ(過失殺人でも五年?)
つまりは、事実を歪きょくし、殺人を排除した
組織犯行の偽決審を誘導しようとしているのではないか?

451 :実況:2006/08/11(金) 14:56:38 ID:WgiPzmvv
【審理を地方裁判所スタートにすべき?】
どうやら、先の裁量は高等裁から出されたようだ
どうも、妙な状況だ
やはり、審理を地方裁判所からスタートすべきでは?


452 :実況:2006/08/11(金) 15:13:11 ID:WgiPzmvv
【中央司法の不審に湧く現場不正司法人員】
中央の国際政界ロンダリングとの歩調を合わせる姿勢に、
現場の不正司法人員は沸き立っている
いつ、市民は政界癒着の真実を知るのだろう?

453 :実況:2006/08/11(金) 15:25:35 ID:WgiPzmvv
【政界癒着に関する中央司法(高等裁+検察庁)vs地検の様相が浮き彫りに!】
中央は政界調整を盾に、既に証拠の上がり切った事件の差し押さえに躍起だ
周囲を完全包囲された、暴教政癒着の中央陥落はいつか?!



454 :実況:2006/08/11(金) 19:52:09 ID:QyeD/gVE
高等裁のミス・ジャッジといえば、
ライブドアによるフジ買収があげられる。
先日の逮捕でも分かるように、虚業と取られかねない。
ライブドアに対する高等裁の判断は再審議されるべきだ。

455 :実況:2006/08/11(金) 20:00:20 ID:QyeD/gVE
ところで、先の株の不正取引による操作は、
だれが考えたのだろう?
学生企業家の同被告や30代前半の同社員が考えつくことだろうか?
既に述べたが、「だれか指導者がいるのでは?」の私の事件の不正処理
の中での疑問からスタートしたのが、村上ファンドの捜査だ。
同氏は、元通産省出身で、批判蚊からは、総会屋的な仕手筋であった、
と言う避難もある。

今回のアメリカ企業を相手にした政界主導の不正売却疑惑。
先に述べた、株取り引きに関する不正、と言い、やはり、
中央の政・官の癒着陣営を追い詰めているのではないだろうか?

456 :実況:2006/08/11(金) 20:05:38 ID:QyeD/gVE
【総会屋仕手筋工作と企業不正売却・ふっかけの共通点:元締めがいる!】
総会屋仕手筋工作と今回明らかになった、企業不正売却・ふっかけには、共通点がある。
それは、親・元締めがいる、と言うことだ。
実は、これは、日本の総会屋が始めて、アメリカに輸出された、と言う情報もある。
つまり、ふっかける総会屋と、攻め立て、暗に収める元締めは、「グル」と言うことだ。
と言うことは、やはり、今回の一連の捜査は「官」に行き当たるはずだ。

457 :実況:2006/08/11(金) 20:10:16 ID:QyeD/gVE
他の株取引不正に関しては、不明だが、
不正売却に関しては、高等裁と(幼稚・バカ丸出しの)法務省が、
握りしめ、官の周りを固めているわけだ。

458 :実況:2006/08/12(土) 19:32:07 ID:xACfzSen
【結局動かないのは政権、国際で言えば、常任理事国】
では、何故、癒着陣営が取り除かれないのだろう?
やはり、それは、現政権と言うしかない。
既に疑惑の上がった人員をなかなか取り除かないのは、
政権の、もはや、事態を霧散させるための戦略だ。
それが正しいとして、国際では、それに相当するのは、
常任理事国、となる。
逆にいえば、どちらも崩壊させるには、計画的「情報公開」
が必要だ。

459 :実況:2006/08/12(土) 19:39:01 ID:xACfzSen
既に、官による、総会屋と結託した、企業恐喝と不正買収については、
手口も証拠も犯人も上がっている。
それを、これに関しては高等裁以上もつるんでいるのだが、
私に対する、個人証人恐喝で変換しようとしている。
依然として、私に対して経済的妨害を続けているようだ。
これさえ、立件されれば、官と総会屋がらみの連携は、法廷に上がるにも
関らずだ。

460 :実況:2006/08/12(土) 19:41:22 ID:xACfzSen
先ほど、法務省に隠れて、違法メール傍受を行った人員が、
逮捕されたようだ。

461 :実況:2006/08/12(土) 19:43:02 ID:xACfzSen
これにより、私に対する妨害行為を働いていた疑惑でだ

462 :実況:2006/08/12(土) 19:46:07 ID:xACfzSen
官の連盟逮捕をしぶりまくる、中央司法・最高裁に
情報公開と裁判開始を強く迫るべき時間が来た。

463 :実況:2006/08/12(土) 19:49:32 ID:xACfzSen
【高等裁のこの件に関する解答文書】

実は、高等裁に対して、事件の実在を文書で問い合わせた事がある、
それに対する解答は、
「そのような事件はありません。
 ”仮に会ったとしても、公開できない場合があります。」
本当は後半の言い方はルール違反なのだ。
証拠として、私の手元にある。

464 :実況:2006/08/12(土) 19:56:51 ID:xACfzSen
【最近の動向:最高裁と政界調整用人員の関連】
実は、情報公開に至りがちな事情として、
最高裁の構成として、常識と異なり、検事卒が多いことに、
中央司法に疑惑が集まっているのだ。
それが、何かといえば、どうも、御巣高山JAL機事件らしいのだ。
つまり、その検事が政界の回し者、つまりは、アメリカの回し者で
ある疑惑が濃厚なのだ。
大事件の処理は華々しく、功績として、中央司法に上りがちだが、
実は、政界の調整を担った人種である、と言うのが危険因子なのだ。

465 :実況:2006/08/12(土) 20:05:23 ID:xACfzSen
それともう一つ、
総会屋のやり方、と、官の連携と言うと、先に述べた、村上ファンドと
ライブドアの事件を連想させるのだ。
>>456
つまり、グリーンメーラ(株絡みの恐喝)の常套手段として、
つるんだ元締め、が必要なのだ。
村上ファンドとライブドアの捜査状況は分からないが、
こっちの企業恐喝と不正売却の全貌は、全ての証拠・供述・記録が残っている。
それを政界調整と言う薄皮一枚で、個人証人恐喝に封じ込めているのだ。

466 :実況:2006/08/12(土) 20:06:17 ID:xACfzSen
辛うじてね。

467 :実況:2006/08/12(土) 20:12:33 ID:xACfzSen
【歴史を復習】
本文が滞っているので、
実は、最後の文の後、再度の薬物恐喝に会い、私はハワイに
逃げているのだ。
その後、国際事件の状況ものぞきながら、暴力関連の検事による、
証人恐喝による事件隠蔽・ロンダリングにはめられたのだ。
その際、私は病院に誘拐されるなどしたのだが、何とか脱出し、
逆に方々に通報することで同人員を法務省の範囲に封じ込めている。
(誘拐先の病院から脱出できたのは、小泉首相の「そこまでやる必要は無い」
による、と聞いている)

468 :実況:2006/08/12(土) 20:23:15 ID:???
この事件の情報に関して、具体的な組織名、個人名を知りたい、向きには、
Email: kauai_j@yahoo.ca
まで
連中の社会追放工作から脱出したくなった

469 :実況:2006/08/14(月) 17:25:17 ID:???
【警察官僚・公安での暴力団印買取りと世界戦争工作の関係】

どうやら、政界ではひと騒動おきそうだ。
現場にもしつこくいるが、警察官僚・公安での暴力団印の買取りが
国際での戦争工作と連携して発生していることに衆目が集まっている。


470 :実況:2006/08/16(水) 19:06:55 ID:???
暴力警官Kの招待を突き詰めるきっかけとなった、
警察の天下り先HPがある。
http://strange.toheart.to/urlmemo/cache/20050313093507.html

Kの名前はこのHPと実は、2001年当時、H社のHPにも、
隠し文字として記入されていた。これも証拠の一つだ。
恐らくは、会社の役職につくつもりだったのだろう。

471 :実況:2006/08/16(水) 19:08:51 ID:???
もうひとつ、
H社に科捜研が天下りしていることだ。
あの当時、社内でマインドコントロールが多かったこと、
さらには、今は、会社で神経毒ガスを巻いていたのでは?
の疑惑を持っている。単なる偶然か?


472 :実況:2006/08/16(水) 19:15:20 ID:???
【事件は再び、本会議場へ】
実は昨日から騒動になっている。
以下の内容だ。
・化学兵器レベルの神経ガスを使った恐喝に中央警察が絡んでいる。
 対企業と対警察内部粛清。
  これでテロ行為に順ずる対応が取られる可能性が
・国会議員関与の企業恐喝隠蔽と中央使用(法務省、検察庁)
 が絡んでいる。
などなど。

473 :実況:2006/08/16(水) 19:19:15 ID:???
神経毒の使い道

実は、これは、中央警察・暴力団が企業恐喝に(つまり、出所は科葬権
まわりの推測が容易)、使う理由はいくつかある。

実は、神経ガスで記憶野を破壊すると、人を暗示にかけて、
コントロールしやすくなるのだ。(自我が薄くなるのだから当然)
これを中央・暴が対民間に使用していた形跡がある。


474 :実況:2006/08/16(水) 19:25:00 ID:???
私も件のホテル襲撃の後、アパートに帰るが、
事前に対薬物の対策を心得ていたので、
裏公安が薬物を適用しようとしたのを防ぐことが出来た。
キッチンのシンク、風呂の栓を予め、閉じておいたのだ。
(連中は逆に喰らったとボヤいていた。揮発性のガスが
仕掛ける自分がかなりの確率で多少喰らってしまうのだ)

475 :実況:2006/08/16(水) 19:26:44 ID:???
【よみがえる”あの元祖警察官僚”】

昨年だったか、あの元祖警察官僚が亡くなった。
ところが、事情通では有名な警察への破壊行為で、
あの世から、呼び出された様子だ。


476 :実況:2006/08/16(水) 19:42:04 ID:???
【政界が触れたくない企業事件−PFI(オフコン),H社メモリー、H社通信事業所売却】

政界が絶対に触れたくない事件として、題の3事件がある。
そのグループが連続的に企業恐喝を行っていたと言って、過言ではない。
しかも、それを中央司法の部屋に囲い、今回の茶番証人恐喝で
同グループの闇処理と事件隠蔽を目論んでいる。

477 :実況:2006/08/16(水) 19:45:15 ID:???
PFIについては、記憶に無いだろうが、当時、注目された
日本企業共同出資によるオフコンメーカだ。
それを快く思わない、企業をまとめ、何かしらの事件が起きた、
と言うのが、情報だ。
ところで、オフコンと言えば、日本・米国で数社に限られる。

実は今回の企業買収で関係しているのも同一メーカ達なのだ。


478 :実況:2006/08/17(木) 19:18:50 ID:???
【精薄・薬物中毒を使ったマインドコントロールによる事件歪曲・捏造 と 政界頂上での暴力との契約】

現場は、脆弱な精薄へのマインドコントロール、つまりは、
「ここに居れば、安全。得だ」を吹き込んだ暗示の呼びかけによる、
脆弱精神犯人の現場立て篭もり創出している。
とそれらの買取による、審査を契約することで、現場でいつまでも、
事件の処理を停滞させている。

結局のところ、これを執り行っているのは、政界トップと暴力団の取り引き
の世界の住民のようだ。

これらを適切に処理することにより、今まで処理できなかった暴力団の処理。
それらとの利益の共有である、癒着を日本から永久に追放することができる。


479 :実況:2006/08/17(木) 19:26:06 ID:???
【証人薬殺人員はだれだ?!−警察官僚配下の裏公安-警察庁 の疑惑】

さて、いろいろな事件で疑惑となる、証人の自殺だが、結局は誰が犯人か?
それに関して、薬物の高度の使い方から、ただのちんぴらではないことが、
重視され始めた。
そこで−と言うかー私の事件を思い起こすのだ。
つまり、私はホテルを襲撃され、薬物中毒されたのだが、何とか生き延びた。
その時、動き回ったのは、裏公安-警察庁の一派と検察庁のグループだった。
裏公安は、先に亡くなった元祖警察官僚の配下で、私の場合は、暴力団の
犯人と証人である私を、犯人の殺意を利用して、”自分達”でその犯人を
引き連れ、私の部屋に侵入、やはり、”自分達の手”で薬殺を決行したのだ。
あきれるが、これが事実のようだ。


480 :実況:2006/08/19(土) 20:11:39 ID:???
.


481 :実況:2006/08/24(木) 13:12:04 ID:avybVAyP
【高等裁の事件隠蔽関与に非難ごうごう】
実は、今立て篭っているのは、法務省だけでは無い
高等裁も事件処理の違法な妨害疑惑で槍玉に上がっている
高等裁近傍の部隊が国際的事件処理交換による隠蔽機構に別の政界取引
のネタを植え付ける工作に関与していた疑惑が上がった
しかもだ!今回のような検察庁を
使った事件隠蔽工作は以前にもあったらしい
これが本当なら、今や中央司法・法廷は社会情勢・市民安全など眼中に無い、
癒着政界に魂を売った売国奴にすぎないことになる

482 :実況:2006/08/27(日) 18:25:53 ID:???


483 :実況:2006/08/27(日) 18:26:37 ID:???
【イスラム革命派とユダヤ教福音派は何故両立するのか?】

今、イランが態度を激化し、国連安保理は(イラン首相の言通り)、決裂した。
覚えているだろうか?
ブッシュ大統領が、
「イスラム世界統一国家、を阻止する」
と言っていたのを。
でも、むしろ、ブッシュのサポートである、ユダヤ教福音派の「永遠の帝国設立」
を思い出してしまう。
どっちが善で、どっちが悪なのだろう?

イスラム教過激派のオサマ・ビン/ラディンは、アフガン・ソ連侵攻当時の当て馬、
傀儡だ。それが、イスラム過激派として、ブッシュが追いかけていることになっている。


484 :実況:2006/08/27(日) 18:32:35 ID:???
ところが、ビンラディン一家は、アラブ首長国連邦の実業家として、
NYでも有力な投資家として存在している。

それでは、何故、アメリカ・ユダヤ陣営とアラブ・イスラム陣営の利害は
一致したのだろう?
どうやら、やはり、ユダヤ系石油系列とアラブ系っ石油系列で協定が結ばれ、
両者共有の利益の元に、国際工作は勃発したのだ。
しかも、既に述べたように、国連自体が石油をビジネスとしているのだ。
これで、動機は出揃ったようだ。

485 :実況:2006/08/29(火) 21:06:47 ID:???
【国連筋による本件の差し押さえは崩壊寸前?】
どうやら、国連が”諸事情により”と言う触れ込みで、
本件をブロックしてきたようだ。
国内でも国際でも、その計画的な連携工作の露呈と、
新たな規範=G4+経済区域制が新ドクトリンとして
公に採用されようとしているため(国内的にはアジア重視外交)、
常任理事国ベースの陰謀は潰えようとしている。
もはや、国内の事件も公開間近だ。


486 :実況:2006/08/30(水) 08:47:55 ID:85stgYcP
【事件は大詰め:国連政策=癒着、G4との一騎打ち、国連バベルの塔への最終聖戦】
事件は追い詰められ、国内政治と国連政策の接点は、
ほとんど全てが癒着事件を存在理由とする雰囲気に覆われている
国連政策は日本では、これらを見過ごしてきた最高裁を最前線として、
単に癒着構造の政界確立の方策として、法的にも今回の泳がせ捜査も後がなく、存亡の危機にある
日本ラウンドで国連負け、が確定した後には、ICJが公判を停止している、国連世紀末プロジェクトたる、
国際電波世界人権侵害事件(INMARSAT=MIR SATAN事件)

487 :実況:2006/08/30(水) 08:51:55 ID:85stgYcP
で、国際協調戦争励起工作の真実が、全国連加盟国の評決により、過度の国連私物化を理由に審議を再開されるはずだ

癒着で結ばれた、国連バベルの塔は、G4新リベラリズムを前に崩壊しようとしている



488 :実況:2006/08/30(水) 21:40:58 ID:???
【中央法廷の政界癒着事件への機能不可の習慣と証人薬殺事件既知】

高等裁、最高裁について題記が具体的に問題になりきっている。
これら中央法廷自体が、政界癒着グループの事件隠蔽工作に工作員として
可鍛していた事が発覚し、もはや、「政界汚職」をテーマにしながらも、
あまりに、機能不可の事例が今回意外にもいくつも上がるので、
まるで「法廷のために、事件を法廷自身が差し押さえ、立て篭もっている」
かのように見える。



489 :実況:2006/08/30(水) 21:42:25 ID:???
(以下、各機関への私の通報内容)

現場での供述を聞くにつけ、私個人の経験を振り返るにつけ、
高等裁・最高裁の機能不可の程度は顕著だ。
(現場では高等裁を飛ばして、最高裁の結果を見たいと行っている。
 何かあるようすだ。)
現場では、
既に具体的に、
「癒着官僚一派、さらには今回のような政権の親しい財界団体まわりの事件について、
 高等裁判所以上は、何故、機能しないようにしているのか?」
に議論が移行しきっている。
(これらの結託となると「法廷は、政界のどこと、か?」は容易に推測できる)



490 :実況:2006/08/31(木) 19:59:01 ID:???
【現状と国連メインボディーとJ・ブッシュ一家+EUの関係】

まずは、メインボディーとJ・ブッシュ一家(さらにはEU)の関係について。
これで、世間の期待に反して、世界が協調的に石油・軍事産業を中心に、
地域紛争を含めた死の工作に傾倒するか?が解明できた、と言っていいだろう。
後は、常任理事国5カ国が賛同しさすれば、いい訳だ。

つまり、J・ブッシュ(父)とが台頭した時代のメンバー(さらにEU)が、国連メインボディー
を牛耳っている、と言うのだ。
これは、理解に容易い。何度も述べているとおり、カーター大統領は、人権重視・民主主義の
真の展開を政策として、国際政界に君臨したが、その裏で、J・ブッシュ(父)は、ヨーロッパと
手を組んだのは、間違いない。その後、世界随一の強国である、アメリカの正義は失われた。
さらに、国連内部でも、湾岸戦争を期に、紛争を理由に挙げ足取りによる、人員調整・派閥統一を
進めてきたのだ。

これらにより、国連トップを中心に等しく石油に関心がある常任理事国を巻き込んで、
紛争による調整(コソボ、東チモール)、法廷工作(ICCの米国例外措置)、9/11の演出、
そして今回の9/11を含めた戦争犯罪相当の事件の処理不能を演出可能にしたのだ。



491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:56:21 ID:XgwsWPrt


492 :実況:2006/09/07(木) 10:24:43 ID:GXZbmW/l
【図解・ライブドアと政界を結ぶ線と闇ー引用】
僕のサイトもヤフー検索で20位以内に入る上位定番なんだけど、
今、政界癒着について調べたら、優秀なライブドアと政界の相関を示すチャートが出てきた
http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi0602/hibi-niisi-060218.htm
現場でも検証しているようだ

僕も国際関係をチャートにしなければいけないんだけどなかなか、情報が整理できない



493 :実況:2006/09/08(金) 20:03:43 ID:???
【不自然な政界捜査−政界と巨大癒着事件のスキップ】

先のHPでも示しているが、捜査はこれだけの、しかも、
ライブ〜とヒューザと言う二大事件が中央に接続している、
のも驚嘆に値する。それでいて、単なる「株主への責任追求」だけで、
結審できるとは思えない。
その意味でこの資料は大変、重要でしかも、関係者も動いている。
しかし、だ。


494 :実況:2006/09/08(金) 20:04:59 ID:???
もうひとつの不審な理由は「事件が小さい」ことだ

不自然な理由として大手ゼネコンでもないヒューザが中央に何故いるのか?
また、ライブなど、話題にこそなれ、過渡期のあぶくのような虚業会社だ
また、ライブについては当初からNY支配の「試し打ち」のようなもので、
(高等裁の援護もあり?)村上ファンドも売り逃げに成功してしまった。
(むしろこっちが本命?)

日本という国家・社会にとって、本当に危惧しなければならのは、
大手の日本を代表する大手老舗総合電気メーカと大手ゼネコン
なのだ。
その一つが、私が体験した、企業内での恐喝を利用した、
業界の支配だ。

中央司法は、これら日本を代表する大企業での、大規模癒着、
業界操作・解体工作を差し押さえたまま、この比較すれば、
「小規模な政界癒着調査抜き」の2事件を処理ーある意味「見せかけ」で
腑抜けの裁判を執り行うことに人材を集中しているのだ。
さらに言えば、処理しようとすらしない大規模事件との関係を疑うしかない。

とすると、安部晋三議員の「ライブドア」、「ヒューザ」の二本の線は、
「あからさまに過ぎる」ので警戒が必要とすら思うべきなのだ。

もはや、ライブドアとヒューザが裁判に乗った程度ではしゃぐべきではないのだ。



495 :実況:2006/09/11(月) 20:58:28 ID:???
【陪審員制度は要注意】
最近、法廷関係者が傾倒している、陪審員制度だが、これも要注意だ。
実のところ、「市民の司法参加」と言う上っ面の好印象のスローガンだけで意味がない。
また、これが上手く行っていると言う国もない。
米国での日本人射殺事件での無罪判決などで見ても解るように、不特定一般人の無知識相手のレベルになりかねない。
さらには、今回解ったように、アメリカにより歪められた中央司法で、
やはり、アメリカでCIAがやりかねない(映画にもあったが)、
証人恐喝が横行するのは目に見えている。

496 :実況:2006/09/11(月) 20:59:00 ID:???
憲法改正と同様、無意味以上に危険な立法として、法関係者は目を冷まし、制止しなければならない。

【では、どうするか?、有識者NGOの設立】
なら、どうするか?
法に感心のある市民に解放された、有識者を代表とする、NPOを設立すれば良い
各界の有識者(代表)は、定期的に選出、信任され、法廷で意見を述べる。
これで、法廷は社会の風を取り入れ、NPOは裁判における報告を受ける
これで、強固に組織として保護された、民意のリーダーたる「民主主義の教室」が完成する
どうだろう?

497 :実況:2006/09/11(月) 21:00:33 ID:???
【事件実在の証明】
私は、ずーっと企業名を匿名にしてきたが、以前、組織の関係者(多分、宗教の下っ端)から
脅迫があった。事件の実在を示す証拠、つまり、犯人しか知らない事実として、以下に挙げよう。
これで本件に絡む企業名の証拠が、私の操作無しに挙がっている。

「仮説:某国Aの戦争犯罪が制止できない最終根拠」より

553 天使 oahu_j@yahoo.com 04/07/03 05:34 ID:9iWS253I
審査開始当時、
のーよう陣営と現場が言う、C.I.A.のNY企業配下出向組み(こいつらが非常に強い)が、
あることをM国会議員にお願いしていたのを思い出す。

557 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 10:32 ID:IX/Gjh6T
>>553
7年かかってもコレであきらめない君達は基地外


558 名無しさん@お腹いっぱい。 04/07/03 12:34 ID:DGDjtZYx
>>555
刺すなら本人が直接で頼むよ
 
日立さん 



498 :実況:2006/09/12(火) 10:29:00 ID:mcW6f9FW
【ヒューザ捜査陣営と政界癒着を深読みする】

どうも、今回の不正売却の絡みとヒューザ捜査陣営は関係が有るニュアンスが伝わっている。
安晋会と関係するヒューザだが(誰が持ち込んだ?)、素直に受けとれない。企業売却と同様に捜査と併用した関係調整が疑われる
どうハンドリングするつもりだろう?
このシステムは要警戒だ


499 :実況:2006/09/15(金) 22:00:38 ID:???


500 :実況:2006/09/19(火) 22:06:39 ID:???


501 :実況:2006/09/25(月) 23:04:36 ID:???
.

502 :実況:2006/09/29(金) 01:08:02 ID:???
【法廷・偽捜査陣営と官僚寄り検察の、国外(NY)法廷を利用した巨大汚職事件揉み消し方法】

今、二大事件が世間を騒がせている。そして私自身が
通報している会社不正売却事件が手口の解明も進み、政界でも話題になっている。
これに先立ち、連中の国外法廷を利用した大規模癒着の揉み消し計画について記す。
(以下、通報文)
なお、法廷工作は分かっただろうか?
大規模癒着事件に関しては
中央法廷が「証拠不十分」を主張
一方、関連検事は、個人恐喝を傍で見届ける息のかかった



503 :資料:2006/10/02(月) 00:11:41 ID:???
「潜入組」を有利な証人としてロンダリング法廷に逃げ込む
(確立するために両者で勝負する)
つまり、法廷は証拠を知りながら、提出要求に踏み切らない
さらには被害側組織の前科者を利用することも。
総じて法廷の協力的消極姿勢、市民の保護放棄の無責任が顕著。
法廷を含めた審議開催を手配請う。

504 :資料:2006/10/02(月) 00:13:58 ID:???
【国際板版「仮説:米国と国連の10年(戦争準備工作全貌)」】

関係者でも、やはり、国際板の方がアクセスが多いので、
一部こっちに移動。
心理学・社会行動学における、「天使」、「悪魔」について解説。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141229066/

505 :資料:2006/10/04(水) 18:53:30 ID:???
【中央法廷の事件隠ぺい工作制止投稿】

実は、会社人員で暴力団員を導入した裏切り社員として、
M灯と言うのが居た。
実はその裁量が6年と言うのを疑問視していたのだ。
つまり、M灯は、以前から暴力団印とつながりがあり、
社員の売り渡しの前科があるのだ。つまり、「再犯」と言うことだ。

そこで、結果としての傷害を知った上で、
「暴力団との接続」、「裏切り行為による私利、つまり、利己性」
を評価すると、過失のプラス1年程度の裁量は「不自然」と評価したのだ。

506 :資料:2006/10/04(水) 18:55:00 ID:???
そこで、問い質したのは、「事件の調整」だ。
裁量を微妙に調整していくことで、何かを「消滅」しようとしたのではないか?
これについて、散々追求した挙句、先ほど供述が得られた。
つまり、「組織性」を解答として出したのだ。

これは、組織事件を個人恐喝・恐喝事件に置き換える常套手段として既に
供述が得られているものと合致する。

つまり、組織性の事件、政・官による不正企業買収を個人恐喝に置き換え、
周囲の合意を取り、事件を横流し、闇処理する。
最終的には、個人を抹殺して、事件をやみに葬り去るのだ。


507 :資料:2006/10/04(水) 18:55:39 ID:???
【官民協力によるカルテル事件に発展!】

実は先日、海外での価格調整で本件に絡む国内の合弁会社が罰則金を請求されている。
実は、この合弁会社、本件と同一の企業による合弁会社で、今回の事件に先だって起きた
同様の功績社員に対する報奨金をめぐる暴力事件を起こしている。
つまり、報償金を掛けた社員を恐喝にさらしている。

この手口は、予め報奨金をかけた社員に対して、報奨金をエサに、滅多に手入れの出来ない
恐喝請負組織に恐喝事件を誘致する。それらに対して手入れできる捜査体制を官の調整により、お膳立てする。
その恐喝事件自体は、それらの調整された司法権により、内密に処理され、背後でそれらと
接続する官利権グループにコントロールが移行する。企業と司法、官利権グループの結合が
構築される。

これらの官民結託の準備工作を見ると、先の合弁会社の件は、官民協力によるカルテル疑惑に
発展しそうだ。


508 :資料:2006/10/04(水) 18:56:20 ID:???
上は事件消滅の仕組みを語る再掲

509 :資料:2006/10/06(金) 22:02:19 ID:???
【第一民主党の歯切れの悪い偽メール問題と、政界シナリオの行き先】

今、話題になっている。

第一野党である、民主党は奇妙な行動をかもしだしている。

つまり、ライブドアの偽メール問題で、民主党は逆に責めを負ってしまったが、
やはり、今、粉飾決裁、つまりは、実態と会わない株価から利益を得るための
不正操作について裁判にある、ライブドアと選挙で担ぎ出した自民党は責任を
追求されるべきなのだ。虚業と取られかねない、ライブドアを自民党は調べもせず、
持ち上げ、ライブドアの株を上げることに荷担し、「詐欺事件」の片棒担ぎを演ずる
結果となった。責任は免れない。
ところが、前原代表は逆に偽メールによる、先走りで逆に責めを負う形となった。
自民党を攻め落とす3セットを抱えながらに、失速して終わってしまった。

しかし、しかし、実はこれが、「巧妙に仕組まれたシナリオによる茶番劇だった」の
観測が流れ始めている。

しかも、それは、G4、国連主催の「国際政府構想」につながることが疑惑視されている。


510 :資料:2006/10/06(金) 22:03:00 ID:???
【調整政界はG4/国際政府参加のための強要条件??!】

民主党は、というよりも、日本政界の二大政党の相方候補は、国際的な
調整に乗り始めた可能性がある。

前原代表は、「ネオコン派」の評価がある。自民党を追撃する代わりに、
それを引いて、「調整」に入った可能性がある。

他にもある。

小沢代表は、先日、「天下り」を問題視する、議案を提出しかけたが、
音沙汰無しだ。
時間を追うと、岡田元代表は、アーミテージと会談し、興奮気味に「軍備化」を
言い始めた。国際政府時代の日本二大政党化について(つまり、今のアメリカの
二番煎じ)を吹き込まれたのだろう。
そして、その後の「ネオコン寄り前原代表」による偽メール問題。
問題は、民主党だけに終わらない。自民党アジア政策を唱える、福田元官房長官は、
湾岸戦争時代の重鎮、ベーカーとチェイニーに呼び出されて、総裁選から
引いてしまった。
そして、政党・派閥を渡り歩く、小沢氏の民主党代表着任。
これが流れだ。


511 :資料:2006/10/06(金) 22:03:38 ID:???
さまざまな、情報、状況を推測するに、
「G4、常任理事国候補=日本は、国連提唱の「国際政府構想」に参加するために、
 調整=事件の未処理・外交カード化による、政界調整前提の二大政党制に
 なることを”強要”されている」
と取らずにはいられない。。

しかし、しかし、これに対しては。。。

「だれが、こんな事を許すか!」


512 :資料:2006/10/06(金) 22:05:05 ID:???
【G4は、国連全参加国の合意、米国流中央集権は利権のため。
 ことごとく、国連を私物化し、世界人類を舐めてかかる、国連メインボディーと列強達!】

だれが、こんな政界を許すものか?!

株不正取引を許すことは、業界の寡占化と停滞、産業の弱体化を確実に誘導する。
これでは、思うとおりに、日本産業界は切り刻まれ、米国配下の三流工業国、
植民地と化するのは目に見えている。
それが分かっていて、民主党を含む政界は、日本国を裏切ってまで、調整前提の
非民主主義の政界で、生き残りたいのか?!
・・・非民主的は重要だ!

これが国内だ。では、国際は?
国連が始めようとする、「国際政府」は米国中央集権主義の買取り、言い換えだ。
これも列強独特の利権保護のための調整の結果だ。しかも、石油、軍産を中心に
構築された、癒着体制は、強化され、「石油・軍産の都合」で、満足が行くまで、
侵略されし尽くすまで、紛争は続くだろう。この制限された自由経済・社会の中で、
我々は「かろうじて生き延びる」を余儀なくされてしまうのだ。

国連は舐めに舐め腐っている。
国連全参加国がG4・次期常任理事国候補として、アジア代表経済先進国日本を
選んだのであって、それを弱体化することを強要、自分達の顧客である、
石油・軍産の為に癒着・調整政界を先進国間に展開しようとしているのだ!

513 :資料:2006/10/09(月) 18:49:50 ID:???
【これが政界を席巻する『戦争元締め=ヨーロッパ・ロスチャイルド系譜』説】

今、国連メインボディーが戦争に傾倒しているか?の疑問があがっているようだ。
実は、歴史・周囲状況を見返すに、この疑惑が持ち上がっている。

「国連メインボディーは、ICC/NATO/EUと連携した、『戦争の元締め』である。
 それは、NY-NATOを経由して、FBIに流れている」

様々な状況がある。
一つには「死の商人」たる、欧州ユダヤ財閥「ロスチャイルド」だ。
第一次世界大戦当時、イスラエルを建国支援し、
第二次戦争では、ロシア、ドイツ、連合国の同時にパトロンとなった。
代理戦争でも死の商人、「ロスチャイルド」は重要だ。

基本的にヨーロッパ=EUは、ロスチャイルドとの癒着が強く、
国連メインボディーには、多くのEU上がりが参加している。

ICCは、「戦争反対」を掲げていたが、簡単にJ・ブッシュの法廷工作に、
引いている。引いた上で、NY・NATOを経由して、NY国連本部に動機を還流している
可能性がある。

安保理の9.11参加については、イギリスの意見が多く入るが、欧州ユダヤ、NATO
の両方にまたがる、イギリスは、国際政界を両手にかけて図っている可能性がある。

総じて、その立地からも、ロスチャイルドの歴史からも、EU-イギリス-国連メインボディーは、
「戦争の元締め」として振舞うのは、十分可能性がある。

いずれにせよ、散逸的な供述を総和したものだが、証人を確保するなどの方策が必要。


514 :資料:2006/10/09(月) 18:51:50 ID:???
(続き)

ここに、興味深い疑問がある。
「CIAは誰のために働いているか?」

感触的には、国際的に働いているのだが、「悪魔教」の知識の源流からも、
実は第一に、ヨーロッパ・ロスチャイルド寄り、と連携しているのではないか?
その基調を元に、距離を測りながら、「かなり”石油寄り”のアメリカ国益」の為に
活動しているのではないか?
意外と、ここいら辺は、カーター大統領ですら出し抜いたことからも、
米国大統領・ホワイトハウスも知らないことであり、
実際、”クリントンに聞いても、「知らない事実」の可能性がある”。


515 :資料:2006/10/09(月) 18:52:46 ID:???
【実は、ヨーロッパが多数の常任理事国とヨーロッパ色の強いメインボディー
 さらに、元来ヨーロッパ戦争であった第二次世界大戦連合国の系譜】

どうだろう?
一般的には、「問題有りのブッシュをリーダーとする、世界一の大国であるアメリカの独走に、
国連を含む他の常任理事国、ヨーロッパ陣営が引きずられている。」と言うのが通念だ。

だが、しかし、しかし、逆の見方をすると、全く、様相が一変する。
「例え随一の強国アメリカとは言え、世界的政策を展開するには、『他のヨーロッパの
 常任理事国達』の合意を得なければ、事は起こせない。しかも、元来、国連メインボディーは、
 ヨーロッパ人種が多く、彼らこそが世界の安全保障の『元締め』なのだ。」
やはり、”どこの世界でも、『元締め』が強い”のだ。

アメリカは「国連、他の常任理事国を従え、専制主義に引きずっている」のではなく、
「国連・他の欧州常任理事国陣営が『許可を与えて』やって良いことにしてやっている」のだ。
その上で、お調子者のアメリカの意見を取り入れた『世界安全保障の元締め』メインボディーと
多数のヨーロッパ人種、懇意の限定アメリカ人が、『世界政策』を施行している。
先に述べた通り、「CIAつまりペンタゴン戦略本部は、”かなりヨーロッパと連携を取っている」”
その中で、自国・アメリカの国益、米国ユダヤ系石油の利権の為になる部分をホワイトハウスに
『戦略提案』している。それをお調子者は、『他の欧州常任理事国』に提案することで、
『国際政策の陰謀』は還流する。ヨーロッパが主催する『ICC』は『元締めメインボディー、
高等弁護団と一緒に静観さえすれば良い』のだ。


516 :資料:2006/10/09(月) 18:53:48 ID:???
(続き)

【現職米国大統領すら政略に巻き込み、鎮圧するホワイトハウス以上のヨーロッパ寄り構造】
だからこそ、必要以上に、つまり、冷戦・傀儡戦争派からは煙たがられる
「協調主義」を唱えた、カーター元大統領は現職にも関わらず、
「アフガン侵攻」と「パキスタン大使館テロ」で、駆追することができたのだ。
また、どう口説いたのかは知らないが、クリントン&ゴア組を蚊帳の外に
追い出して黙らせられるのだ。

【基本はロスチャイルドをパトロンとしたヨーロッパ大戦である、
 第二次世界大戦のヨーロッパ連合国と、新参戦国「アメリカ」の構造】

第二次世界大戦は、基本的に「ヨーロッパ大戦」からスタートしている。
また、ロスチャイルドは、イギリス、ロシア、そして、ドイツを同時に
パトロンとして支援しているのだ。第二次世界大戦は、
”基本的にロスチャイルド利権の為の政略戦争”なのだ。
ドイツ内のユダヤ人種が迫害されたのも、聖書にある、
「ユダヤ人の3/4が犠牲になり、1/4が『永遠の王国』を打ち立てる」
になぞられる。

つまり、ロスチャイルドへの癒着で成り立つ、ヨーロッパ常任理事国こそが、
”元締め”国連メインボディーを支配しているのだ。


517 :資料:2006/10/09(月) 18:54:28 ID:???
【欧州ユダヤ・ロスチャイルドの正体】

先の投稿で、「聖書」を参照している。これについては、さらに説明が必要だ。
ロスチャイルドの起源については、諸説有るので、書籍で調査いただきたい。
(本スレでもダ・ビンチ・コードと「聖書」の正体に言及)
>>101
起源としては、「十字軍で興隆した」とか
「自分達でも聖書内の『パリサイ人』を起源とすることを認めている」
などの情報がある。

ここで『パリサイ人』とは、キリストから「悪魔」と罵られた人種たちだ。
キリストは、これらパリサイ人の排除をスローガンとして、万民から好評を
得たのだろう。
しかし、「悪魔」色を廃し、「万人への愛」を唱える新約聖書編纂後の
十字軍で名前を出したところを見ると、どうやら、
「キリストを処刑。その後、その人気を借りて市民をだまし、教会の背後に
 潜み、利権を得ていた」と思われる。
ここで、二つの現代との類似を見るのは興味深く、二千年に渡るユダヤ人種の
業の深さを思い知る。
一つは、「十字軍」と現在の「非民主主義駆追のための専制主義」であり、
もう一つは、
「キリストの処刑の後の、人気を借りた教会支配」

「カーター元大統領駆追と『国際政府』
だ。


518 :資料:2006/10/11(水) 22:02:56 ID:???
【公明と経団連事件の関係】

どうやら、とうとう、公明による経団連事件における、橋渡し工作の供述が出始めたようだ

もはや、中央法廷は、広域と公安関与の証人自殺工作と裁判関係者間での事件の共有による、
調整・骨抜き化による政官連合の不正株取引他の不正企業操作の保護機関であることはいくつも上がっている

519 :本文:2006/10/11(水) 22:12:32 ID:???
>>386
*******************
* 六本木での攻防戦
*   不安定な頭を抱えてホテルに留まる
*   2週間の療養

とりあえぜ、ホテルに転がり込んだ。
まだ、光にも、特に声に異常な恐怖を感じる。
そろり、そろり、とホテルを音と光の衝撃を警戒しながら、
食料を調達する。
医者の指示によれば、生卵が良いようだ。
実家のアパートに帰るには、時間が必要だ。

この強制薬物中毒については、治療にまつわるインストラクションに加え、
少しずつ、マインドコントロールの気配が見え始める。
CIAネタで出てくる、暗殺者にかける類の話しだ。
この時は、余裕がないが、段々と脳神経学・心理分析に傾倒するようになる。
既に述べた「うそを平気でつく人たち」で出てくる、常習犯の心理について、
類似項を見出しながら。。。

520 :本文:2006/10/11(水) 22:25:56 ID:???
3日ぐらいして、ようやっと、頭を洗おうか、と思うようになる。
「体も洗わなければ。。。」
もう、語る人も居ないが、戦争で派兵された人たちが、
極限の状況下では、衣服の汚れ、体の垢など、気にすら出来ない、
ことをしばしば引き合いに出す。
実際の極限状況を経験すると分かる。脳が、身体本体の危機で専念し、
そこまで神経が回らないので、心理が体の周囲にまつわる感知が無いのだ。

しばし、気を失いそうになるが、なんとか頭をゆすぐ。到底、普通の病院には
行けそうに無い。薬物中毒に詳しい警察病院にでも行かなければ、誤診されてしまうだろう。
医者からPHS経由で最低のインストラクションがあるが、それ以上の保護は無い。
頭のいかれた、裏公安たちが差し止めているのだろう。

しばしば、昼も外に出るようになる。光には弱いので、サングラスをかけて出る。
このサングラスには救われた。もし、襲撃の夜にサングラスが手元に無ければ、
光の衝撃で気を失っていただろう。
ハワイ製のこれは、私のお気に入りの高性能サングラスで、今でもラッキーアイテムとして、
常に持ち歩いている。

襲撃も沈静化し始めた。政界の誰かが、あまりの残忍さに止めに入ったのだろう。
その間、ただひたすらに、ホテルのバイキングでスクランブル・エッグをむさぼり食べて、
移動の体力を回復することに専念していた。

521 :本文:2006/10/11(水) 22:33:53 ID:???
しばらく、沈静状態が続いたので、警戒を緩和した。
ホテルの戸締りも余りしない。何故か、誰かが財布に一万円を
数枚入れていったような様子がある。

フロントの近くにあるコイン式インターネットでメール送信を試みる。
画面を見た直後に、気が遠くなった。PCの仮想現実デスクトップは、
脳に本能的な違和感を与えるので、非常に混乱とストレスを与えるのだ。
意外にも、この病状から回復するのに、最大の難関は、このPCと、
「スーパーマーケット」だった。
スーパーマーケットは、何しろ棚一杯に様々の着色をしたパッケージが
林立するので、中に入るだけで倒れそうになる。この数週間後まで、
平気で外出れるようになっても、スーパーは苦手だった。


522 :本文:2006/10/11(水) 22:53:14 ID:???
【スターウォーズに見る精神の破壊の過程とトラウマの関係】

これが、トラウマ、と言うやつだ。
度を越したの衝撃が脳内に焼き付けられる為、精神は恐怖から逃げる為に、
理性を失ってしまう。
「平気でうそをつく人たち」でも、
第一段階で、失敗に対して周囲の叱責を受け、それから精神的な混乱状態。
その後、精神の弱さから現実逃避/責任転嫁を経て、連続犯行に至る、と記されている。

これに関して、実に適切に描写したのが、「スターウォーズ:シスの逆襲」の
アナキンのダースベーダ-に至る経緯だ。
周囲から期待を受け、また、野心に燃えるアナキン・スカイウォーカーは、
パドメを救うと言う目的とシスの甘言に理性が揺らぎ、尊敬する師匠・ウィンドゥを
裏切ってしまう。その自責に、頼りにする兄代わりのオビワンが、居ないことも
あり、混乱。自我を失ったアナキンは、凶行に走ってしまう。その結果、アナキンは、
2度とジェダイに帰ることなく、ダース・ベーダとなってしまう。

非常に心理学的に精神的な破壊を描いた、よく出来た描写だ。
ま、私としては、犯罪者というのは、基本的に精神が弱く、不本意な願望を
心の底に持った、劣った生き物だと思う。元来的に才能と度胸に溢れる、
善人のアナキンは、実際は、このプロセスを経ないと思う。
しかし、ストーリを見るに、それを実際とするなら、アナキンは不幸で可愛そうだ、と思う。


523 :本文:2006/10/14(土) 05:16:09 ID:???
【警察出身を抱える日※製作所の汚いやり口】

どうやら、日※製作所は、依然として、その内部に導入した、
警察関係者を利用して、私をストーカー行為をすることをやめないようだ。
法廷も、日※製作所が不正司法陣営に処理を任せることに
合意したので、それに便乗、手を出さない、と言う汚さだ。
これで、不正司法検察に処理を任せて、後で出てくるつもりなのだろう。

524 :本文:2006/10/14(土) 05:26:22 ID:???
【日※製作所の1千億円赤字新聞発表と暴絡み陣営への一部経営実権引渡し
 - それと事業所不正売却事件の関係】

どうやら、同社は数年前の「1千億円赤字」の新聞発表を機に、
何やら怪しい暴絡み一派に、一部、経営実権を明け渡したようなのだ。
他にも様々な処理に関しても「サービス」を受けている可能性がある。

その中で、売渡を計画した事業部について、不正売却耕作が発覚したようだ。


525 :本文:2006/10/14(土) 19:16:11 ID:???
【神奈川県警内粛清と最高裁】

卑劣な裁判前証人闇処理を執り行う、最高裁だが、
どうやら、神奈川県警内の粛清にも関与していたようだ。
(もはや、政策レベルの癒着事件もみ消し構造のためには、
個人証人や警察官など取るに足らないものなのだ!!)
神奈川県警では多くが粛清にあっているが、それを
最高裁が関与していたというのだ。

526 :本文:2006/10/14(土) 19:40:38 ID:???
神奈川県警本部長は中央法廷に薬殺された?!

事実が明らかにつれて、警察関係者の怒り心頭

527 :本文:2006/10/15(日) 00:30:25 ID:???
>>525
この投稿で、トラウマと連続犯行の関係を述べている。
実は、以下の国際スレで諸般の事情で先に心理学における、
「天使」、「悪魔」について述べている。
と言うのも、国際政策でCIA戦略による、「悪魔」の手法を
使っているのに警告を送りたかったからだ。

国際板版「仮説:米国と国連の10年(戦争準備工作全貌)」http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141229066/

528 :本文:2006/10/15(日) 00:57:52 ID:???
>>521
***********************
  本文:2001年5月頭
      東京郊外のアパートに帰る
***********************
その後も裏公安の、ほとんど趣味のような嫌がらせを何度か受ける。
その一つは、食事に混ぜた興奮剤だ。サンドイッチのソースに混ぜたらしい。
その一方で移動の準備を進めていた。ホテルで個人で立て篭もるには、
警備が不安だ。
結局、移動に耐えられる体力を回復するのに、2週間を要した。
最初は地下鉄を一区間、段々と移動への耐性をつけていった。

若干の不安を抱えながら、郊外への移動を決行した。
地下鉄の轟音が響き渡るホームで、やはり、不安に駆られ、精神が揺らぐ。
そこで、一考を案じ、先の興奮剤入りソースを取っておいたので、
それを指先に付けて舐めてみる。かなり、精神が安定する。
六本木を出発。半蔵門線をつたって二子玉川で地上に出る。
暗闇と轟音の地下鉄から抜けて外に出る。最低限の医療アドバイスをする
若手の警官が、若干いやみ混ざりで、「突然外に出るのはビビるぞ」と言う。
しかし、外の開けた景色にむしろ、開放感と家に帰れると言う、実感が湧き始める。
ホテル襲撃から品川駅での12時間の臨死体験に至る一生の経験でも有り得ない、
悪夢の終焉が近づいているのが感じられる。

一時間ほどの春の穏やかな陽光の下で電車に乗りつづけ、最終的に、
アパート最寄りの駅に到着する。
電車に降りるが、約二ヶ月前に暴力警官「K」の追撃をかわす為、静岡に出発した時と、
何ら変わりない。まったくの穏やかな春の郊外の静かな住宅街の沿線だ。
アパートにたどり着き、カギを開けてベッドに静かに横たわる。
悪夢から解き離れた、開放感と安堵感を心から感じる。


529 :本文:2006/10/17(火) 19:00:34 ID:???
.


530 :本文:2006/10/17(火) 19:01:42 ID:???
**************************
  東京郊外での薬物中毒からのリハビリ
  2001年5月
**************************
郊外のアパートに帰ってからは、しばらく、近所で食料を調達し、
数日の安静を強いられた。一度、ピザ屋の宅配を頼んだが、
公安が興奮剤のような薬物を入れたようだ。非常に悪趣味なやつらだ。
なるほど、企業癒着・株不正取引が地検特捜部にまわされるのが理解できる。

主なメニューは牛丼と生卵だ。飯は消化が悪いので半分程度しか食べない。
(脳が弱っている状態で消化不良を起こすのは大変危険だ。)
ここは、両親の実家だが、二人は隠居先に引っ越している。
一人でいくつもの部屋を使う。嵐の後の静けさ。不思議な気分だ。
ここに帰るのは学生以来、10年ぶりだ。近所の本屋に行くが、やはり、
みんな若干老けながらも、同じ人たちが働いている。不思議な気分だ。

531 :本文:2006/10/17(火) 19:13:51 ID:???
*************************
  薬物中毒離脱
     ひたすらの外界負荷の繰り返しと脳の学習
****************************
少しずつ、静養から”リハビリ”にメニューを切り替えてくる。
何しろ、脳は”全ての記憶”を失ってしまったのだ。
光、音、振動、について”再学習”させる必要がある。
医者からインストラクションはあるが、保護はやらせないようだ。

先の六本木脱出では敵の送った”興奮剤”に助けられて、
電車を乗り切ったが、今度は、自力で電車移動にチャレンジする。

実は、10年前には無かったが、隣り町にアウトレット・モールが出来たのだ。
行ってみると、これがなかなか面白い。ウインドウショッピングには最適だ。
郊外の立地なので基本的に”静か”なのもリハビリに最適だ。
穏やか、かつ、見るもの(視覚的負荷)がある。
医者も「最適なリハビリ・訓練場所を見つけたな?!」と言う。
たしかに、治療にも良いが、それに加えて、行楽的にも楽しいのがとても良い。

532 :本文:2006/10/17(火) 19:32:23 ID:???
*****************************
  耐性の着実な向上と”記憶の回復”
    郊外にて5月後半
*****************************
少しずつ外界の光・音への耐性が上がる。
そろり、そろり、と忍び歩きするのではなく、カツカツと歩き始める。
(それでも、”走る”は2ヵ月後、ハワイで初めて可能になったのだが。)
モール隣接の欧米型スーパーで”ステーキ”を買い、家で焼く。
料理も立派なリハビリだ。時間的なスケジューリングを脳内で要求される。

ところで、この期間は、どんなものか?
基本的に”ぼーっと”しているのだ。何しろ、大脳が完璧にダウンさせられたので、
機能−顕著なのが”記憶”と”感情”だ−が上手く機能しない。上手く脳内を伝達しないのだ。
だから、やや無気力に数週間を過ごす。

最初の”記憶の展開”は、音楽を聞きながら始まった。輸入アウトドア用品の
ショップで、フリークライミング用品の試行用の人口絶壁を見ながら、
今でも唯一聞く、英国製ロックバンド「U2」のCDを聞く。音楽の昂揚に合わせて、
感情と記憶が沸き起こる。

最後に公安の手下が有視界尾行で張り付く中で、電車に乗ろうとしているとき、
”Beautiful Day"がかかっていたのを思い出す。
「自分」と「目的」が記憶として展開する。
公安をけん制しながら、”事態を変化させなければ”と言う意思が沸き起こるのを
感じた。

533 :本文:2006/10/17(火) 19:57:58 ID:???
**********************************
  公安検察と医者と私の不思議な数週間
    2001年6月
**********************************
しばらく、沈静化した状況が続く。六本木の最後の段階でも言ったが、
政界からも”ストップ”がかかったようだ。
それでも、公安検察は”張り付いて”来る。しかも、品川駅で瀕死の
私に蹴りを入れた、「黒川」と言う、非常に意地の悪いやつだ。
そいつも、”何かをやるチャンス”を伺っているのか、離れようとしない。

時々、”トレーニングだ”(要するに精神的な鍛錬)と言って、
「ライフルで撃つぞ」と言ってくる。楽しんでいるのかもしれない。
よりによって、さっきのモールのレストランで食事している最中に、PHSで
言ってくるのだ。その度に、私は荷物と食事を持って、コンクリの壁を探すのだ。
(それを背にしていれば”安全”だ)

一度、本当にやつが私を撃ったことがある。といっても、例の泊まっていた、
湘南台のホテルの窓枠を”練習用の弾”でだが。
ホテルの真向かいの200M程度離れたマンションの一室から撃ったようだ。
窓が”ガシャン”と言う音をたてた。慌ててベッドからカーペットの上に転げ
降りる。そのまま、ほふく前進で部屋を出てチェックアウトした。
ところが、その時、”まさか”の思いが過ぎった。”補助カギ”のラッチが上がっていたのだ。
マスターキーであけた後、隙間からラッチをのけたのだろう。自信が根底から揺らいだ。

そんなことを思い出しながらも、順調に頭の回復を進めていった。その中で、
やはり、公安は”奇妙な行動”を繰り返す。

この”公安の奇妙な行動”こそが、”マインドコントロール"探求への”きっかけ”だった。

534 :本文:2006/10/17(火) 20:06:50 ID:???
***************************************************
  命題:心象現象好きの公安たちの最後の命題
       −「果たして、人格・記憶は他人に転送できるか?」
***************************************************


535 :本文:2006/10/17(火) 20:08:00 ID:???
・・・・・・・・・・・・・・・また今度

536 :本文:2006/10/18(水) 20:05:37 ID:???
**********************************************
    離れない公安達−不気味な執着とオカルトのような雰囲気
       2001年5月
**********************************************

リハビリが進む中で、公安達が特に若いやつらが、妙なことをはじめる。
妙に私の周囲に執着する。何かをやろうとしているのだが不明だ。
どうも、何かに取り付かれているらしい。私も連中のやろうとしていることを
単なる勘違いだと思っていた。一般人/技術者としては当然だ。

そう言えば、暴力警官「K」も妙な挙動をしていた。どうしても、近くに
居たがるのだ。私が寝ている間に何かをやっておきたいらしい。

やつら、公安が執着するのは、「人格店医術」だ。


537 :本文:2006/10/18(水) 20:22:16 ID:???
*****************************:
  人格転移はオカルトか?
     他人の人格を転移させると言う公安達と「K」の奇行の記憶
*****************************
やつらは、私に自分達の親分である「K」を転移する、と言うのだ。
当然、信用すらしない。外科的手術すらなく、触れることなく(仮にそれでも)、
それで人格を他人に移殖するなど、不可能だと思った。
「こいつら、「K」の手下だから、「K」が言った良い加減な話を鵜呑みにしてるんだ」
と思った。他の連中も信用しない。古い警察官の言い伝え、と思っていた。

ただ、拭い去れない記憶がある。私が執拗な「K」のいやがらせに嫌気が差し、
田舎に移動したときのことだ。「K」はしつこくも私を追っかけてきたのだ。
その際、「K」が奇妙な行動を示したことがある。
「K」がもっと若い手下をにらみつけながら、何も言葉を発せず、じっとひたすらに、
何かを心の中で策しながらにらみ付けるのを。

その時、その光景を見て、ふと気が付いたことがあった。僕はPHSから、
某所にメールを送っている。

「まさかとは思うが、ありえないが、「K」は何かをやっているのかもしれない」


538 :本文:2006/10/21(土) 19:37:01 ID:???
********************************************
  人格転移はまやかしか?
    2001年5月
********************************************
数人が、やはり、あきらめない。私に「『K』の精神を植え込むんだ。」
と言って引かない。騒動の後、今回の事件で市民を相手に暴挙に出すぎて、
以前から睨まれていた『K』は「処分」された、と目されていた。
やつらは、その『K』の精神を私に植え付け、「蘇らせる」と言うのだ。

「黄泉がえり」は、連中の証人恐喝のパターンでもある。つまり、人間は
人類の歴史において、「本能的に死んだ人間の黄泉がえり、に恐怖を覚える」
と言うのだ。「だから、人間は『墓地』を作ったのだ。」と言うのだ。

ま、連中の言い分は、かなり、迷信的なものもあり、まゆつばでもある。
私も周囲の人間も、この人格転送術が、「幽霊怖い」と同様に、怪しい
盲信的行為であると、考えていた。


539 :本文:2006/10/21(土) 19:47:17 ID:???
*************************************************
  感情とな何か?
  脳内に残る違和感。人格転移術とは?
*************************************************
それにしても、公安達はあきらめない。ある朝、脳内に違和感を
覚える。大脳皮質の一部に違和感を感じる。何かをやったようだ。
どうやら、寝ている間に何かをやったらしい。

ところで、感情とは何か?今はわかってしまったが、感情とは、
特定の脳波だ。つまり、人間はある感情を励起するとき、特有の
共通の"脳波”の周波数パターンを発する。

この感情の”脳波パターン”と、先の公安が私の大脳皮質に残した、
”異質感”、公安の言うところの”人格転移”が結合し、ある推測が
成り立つ。

540 :本文:2006/10/21(土) 20:13:49 ID:???

*******************************************************
   感情と大脳皮質の関係
     大脳皮質は感情を電磁波的に抑制する”緩衝材”
*******************************************************
※ここいら辺は、姉妹スレの「仮説:米国と国連の10年()戦争準備工作全貌
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1141229066/
 をあわせて参照いただきたい。脳神経学的・心理学的、「天使vs悪魔」を
 解説している。

つまり、大脳皮質は電磁波的に小脳と結合することにより、
小脳が発する”感情脳波”の緩衝を担っているのだ。

大脳皮質が無い生物、と言うと「爬虫類」だ。トカゲ類は、本能のままに
食欲を満たし、危険に対しては、これもまた本能的に逃げるようになっている。
進化が進むに従い、視覚的・聴覚的入力の反動要求が複雑化、判断=理性が
要求されるようになる。そこで、本能的感情を抑制し、"理性”に判断を仰ぐ為にも、
”緩衝機能”が平行して必要となる。それが”大脳皮質”だ。感情の抑制は、
”社会性”として結実する。



541 :本文:2006/10/21(土) 20:21:22 ID:???
***************************************************
   人格転移術の目的
***************************************************
では、これと”人格誘導術”を組み合わせるとどうなるか?

実は、私が感じた”違和感”は、『K』の”記憶”だったのだ。
さらに言えば、人格転移とは、「特定個人の性格、つまり、感情の大脳皮質植付け」なのだ。
つまり、公安達は、「私に『K』の記憶を植え付けようとしたのだ」
記憶は、『K』の性格を意味する。(実は、もう少し連中のやろう事は複雑だが、若干単純化する。)

大脳皮質に”性格−感情”を植え付けるのが、”人格店医術”だ。つまり、大脳皮質に、
ある”感情脳波=特定周波数”を植え付けることで、”性格を操作できるのだ”
植え付けられた大脳皮質の"感情”は短期記憶で、恐らくは睡眠で初期化される。
結果としては、「”人格手印医術”で大脳皮質に”感情脳波”を植え付けることで、電磁波的な
緩衝材である大脳皮質に”特定感情の穴”を開けることができるのだ」

つまり、”人格転移術”で”感情”を大脳皮質に植え付けると、その感情に対して、抑制が
効かず、特定感情を励起することができるのだ。

先に既述した、『K』の手下に対する、何かを策しながら”にらみつける”ような仕草を見て、表現した、
  「まさかとは思うが、ありえないが、「K」は何かをやっているのかもしれない」
は、「『K』が手下に対して、遠隔のマインドコントロールを用いて、手下を行動させている」
を私が感じ取ったものだったのだ。
そして、これは、予め”人格転移術”により、”特定感情”を植え付けられた手下達の、
感情を『K』が操作し、行動を励起して遠隔操作していたのだ。

542 :本文:2006/10/25(水) 20:43:36 ID:???
mm

543 :本文:2006/10/25(水) 21:02:33 ID:???
************************************************
  ここで、現代病-ADD(多動性症候群)の兆候-を考える
   2001年6月
************************************************

で、ここで、私は最近の現代病と呼べる、キレル、被害妄想、感情に対して脆い、煽られやすい、
について、思索を巡らせ始めた。−精神学的には”ADD”−多動性症候群と呼ばれる兆候だ。

多動性症候群−つまり、物事に専念せず、挙動を頻繁に変える症状のことだ。
ここで、言う多動性症候群は、決して幼児のものを言うのではなく、青年期の多感な時期の
ものを言っている。これは、何を意味するか?私が思うに青年期の多動性症候群的挙動は、
精神的障害を意味するのではなく、精神の強さと大脳皮質の抑制のバランスの悪さを意味し、
むしろ、未成熟期の抑制の不十分さが、本人の精神力の強さ-むしろ優秀さを抑えきれない
ケースが多いと思われる。このようなケースの場合は、成熟を経て、優秀さを示すと思われる。

ただ、現代病として問題にして言うのは、挙動不審・被害妄想・感情的脆さ、をあげている。
つまり、先の大脳皮質の”感情抑制機能”が分かっているので、相対的に大脳皮質の抑制が
劣っている、と言える。このケースとしては、アルコール中毒が当てはまる。

544 :本文:2006/10/25(水) 21:18:43 ID:???
****************************************
  ADD的現代病の治療に思索をめぐらせる−電波による逆治療はできるか?
      2001年6月 郊外のアウトレットモールのレストランにて
*****************************************

で、私は、ADD的現代病の治癒の為、電波を使うことを考え始めていた。
つまり、公安の”人格転移術”の逆をやろうとしていたのだ。

「もし、電磁波で人格-つまり、感情脳波を転移できるなら、
 感情的起伏の無い、平静時の脳波を微量、広域に流すことで現代病を治癒することができるのではないか?」

試しに数人のグループで、この”逆人格転移術”を試すことにした。つまり、マインドコントロールの”種”=人格転移
を植え付けられた若手数人に、その個人の”平静時脳波”、つまり、”睡眠時脳波”を微量に流してみた。
結果は、良好で、大脳皮質に”植え付けられた”感情の記憶は、この"逆人格店医術”脳波の照射で、
また、周囲の大脳皮質の同化作用で、”締め出す”かのように消えていった。結果は良好だ。

この結果を踏まえて、この”逆人格店医術”を社会に適用できないか?を思索し始めた。
ある初夏の穏やかな平日の昼の公害のレストランで、そんなことを議論していた。
例えば、私の脳波は、医者が保証するくらいに、感情の起伏の無い、平静な脳波をしている。
典型的な”平静脳波”として、これを放送電波に乗せられないか?と考えた。
いや、それでは”局所的”だし、何しろ、出力が大きすぎる。では、何がいいのだろう?

しかし、この思索は意外な推論を導き始めたのだ。

「これは、逆に”悪用”できるのではないか?
 現代病は”作られたもの”ではないか?」


545 :本文:2006/10/25(水) 21:30:11 ID:???
********************************************
   現代病の元凶は何か?世紀末に仕組まれた巨大な”陰謀”
     2001年6月
********************************************

私は既に述べたが、1998年からカナダに居た。やはり、当時から、周囲が
”被害妄想的”になってきたのを、何となく肌で感じていた。
1999年に日本に帰るが、同様な雰囲気を肌で、また、ニュースからは、
弱者虐待で如実に感じていた。

「これは、世界同時の精神的な兆候だ。」

そこで、1998年当時から始まる、世界的な電波通信サービスを調査してみる。
意外や、それは地上ではなく、それは、空-宇宙に居たのだ。
同時期に人工衛星による衛星電波通信サービスが開始しているのを突き止めた。

何者かが、もしくは、組織が、この世界的精神誘導を企てていたのだ。



546 :本文:2006/10/25(水) 21:44:49 ID:???
***********************************************
   ノストラダムスの大予言−世紀末の7の月に空から降る”大魔王”
      の正体は?
***********************************************

ここで、私はノストラダムスの世紀末論を思い出した。

世紀末の7の月に空から魔王が降り立ち、人類を滅ぼす、の予言だ。

まさしく、空から降り立つ「魔王」は、人類の精神を崩壊する為の電磁波だったのだ。
この衛星の名前を、これから記す。

国際情報通信衛星「INMARSAT」

私はその後、もう一つ気がついて、驚愕させられた。
ここで、その衛星の名前の並べ替えを試みる。

「INMARSAT」 = 「MIR SATAN」(悪魔・魔王)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しかし、当時、私は、この首謀者について「第三国、地下組織」の類を想像していた。したがって、
この日本で、これから首謀者に見つかるなどとは、考えていなかったのだ。



547 :本文:2006/10/26(木) 20:16:27 ID:???
x

548 :本文:2006/10/26(木) 20:17:25 ID:???
**************************************
   既出投稿から引用
     米国ペンタゴンのイラク侵攻戦略でこの”魔王”が登場
*******************************************
実は、このINMARSATについては、もう一つの特徴がある。
(当時は知らなかったのだが。。。)
>>101
(引用)
【休憩:推理小説「Da Vinch Code」】
依然として、法務省がかくまう異常行動の精神脆弱な
女達の奇声を交えた撹乱行動が続いている。これを「悪魔の小間使い」と言うのだそうだ。
個人、組織に寄生し、低俗な撹乱で不信感を巻き散らかす連中だ。

ところで、最近、リハビリから回復して以降、さぼっている語学の
レベル復帰も目的として、以前からのベストセラー「Da Vinci Code」
を原文で購入した。単に、文学的に濃厚な作品では語彙力と文章堪能スピードが
追いつかないので、センテンスの希薄な推理小説にしたのだ。
それ以外に目的はなかった。ところが、意外なことに、キリスト以前の土着信仰との葛藤について、
非常に興味深い説明が載っている。

私の知識では、土着信仰というのは、自然・人間の分析から発生したもの
が多いと思う。つまりは、「人間の性」と言うものを表した信仰・宗教と言うものが
存在する。これが、(まだ読んでいる最中だが)ダ・ビンチがヒントを残した
聖杯に関するものと、秘密結社に関連すると思われる。
実際に、現代でも知られる土着信仰起因の古代信仰が「悪魔信仰」だ。
これは、父性、男性、光、強さを象徴とする現代キリスト教に対して、
母性、女性、暗、弱さを根底に持つ信仰だ。

「Da Vinci Code」の中に暗号解読を職務とする女性主人公が、その殺害された
祖父から受けた暗号に、字句の並べ替え(Anagram)と言うのがある。
実は、この社会にも、「悪魔」を示すAnagramが存在する。


549 :本文:2006/10/26(木) 20:18:19 ID:???
【イラク進行中継で垣間見られた「悪魔」】

これは、全くの事件発覚の発端・ヒントとなっている。
この「悪魔」は、CNN等のイラク侵攻の中継でも
しばしば見られたAnagramだ。象徴的にも、
米国Pengtagonの中東侵略活動宣伝のための
Deviceとして利用されている。

某米国ケーブルテレビ・ニュースより、
「今回のアメリカによるイラク侵攻は、史上初めて衛星を介して
TV生中継された戦争です。。。」
衛星の名前は、「INMARSAT」。。。
「Mir SATAN(悪魔)」



550 :本文:2006/10/31(火) 20:36:20 ID:???
【政策提案を一つ:不正企業売買の寡占対策と自由競争の保護】
☆会社売買審議機関の常設
 さて、海外資金導入による、不正企業買収と寡占をどのように制止するべきだろう?
寡占は、調整を導入し、自由競争を鈍化させてしまう。また、心無い政治家の為に、
海外財閥支配の導入と、世界随一の電子立国日本を切り売りしてしまうことになる。
では、どうするか?
まず、会社売買については、裁判形態による審理の常設が必要だ。これにより、
両者からマテリアルを提出、フジvsライブドアのように、企業価値以上の買収を
制止し、背後の資金の流れによる隠れた支配関係を排除する。
現時点で公正取引委員会が後追いで監視しているが、これを”昨今の
買収にまつわる問題性を社会問題”として捉え、企業売買審議機関を常設する。


551 :本文:2006/10/31(火) 20:51:58 ID:???
【自由競争の促進と工業国日本の国際競争力向上
 −アメリカに見習う委員会活動と公共還元意識の中央常設】

先の常設企業売買監査機関は国際的にも、昨今の買収不正の手口を
復習して、施行、法化するべきだろう。

そして、日本にはもう一つ、電子立国・世界的工業国として中央政府がやらなければならない、
政策がある。それは、アメリカに手本を発する。
それは、中央政府での委員会活動と公共意識、利益還元だ。
アメリカで軍施設予算は公共還元を前提としなければ、議会で承認されない伝統がある。
GPSが良い例だ。GPSは元来、ミサイル誘導衛星だが、民間にも提供されている。
アメリカ官公庁用途で開発される電子認証システムにも、公共還元が要求される例がある。

日本では、この”公共意識”=還元を意識した活動が薄い。科学技術庁配下で様々な
開発促進が図られているが、その機構の中で閉じている為、公共性が失われ、
また、政策性を持つ、継続的計画展開・議論がなされないため、単発に終わる傾向がある。

これを、政府による”委員会活動”としてアメリカ流に審議し、公共意識で展開するのだ。
また、これらは政策性と繋がり、有力な技術分野で”国力”として世界に展開することが
可能になるのだ。

かくして、先の強化された寡占防止機構とあわせて、競争力を維持し、”電子立国日本”として、
世界に再び、君臨することが可能になる。

552 :本文:2006/10/31(火) 20:59:54 ID:???
【手前味噌だが”IT革命の構造化”=e-Japan構想、の例】

実は、私は以前、同様のことを提案したことがある。
手前味噌だが、事件にも関るのでここで記す。

当時の政権下で、光ネットワークの拡充とIPv6によるユビキタス展開による情報立国政策、
つまり、IT革命を提案した。
しかし、当初はIT企業のVIPの”寄り合い”にしかならず、具体策が出なかった。
これに対し、私に相談があり、以下のようなことを提案した。
「情報化社会の計画展開にあたり、各界の有識者、通信事業者、教育、電子商取引、医療を
 呼び集め、情報化社会の各分野での長期計画を策定。それを産業界に展開、開発する
 ことにより、最終的に社会に展開する。」
を提案したのだ。
これが、IT革命の委員会活動化=”e-Japan構想"なのだ。
首相官邸ホームページに計画書があるはずなので、確認いただければ、と思う。

553 :資料:2006/11/04(土) 09:53:29 ID:???
コピーライト

本投稿は、事件を元にした記録ですが、
執筆物としての著作権は、私である執筆者に帰属します。


554 :資料:2006/11/06(月) 21:17:27 ID:???
,

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 09:39:45 ID:wgmlFQMw


556 :資料:2006/11/18(土) 19:13:43 ID:???
,

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 21:48:22 ID:k8dafP5q
http://p.pita.st/?m=r4xgcr3e

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 21:52:12 ID:OR0wxawR
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

22:10分に自己紹介板かほのぼの板に「20分で0-1000切るか」
というスレを◆mD7sbeWbHUが立てます
書き込みは「.」のみで1000目指しましょう!!
5分前には準備しましょう
それまでこの文を色々なところにコピペして参加者を集めましょう
時間はここで確認
http://www2.nict.go.jp/cgi-bin/JST.pl
控え場所は電波板
http://etc3.2ch.net/denpa/#1
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 18:50:09 ID:xfu2g0hj
.


560 :実況:2006/12/01(金) 22:20:04 ID:IS9hu3RR
(こちらはしばし休憩)

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 15:55:15 ID:???
( ^ω^)

562 :実況:2006/12/04(月) 07:28:19 ID:/K2U4tXJ
【高等-最高裁に広がるライブ・ヒューザ二大事件調整・骨抜き疑惑】

ところで、以下の投稿を覚えているだろうか?
私がある関係者から入手した、癒着事件のもみ消し方を。。

国内事件

【最高裁が決してやろうとしない、企業-司法-官のシンジケート:あるカルテル事件】
実は先日、海外での価格調整で本件に絡む国内の合弁会社が罰則金を請求されている。
実は、この合弁会社、本件と同一の企業による合弁会社で、今回の事件に先だって起きた
同様の功績社員に対する報奨金をめぐる暴力事件を起こしている。
つまり、報償金を掛けた社員を恐喝にさらしている。

この手口は、予め報奨金をかけた社員に対して、報奨金をエサに、滅多に手入れの出来ない
恐喝請負組織に恐喝事件を誘致する。それらに対して手入れできる捜査体制を官の調整により、お膳立てする。
その恐喝事件自体は、それらの調整された司法権により、内密に処理され、背後でそれらと
接続する官利権グループにコントロールが移行する。企業と司法、官利権グループの結合が
構築される。

これらの官民結託の準備工作を見ると、先の合弁会社の件は、官民協力によるカルテル疑惑に
発展しそうだ。

※なぜか、最高裁はこのシンジケートを決して処理しようとしない。むしろ、保護的だ


563 :実況:2006/12/04(月) 07:29:21 ID:/K2U4tXJ
【(続き)高等-最高裁に広がるライブ・ヒューザ二大事件調整・骨抜き疑惑】

状況を総合すると、どうやら、高等-最高裁連合は、
これをライブ・ヒューザの二大事件で導入して、
事件の背後にある政・官の接続を調整・骨抜きにして
しまおうとしている疑惑があるのだ。

つまり、

1.証人自殺事件の偽装で高等-最高が関係者に調整を図る。
2.政・官へつながる地点で一度捜査を控訴審の起点で分断。
  A.情報公開ベースの組織性・計画性骨抜きの公開捜査を”地検”へ
  B.政・官への接続・組織性を非公開での違法性ありの”調整捜査”を”中央警察・高等裁”へ
  の二重構成に分ける。
3.中央での”疑惑の調整”
  その結果、高等裁が受け持った、”官・政の癒着捜査”を既に示した
  ”図解・ライブドアと政界を結ぶ線と闇”に示した中央政権での”関係調整”が行い、
  控訴審で”待ち受ける”。
  先の公開ベースAと"非公開・調整”のBが高等裁出合体し、”組織性の調整”が完成する。  
>>44


  の疑惑が高い。


564 :実況:2006/12/04(月) 07:30:54 ID:/K2U4tXJ
ーーーーー
(証拠について)
状況証拠的には”なるほど”と思うだろう。
さらには、私自身が前職・日立での組織的”企業不正売却”に巻き込まれ、
公安から”薬殺行為”を受け、生き残った本人であり、それが関係者による供述による、
”自殺偽装工作-関係・捜査調整”の理解へとつながっている。

もう一つ、別板でこのスレの”国内事件版”を書いているのだが、
実は、私を薬殺事件に引き渡した社内の裏切り者(実は他の同様癒着事件の流れ者)
を知っているのだ。
しかも、暗にこの男は「6年求刑」で処理されているのだ。
それについて私は、高等裁人員に、秘密処理の不審とあわせて、詰め寄ったことがあるのだ。
−6年と言うのは、『過失』の境目・5年の少し上。ちょっと微妙なレンジの判断だ。
 この私を売り渡したMについては、「先の癒着事件で同様に『裏切り』、同僚を
 『売り渡し』ている」、「利己的で」、「計画的な」、「外部暴力組織」と接続した犯罪の
 『再犯』だ。
 6年と言うのは、見直す必要があるのではないか?
−(実は別捜査陣営から11年の判断が出ているのを認めて)
 「計画性を引き抜いている」
つまり、先の二分化・地検・高等での調整により『骨抜きにする予定の部分』の『計画性(組織性)』を
私の薬殺事件・後に”自殺偽装”に至る事件に『しわ寄せ』して、末端事件求刑の減額につなげているのだ。


565 :実況:2006/12/04(月) 07:31:30 ID:/K2U4tXJ
さらにもう一つ、準備工作として、
実は、この調整を行う工作員を取り囲む中央検察に詰め寄ったことがある。
検察は、「工作員に対しては裁判権利の”放棄”を契約させている」の工作を認めたことがあるのだ。
つまり、「工作員の求刑・審理については高等裁では処理せず、地方裁判で合意処理させる」
つまり、高等裁似至る前に「工作員」の心理消滅を計画的に実行していたのだ。

ところで、この『裁判権利の放棄』だが、何か思い出すだろう。
『松本被告の控訴権利の自発的放棄』の(調整・誘導?)だ。
どうやら、この調整は先の調整の同族で行われたニュアンスがある。

。。。。。。。。。。。
是非、私の事件を含めて、高等裁、前職日立に対しては、
処理の停止を諦め、素直に自供してもらいたい。


566 :愛国主義者 ◆8EMk6i5vZ2 :2006/12/04(月) 09:26:31 ID:???
大逆罪


皆様、AOLに続き、反日物は左翼の好きなことのようです。極左週刊誌、金曜日が恐れ多くも皇室を侮辱する
劇を披露したとのことです!

HereThereandEverywhere(現場を見た人の話し動画)
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1587.html

まとめサイト
http://www21.atwiki.jp/shukin/

抗議先一覧マスコミ各社に知らせ行政官庁に抗議しましょう!
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html

http://www.tamanegiや.com/nonnbee.html  (や → yaに変換 )
引用: 酒たまねぎ屋URAホームページ


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 12:32:40 ID:5NeGO7eZ
【国際戦争励起マインドコントロール電波衛星の正体発覚後について】
>>545
以降、国際戦争励起工作通報の手記が途絶えている。
実は別の場所で国内政界動向で議論が白熱しているので
手が空かないのだ。

実はその後、米国FBIにも通報しているのだ。(2001年6月)
それらの行動も興味深いものがある。

その後、あの"悪魔の仕業-9.11”が勃発するのだが。


568 :資料:2006/12/16(土) 20:08:26 ID:???
n

569 :資料:2006/12/23(土) 22:41:54 ID:???
A

570 :資料:2006/12/26(火) 21:48:17 ID:???
,,

268 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)