2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

同時多発テロ後の社会構築12

1 :1:2005/10/16(日) 18:27:20 ID:IE0Gt5q4
9・11米同時多発テロで露呈された「世界の混迷」を乗り越え、新しい社会を構築するために
何が必要かを共に考え、できることは実践していこうというスレッドです。
他板や他掲示板とも協力して議論し、理解を深め、社会の一員として希望ある未来を作っていきましょう。

■前スレ http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1119947674/l50

過去ログ、関連スレッド、他掲示板、参考サイトは>>2-10


2 ::2005/10/16(日) 18:28:59 ID:IE0Gt5q4
【過去ログ】
http://www.age.jp/~way/2ch/terro.html(1からまとめて見れます)

【関連・参考スレッド】
■ムハマド・アタ/イスラム情勢板(保存版)
 http://www.age.jp/~way/atta.html
■カール・マンハイムについて/社会学板(保存版)
 http://www.age.jp/~way/mannheim.html

【他掲示板・メーリングリストなど】
■eグループ http://www.egroups.co.jp/messages/SocialArchitecture21
■総合政策実践eコミュニティ http://www.egroups.co.jp/group/CoopProgramInManagement
■平和を望む東大生の会 http://www.egroups.co.jp/group/peace_from_todai
■変革の世紀:発「市民ネット」 http://homepage3.nifty.com/ikiiki-suematsu/sub3.htm


3 ::2005/10/16(日) 18:29:59 ID:IE0Gt5q4
【参考サイト】
■MEGA-NET 社会づくりのためのプラットフォーム http://www.mega-net.org/
       情報社会の組織計画論 第1部 http://www.mega-net.org/plan1.htm
                  第2部 http://www.mega-net.org/plan2.htm
                  第3部 http://www.mega-net.org/plan3.htm
■The Third Way(英語) http://www.ndol.org/ndol_ka.cfm?kaid=128
■安全保障の今日的課題 http://www.asahi.com/sympo/anzen/
■戦争の予防と最小の被害での終結を普遍的に追求・実現する運動
 http://www.geocities.jp/wpmhtur/index.html
■暗いニュースリンク http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/
■世界のあかり http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/image/0208/earthlights02_dmsp_big.jpg

4 ::2005/10/16(日) 18:40:05 ID:IE0Gt5q4
前スレが919レスでもう書けなくなっていたので、
あせってまたこちらに立ててしまいました。
国際情勢板に移転しようという意見が多かったので、
970くらいでその相談をしようと思っていたんですが。
かんべんして下さい。なんかアタの怨霊にとりつかれてるような・・・。

前スレ後半は日本とアメリカや中国の関係の話題でした。
田中角栄のロッキード事件も中国に近づいたためにアメリカにハメられたそうですね。
日本はいつまでアメリカに操作され中国の顔色を見ていかなければならないのでしょうか。
最近、中国へのODAを廃止して宇宙開発や軍事費に回そうという論調もでているそうですが。

それと、憲法改定の動きも活発化していますね。
これから日本はどうなっていくのでしょう。引き続きみなさんの議論を期待しています。

5 ::2005/10/16(日) 19:18:19 ID:IE0Gt5q4
そうそう、忘れちゃいけない。教育の問題もありましたね。
とくに道徳(修身)教育の復活。これも議題に入れて下さい。

6 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/16(日) 19:24:16 ID:OGRcM7FA
1さん、No.12の発足、おめでとうございます。

> これから日本はどうなっていくのでしょう。

というお言葉ですが、私は、

これから日本をどうしたいか、どうあるべきかを、「同時多発テロ後の社会構築」の観点から議論したいと思っています。

皆さん、改めてよろしくお願いします。

7 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/16(日) 20:10:54 ID:OGRcM7FA
1さん、教育の問題、特に道徳教育は、「これから日本をどうしたいか、どうあるべきか」の議論と結論から出てきます。

国連/ユネスコは、すでに、「これからの世界は持続可能にしなければならない」と決定し、
それを実現するための教育を以下のように発表しています。
United Nations Decade of Education for Sustainable Development (2005-2014)
http://unesdoc.unesco.org/images/0013/001390/139023e.pdf

その骨子は、万博協会企画事業「地球市民村」:「持続可能性への学び」をコンセプトに展開
http://www.expo2005.or.jp/jp/N0/N1/N1.2/N1.2.26/N1.2.26.3/
が言っていることです。
 “持続可能な社会をつくるためには、技術革新や制度改革と並び、意識変革につながる教育の重要性が
指摘されてきた(1992年の 地球サミットで採択された行動計画「アジェンダ21」など)。
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、このアジェンダ21を受けて、持続可能な社会を達成するため、
教育全体の再構築を提言した。 「テサロニキ宣言」(97年12月、ギリシャ、テサロニキ)と呼ばれ、
「持続可能性という概念は、環境だけでなく、貧困、人口、 健康、食料、民主主義、人権、平和、道徳・倫理、
文化的多様性、伝統的知識などを含むこと」、「環境教育を持続可能性のための 教育と表現しても構わないこと」
などの内容からなる。 他に、「持続可能性のための教育(Education for Sustainability)」
「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」「持続可能な未来のための教育
(Education for Sustainable Future)」などと呼ばれることもある。”

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 20:21:26 ID:2/QcDr7+
やはり自衛隊派遣だけではないイスラム社会との交流も論じてほしい。
異文化理解を深めるためにも。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 22:32:53 ID:1zLQdn25
自分はユネスはばかじゃないのかと、理解できない。書き損じM葉書で
何人の死にかけた子供がたすかるかと言いながらあの日本ユネスコの本社ビル
を現金で建てたこれひとつで、、、
あと1さんの軍備があるから戦争が起きるという理屈も一番基礎の基礎が
ユネスコのたまねぎ頭とおんなじで嘘というか納得できない。

10 :アスラン・ザラ:2005/10/16(日) 22:51:51 ID:???
アメリカはご都合主義

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 23:10:18 ID:1zLQdn25
10さん
じゃ中国や韓国のご都合主義の方が
いいんか?

12 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/16(日) 23:44:35 ID:OGRcM7FA
納得できない人まで強制するわけにいかないから、納得できる人だけでやることになるんでしょうね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 00:55:43 ID:kBoMmU0S
じゃ構築する必要も第三のお題目も無駄じゃん?

14 ::2005/10/17(月) 04:04:04 ID:ZaGnH1jZ
>>6
そうですね、これから日本をどうしたいか、どうあるべきかを、「同時多発テロ後の社会構築」の
観点から議論していきましょう。

>>9
軍備があるから戦争が起きるって、俺の言ったニュアンスとちょっとちがうけど。

9さんに合わせてお答えすると、核と同じように軍備も抑止力にはなりえるけど、
戦争の可能性があるからこそどこの国も軍備を持ってるわけで。
戦争の可能性がないなら大金を使って軍備を整える必要もないわけです。

てことは、軍備があるから戦争が起きる可能性はじゅうぶんあるわけで、
じっさい今も名目は対テロとか制裁とかいろいろあるけど戦争は起きてるわけで。

ということで「軍備があるから戦争が起きる」という結論にいたるわけです。


15 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/17(月) 05:49:52 ID:hO/wSg2G
>>13 じゃ構築する必要も第三のお題目も無駄じゃん?

それは早計です。納得できない人とは実践の前の穏やかな話し合いを続けます。
そして、納得への地ならしをします。

納得できる人とは、実践へと進むと同時に、納得できない人をどう導くか相談し、教育を展開します。
強制はするべきでないと思います。

これが、私の「持続可能な開発のための教育の10年」に対する基本的な姿勢です。
もっと良い案があったら教えて下さい。皆様

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 07:03:24 ID:+7mdTh4W
資源あるところに戦争あり。インドや中国の経済発展もあって、急速に
需要が増す天然資源、とりわけ石油の確保をめぐって、戦争が起こる危険が大。
結局、イラク戦争のように強者の理論が通ってしまう。
え、日本は戦争には関与せずだって?
そりゃ、アメリカにやらせてるだけだよ。ひとにやらせといて、自分だけ善人づら
すんなよと、いうことになって「憲法カイセエイ」。あぶない、あぶない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 07:26:10 ID:+7mdTh4W
じゃあ、脱石油社会の構築が世界平和に貢献する?ていう短絡がおきそうだが、
そりゃ、中国やその他のアジア諸国に石油をつかう物作りさせてるだけでしょう、
ていう反感買うだけ。王様の意向や政治家のイデオロギーで動いていた時代は去って、
庶民ていうか、大衆の欲望で世界が動く時代。それをコントロールするなんて不可能
じゃないかと。

18 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/17(月) 10:10:08 ID:hO/wSg2G
>>17 王様の意向や政治家のイデオロギーで動いていた時代は去って、庶民ていうか、大衆の欲望で世界が動く時代。それをコントロールするなんて不可能じゃないかと。

ところが、そう見えるのは表面的であって、大衆の欲望をコントロールしているのは、広告代理店とマスコミ、大衆は踊らされているだけ、ということは知る人ぞ知る。

愛・地球博 国際シンポジウム『「持続可能な開発」の媒介者たち』
http://www.minpaku.ac.jp/jcas/symposia/2005/20050919_20/program.html
に出席して驚いたねえ。

「広告と持続可能な開発」マイク・ロングハースト(マッキャン・エリクソン上席副社長、英国)
の話を聞いて驚いたねえ。マッキャン・エリクソンは国連環境計画(UNDP)など、国連機関の宣伝広報を請負って稼いでいるんだ!

19 ::2005/10/17(月) 10:13:02 ID:ZaGnH1jZ
このスレは納得できない人もぜんぜんオケーですよ。
納得できる人が懇切丁寧に納得できる道を作りますから。

>>16-17
日本もイランをはじめ中東各地やパキスタンなどと石油取引してますが、
イラン攻撃がはじまったら悠長なこと言ってられなくなりますね。
やっぱりそのころには憲法改定して自衛隊も軍隊として参戦することになるのかな。
東シナ海のガス田の問題も、結局中国に主導権を握られてるし、自国に資源のほとんどない日本は、
できれば平和的友好的に他国からのエネルギー確保を望みたいところですけどね。
ロシアのパイプライン建設も中国ルートになってしまったし。どうなることやら。

20 ::2005/10/17(月) 11:02:25 ID:ZaGnH1jZ
>>18
>大衆の欲望をコントロールしているのは、広告代理店とマスコミ、大衆は踊らされているだけ、ということは知る人ぞ知る。

フと思い出しましたが、以前のオイルショックの時のトイレットペーパーの買い占めは、
千里ニュータウンの主婦達のウワサからはじまったそうですね。なんでもニュータウンの人たちは、
ポットントイレから水洗トイレへ変わったばかりで、トイレットペーパーがなくなると水洗トイレが
使えなくなるとパニックに陥ったとか。

それをマスコミが過剰な報道して全国的な紙不足になったらしいですね。
これは顕著な例ですが、広告代理店やマスコミのコントロールはたしかにあると思います。

しかし面白いのは、俺はあまり関心はなかったのですが、エイベックス対2ちゃんねるの
「のまネコ騒動」ではエイベックスの負けっぽい終わり方をしましたよね。
以前は便所のラクガキと言われていた匿名ネットコミュニティですが、世論を超えて
業界にまで影響力を示しだしたのには興味深いと思いました。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 12:34:28 ID:4hhzwR7r
問題なのは、欲望は駆り立てられる方向にはコントロールできても、
抑制される方向へはコントロールされ難いこと。
「節約、節約。無駄をなくして、資源を大事に使いましょう。一度買った
自動車や電気製品などは、少なくとも十年は大事に使いましょう。燃費の
悪い車は乗らずに、自転車かバスで移動しましょう。」などと「いいこと」
をたくさん並べ立てたサイトより、今週の新製品情報のほうが断然アクセス
は多いわけで。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 12:51:42 ID:4hhzwR7r
>>18
次のテーマは
「持続可能な購買意欲の抑制、それによる消費抑制ならびに資源枯渇の抑制、
環境破壊の抑制」
が適当かと(w。

23 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/17(月) 17:34:45 ID:hO/wSg2G
おっしゃる通りです。
テーマはそれで結構ですが、問題はこのキャンペーンを実行して成功させるための方法論と社会への働きかけです。

私の場合、住んでいる愛知県で先ず実現したいのですが、万博へ参加した時の「愛知県出展参加基本構想」
http://www.pref.aichi.jp/expo/banpaku/keikaku/aichiken_kousou.html
が非常に良く出来ているので、幸いです。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 19:41:18 ID:CwGhbl7i
70 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/10/17(月) 19:36:00 ID:8qi/AZ/U
●NHK 視聴者コールセンター 0570−066−066
NHKに電凸
俺「首相の靖国参拝ということでNHKで大々的に報じられていますよね。アジア各国の
声を報じるのは結構なことだと思います。得に中国とは戦争しましたし韓国は日本が統治
していて靖国と大いに関わっているからです。しかし、今、台湾の前総統の李登輝さんが
訪米中でして、彼はアメリカで「一国の首相が 自分の国のために命を亡くした英霊をお参
りするのは当たり前 」と述べているんですね。台湾は韓国と同様に日本が統治していたわ
けです。韓国の声を流すのであれば台湾の声をなぜ報道しないのでしょうか?靖国反対の
声だけを報じるというのは中立性を重んじなければならないNHKの原則に反しているん
じゃないんでしょうか?
NHK「(キレながら)そういう意見があったことを報告しておきます」
俺「そうじゃないでしょ。一方的な意見だけを報じてそれがあたかもアジアの声だと報じ
るのは偏向していると言っているのです。NHKですよ。中立な報道をよろしくお願いし
ます。」


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 22:20:02 ID:oWD5Rt6C
なんで日本のマスコミが日本の総理大臣を
陥れようとする質問ばかりするのか?
日本が多大な若者の命をささげたおかげで
今のアジアの独立と繁栄があるのに
>20その主婦グループはどこにコントロールされた
グループだったかも大事じゃん
>15
わたしが正しいお前らはパンピーだから意見を
いうなんておこまがしい、、、、麒麟も、、、


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 23:59:58 ID:???
>>25
君の希望は北朝鮮かサウジアラビアでかなえられるよ。



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 02:00:55 ID:pZ812YPv
>>25 同じことをドイツの首相がしたら、EUやユダヤ人がどう反発するか想像
してみる。「ナチスの幹部も含めて埋葬されているこの墓地に、
不戦の誓いをするために個人としてお参りにきたのであって、ユダヤ人に
それをとやかく言われる必要はありません。」でおkでつか。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 07:00:58 ID:dK3tg+H5
反発があってもいくべきだろ
そもそも日独とも国民の支持があったから戦争ができたわけで
国民の支持がなければヒトラーは売れない画家で一生を終えたはず

それなのに一部の人間に責任を押し付けて
死後も差別するなんて人道的じゃない


29 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/18(火) 07:05:32 ID:4EDLPuvz
レスする前に、
西尾幹二著「異なる悲劇 日本とドイツ(文芸春秋)」を読んでからにするわ。

30 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/18(火) 07:08:37 ID:4EDLPuvz
その前に言うことがある。

反発するかどうかで自分の行動を決めるのは、軽蔑・蔑視を買うだけ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 11:18:24 ID:3dFySy0u
>>30
たまには良いこと言うじゃないかw

>>916 占領時や毛沢東時代の記憶のためか、中国を幾分下に見ている日本人
は多いが。

そういう日本人が存在してるのは確かだ。私にとって中国史は師でもあり開眼させてくれた
恩があるのだが、現中国の政治には危険視できずにはいられないし、また日本が中国へ傾倒するのは
欧米が許すまい。日本と中国は敵対する宿命なのだ、こればかりは先祖を恨むしかないな。

日中関係改善が進むとなれば、日本の国益は剥ぎ取られていくことになる郵政だけで済むはずがない。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 14:43:13 ID:???
中国人に自分の親を殺されたとする。
そいつや他の中国人らが、「人殺しなんか他でもある。俺らが殺したからまだマシな殺され方だった。親を殺されて悲しむなど俺らに金をせびる為の口実に過ぎない。仲良くしたいなら、いい加減親殺しを悲しむな。」


とか言ってるの聞いたら、許せるものも許せないと思うが。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 15:00:39 ID:lUPoncu+
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

こういうのを読むと、朝日の論説はなんだという気になってしまうが、
近くて遠い国ていうか近いから遠くなるのか、中国や朝鮮とうまくやっていくのは
ほんと大変だな。たった5分の靖国参拝で蜂の巣をつついたような大騒ぎだもんな。
この経済的損失は結構大きいと思うがな。金の問題じゃないと言われればそれまでだが。
中国に関しては、反日運動をやっているのが若い世代なので、不買運動をしても
今はそれほど影響が出ないが、20−30年後になって、この世代が購買力を持った
時に影響がでるかもしれないとのことだ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 15:14:57 ID:lUPoncu+
>>32 は明らかに違うな。戦争の謝罪は小泉も含めて何度もしているし、
無償・有償の援助や60%は実質あげちゃう円借款も中国にはしてるからな。
中国が問題視(敵視)しているのは、A級戦犯が合祀されている靖国への
総理参拝を中止せよ、教科書で中国への侵略を(中国が納得するように)記述
せよ、それと海底油田の領土問題だな。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 16:27:20 ID:v3Y1dshP
中国人は馬鹿ではない。敵対しつつ、のらりくらりやってれば極東が
戦火に巻き込まれる恐れは低い・・が、欧米の尖兵である朝鮮人が黙ってはいないだろう。
日本と中国は敵対する関係ではあっても戦争は駄目だ。朝鮮半島に漁夫の利を与えてはいけない
日本と中国が戦争しても犠牲を出すだけで領土も資源も得られる訳でもないし、逆に賠償金をふんだくられるのが
関の山。しかも和平交渉で朝鮮半島の世界的名声があがるだけである。(地勢的に和平役を任される)
中共も解ってはいる筈。

36 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/18(火) 19:21:53 ID:r8i98R3w
次スレ、立ったんだね。
話を戻して恐縮だが(>>スレのみなさん)、前スレに書き込めなかったレス。

>>中葉さん、>>フィオリーナを挙げた方
紹介された美人についてそれぞれリンク先のページで確認した。
活躍する女性ってカッコイイね(見えない苦労もあるのだろうが)。

>>中葉さん
日本社会は「終焉」に向かいつつあるのかちょっと考えた。
分からないというのが正直なところかな。

性格上(?)、結構楽観的に捉えているかも。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 20:59:48 ID:luZ017EZ
>同じことをドイツの首相がしたら、EUやユダヤ人がどう反発するか想像
>してみる。「ナチスの幹部も含めて埋葬されているこの墓地に、
>不戦の誓いをするために個人としてお参りにきたのであって、ユダヤ人に
>それをとやかく言われる必要はありません。」でおkでつか。

無茶な仮定だが日中ともに第二次大戦でナチスドイツと戦争してたと仮定する
上記の行為が行われれば中国は大反発するだろう
でも日本は反発しないだろう

中国の文化からすれば悪人を慰霊するなんてありえないが
日本は死んだ人の罪は問わないので慰霊の対象に悪い人が入ってても
反発はあまりない

文化の違いはどうしようもないんじゃなかろうか


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 22:29:57 ID:a4KS9uq8
>37さん
悪い人というのは
どんな根拠なんでしょうか。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 22:34:18 ID:a4KS9uq8
>30
曲学安生の兎にむかっとなり、、

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 22:52:53 ID:6MA1rbkc
ドイツとイスラエルは経済的にも緊密とは言えないが、日本と中国、日本と韓国は
非常に緊密といっても良いと思う。人的、経済的、文化的に緊密な国家同士が、政治的には
すぐに関係に亀裂が入るのはなぜか。三国が過去から脱皮できるにはどうすればよいのか。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 23:18:50 ID:jJRnkA3I
>40さん
ユダヤの師のたまわくに、ある日二人の煙突掃除夫が
仕事を終え顔を合わした。ラデンは顔をすすで真っ黒
ブッシュは白かった。家へ帰って風呂に入ってゴシゴシ
斎戒沐浴したのは誰か。日本に対する中国には大変な基本的な
間違いがあると思う。あくまでももし謝罪すべき中国があるとすれば
それはまじめに戦火を交えた蒋介石総統の中華民国であり
けっして炉凶行で日本軍と中国軍の間で両国軍に銃撃した林彪の中共ではない。
民主主義国日本は、60年経っても選挙の唯一回もしない中共にこずかれ
朝貢のまま、国連原潜ガス田盗掘に耐えていくまま、、、

42 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/18(火) 23:55:53 ID:4EDLPuvz
>>36 日本社会は「終焉」に向かいつつあるのかちょっと考えた。分からないというのが正直なところかな。

これは、私の
> 次(ネクスト)をキボンヌ 私もついて行きます。
というコメントに対するレスでしょうね。

クールさんはドラッカー「ネクスト・ソサエティ」第U部第1章を引用していらっしゃいましたが、
私はドラッカーが「ポスト資本主義社会」で“現在進んでいるポスト資本主義社会への変革は1960年ごろから始まり、
2020年ごろまでかかるだろう”と言っていることに関心をもっています。

つまり、終焉はまだ来ていないし、特定の國でなく、世界同時多発的に変化が始まっている、という見方をしています。
「同時多発テロ後の社会構築」も、このような観点から考えるべきではないでしょうか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 00:16:02 ID:5FdYsnqx
              
  NYタイムズの社主はユダヤ人

  NYタイムズが靖国参拝を批判

  日本漁船への当て逃げを認めようとしないユダヤ人

  パレスチナ人を虐殺し続けるユダヤ人

  ユダヤ人に靖国を批判する資格は無い

  なぜユダヤ人は、世界中で嫌われるのか?

  NYタイムズは、ユダヤ人の新聞だ

   (朝日新聞は、朝鮮人の新聞だ)
   

44 ::2005/10/19(水) 05:07:29 ID:iEZicIMn
>>38さん、>>37さんのおっしゃる「悪い人」というのは、
靖国神社に合祀されているA級戦犯のことだと思いますよ。

俺もこの問題はややこしくてよくわからなくて頭を抱えています。
日本人の感覚とすれば、A級戦犯とて国のために戦った英霊の一部ですから、
「靖国で会おう」との合言葉のものに国のために戦った方々を弔うのは、
他国から文句を出される筋合いではないと思うのですが。

もしA級戦犯を分祀して8月15日に日本の首相が靖国参拝をしても、
けっきょくは同じ騒ぎになるような気がするし。
A級戦犯のことは単なるひとつの特定アジア側のカードと思っていいんじゃないでしょうか。

先日テレビで東条英機のお孫さんのおばあさんが、「私たちの家族が批判を浴びるのは
覚悟していますが、若くして亡くなっていった他の英霊たちまで一緒に批判されるのは
心が痛む」というようなニュアンスのことを語っていました。

A級戦犯の分祀でアジアの国々が納得いくならそれでもいいと思いますが、
靖国神社側はそれを認めないそうですね。頭の痛いむずかしい問題ですね。

ただ人として、首相が公人としての立場で日本のために散っていった方々の慰霊を
終戦記念日にできるようになれば、俺としてはうれしいしホッとします。

45 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/19(水) 08:29:22 ID:0qSJE6pR
>>44 おっしゃる「悪い人」というのは、靖国神社に合祀されているA級戦犯のことだと思いますよ。

1さんがおっしゃったここまでのことは、その通りだと思います。問題はその先です。
A級戦犯とは何か?です。A級戦犯として共同謀議の罪を問われ、連合軍による極東軍事裁判で裁かれた人々です。

そこで問題になるのは、共同謀議とは何か?という問題ですが、これが私にはまだ理解できていません。

一方、中国の幹部が良く問題にするのは日本人の歴史認識の誤りというよりも、歴史認識の無さです。
これは私も中国の非難に同感します。私自身も歴史認識が不十分であることを痛感しているからです。
細川護煕氏が首相になったとき、「前の戦争は侵略戦争だった」と発言し、ビックリして、それから勉強を始めたのですが、まだ結論を得ていません。

客観性のある勉強のため、クリストファー・ソーンの「満州事変とは何だったのか、上・下巻」と
「太平洋戦争とは何だったのか」を買い込んだのですが、まだ読んでいません。

しかし、読まなくてもハッキリしていることは、日清、日露、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、大東亜戦争のシリーズは、単純無い実での侵略戦争でも、共同謀議の産物でもないことは明らかだと思っています。
これについては、後ほどお話しできると思います。

逆に、あの前後の米国とソ連の態度は平和的ではなく、威嚇的で挑発的であったことも確かです。

さらにビックリしたことは、戦争直後1950年代の初め、米国国務省・国防省が起草した「合衆国の国家安全保障の目標と計画(NSC38)」から、
http://www.asahi-net.or.jp/~NA2Y-YMMT/307.html
最近の、いわゆるネオコンによる“米帝国論”http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/pnac.html
に至る米国・国家計画の存在です。こういうものが共同謀議であって、日本の国家戦略など、あの頃も今も子供だましだと思います。

これからもう少しピッチを上げて勉強しようと思っています。ご支援下さい。

46 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/19(水) 08:36:25 ID:0qSJE6pR
誤変換訂正します。

日清、日露、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、大東亜戦争のシリーズは、単純無い実での侵略戦争でも、共同謀議の産物でもないことは明らかだと思っています。
                                      ↓  
日清、日露、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、大東亜戦争のシリーズは、単純な意味での侵略戦争でも、共同謀議の産物でもないことは明らかだと思っています。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 08:39:40 ID:8n+MmB6u
共産主義なのに貧富の差が著しく拡大し、長年の一党独裁のために汚職が横行している
中国社会の唯一安全なはけ口が「日本たたきを肯定する反日教育」なのだろうか。
そうだとしても過去の清算のためにも歴史を検証し、その結果をわかりやすく
両国民に知らしめる必要があると思う。意外な新事実が火に油をそそぐ結果になったと
しても、この作業はもっと活発にされても良い。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 09:16:19 ID:???
小泉首相がいやらしいのは、自らの歴史観を語らずに、
「村山談話を踏襲」という公式見解に終始しているところ。
あれじゃ誤解も何も無い。理解不能だよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 12:07:23 ID:tiS2KUXL
>>48
駆け引きだろ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 13:47:48 ID:8n+MmB6u
中国人・韓国人 ;
  靖国=日本帝国主義の軍隊=侵略軍=侵略戦争への反省欠如=侮辱
小泉;
  靖国=戦没軍人への哀悼と敬意=先の大戦への反省と平和への誓い
というわけなのだが、
日本に統治されたことへの屈辱感、戦後直ちに復興を遂げて経済大国に
なり、西欧社会からも高く評価される国家に発展したことへの妬み、
日本企業に頼らなければ発展できない自国への苛立ちなどが混在して、
国際的基準でいえば(?)十分な反省も援助もしている日本に、
靖国への総理参拝の一点に鬱憤を集中させ感情の爆発をさせているのかな?
いやそう思われてもしかたがないだろ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 13:51:43 ID:s5wrpDLC
1 名前:擬古牛φ ★ 2005/10/19(水) 07:37:04 ID:???
★永住外国人に地方参政権付与・公明が法案決定

 公明党は18日の政調全体会議で、永住外国人に地方参政権を付与する
法案を了承した。韓国で同様の法が成立したことを踏まえ、日本でも
早急な法整備が必要だとする考え方を新たに盛り込んだ。与党共同提案を
働きかけているが、自民党内では異論が多く、公明党単独で今国会に
提出する可能性が高い。同法案は自公連立政権下で3度目の提出となる。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20051019AT1E1800K18102005.html

関連スレ
【国内】公明党…永住外国人地方選挙権付与法案、今国会に提出へ[10/11]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129036521/

これが通過したら日本人の子孫は、アホ世代に謝罪と賠償を求めることにします。
後世に安定した国と未来を残すどころかぶち壊した世代を子孫は忘れないでしょう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 16:27:02 ID:OUZ2a9YO
日本はまんまと騙され、いまだに収奪されていると思います。
それまで国際法に無かった軍事法廷という芝居で
むりやり戦犯にしたてられた人を、誰かさんは百も承知で
弁護しない。これを曲学という。
tp://www8.ocn.ne.jp/~senden97/nikkajihen1.html#始めたのはシナ側

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 18:29:24 ID:DOdaPth8
韓国と中国との外交関係がまづくなれば、またしても漁夫の利を得るのは北なわけで。
拉致問題の解決も、テポドンや核問題の解決も困難になるんじゃないの。

54 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/19(水) 19:16:03 ID:+oQAUx1z
>>42
>>36は前スレの次の呼びかけにレスしたもので、ちょっと唐突になって
しまったかもしれない(日数が空いたので)。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1119947674/911

ここでれんみさんの自説(ドイツで戦前に訪れた近代の終焉が今頃
日本に訪れている)とシュペングラーの著作を題材とするレポートについて
コメントを求められたのだった。

話を「ポスト資本主義社会」に移すと、最後に書かれている次の言葉は
かなり信じている。

「『知識社会』がどのような社会であるかを予言することは、愚かである。
 ・・・
 しかし、ただ一つだけ予言できることがある。これから起こる最大の変化は
 知識における変化だということである。」

そして、「変化」には多分に発展的な面があると思う。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 19:29:56 ID:dhTZNeWd
改善と改悪は紙一重

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 19:37:15 ID:DOdaPth8
"The goal is to transform data into information, and information into insight"
Carly Fiorina quotes



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 00:21:57 ID:upcBgGjl
1さん。
52の板をみてオレンジ計画をサーチしてみて
袋小路に追い込まれた国家経営に命をかけて懊悩した方々を
悪人と言うのは連合国側ならまだしも、命がけで守ろうとした
国を託された1さんたちが犯罪者呼ばわりできるのでしょうか。
黒人をリンチにかけるような東京軍事裁判で唯一東条首相のできた
パフォーマンスも見てきた宙さんが日本人の一番の土台を教えずに
構築する社会とは一体?






58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 04:10:12 ID:???
>>54
よーわからん
一般的な現象としては、善管注意・忠実・守秘義務・etc
知識に対して契約をする潮流でしょ。
前スレで宗教の話しがあったけど書の分野で見れば宗教・教育組織が
蔵書という知の集約的機能を持っていた。
これらのアクセスは組織の所属、又は契約で制限されてきた。

ドラッガー読んだ事無いけど(書評だけは読んだw)
彼は「契約形態の見解」「知識と知恵の分断」について解釈を下してるのかな?
していれば、是非とも読みたいけどねぇ。


59 ::2005/10/20(木) 06:45:27 ID:rX49KRXJ
>>57さん、A級戦犯を「悪い人」と言ったのは、
ほかの人の質問に答えて世間一般の受け取り方を
参考に言っただけで、俺の真意ではありませんよ。
俺もよくわからないから頭を抱えていると言ったのです。
犯罪者よばわりなんてしてませんよ。

リンク先読ませていただきましたが、ちょっとかたよりが多くて
よくわからなかったので、また時間のある時にジックリ読んでみます。

俺の個人的な気持ちでは、前にも言ったように、A級戦犯も含めて
慰霊してもいいんじゃないかと思いますが、その気持ちは世間から見ると
ずれてるようなのでこれから考えなくてはと思っています。

60 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/20(木) 08:42:15 ID:+h/9lq/3
>>54 ただ一つだけ予言できることがある。これから起こる最大の変化は知識における変化だということである。」

よーわかる。

>>54 そして、「変化」には多分に発展的な面があると思う。

変化には以下の選択肢がある。これからの意思決定は難しい。
1.良い変化
2.悪い変化
3.変化しないこと

別の言い方をすれば、以下のような理屈かも知れんが。

>>55 改善と改悪は紙一重

>>56 "The goal is to transform data into information, and information into insight" Carly Fiorina quotes from "Information: the currency of the digital age" http://www.hp.com/hpinfo/execteam/speeches/fiorina/04openworld.html

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:00:52 ID:???
>>59
要するに右へ左へ倣えなんだな。
自分で考えるということをしないのか?

62 ::2005/10/20(木) 12:11:53 ID:rX49KRXJ
「これから起こる最大の変化は知識における変化だということである。」


情報化社会への第一歩なのかな。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:46:43 ID:/vKUFO/s
社会における変化には色々なものがあるよね。農業の形態の変化。漁業技術の変化。
政治形態の変化。工業技術の変化。工業形態の変化、、、。これからも徐々に変化して
ゆくことだろう。しかし、今後最も大きく変わるのは知識にかかわる分野だ。いや、
もとっくに始まっている。こうして、見ず知らずの君と情報や、知識の遣り取りを
している。小さな一例だが、今後リーダーシップをとるためには、データを収集し、
そのデータから新しい情報を正確に得て、洞察することで的確な意思決定をして
ゆくことが必要不可欠なのだ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 20:27:33 ID:???
今話題のATM事件、韓国系が暴れてるようだな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 21:14:04 ID:???
【拉致問題】拉致被害の韓国人家族が来日、日韓連帯呼びかけ[10/20]
1 :死にかけ自営業φ ★ :2005/10/20(木) 20:48:57 ID:???
 北朝鮮に拉致されたとされる韓国人の家族たちが20日、来日し、超党派の国会議員による
拉致議連幹部と東京都内で面会、拉致被害者救出について日韓の連帯を呼びかけた。
来日したのは、「拉北者家族会」代表の崔成龍(チェ・ソンヨン)さん(53)と、「拉北者家族協議会」会長の
崔祐英(チェ・ウヨン)さん(35)ら。面会後、会見した家族らは、「韓国政府は拉致被害者の情報を持っており、
韓国の関心が高まれば問題は進展する」などと指摘。
4人の韓国人拉致被害者の帰国を支援したという崔成龍さんは、「日本人拉致被害者についての情報もあり、
日本と連携して、救出に努力したい」などと語った。
また、同日夜、都内で開かれた集会には、横田めぐみさんの父、滋さん(72)と母、早紀江さん(69)も出席。
崔祐英さんは「日本の被害者家族の運動に勇気づけられた。韓国の被害者にも関心を持ってほしい」などと訴えた。
ソース 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051020i514.htm
関連
【朝鮮】 韓国の拉致被害者家族が新聞広告 日本の場合は帰国できたのに・・・[10/20]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129793530/
74 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/10/20(木) 21:11:27 ID:ha3r2/Ef
国連の北朝鮮の人権侵害非難決議に賛成しなかったり、
6カ国協議で(日本と北朝鮮は国交がないのに)拉致問題を提起しないよう
日本側に求めたり・・・
韓国政府って何を考えてるのかな?

こいつら自分勝手すぎ

66 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/20(木) 21:54:18 ID:+h/9lq/3
>>62 情報化社会への第一歩なのかな。

ITの普及が第一歩だとすると、これからの変化は少なくとも第二歩、ひょっとしたら第三歩だと思います。

クールさん、いかがですか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 23:31:44 ID:hwKurw1L
1さん、>59の片寄りとは
どこがそう感じられるのでしょうか?

68 ::2005/10/21(金) 09:12:05 ID:r9TtGMSO
>>59の片寄りって単なる慣れとカンなんですけど。
サイトの構成が突然赤の大文字使ってたりしてなんか・・・。
一生懸命書いてるのはわかるんですが。

情報化社会について、ぜひクールさんにまた願いたいですね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 09:56:18 ID:9z2b0G8i
木村 聞いてください!(笑)。全日本に行って、
インドとの試合の前に、サーブレシーブの練習していて、「チャンスー」とか言ってたら、
カオル姫(菅山)いるじゃないですか。姫さまが「沙織の声ってサー」って言って笑っているから、「エッ、何ですか」と言ったら、
「オカマみたいな声だね」って(笑)。
試合の前にですよ(笑)。姫さまひどいと思う(笑)。姫さま、直球なんだから(笑)。



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 13:03:50 ID:???
情報化社会による変化には言論の自由を巡る攻防が、変化といえるのではなかろうか?
陣地取りゲームをやってる様なもので、中間線が絶えず流動すること。
法では裁ききれない精神世界の問題であって、私の考えというと日本人の考えに標準を
合わす、何故かというとここは日本であってグローバル社会であろうと日本に住む者は
日本の考えに従ってもらう。気に入らないそぐわないのであれば他国へ移住してくださいとなる。

それがこの国の個性であって、なんびとたりとも侵すべからずであるから。これは「日本」を他国名に
変えても通用すると考えている。




71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 18:18:04 ID:???
【国内】朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行 [10/21]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129884382/
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) 
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;) 
    (ヽ_ノゝ _ノ 


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 18:54:36 ID:/q9zviXG
>>70 日本人であることのあなたの定義をキボンヌ。

73 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/21(金) 19:35:29 ID:ma7PbRzM
横レスご容赦を。

日本人であることの私の定義は:

http://mmcsblog.edhs.ynu.ac.jp/~gleam/archives/000451.html
DISCE, DOCE, DILIGE.
VERTAS ARTIS SUPREMA LEX.
ALTER EGO EST AMICUS.
NEGATIO DESTRUIT NEGATIONEM ET AMBO FACIUNT AFFIRMATIVUM.
VITA BREVIS, ARS LONGA.
【EX ORIENTE LUX, EX OCCIDENTE LEX】.

(和訳)
学べよ、教えよ、愛せよ。
真理は芸術の最高の法である。
友は第二の私である。
否定は否定を破壊し、こうして両者は肯定を作る。
命は短く、芸術は流し。(セネカ)
【光は東方より、法は西方より】。

【From the east the light, from the west the law.】

74 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/21(金) 19:37:13 ID:ma7PbRzM
芸術は流し⇒芸術は長し

75 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/21(金) 20:05:47 ID:ma7PbRzM
>>68 情報化社会について、ぜひクールさんにまた願いたいですね。

クールさんが引用なさったドラッカーの言葉:
>>54 「ただ一つだけ予言できることがある。これから起こる最大の変化は知識における変化だということである。」

これに続くクールさんの言葉:
> そして、「変化」には多分に発展的な面があると思う。

一方、ドラッカー自身の続く言葉:
“(それは、)知識の形態と内容、意味、責任、そして「教育ある人間」たることの意味の変化である。”

ドラッカーは、「教育ある人間」の説明に、ポスト資本主義社会の最後の12章の全てを充てています。

私は人生の後半の全てを充ててきました。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 20:36:26 ID:82NvuMu0
>>72
虚より実をとる。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 22:26:05 ID:MHhX2146
外国人地方参政権問題・・オランダの荒廃。

日本にもいい教訓になると思う。読んでみて。
http://musume80.exblog.jp/1326745


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 22:59:05 ID:UbwBEUqw
>681さん偏りを感じられたのは
言ってる内容じゃなくて
赤い文字とかビジュアルなイメージでからですか??
じゃ内容的にはどう感受てるんでしょうか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 23:01:46 ID:UbwBEUqw
>68
1さん
です、ちょっとびっくりして
改行わすれますた。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 00:57:30 ID:Mme5tQhh
>>77 重い教訓だね。
>>73 ワケワカラン。
  ars を芸術と訳すのは正しいのでつか。
http://humanum.arts.cuhk.edu.hk/Lexis/Latin/

ars : (artis) skill method, technique, conduct, character.
ars : strategem/ science, art, skill/ craft.


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 01:11:36 ID:Mme5tQhh
VITA BREVIS, ARS LONGA. これはヒポクラテスの格言だから、芸術という意味で
使ったんじゃないはずだが。

82 ::2005/10/22(土) 07:19:16 ID:eN1en9i/
>>78
反中の観点からの引用記事ばかりなので、
参考にはなりましたが、このページだけみて
判断するのはよくないと思いました。

あと、記事によるけど、ですます調とである調が
混在してるのも、ちょっとなあと思いました。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 09:57:51 ID:0JFAX1qp
>82
1さんが判断の根拠にしている、これだと
思うHPがあったら、教えて頂きたいのですが。

84 ::2005/10/22(土) 16:36:36 ID:eN1en9i/
>>83
とくにないですよ。
知りたいことができたときに、
ぐぐってめぼしいのを見繕ってるだけですから。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 17:34:19 ID:oJPnVwDn
  _, ._
(;゚ Д゚)

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 19:09:21 ID:6EZeXj40
韓国、英国のMI6の求人に抗議 「韓国人がダメなのは差別」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1129970311/

ま、こういう馬鹿なことやる民族だし


87 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/22(土) 19:16:16 ID:3OTb38W/
>>58
>彼は「契約形態の見解」「知識と知恵の分断」について解釈を下してるのかな?
>していれば、是非とも読みたいけどねぇ。

知っている範囲で言うと、彼は知識について主として生産活動との
関連において考察している。

>>60
問題はあるにせよ、大雑把に、全体はよい変化になりそうだと思う。

>>62,>>66
なにが情報化なのかは答えにくいが(かつてはマスコミなどがそれだと
言われていたように思う)、ITの普及に代表される今の情報化は知識社会が
実現するための条件の一つと位置づけられるかもしれない。

もっとも、知識社会という言葉の意味はまだ曖昧だ。それは>>63の方が
指摘しているような方向で顕在化してくるのかもしれない。

>>68
>情報化社会について、ぜひクールさんにまた願いたいですね。

勇気の出る言葉だ。

88 :クール ◆YTJqjZKgIw :2005/10/22(土) 19:17:48 ID:???
板の趣旨からすると、体制と結びついた価値観同士の衝突
(世界レベルで見られる)の話題をメインにするのが妥当かな。

89 ::2005/10/22(土) 19:47:10 ID:eN1en9i/
>>88
そうですね。同時多発テロ当時には「文明の衝突」という言葉がよく言われていましたが、
このスレでは、グローバル化が進み、民族や習慣、価値観、宗教などが入り交じった世界で起きる、
「文化間の対立」が今後の問題になってくるのではないか、という議論がなされていました。
「文化間の対立」はすでにはじまっています。混迷する世界で多民族がどのように相互理解しあい、
共存していくかが今後の課題になると思います。

クールさんの観点で、今後とも活発なご発言をよろしくお願いします。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 22:07:09 ID:???
>>89
・・・・1君、アメリカに住んでた事あったと以前に書いていたよね?
どの州のどこら辺だったの?ちょっと詳しく教えてくれないかな?
貴方がどれくらい無理難題を押し付けてるかアメリカ在住なら身に染みる
筈なんだけどちょっと興味ある。

移民王国アメリカでさえ苦しい答えしか出せないのに日本に答えを求める
安直さを生んだ環境に興味沸く。

91 ::2005/10/22(土) 22:22:47 ID:eN1en9i/
>>89
こまかい個人情報はかんべんしてください。

無理難題を押し付けてますか?
じゃあ何もかも考えるのをやめて流されるままに生きていきますか?
日本に答えを求める安直さって・・・日本人なんだから、とりあえず
日本人の立場で物事を考えるのは自然なことだと思いますが?

92 ::2005/10/22(土) 22:23:53 ID:eN1en9i/
あ、まちがっちゃった。
>>91>>90さんへのレスでした。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:22:02 ID:???
何処の州でどの街に住んでいたか位は個人情報を気にするレベルではないと思いますが
どうでしょうか?

私は日本人の立場で私見を書きました>>70に含む。それと私はヒトの裁定範囲に限界があることを
認知しておりますので、あしからず。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:33:47 ID:5zfnc5tR
1さん、あなたの日本人として
中国に対するあなたの考えを
できたら教えてもらえませんか?
83

95 :93:2005/10/22(土) 23:50:52 ID:???
繋ぎっぱなしではないのでID変わることご理解を。
訂正
それと私はヒトの裁定範囲に → それと私はヒトの裁定能力に

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:55:43 ID:Vqutkfxj
守るべき個人情報の範囲は各人の立場や思惑よって異なると思います。
本人が公開したくないと思えば、他者が強制すべきではないでしょう。
ネットは公道だということをお忘れなく。

97 :93:2005/10/23(日) 00:04:21 ID:???
前スレで「アメリカに住んでいた」と書いてあったので、州地区くらいならば聞いても
差し支えないだろうという思惑でしたが>>96の意見も頷けるので止めておきましょう。

98 ::2005/10/23(日) 00:12:01 ID:++1/Ijf1
>>96さん、フォローありがとうございます。

>>93さん、俺の場合こまかいことを言ってしまうと個人が特定されやすい立場にあるので。
つか、>>96さんの言うように、匿名掲示板で個人情報晒さないのは常識だろ。
それとヒトの裁定能力って言うけど、ここは何かを裁定するための議論をする場ではありませんよ。
>>1をよく読んでください。

>>94
個人的感情では反日デモや著作権侵害、さまざまな内政干渉、東シナ海の油田の問題での横暴さなど、
ムカツクことはありますが、国としてはなるべく波風立てずにうまい外交をしていくべきだと思います。
たとえば、ムカツク隣人がいたからってこっちまで同レベルで対抗してたら、問題が大きくなっていく
ばかりでしょう。ただし、「ここまで」という線引きはキッチリするべきだと思います。

99 :93:2005/10/23(日) 00:29:56 ID:???
ふぅ〜よく読むのは貴方だろう。
>それとヒトの裁定能力って言うけど、ここは何かを裁定するための議論をする場ではありませんよ。
 
↑これは>>70の私見への補足なんですけどね。
”それと”私はヒトの裁定範囲に限界がある〜

頼むよ?

100 :93:2005/10/23(日) 01:06:15 ID:???
日中外交に関しての所見ですが、波風立ってるのはというか立ててるのは
マスコミとその周辺だけで現場最前線は静かなものですよw
国民が騒ごうが、日中政府間では要人が行き交っていますのでそもそも荒立てる
というのは外交の主導権を握るために国民を扇動する知られた手法です。
反日も旧日本軍の遺棄兵器がこの時期に騒がれるのもその為です。(その遺棄兵器数に関して
過大評価し、修正する様ですがw)

最もマスコミが誕生したきっかけを知る人はよくご存知のはずですよ。




101 :newfuckmonkies:2005/10/23(日) 01:16:58 ID:???
ほ〜ら、うっ、朝河蘭で出しちゃいました。すいません・・・。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 01:44:28 ID:2NELwSrR
>外交の主導権を握るために国民を扇動する知られた手法です。

でしょうね。
反日デモにしても国民の根底から沸きあがったものではなく、
明らかに政府主導でサクラが煽動した運動だった。
その他の問題にしてもすべて外交カードの一つにすぎない。
ODAにしても日本企業の利益が絡んでるので、中国は
タカをくくって人工衛星の費用に回している。

ただ政府主導の敵対活動や宣伝工作を見た双方の国民の間に
敵対感情が生まれるのは仕方ないと思いますよ。

一番の問題は外国勢力に内通する売国連中。
国を売り渡す連中の罪は死罪に等しい。

103 ::2005/10/23(日) 07:07:29 ID:++1/Ijf1
日中関係に関してマスコミが煽ってる部分もあるのかもしれませんが、
それもごく最近になってからでしょ。以前はタブー視されて無視されてきた
部分が多くて、ここまで手のつけられない自体になった部分もあると思いますよ。

国民が騒ごうが、日中政府間では要人が行き交っているのでノープロブレムという
>>100さんの意見もありますが、国民の世論があって選ばれる政治家たちのやることです。
そういうことでは、>>102さんの

>ただ政府主導の敵対活動や宣伝工作を見た双方の国民の間に
>敵対感情が生まれるのは仕方ないと思いますよ。

これは自然発生的に生じるものだと思います。
世論を無視しては政治家家業は成り立ちません。

>一番の問題は外国勢力に内通する売国連中。
>国を売り渡す連中の罪は死罪に等しい。

この意見にも深く同意します。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 08:17:50 ID:Gvz7ABuM
日中・日韓が人的にも経済的にも深い関係にあることは間違いない。その関係が
いまさら、靖国問題だけで崩壊するものではないと思うが、政治的にもうまくやり
たいと思うのは自然だ。しかし、外交は甘くは無い。少しでも自国の利益になる
ように政治は動く。虚虚実実の一面もある。中国においては中国共産党が今後どの
ような存在に変化するのか、見極めなければならない。中国といえどもいつまでも
「戦争経験と戦後という時代」という概念に固執してはいられないはずだ。韓国については、
やはり南北の統一問題であり、これを成し遂げなければ「戦後という時代」は終わら
ないのではないか。韓国は今後も多難である。日本としては周辺のアジア諸国との
関係をさらに強固なものにしながら、全体的に外交をみなければならない。


105 :58:2005/10/23(日) 09:34:36 ID:???
>>87
他板住人なのに返信ありがとう。

うーん、やり取り見てると自分の考え方とは違うんだよねぇ
中葉論はツールとしてポストモダン思想なら賛成できる。
ただし、社会論になると噛み合わない。
最大の社会変動は事象に対する発見や内在の
大きさ(変化の大小)ではなく、変化の時間だと思う。
空間的哲学中心のドイツ・中国に関わるとろくな事がない。
↑これすると、某板のデカルト話しと同じになるからいいや。抽象的でスマソ。

>>103
意見割れそうな内容だけど、これなんてどう?
「文化多様性条約」
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1129613042/



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 10:44:12 ID:k19/OyHZ
>>105 文化多様性条約、アメリカが反対?
先住民の文化を尊重すると言いながら。文化の保護か、保護は保護主義
の弊害を生むのか?でも、インターネットでどんどん他国の情報が入って
くるわけだが。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 11:32:43 ID:???
アラスカ北部の現状知らないの?
多文化多種族共存と、国力経済的地位保持と天秤に掛けるなら
貴方ならどちらを選びますか?

両方取りなんて都合のいい選択肢はありませんよ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 12:50:39 ID:???
すいません、IDチェッカーを使って2ちゃんの書き込みから住所が分るって言ってる人がいるんですけど本当なんでしょうか?

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/billiards/1124849366/153
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/billiards/1124849366/159


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 13:35:25 ID:???
この時期に民主主義のリスクって題名と内容で本出したら売れるかもしれない。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 15:32:52 ID:7yCgvWSi
黄文雄『驕れる中国の悪夢の履歴書』(福昌堂)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 中国人が奴隷根性まるだし、奴隷が幸せと考えている種族であることは、
小生も度々指摘してきたが、じつは魯迅が正鵠を得た指摘をしているので
ある。魯迅は言った(「灯火漫筆」)。
 「いわゆる中国文明というのは、じつは、ただ有閑階級の享楽のために
用意された饗宴である。いわゆる中国文明というのは、じつはただこの
人肉の饗宴のために用意されただ厨房にすぎない。知らずに賞賛するのは、
まだ恕(ゆる)されるべきものであって、知って称賛するならば、この
やから(輩)は永遠に呪われるべきものだ」。 
 だから中国人は奴隷根性がすきなのだ、とずばり、本質を黄文雄さんは
言う。
 「中国は詐欺が横行する人間不信の社会だから、中国人は若い頃から
そういう社会で生き抜くための処世術を本能的に磨き上げてきている人種
である。日本人と比較すれば、小さな子供でも百戦錬磨の戦士だ。日常生活
で血肉となるように磨いてきているから、競争の激しい国際社会への適応
能力も高い。そこに強みがあるのだ」と。
 賄賂が横行し、讒言が拡がり、自分さえ助かるのなら親兄弟を売る。
 「正しい歴史」なるものは、改竄して自分が正統だと訴える一方的な、
デタラメな歴史で、これに従わなければ懲罰するという社会は、秦の始皇帝
いらいの中国人のDNAだから、日本が善意をもって日中友好なんて寝言を
言っている裡は付け入られるだけである。
 「中国人は徹底的に弾圧すれば従順になる」というのも、中国人の政治
原則の一つであり、なにも共産党独裁の専売特許ではない。
四千年の間、この悪弊は廃れなかった。
 こういう内容の本書が、平和惚け日本人の、とくに若者に読まれることを
深く望みたい。
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 17:09:40 ID:vZ1ODDfq
>>110 中国人とつきあったことあんのか。
家のジー様は若いときに仕事(某企業中国支店勤務)で中国へ行き、
その後は戦争で兵隊にとられ満州にいたが、中国人を110のように馬鹿に
したとは一度もないぞ。むしろ日本人よりいくぶん安い給料でまじめに仕事
をしていた同僚を思い出すようだ。兵隊にとられる前に数人の中国人が
こっそりとお金を集めて餞別をくれたそうだ。当時のお金で三十円、中国人
にとってはかなりの額だったと聞く。本を読んで意見を言うのもよいが、
人間対人間、個人対個人という視点も大事だぞ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 17:38:59 ID:vZ1ODDfq
ちなみにモレは黄文雄の「捏造された日本史 」は読んだことがある。
日本を味方してくれる論説にはこの台湾人に感謝したいし、日中戦争には正確な
歴史的検証が必要だと思うが、中国人を蔑視するような意見には賛成できん。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 18:31:04 ID:+LM7oxyt
あの頃の日本は日の出の勢いだったでしょう?
それも日本敗戦で全てが変わった。大陸にあった日本人の遺産は全て
取り上げられまたは殺されることも起きた。
時代が流れて日本は経済大国、中国人の日本人への接し方がまた変わる。

すべては状況によって変化するその「利」側に回る。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:14:53 ID:CgNiV6u5
1さん
これだけの事実も
>反中の観点からの引用記事ばかりなので、
>参考にはなりましたが、このページだけみて
判断するのはよくないと思うのでしょうか?

あと、記事によるけど、ですます調とである調が
混在してるのも、ちょっとなあと思いました。




115 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/25(火) 05:10:51 ID:Mrx1qidA
111 本を読んで意見を言うのもよいが、人間対人間、個人対個人という視点も大事だぞ。

同感です。
私も、日本人も含め、出来るだけ多くの人と生身同士で付き合い、本音で相互理解するよう、努めています。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 08:02:50 ID:c5U/WDi4
本音に見え隠れする利
富にすがり富を求めるのはヒトの欲望
富の享楽を知りまた浸ることを覚えたヒトに人里離れた地で晴耕雨読できる
ヒトは一握りいるかどうか。現代っ子に出来るかな?

「日本で一稼ぎすれば祖国で豪勢な生活を送れる」、日本で働く外国人労働者と
会話してみればお解かりになる。

117 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/10/25(火) 08:03:21 ID:8tu4PVyV ?
>>107
>多文化多種族共存と、国力経済的地位保持と天秤に掛けるなら

両方を取って成功してる国家も存在する。
多種族、多言語、多宗教でおまけに700万人くらいの少数国家のスイスだ。
生活水準は日本より上で200年間も戦火から免れてる。

>ここには、国民に選ばれた代議士が決定することは「すべて国民の意思である」
・などとする硬直した考えはない。
http://www.yorozubp.com/0001/000121.htm

118 ::2005/10/25(火) 09:15:46 ID:5DUE5/fI
いろんな状況や立場があるから、外国人、たとえば中国人としても、
いろんな人がいると思います。俺は中国のニュースを見ると
ムカツクことが多いけど、今まで出会った中国人はことごとくいい人でした。
だから、近視眼的に善し悪しを決めつけるのはどうかと思います。

119 :csj:2005/10/25(火) 09:32:31 ID:+lFkCKSb
マッチポンプかなぁ。


120 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/10/25(火) 09:37:53 ID:m+dUnAar ?
>>112
>歴史的検証が必要だと思うが、中国人を蔑視するような意見には賛成できん。

むしろ昔の日本軍は中国人を怖がったから、南京虐殺みたいな根こそぎ殺害をしたんだよ
蔑視できるほどの能力しかもってなければそんな事はせず、働かせて富だけ奪う。

しかし相手を過小評価する癖は、ここのウヨボウは旧日本軍の伝統を引き継いでるのかな

>中国の交戦能力を過小評価していた日本は,中国の政治経済の中枢に打撃を与えれば
・敵は降伏すると錯覚していた。

・他方,中国は,決して放棄できない江南地方に兵力を集中し,日本軍に打撃を与えれば・和平に持ち込めると,やはり日本の意図を読み違えていた。
→列国の眼前で中国軍に敗北することは,名誉ある日本軍には絶対に許されない。
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 10:24:21 ID:+pBp6oyk
なんか話がズレてるが・・・
中国を軽視した発言をした覚えは無いけどね。

>むしろ昔の日本軍は中国人を怖がったから、南京虐殺みたいな根こそぎ殺害をしたんだよ
中国人の慰霊碑を立てたり、孔子孟子の廟を荒さない様警告文を作成したのはなぜ?ポーズですとか?

>>中国の交戦能力を過小評価していた日本は,中国の政治経済の中枢に打撃を与えれば
・敵は降伏すると錯覚していた。

・他方,中国は,決して放棄できない江南地方に兵力を集中し,日本軍に打撃を与えれば・和平に持ち込めると,やはり日本の意図を読み違えていた。
→列国の眼前で中国軍に敗北することは,名誉ある日本軍には絶対に許されない。

当時、”中国軍”というのは存在していない。





122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 16:15:54 ID:V6YwE7ly
南京大虐殺はチャンコロのプロパガンダ。だまされるな。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 18:53:46 ID:CYQeDUTt
 A級、B級、C級の戦争犯罪は、次のようなものです。
1)A級(平和に対する罪)
宣戦を布告せる又は布告せざる侵略戦争、若は国際法、条約、
協定又は誓約に違反せる戦争の計画、準備、開始、又は遂行、
若は右諸行為の何れかを達成する為めの共通の計画又は共同謀議への参加。
2)B級(通例の戦争犯罪)
戦争の法規又は慣例の違反。
3)C級(人道に対する罪)
戦前又は戦時中為されたる殺人、殲滅、奴隷的虐使、追放、其の他の非人道的行為、
若は犯行地の国内法違反たると否とを問はず、本裁判所の管轄に属する犯罪の遂行
として又は之に関連して為されたる政治的又は人種的理由に基く迫害行為。

http://www.nozomu.net/journal/000150.php

124 :csj:2005/10/25(火) 21:00:59 ID:XbZsFP9Q
戦犯なんかドーでもいいんだ。
が、
復員してきた人の本音。


125 :csj:2005/10/25(火) 21:14:51 ID:XbZsFP9Q
中国人蔑視だけではあきたらず、病人だろー?
とかいって全国の病人まで敵にまわす粗忽さだな。


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 23:06:22 ID:um3TkYrs
>117
スイスは多文化といっても
キリスト系ばっかだから、EUのミニチュアみたいなもん
イスラムとかが入るときついと思うよ

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 23:13:27 ID:um3TkYrs
>一番の問題は外国勢力に内通する売国連中。
>国を売り渡す連中の罪は死罪に等しい。
そういう人はめったにいません
みんな基本的には愛国だと思うよ
ただ勘違いした愛国が多い

右の人から見ればただの売国人にしか見えないかもしれんが
冷戦時代には日本はソ連の支配化に入ったほうが幸せになれると
マジで信じてた左の愛国者がかなりいたのですよ



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 06:49:53 ID:???
>>126
スイスの現外相が同じ事言ってるね
あえて、先住民のスイスケルト族の保護はせず
それ故に連邦制と直接民主主義制だと認識してたけど





129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 13:21:06 ID:Zt1L1oxe
スイスとアメリカじゃ立場も違うしな。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 14:39:23 ID:V69AXju0
普通選挙でさえできない中国は
まともな国じゃないから、中国人も蔑視されても、、



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 23:02:52 ID:???

韓国で補選、野党優勢 与党全敗なら政権に打撃

【ソウル26日共同】公選法違反による当選無効などに伴う韓国国会議員の再・補欠選挙が26日、全国の4選挙区で行われ、即日開票される。
韓国メディアによると野党が優勢とされ、与党ウリ党が全敗すれば盧武鉉政権にとって打撃となりそうだ。大勢判明は同日午後10時すぎの見通し。

昨年4月の総選挙で、盧大統領の弾劾に反対する世論を背景に過半数を獲得したウリ党だが、その後に選挙違反による議員失職が相次ぎ過半数割れ。
文喜相議長の新体制で臨んだ4月の再選挙で惨敗し、今回は巻き返しを狙い、政権運営への影響を避けたい方針だ。
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005102601005867


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 11:42:57 ID:RyE7EPf6
昨日横浜桜木町のコスモワールドへ娘と行った時のこと、イスラム系の男の人がランドマークタワーの全貌写真を撮りまくっていました。その姿は不気味、何だかとてもイヤな予感がしました。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 23:00:35 ID:???
>>132
「イスラム系」って何だよw


134 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/10/29(土) 04:25:53 ID:8mn+nQhc
例えば、ちょっと画面は小さいがこういう人たちでしょ。
http://www.nrc.or.jp/nrc_shokai/deai_pdf/33/p2.pdf
http://www.nrc.or.jp/nrc_shokai/deai_pdf/33/p3.pdf

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 22:12:59 ID:bNXO7Ukq
よど号系の方がもっとやばいんでない?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 22:40:35 ID:???
>>132
何を持って「イスラム系」と判断したのかは書いてないから解らないんだが、
もしマジレスとしたら、イスラム教に無知な日本人にさえわかるようなバレバレの格好をして
まるで宣伝するかのように建造物の写真を撮りまくっていたということに関心を覚えるな。
>>133
確かに「イスラム系」って何なんだろうね?
キリスト教系の学校とか新興宗教といえば違和感はないが、「キリスト教系の人」というと奇異な感じがする。
「アルカイダ系」という言葉を連想させるが、この言葉も怪しさいっぱいだ。
「アルカイダの犯行」といってしまうと嘘になるが、そういう印象を与えたいときに使う言葉だし。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 00:55:36 ID:deQ0IHDm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051029-00000007-san-pol
「宇宙担当相」設置を検討 自民特別委

自民党の宇宙開発特別委員会は二十八日の会合で、安全保障面も含めた総合的な宇宙利用・開発政策の推進を目指し、
政府の組織見直しを進めることで一致した。
今後、宇宙利用のための特命担当相の設置や宇宙戦略会議を内閣に置くことなどを検討する。
(中略)
また、河村建夫元文部科学相は文部科学省や防衛庁などの副大臣をメンバーとして、
宇宙担当大臣を長とする宇宙戦略会議を設置することを提案した。


昨日のニュースだから明日の組閣とは直接は関係ないけど、実現したら面白いな。


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 10:47:08 ID:???
>>137
またアメリカから馬鹿高い機材を買わされる悪寒・・


139 ::2005/10/31(月) 20:11:04 ID:aWeUcO0l
>>136
>>132はたぶん偏見で言ってるんでしょ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 21:58:20 ID:p9OwujU/
王毅駐日大使「総理大臣・官房長官・外務大臣は靖国参拝してはならない」

その回答が、

小泉総理大臣・安倍官房長官・麻生外務大臣

日本の針路が決まった感じだな

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 22:00:53 ID:f2DUiXyq
>>138
信濃ちゃん、科学分野のことにコメントすると、また墓穴をほるよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:04:36 ID:???
信濃ちゃん?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:19:42 ID:qpg60Dtd
だんだん日米VS韓中って構図になってきたな

マスコミは小泉アジア外交を無策って批判するけど
無策ではなくて明らかにわざとやってるでしょ なぜその事実をマスコミは書けないのか

ブッシュ政権に対して
中東外交が無策の為、イラクと開戦って批判するようなもんだ
無策だから開戦したんじゃなくて、初めからそのつもりなのに

批判するポイントがずれまくり

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:34:24 ID:H+UGjbGO
小泉劇場に翻弄されることなかれ。<<中国、韓国そして日本の皆さま。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 11:08:45 ID:???
大衆操作がマスコミの仕事だし。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 19:45:26 ID:n+FGaldK
大衆操作がマスコミの仕事だし。

マスコミ操作が政治家の仕事だし。
  

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 20:27:55 ID:???
アジア外交は無策ではない。ただ対中貿易でぶっちぎりの利益を得る
ことが出来るのが日本だから、世界中の商人がやっかむ。

そもそもアメリカが黙っていないし小泉の対中姿勢は日本の一人勝ちを
阻止するための布石。それは商人や一般人には理解できない世界である
政治の話。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:03:21 ID:???
本当にあのテロはアメリカの自作自演なんですか?

149 ::2005/11/03(木) 06:51:16 ID:2BF+AIdv
>>148
自作自演と思えるような要素もありますが、
あれはそうではないと思いますよ。
単純にアルカイダの大規模テロだと思います。
アルカイダの肩をもつわけじゃありませんが、
アメリカの中東政策の失敗によって、
あのテロが起きる要因は充分ありましたから。

ただ、情報は知っていた可能性があるので、
「知っててやらせた」という要素もあると思います。
WTCも立て替えの時期に来ていましたからね。

150 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/03(木) 11:36:30 ID:BQjJwtLz
そうだとすると、大東亜戦争も同じ手でやられたのかなあ?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 12:51:16 ID:???
>>150
「知っててやらせた」
というより、海軍や外務省の工作員がアメリカに全面協力してたからね。
海軍は真珠湾攻撃では大成功したが、実は修理できる程度にしか破壊しなかったし
その後は肝心なところでいつも負け続け。「謎の反転」とか

外務省は外務省ですべてアメリカに事前に「お知らせ」してたんだから
アメリカが日本の内情を手に取るようにわかってたのも当然だろう。
アメリカの世論に火をつけるように宣戦布告をわざわざ遅らせたのも
もちろん先方の要請に従ったんだろう。
「無能な外交官のために騙し討ちの汚名を着せられた」とよく言われるけど
エリート中のエリートである駐米大使館員がそんなへまをするわけはないんだよね。
で、無能な外交官たちはその後きっちり出世してる。

戦犯裁判でも、陸軍に比べて海軍や外務省はほとんど追求されてないんだよな。
絞首刑になった人間はいないし。

152 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/03(木) 14:19:46 ID:BQjJwtLz
問題は、未だにやられっぱなしなことだ。

それをどうするか、ということだと思う。
やんぬるかな!

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 15:38:10 ID:Ody9x468
>>149
>アメリカの中東政策の失敗によって、
>あのテロが起きる要因は充分ありましたから。
要因がはっきりしてるなら、簡単なことではないかw
要因って冷戦下のアフガン撤退〜アルカイダ保護じゃなくて?

>>151
なんの罪で追求されていないのかはっきりしてよ
捕虜虐待、平和破壊謀議、人道に対する罪?

>>152
ワロス

154 :151:2005/11/03(木) 17:27:03 ID:???
>>153
A級戦犯について書いたつもりなので
「平和破壊謀議」だな。

A級戦犯として起訴されたのは28人。
そのうち15人が陸軍の軍人、海軍の軍人は3人、外交官5人。
これは「昭和史七つの謎」からの孫引きでやや不正確かも知れない。
軍人出身の外交官もいるし。

それから同書によると、戦犯裁判の途中からは
海軍と外務省の出身は自己弁護ができたらしいね。
つまり「私は戦争には反対でした」と勝手に申し開きが出来た。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/04(金) 13:36:46 ID:vuD104LW
「スパルタカス」ていう映画があったよね。スパルタカスの率いる反乱軍が戦争に敗れて、
皆が捕虜になった時、ローマ軍が「スパルタカスよ名乗りでよ。さもなくば、全員処刑
するぞ。」と脅かすと、スパルタカスは名乗り出ようと立ち上がった。が、その瞬間、
「私がスパルタカスだ。」「いや、私こそスパルタカスだ。」「いえ、私こそスパルタカスだ。」
と次々に捕虜たちが立ち上がった。で、結局全員はりつけにされて、殺された。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/04(金) 14:58:36 ID:???
韓国のメッキが剥がれてきたね。
もともとメッキの上にメッキを重ね塗りした様な国だったけど。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 03:34:42 ID:TT8NMM1a
九条そろそろ改正されそうですね

条文だけでは戦争は防げない
どんなに憲法で縛っても
これは軍隊ではない(自衛隊)とか
これは戦争ではない(満州事変)とか
政府が言い張り、国民がそれを容認してしまえば戦争はできる

だから政府にそのような欺瞞をさせないよう国民は常に圧力をかけなければいけないんだけど
現行の憲法の問題点は九条がトンデモすぎて
とてもじゃないが冷戦の最中に政府に憲法を忠実に守るように迫ることが出来なかった
つーか本気で政府が憲法守ってたら今頃日本は・・・

だから政府が本気で憲法守っても大丈夫な条文にしてほしい
そうじゃないと国民が政府に憲法を守るように迫ることが出来ない


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 11:49:53 ID:bjP/zL8T
>そうじゃないと国民が政府に憲法を守るように迫ることが出来ない

そんなことよりも国民が挑発に乗らない様に自制出来る能力を持つことが
先決だ。国民の意見を反映させるのが民主主義なんだろ?
法とか憲法なんてのはただの条文でしかなく動かすのはやはり人なんだからね。

日中が戦争してどこが得するのかよく考えるこった。
勿論、得するのは日中じゃない。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 21:26:20 ID:xMuj8T8U
改憲の骨子の隠れたキーワードは、アメリカとどう協力して軍事的協力体制を
とるかではないですか。アメリカとの関係をどうとるかで、改憲の内容が決定する。
そうですよね>外務省北米一課

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 21:54:34 ID:???
中葉って、信濃はまた新しい人格を作ったのか。

161 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/05(土) 22:51:12 ID:1ELEvU5s
意味不明、解説を願う。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 22:53:18 ID:???
信濃ちゃん、薬を飲めよ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 01:32:49 ID:gHHJXAlZ
>そんなことよりも国民が挑発に乗らない様に自制出来る能力を持つことが
>先決だ。国民の意見を反映させるのが民主主義なんだろ?
>法とか憲法なんてのはただの条文でしかなく動かすのはやはり人なんだからね。
人間の精神がしっかりしていればそもそも法も警察も必要ない
精神がしっかりしてれば犯罪は起きないから

人間の精神がそんなに当てにならないから法があるわけで
自制心鍛えるよりまともな憲法作るほうが先でしょ


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 13:14:36 ID:???
>>163
国民の意見を反映する民主主義がな・・ちょいと問題なんだよ。
改憲の内容によるけど、国民の大多数が先制攻撃を訴えれば
憲法を拡大解釈して軍事行動に動くことも可能である。

日中戦争も大東亜戦争も、マスコミが煽っていたとはいえ国民の賛同があったのは
事実。もう二度と先代の履行はしたくないんだよ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 13:16:38 ID:???
>人間の精神がしっかりしていればそもそも法も警察も必要ない
精神がしっかりしてれば犯罪は起きないから

近年の犯罪多発を見れば精神のしっかりしていない者が多すぎるんだろ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 21:49:19 ID:kzf47aQY
アフガン戦争に協力してイージス艦や給油艦を派遣したのも、イラクのサモアに自衛隊を
派遣したのも、国連軍に協力しての派遣ではないですよね。すべてアメリカに協力して
「日米安全条約の維持のために」自衛隊を出している。憲法改正はそれを憲法上も合法化
するための改革であることは押さえておく必要があると思う。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 22:05:44 ID:kzf47aQY
日米関係が日本の安全のためには必要不可欠で、最も重要だということを国民に
再認識させるために、小泉は意識的に靖国参拝を行って、中国や韓国に反日行動
を起こさせたとは考えられないか。だとすればその民意操作は確実に成功しており、
基地問題でも少々のことはアメリカのために日本は我慢しなければならないと多くの
日本人が考えるようになっている。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 22:32:48 ID:???
ぉフランスでグローバル社会の暗部が暴発

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 23:45:01 ID:UgCTIx06
イギリスはテロ
アメリカはハリケーン
ドイツは選挙で混迷
フランスは暴動

先進国の状況をみると日本は勝ち組


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 00:15:46 ID:L0AQQyk2
オウムにテロやられてるじゃないか。

171 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/08(火) 12:53:58 ID:0/bfI0kA
どうかなあ?日本って先進国なのかな?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 14:32:15 ID:ElE4ZXgE
先進国の定義にもよりますな。
国民が楽しむことができる文化の高さや厚さでいうとあまり先進国ではないような。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 17:09:32 ID:FxAujCPt
アジアでは金持ちの国=先進国と定義する見方が強いな。
強国大国とはまた違って脅せばタカれる国という認識。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 19:22:18 ID:???
アジアアジアって言うけど、中国と南北チョンのことだろ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 19:56:41 ID:???
アメリカのニュース見てると何らかの対内外政策を打ち出すときに
資金面の話になると出演してる専門家の口からは「日本に出させます」
と笑顔で発言してるよw

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:18:40 ID:tL/JEKYK
>175
へ〜どのニュース番組ですか?
発言者はだれ?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:36:39 ID:yXpxea3K
植民地や外人部隊など、歴史的に異民族交流に長けた
フランスがなぜ移民との軋轢を解決できないのか。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 23:17:42 ID:InWAXwpD
宗教や人種の差に貧富の差が加わると、理性では抑えられない感情の爆発がおこる。
フランスほどの国でもこの人間の感情は統治できない。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 00:22:55 ID:4Ntx2g1s
>>176
ソース主義に反する記憶での事だが、赤道ギニアでの石油関連レポ−トでの一幕。
話してた相手の名前までは覚えていない。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 02:17:43 ID:UCQlzpzO
日本もフランスの二の舞やらかす可能性高いな。
無防備なグローバル社会のツケと不法滞在者の巣窟だからな日本は。
将来的に既存の日本人は日本から出て行くことになりそうだな。
外来種は既存種を駆逐する、自然界の法則。
平和ボケ日本人の目を覚ますには痛すぎる薬ではあるがな。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 02:26:42 ID:UCQlzpzO
日本もフランスの二の舞やらかす可能性高いが暴動は恐らく無いよ。
日本の場合はウイルス侵食型だからな、直前まで大半の日本人は解らないだろ。
無防備なグローバル社会のツケと不法滞在者の巣窟だからねこの日本は。
将来的に既存の日本人は日本から出て行くことになりそうだ、日本も
二極化は避けられないってその二極化を薦めてるのは誰だよw
外来種は既存種を駆逐する、自然界の法則は絶対だから。



182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 02:27:21 ID:UCQlzpzO
あちゃ二重カキコすいません

183 ::2005/11/09(水) 09:03:09 ID:G95GgYMq
日本はフランスほどの移民社会じゃないから当分だいじょうぶだと思うけど、
いずれ来る問題として記憶に留めておいたほうがいいですね。

184 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/09(水) 10:35:39 ID:jRdTejD/
>>180 平和ボケ日本人の目を覚ますには痛すぎる薬ではあるがな。

その通り! 「同時多発テロ後の社会構築」の必要性に目覚めさせる妙薬だ。
良薬口に苦し、とは良く言った。

山中恒之国際博推進局長は「万博は開国を促す黒船の再来だ」とおっしゃっていたが、まったくその通りだ。
http://www.chunichi.co.jp/expo/local/050108T0100004.html

185 :これコリアンジョークだよな?:2005/11/09(水) 16:12:54 ID:C2HOoVTE
1 名前:ジュウザφ ★ 2005/11/09(水) 15:42:29 ID:???
 韓国と日本の自由貿易協定(FTA)締結に備え、深刻な貿易不均衡が生じている両国間の
部品産業の特許共有、人的ネットワークの構築、協力仲介機構の設立など、共存共栄の
協力関係の拡大が急務であると指摘された。
 全国経済連合会(全経連)は8日、「韓日FTAに備えた両国の部品産業協力方案」報告書を通じて、
このように指摘した。
 同報告書は、部品産業が韓国経済に占める比重が極めて大きいものの、コア部品の日本への
依存度があまりにも高く、大規模な対日貿易収支の赤字が続くなど構造的な問題点を抱えており、
改善が急務だと強調した。

(略)

 日本の産官学クラスター内に韓国企業のR&D(研究開発)センターを簡単かつ迅速に設立できるように
することや、日本の政府傘下国策研究所に勤務する韓国人技術者の割合を拡大し、基礎科学技術に対する
韓日共同研究が活発に行われるよう両国政府の取り組みが欠かせないと指摘した。
 このほかにも同報告書は、国内で短期間では開発困難な技術を習得するために、両国の部品企業間の
M&A及び持ち株への参加などを仲介する機構が必要であり、現在日本企業の韓国向け投資を主にあっ旋
しているジャパン・デスク(Japan Desk)の役割を強化する方策も必要だとした。
 
全経連関係者は「韓日FTAが締結される場合、日本に比べて競争力が低下している韓国の部品産業が
受ける被害はさらに大きくならざるを得ない。こうした問題点を補うために、両国間の共存共栄の協力関係を
構築することが切に求められる」と強調した。

■ソース(全文) 朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/11/09/20051109000048.html


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 17:16:43 ID:???
>>177
英国の植民地政策と比較して見。
普遍主義と言うカトリックの伝統から抜け出られない国はどうしても自国の
文化を押しつけてと同化させようとする。この点はスペイン等カトリックの国にも
見られる現象で、今回はそれに対する反動だよ。
英国ではスカーフ等は許されていたはずだが、フランスでは禁止。
トルコに対する態度でもかなりはっきりとカトリックに対するイスラム教の異質性
を意識した発言が目立っていた。この異質な多様性をグランエコールを頂点とした
階級社会で包含し同化を求めるのがフランス社会。
今回はその限界が出たものだな。

日本ではトルシエの思考は正しくそれだ。自分の文化や方針に対する普遍性を
確信して疑わない。ある意味一神教の限界とも言える。

これら慢心とも言える信仰上の確信の限界はベトナムやアルジェリア紛争では国家財政の
破綻と言う形で学習したはずだったんだけどね。EUの盟主としてどうしても政治的統一の
モデルケースを提示せざるを得なかったんだろうな。
EUの政治的統合の限界もしくは破綻を明示した現象だろうな。



187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 17:29:23 ID:gGqD5fKF
>>184
逝ってよし

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 20:02:05 ID:???
JT掲示板でフランス人コテハンが暴動の政策議論で結構面白いカキコを見た。
児童扶養政策でフランスは還付化の結果
子供一人あたりだいたい2万円/月の給付が可能になり
社会政策と移民制度規制強化の乖離で、
矛盾的に流動させられてしまう子供が増えたそうだ。
(要は、どの国も一緒なんだが、一時労働者は子供を思い
有利なフランスで教育させようとするが、移民制度の強化で
その子供には社会の基盤がないという議論ね)

んまぁ、これは移民の根本問題ではなく小手先議論だけど
日本も社民・民主が児童扶養政策を推進してるから面白いとおもった。
(カキコした人曰く、児童扶養政策に違憲をだしたドイツの動向が気になるそうだ)


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 22:13:26 ID:1mbuExwI
>186
世界で外人部隊という傭兵を一番使いこなしていた
そしてたしかにフランスはいびつな国家だが
少なくともそこに貫徹して被疑者に拷問という究極の警察権力を
マイルドな形でも使えるフランスでさえ移民という
アンチファクターを管理できなかった事にちょっと
恐怖を覚えるので、、、
でも英国が一時の宗教戦争をアウ夫ファー弁してアスベスト
じゃなく爆弾闘争ヤンピーと、この社会構築の違いはなんなんんだろ


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 22:17:30 ID:???
日本は戦後世代の空白期間が長すぎた・・・
日本人の子孫に平和な国を残せるか自信ない

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 22:28:33 ID:1mbuExwI
>日本は戦後世代の空白期間が長すぎた・・・
具体的には、どういう事か?


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 22:36:13 ID:???
>>189
移民を管理できない国家があると思ってるのか?甘いな。
警察権力を拡大するために移民を利用してるんだよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 22:40:05 ID:???
共存共栄とか抜かしてる連中のことだよ。その実態は
反客為主。戦後生まれの左傾っぷりが今となっては手立て無し。
静かに着実と行なわれている所に恐怖を感じる。
日本人はホント腑抜けた民族だね。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 23:36:51 ID:5F44/qCj
問題なのはフランス型が失敗しただけじゃなく
多文化型イギリス・オランダも思わしくないってこと
成功例がないと政策転換もできない

北欧はどうなんでしょうね
早晩同じ運命を辿るのか
それとも世界の移民政策の救世主となるのか


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:00:51 ID:???
ヒトの欲望をコントロールする術を持てれば救世主が現れるかもしれんな

196 ::2005/11/10(木) 09:37:29 ID:bPhMPZWJ
フランスの暴動はドイツにまで飛び火してるようですね。
「文化間の対立」を目の当たりにしているようです。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 10:32:56 ID:???
>>195
「欲望論」はいろいろあって面白いよねー
構造機能主義、人類学、現象学、etc

渇望(自然的認知)〜喪失〜補完
グローバリズは思考の時間を同化させたけど
思考の内容は根本的に同化しえない
ここにいる、中葉みたいなもんだw

強いて言えば判断の停止に持ち込めば
美しい暗黒面へ旅立てるかもしれない

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 11:28:29 ID:Xq+EsqZu
しまいににゃ救世主なんか当てにしてるしな、ヒトの弱さをなんざ
披露してるヒマがあるなら現日本の平和ボケをなんとかせんかい!
原因はてめーらの世代だろ!

お花畑を披露した挙句に国内動乱で当事者連中はこっそり国外逃亡した
オランダの真似は許させねからな。





199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 19:02:29 ID:2p6l9VS+
戦後世代は経済的には大きな功績を
上げたと思うが?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 19:29:22 ID:JDtbI7OV
日本がイスラムのテロの対象に今のところなっていないのは奇跡という他ない。
しかし憲法改正後はアメリカと二人三脚で国際戦略を行うつもりのポスト小泉は
必ずテロの対象になるぞ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 20:02:34 ID:chHCZdqi
>>199
それは戦中の世代だよ。戦後の世代ったらゲバ棒もって暴れたり
大学に立て篭もってた周辺の世代。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 20:42:26 ID:???
団塊サヨは中朝に通じている売国奴が多いからな、
赤軍テロとか平気でやっちゃうし。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 19:25:29 ID:C3Qn0d05
小泉改革よりももっと重要な改革が日本には必要とされていそうだ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 21:09:55 ID:???
信濃ちゃん、腹話術は楽しい?
君はイラク板で殺人をほのめかす書き込みをしてしまったようだね。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 22:53:01 ID:b7iBatJH
>>200
アンマンで自爆テロ起こったけどさ、アメリカのイラク戦争突入を支持した
日本は既にテロ行なわれて当然だと思うがどうしてだろうね。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:28:51 ID:bk0Vyztw
前に貼ったやつ
スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 / 「民間防衛」より引用 P228
敵は同調者を求めている

 ヨーロッパ征服を夢みる、ある国家の元首が、小さなスイスを武器で従わせるのは無駄だと
判断することは、だれにも納得できる話である。単なる宣伝の力だけでスイスをいわゆる「新秩序」
の下に置くことができると思われるときに、少しばかりの成果をあげるために軍隊を動かしてみたところで、何の役に立つだろうか。
 国を内部から崩壊させるための活動は、スパイと新秩序のイデオロギーを信奉する者の秘密地下組織をつくることから始まる。
この地下組織は、最も活動的で、かつ、危険なメンバーを、国の政治上層部に潜り込ませるようとするのである。
彼らの餌食となって利用される「革新者」や「進歩主義者」なるものは、新しいものを待つ構えだけはあるが社会生活の具体的問題の
解決には不慣れな知識階級の中から、目をつけられて引き入れられることが、よくあるもんだということを忘れてはならない。
 数多くの組織が、巧みに偽装して、社会的進歩とか、正義、すべての人人の福祉の追求、平和という口実のものに、いわゆる「新秩序」
の思想を少しずつ宣伝していく。この「新秩序」は、すべての社会的不平等に終止符を打つとか、世界を地上の楽園に変えるとか、
文化的な仕事を重んじるとか、 知識階級の耳に入りやすい美辞麗句を用いて・・・・・。
不満な者、欺かれた者、弱い者、理解されない者、落伍した者、こういう人たちは、すべて、このような美しいことばが気に入るに違いない。
ジャーナリスト、作家、教授たちを引き入れることは、秘密組織にとって重要なことである。彼らの言動は、せっかちに黄金時代を夢見る
青年たちに対して、特に効果的であり、影響力が強いから。
 また、これらのインテリたちは、ほんとうに非合法な激しい活動はすべて避けるから、ますます多くの同調者お引きつけるに違いない
彼らの活動は、”表現の自由”の名のもとに行われるのだ。


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 09:49:39 ID:???
>>201
その後がバブルで浮かれていた馬鹿と、引篭り、な。
どうにも使える世代が皆無だなw
戦前に馬鹿やって独立と国土を破壊した世代の懺悔だけが拠り所とはなww
日本に明日はないなw
>>200
想像以上にばら撒いているからだろ。
例えばイラクの自衛隊駐屯地の地代が蘭軍で70万円のところ3000万円と言う
情報が確かなら、テロリストもこんなボロイ鴨失う馬鹿はしない。
あの信管の抜かれた迫撃砲なりロケット弾なりは何だったんだ?
段階踏むとは随分とまた優しいテロリストだこと。
一本70円のボールペンが日本人なら3000円、一泊7000円の宿が
日本人なら30万円と言う計算だからな。世界は笑いがとまらないだろ。
アチェ辺りの必死の支援と異常な程の取材活動でもよーくわかるはずだ。
テロ活動の継続に必要なものは資金だよ。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 11:31:34 ID:jshPbTsd
戦後の補償問題でどっかの馬鹿教授が「金で解決しようとすることが問題だ」と
ほざきやがった。実際問題金で解決できないなら他にどのような解決方法があるんだ?
この世の中、交渉を円滑に行なうに最も友好なのは金。

これでこそイラク駐在の自衛隊が自爆テロでも食らうものなら政府は何をしているだの
間違っているだのほざきだす。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 12:13:22 ID:???
そそ、>>207のようなのが国を滅ぼす。
蘭軍? その次は米国の無償提供だろ。
すべて市場経済の対価で差別をなくせってか。
団塊の話しも大同小異だな。
おっつさんの琴線にでもふれたのかもねw

三国人思想の直球勝負だな

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 14:33:25 ID:???
あれ?金だけではダメだから自衛隊派遣したはずだが、、、
改憲草案もその趣旨が生きているはずだが、、、

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 23:49:28 ID:4F9w33Zk
【ヨルダン】「部族の恥」 爆弾テロを受け、出身地でのザルカウィ氏の擁護論は影を潜める[11/12]
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20051112k0000e030022000c.html

アルカイダは新左翼と同じ運命を辿るんですね
良い傾向だ

フランスの暴動によって移民政策も後退するだろうし
リベラルが席巻した世の中は終焉し
世界の保守派にとっては良い時代がやってくるんじゃまいか


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 15:18:08 ID:EeUW1yMK
ニューカマーはグローバル社会をいいことに人権を盾にして暴れすぎた。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 21:14:41 ID:???
>>211
無理だな。外国人労働者に頼ろうとせずに少子化を
国内で解決するのならジェンダーフリーとか言う豚子さんや労働者の権利とか言う左翼が
大騒ぎするだけだ。逃げ道なしだなw

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 21:34:58 ID:YdpwUTMt
移民とそのシンパこそ労働者の権利とやらを偏愛しそうだが。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 22:58:19 ID:???
一度切られた堰を繋ぎ止めるのは難しい。
世界規模の共存共栄で語られると如何にバランスを取ることの難しさを馬鹿じゃなければ知る筈。
自国の国益を剥ぎ取られる覚悟が無ければ語らぬことだ。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 15:16:27 ID:rIa/v2pK
【韓国】「黄色人種より白人が好きです」小学生も人種偏見… 黒人劣等白人優越[11/16]
1 :蚯蚓φ ★ :2005/11/17(木) 00:36:47 ID:???

小学生たちに聞いた。「北東アジア人、白人、黒人、東南アジア人の中で、誰と一番
ぎくしゃくしますか?」一番距離を感じる人種は黒人だ。それでは一番親しい人種は?
韓国人とそっくりな中国人、日本人?正解は白人だ。

外国人労動者などに対する差別と偏見が社会問題化している状況で、小学生たちも既成
世代に劣らず深刻な人種的偏見を持っているという調査結果が出た。

小学生らは、自分たちが含まれる北東アジア人などのどの人種よりも白人を一番親切で、
器用であり、利口だと思っている一方、黒人や東南アジア人たちに対しては否定的
認識を持っている。特に学校で外国の文化関連教育を受けた場合、このような偏見が
もっとひどくなることが調査された。

京幾水原ホメシル小学校コ・アラ(28) 教諭は19日、韓国神大ソウルキャンパスで開かれ
るユネスコアジア・太平洋国際理解教育院主催「東アジア文化と国際理解教育」学術大
会でこのような内容を記した「小学生たちの人種偏見と反偏見教育の必要性研究」
を発表する。

去年 6月28日〜7月14日ソウルの小学校 4ヶ所と京幾地域小学校 6ヶ所の 5, 6年生 433人
をアンケート調査した結果だ。研究によれば小学生はすべての質問項目で白人を一番
優越に評価した。

この教師は「現教科課程でこんな偏見に対応する教育が非常に不足している」とし、「海
外文化体験や他の文化の風変りな点を強調する『観光式教育』は、多様な生き方の価値や
方式、信念、偏見ない態度、共同体意識を身に着けるのに役に立たない」と言った。

ソース:スポーツ韓国を抄訳<「黄色人種より白人が好きです」小学生も人種偏見…>
http://sports.hankooki.com/lpage/newstopic/200511/sp2005111609370558770.htm


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 23:08:46 ID:8gN9GbWB
「言うなれば中国と韓国は我々の過去であるが、アメリカは我々の未来である。」
という心理的状況が問題なのでして、これはまったくわが国の小泉総理にも言えて、
あ、何をくぇrちゅいおp@「

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 23:20:18 ID:8gN9GbWB
小泉氏が中韓の国民感情を軽視すればするほど日本の小泉支持は高まるが、
中韓のアジアでのステータスはますます高まり、ブッシュは困った顔をしながらも
仲良く金閣寺の前で微笑む姿、いとをかし。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 00:18:28 ID:Jb+au+F8
政治に感情を持ち込むのが良いのかどうなのか、考えてみるべきだろう。
政治的駆け引きで一喜一憂してるのは波造成機内で弄ばれる模型ボ−トみたいなものだ。

気に入らないのなら日本製品不買いなりしたほうが効果あるぞ。
「私たちは今日、日本と韓国の間にこのように惨めな過去があったという事実が分かりま
した。同じ日本人として申し訳ない気持ちで身のおき場もありません。」

15日修学旅行のため韓国を訪問した日本の山形市山形学院高等学校学生100人は、京畿道
華城市堤岩里3.1運動殉国墓地に参拜した後このように言った。

日帝は 1919年 4月 15日独立万歳運動をした住民たちを堤岩里教会に追いこんで、鉄砲を
撃った上、礼拜堂に火をつけて 23人が犠牲になった。学生たちはこの日、日帝の蛮行が
描かれた動画も観覧した。

学生代表として廟に献花した永井裕(女・17)さんは「以前には私たちの先祖が、こんなに
血なまぐさいことをしたのを全然しらなかった。韓国人に謝罪して二度とこんな悲劇が
起きないように努力する。」と言った。

安部譲治(17)君は、学生代表として平和宣言文を朗読した。「これから韓国の方たちと
愛をもって交流し、こんな悲劇を二度と繰り返す事がないように、そして世界が戦争の
ない平和で安全な世の中になることができるようにここに集まった私たち一人、一人が
全力をつくして努力することを誓います。」

この学校の校長、北垣俊一さんは「今回の修学旅行の目的は『平和』に対して考え、
学ぼうということだ」と言った。

ソース:朝鮮日報を抄訳<日本の高校生のお詫び>
http://www.chosun.com/international/news/200511/200511170252.html


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 01:10:15 ID:nKyaJ2Z/
>中韓のアジアでのステータスはますます高まり、ブッシュは困った顔をしながらも
仲良く金閣寺の前で微笑む姿、いとをかし。
中韓のステータスが上がる?
なんで小泉が中韓に配慮しないと彼らのステータスが上がるのだ
説明求む


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 07:39:38 ID:xtfzvs4p
>>220
アジアにおける日本の評価が下がる結果、相対的にアジアでの政治的ステータスが高まる
ということ。特に中国は経済的にもアジアのみならずロシアやECとも緊密になっており、
ますます日本の常任理事国入りは遠のく。例えば現在のドイツの最大の貿易相手国は
日本ではなくて中国だ。中国の新幹線建設でジーメンスと2000億の契約をしたとか。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:21:30 ID:10RwGY5z
ttp://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20051111D2M1100R11.html
あ、920億円とある。
>>【ベルリン=菅野幹雄】欧州歴訪中の胡錦濤・中国国家主席は10日午後、第二の訪問国ドイツに到着し、
ケーラー独大統領と会談した。胡主席訪独を契機に電機大手シーメンスは中国鉄道省から最高時速300キロ
で走行可能の新型新幹線車両60両の納入を6億6900万ユーロ(約920億円)で受注した。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 10:50:21 ID:HEM57rl3
>219
なんで、この校長は首にならないんだ?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 12:57:09 ID:k9W6heGi
37 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/11/18(金) 12:37:20 ID:01yK2lDd
贖罪意識なのかどうか知らんがマスゴミも政府も官僚も甘過ぎだ罠。
日韓FTAで特許権の共有なんて馬鹿な事言い出してるしな。
日本国民の生活や財産守る気があるのかおまいら?
特許法改正でも日本の中小に不利に向うに有利になるようにしちゃったろ?
アホか馬鹿と。
研究開発の投資減税分肩代わりするのは国民だぜ?

日経産業新聞 2001/11/15
半導体・液晶…、ハイテク流出、次はPDP――韓台勢急追(ビジネスTODAY)
http://japanese.joins.com/bbs/read.php?sno=11112

日本経済新聞2004年2月14日朝刊
電子復興 第4部 強い部品 2

 韓国・釜山近郊の金海空港。
>観光客やビジネスマンでごった返す週末の国際線到着ゲート付近で、
>数人の男が物陰から日本人渡航客の列をうかがっていた。
>「張り込み」をしていたのは、日本の半導体パッケージ基板大手、
>イビデンの現地駐在員だ。
> 「うちの技術者が週末に韓国企業でアルバイトしている」。
>2003年10月、岐阜県大垣市にあるイビデン本社でこんなうわさが駆けめぐった。
>イビデンが極秘にしている製造ノウハウを目当てに、韓国メーカーが
>高額のアルバイト料を払って週末ごとに技術者を招いているというのだ。
> 張り込みの結果、イビデンの技術者は見つからなかったが、意外な事実が発覚した。
>偵察部隊は「同業他社の技術者数人を目撃した」(イビデン幹部)。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 22:42:14 ID:klmw4F0d
>アジアにおける日本の評価が下がる結果、相対的にアジアでの政治的ステータスが高まる
ということ
意味わからん
共産党独裁政権に評価されたら世も末だろ
共産党独裁政権、圧政国家、親北政権に評価されるような国に未来は無いよ

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 22:48:36 ID:klmw4F0d
中国はアメリカより危険な国だという基本的な認識が欠落してないか

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 23:24:32 ID:3F8DVTLf
その危険な国の仕掛けた愛国地雷をわざわざ踏んで損なことにならないでくださいよ。
その付けは中国に進出している経済人が支払うことになるかもしれないのですから。
靖国参拝で戦争補償の蒸し返し議論はうんざりでしょ。戦後に限ればODAやら
円借款やらたくさんの投資でほんとなら感謝されて当然なのに、石まで投げられちゃ割りに
合わんよ。これ以上壺にはまるのは嫌ですから。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/19(土) 10:03:12 ID:FQVhriiF
>>227
江沢民に文句言えば?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/19(土) 17:40:50 ID:slgK1V8z
日本の両隣と向かいには凶悪犯罪者が住んでいると同じなんだがねェ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/19(土) 22:52:23 ID:qbmXa2fS
イラクには結局大量殺戮兵器なるものは無かったが、中国には今も関東軍の残した
毒ガス兵器が未処理のまま残されていることを考えると、靖国問題は外交の地雷になりやすい。
彼らの極端な反日愛国教育を少しでも方向転換させることが日本のためには必要なのだが、
靖国参拝はそれを困難にしてしまうのではないか。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/19(土) 23:55:43 ID:y14azbZ0
地雷を踏んでるのは中国と韓国だろ
日本人の心の問題に踏み込んだことを後悔することになるだろ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/20(日) 00:04:12 ID:7QQ2gjVf
>230
あほか?

233 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/11/20(日) 05:44:07 ID:Ew4cptv4
1さん、ようやく米国も終戦段階が始まりました。

その次は、戦後世界の再構築が始まります。
本格的な「同時多発テロ後の社会構築」です。

鼎の軽重が問われます。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/20(日) 08:21:06 ID:muHCjo/B
新たな世代のテロリストの出現の予防

現在のテロリストの活動阻止
だけでなく、紛争解決や貧困の削減、文明間の相互理解促進など

テロ拒否の感情の育成

具体的方法
国際的な枠組
国際的なテロ対処能力の強化



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/21(月) 00:00:23 ID:PjvVhnox
日本が強気なのは、特定アジアと経済交流なくなっても
石油と豪・米と経済交流あれば並以上の国家にはなれること。
インド以外のアジアには石油とウランがないので、
日本の外交がアメリカ第一になっているのは国の方向としては正しい。




236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/21(月) 23:45:43 ID:5nTvwcli
>日本の外交がアメリカ第一になっているのは国の方向としては正しい。

日本のみならず”秩序”の維持においても最も正しい。と考えている。
アメリカが崩壊すれば世界恐慌になる、だからアメリカを支えるし見返りも
頂いている。
アメリカ式秩序を破壊するということは共産主義者のいう革命ではないのか?




237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/22(火) 06:32:42 ID:???
>>224
特許法が永遠不滅と考えるのもナイーブだと
思うよ。その効果が緩和されるような判例や学説等の
解釈が出ればどうなるかわからんよ。
>>235
ウランは北朝鮮でもとれるよ。

なんか、文体が誰かに似ているなーww

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/23(水) 22:40:21 ID:3R9re97X
ぶっちゃけ、アメリカの世界構築でいいんじゃないの?
中国や韓国や金公の世界観よりなんぼかましでしょ?


239 ::2005/11/24(木) 22:08:04 ID:MdQvM2uc
>>233
なんか最近燃え尽きて?しまって、
なかなかレスできなくてすみません。
燃料補給できたらまた書きにきます。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/25(金) 00:09:41 ID:nqTmREaE
アメリカ信じ過ぎ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/25(金) 20:44:38 ID:g9ucWEyo
アメリカが日本に良い顔をしているのは、
アメリカが日本のために危険にさらされることがなく、
日本から期待する利益を得られると思われる間だけ。
日本人のためにアメリカ人は死なない。
北の拉致被害者の実態もアメリカは早くから知っていたが、首を突っ込まないように
していたわけで。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/25(金) 22:19:04 ID:g9ucWEyo
日本人を助けるために命を捨てた米国人の例はあるのでしょうか。
日米条約が確かにあって、それが小泉氏の外交政策のすべてだが、原爆を2度
投下し、日本の都市の大部分を焼き払った米国人は、いまだかつて日本人を助けるために
一度も命を落としたことはない。もしいたら教えてほしい。
しかし、韓国人にはそういう人間がいる。
JR新大久保駅で、線路に落ちた日本人を助けようとして死んだ韓国人(それと
日本人カメラマン)のことを思い出してほしい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/25(金) 22:33:35 ID:g9ucWEyo
韓国人には大戦中、兵士として日本のために死んだ若者がいる。
しかも特攻作戦に参加した若者がいる。敗戦時に呉で焼却されたが
特攻作戦で死んだ朝鮮人名簿が存在するという話を、元海軍将校の
父親を持つ友人が、父親がお墓に持っていくまで言えない話だと言っていた
そうだ。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/25(金) 22:46:16 ID:g9ucWEyo
おそらく韓国人自身もこういう話を今さら明るみにだすことを望まないかもしれない。
しかし、日本軍の名簿からも抹殺され、同胞の韓国人からも調査されることもなく、
日本のために自分の命を散らしていった朝鮮人特攻兵が存在するのだ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/26(土) 12:54:43 ID:q+fW0Rj3
アメリカを盲信するほど馬鹿じゃない、ただ利があるから付くだけさ
アメリカだってそうだろ。
郵政民営化も本来は反対するべきなのに賛成した。

>>243-244
触れられたくもないのだろ。惨めな敗戦国である日本と同じに見られたくないんだとさ。
李皇家が潰されても知らん振りする様な連中だ。
中国もそうだがあそこは保守が強すぎて駄目だ、改変をもっとも恐れる風潮が蔓延してる。
世界的な流れが変わるか、外部から圧力掛けて変える以外に三国から反日を取り去ることは不可能だ。
人類が滅亡するまで反日を続けていると思うよ。
金玉均に入れ込んでいた福沢諭吉が後で脱亜を考えたのがその例だ。


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/26(土) 16:06:39 ID:???
>>245
>郵政民営化も本来は反対するべきなのに賛成した。

こりゃまたヒドイ自己欺瞞ですね。 

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/26(土) 21:45:40 ID:SVG8uKou
>>246
どこが欺瞞なのか指摘して欲しいな。
今は感謝してるくらいだよ。左巻き馬鹿のおかげでおかしくなってる日本社会に
メスが入っているのだからな。元々はアメリカの安全保障を脅かす存在に日本の裏社会が
ひっかかってるってのがメス入れられる原因なんだが。

今の日本に自浄作用が無いって言ってるもんだ。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/26(土) 23:06:25 ID:KcqRIrZ+
っていうよりアメリカに逆らって
中国とつるんで
いったい何の得があるんか

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/27(日) 01:23:11 ID:IKVpUC47
イスラムとの文明の衝突が目立つけど
全世界で展開されているもうひとつの隠れた戦いがある

それがリベラル対保守
リベラルと違って保守派は自国の利益を最優先に考えるが故に
他国の保守派と連携できなかったが
だがリベラルに勝利し世界平和を実現する為にいまこそ大同団結すべきとき

他国の政治・文化には口を出さず、移民は移民先に同化すべきという
紳士協定を各国の保守同士で結べば世界平和がやってくる

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/27(日) 01:31:40 ID:IKVpUC47
たとえばフランスの暴動で
イスラム諸国がイスラム系移民に肩入れするかといえば
そうとも限らない

他国から労働力を受け入れている産油国の保守派は違う

もし産油国でフランスのような事態が起きたら
真の戦いの構図は対イスラムではなく
保守対リベラルであることが明らかになるだろう


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/28(月) 19:16:44 ID:BSd8V2AE
考えが違うが元々お仲間だろ、恒例の内ゲバか?
民主党も手際がいいなw


252 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/11/29(火) 01:48:27 ID:???
現在の日本には、リベラルな観点からの保守台頭が必要だったと言ってみるテスト。
若しくは種の存続と現状固持の本能が保守思想に及ぼしている影響力について。
西村議員が官憲に目を付けられちゃう国だからねw

天皇家が京都へお帰りにならない限り、明治以来の脱亜論の綱引きは続くし、この
リベ保守の思想的混乱は続くのだろうな。
日本人が本来持っていた自然科学的思考力を取り戻さなきゃいけない。
それには日本人の自然観の結晶である神道の要である天皇家の存続は重要だ。

ここしばらくjaxaの「はやぶさ」ミッション祭に講じてたが、ものすごい成果だ。
3億キロ離れてミリ単位の精度で機動をやってのけた。
地球スイングバイのターゲット通過の誤差はわずか1キロメートルだった。
今後の予算投入と宇宙開発振興を祈ってやまない。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 13:38:25 ID:???
どのマスメディアや評論家もアフガン攻撃がベトナムや、ソビエトが攻め込んだ時のアフガン同様泥沼
化すると論評している。 私の意見は全く違う。 アフガンとベトナムを比べる材料に完全な違いが有
るからだ。 皆は戦争に何が一番必要であり、何が一番効果が有るかご存じだろうか?

戦争に必要なモノ、それは一にも二にも武器弾薬でありそれを調達する資金である。 ベトナムはイデ
オロギーの代理戦争だった。 だから共産国家の後押しする北ベトナムには高度な武器やそれに通じた
最新の軍事指導はソビエトから、低種類の武器は中国から湯水のごとく供給された。中国はもともと国
家が麻薬を生産する国である。その麻薬を大量にアメリカ軍のいる南ベトナムにタダ同然でばらまいた
。 当然のごとく戦争の狂気に精神的に追いつめられた金持ちアメリカの若い兵士は麻薬に取り憑かれ
た。 軍人の志気の低下は著しい戦果の衰えとなる。 もしも北ベトナムにこうした支援国が無ければ
完全にアメリカは勝利していたのである。

アメリカはジャングルのベトコンに負けたのではなく、イデオロギー敵対国家軍、強烈な武器弾薬金銭
の支援国家群に負けたのである。 アフガンに攻め入ったソビエトも同じ事だった。アフガンよりも寒
い国のソビエト軍はアフガンの地など自国の酷寒に比べれば冬戦争も造作もない事である。 ところが
今度はまさしくベトナムの御礼とばかりにアメリカがアフガンの抵抗軍に軍備をたっぷりと供給したの
である。ソビエトはベトナムのアメリカと同じく支援国家の援助に負けたのだ。

それに比べ現在のアフガンはどうだろうか? どこにアフガンに支援する国があるというのだろうか?
 もちろんビンラディンのアルカイーダやオマルのタリバンはテロ国家のイラクや北朝鮮の支援を(そ
れに通ずる中国も)受けてこそ同時多発テロが成功したのだ。しかし、今この時期にどこの誰が武器や
金銭の援助をタリバンにすると言うのであろうか? 

戦争の本質をきちんと見分けられる目を持つ人ならアフガンは一〜二年の内に完全に淘汰される事が解
るはずである。 その後におけるイスラム圏の人達の後進的な政治音痴で問題は山積みが有るとしても
、眼下の敵、タリバンはすでに風前の灯火なのだ。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 13:39:28 ID:???
さて、あいも変わらぬ日本のマスコミの世界事情音痴だが、アメリカへのテロ以前と、テロ以後の世界
は全く違ってしまうという事実をきちんと認識しなくてはならない。 

目先だけに捕らわれる連中は、新たな貧と富の戦争が始まっただの、イスラム圏とキリスト圏の新たな
宗教戦争だの、アメリカ一人勝ちの弊害だの、アメリカの文化文明の押しつけへの抵抗戦争だの、相も
変わらぬイデオロギーに毒された幼稚な感情論と、針の先ほどの部分だけを取り上げた一部的な現象把
握であったりする。

テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 民主主義国は当然のごとく
あらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起こる
。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なままに放
置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞する。富の収集は難しいのである。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有る。 何に置いても人間の世界では富があってこ
その力だ。富が無いところに力は無いし、人の賛意も得られない。 富有ってこその人心の安定と幸福
が得られる。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げられるのであ
る。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかない。

昔からの諺、金持ちケンカせず、は、人の行動の真理である。今回のような戦争に類似したテロを企て
る者は富める国には起こり得ない。 貧こそ争いの元である。 富を得る、そのためには民意の政治を
行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのだ。 宗教やイデオロギーや貧富の差でテロが
起こるのでは無い。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な
行為を作り出す。


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 13:40:33 ID:???
アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持った。 攻められる恐怖である。 アメリカ本国はた
だの一度も爆弾を落とされた事が無い国なのである。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に
吹っ飛んでしまった。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで他国には
干渉したがらない国に方向付けられた。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌が
りかけていたのである。

ところが今回のテロではっきりと気づかされた。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国
の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての
国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に。

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆかない。ですからこれからは2
0カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずである
。 その手始めがテロ支援国の根絶なのだ。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている
国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではない 

すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしている。 歩みは遅い
もののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのである
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るだろう。 それはアジアに置いても同じ事だ。 今までは内部分裂を起こしているような日
本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情だからと、逃げてばかりは許されない。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準
テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるだろう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思わない。 今後50年スパンの話だ。 しかし、必
ずや世界はその流れに沿うように成るだろう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩み
を始めたのだ。

http://hw001.gate01.com/funwaka/rongaikou.htm




256 :253:2005/11/29(火) 17:53:53 ID:???
長文失礼した。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 19:58:08 ID:???
テロの元締めアメリカに幼児のように騙されている>253はご苦労さん

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 21:32:40 ID:???
人少ないね

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 23:05:27 ID:L44C72f2
馬鹿な奴ほど民主主義を口に出す、しかも責任は放棄するか誰かに押し付けてばかりいる。
責任を負う覚悟がないのなら選挙権を破棄しなさい。
民主主義は国民の民度が高くなければ機能しない、責任を負いたくないのなら独裁国家へ移住しなさい。
独裁国家では断罪の時にすべての責任は独裁者が引き受けてくれるからです。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/29(火) 23:30:15 ID:???
>>253-256
いまさら2001年当時のコピペをしてなにがしたいの?
ああー、恥をかきたいのか。。。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 22:36:15 ID:ct3uL1vm
>>246の回答まだ?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/30(水) 22:45:27 ID:Hrm5Yx6r
<広島女児殺害、ペルー人出稼ぎ労働者を逮捕。>

カルロスは日系人ではあったが、文化の差、民族の差に加えて貧富の差があると、
隣人としてうまくやっていくことは非常に難しい。イギリスのテロやフランスの
暴動も他人事ではない。グローバリズムの影響は国内においても、こういう形で
我々の生活を不安定に変えてゆく。しかし、その流れを変えることはできない。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/01(木) 18:51:57 ID:SUPtuYlz
時代の変化を敏感に感じ取って、問題が起こらないように対策を講じるのが国のリーダーの
仕事なのだが、いつも後手後手だ。マンションの問題も審査機関を民間に委託したら後は知らんふり。
外国人労働者を迎え入れるのなら、彼らの感じている問題や困難を定期的に調べて、必要な対策を
とらなければ、イギリスやフランスの二の舞になるよと言いたい。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/01(木) 21:55:07 ID:MdqktaBL
移民をするのなら、韓国人牧師とマスコミに廃止された
指紋押捺と外国人登録証の復活のような
人権を無視した管理手法を取り入れ,シンガポールのように
妊娠したりさせたりしたら、国外退去もしくは
堕胎のような非人間的扱いをすべきと思う。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/01(木) 22:40:54 ID:ikUB7Aeg
韓国人牧師ってレイプ牧師のことか。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/02(金) 13:43:54 ID:/uEnttSV
>265
ごめ
フランス人牧師だった


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 09:07:03 ID:???
>>252
おおまかに同意したいんだが
脱亜論の先がないねぇ
>日本人が本来持っていた自然科学的思考力を取り戻さなきゃいけない。
>それには日本人の自然観の結晶である神道の要である天皇家の存続は重要だ。
両立できるのか非常に疑問、禅譲ほどじゃないが今や天皇制(男系)の危機ですよ


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 18:12:23 ID:ixf8fxOL
9.11のテロの日、なぜ貿易センタービルの周りを米軍の戦闘機が回り、ジャンボジェット機が突っ込むのを止めようとしなかったのか?
9.11のテロの次の日、アメリカの航空機は全便欠航したのになぜビンラディン家を乗せた飛行機だけがサウジアラビアへ飛んだのか?


269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/03(土) 18:42:51 ID:WVrsBlnY
>>268
情報統制国家ではない言論の自由をアピールする狙いがひとつ。
単なる内部告発なのか、イラク兵収容所虐待事件もわざと漏洩させたのかは
解らない、がバランスを取る試みは理解できる。

む、答えになっていないか?


270 :東名高速殺人神戸隆行:2005/12/03(土) 23:01:36 ID:???
>SUN-TV に表1を再放送されると 椎路ちひろ が次の方殺す。
▽一部では8月4日とかかれてますが2日が正しいです。
>静岡朝日テレビ・社長 -2004年8月2日 9:55「伊豆大島殺人ツアー」を放送されたのを受け計画浮上
> 2003.4〜5月Thu 12:30~13:25の枠でを放送されたのを受け殺害計画浮上
>〔予定〕掲示板とリンクのみんなねぇ
※表1-ドラマ放送後、罰ゲーム内容
7/11放送済み>「首都高速7号変死事件」テレビ東京の社員1名殺害
7/18放送済み>「すれ違った女」日記BBS空論亭の文章を手紙で東京新聞に送る
11/20放送済み>「東名高速殺人行」神戸隆行/椎路ちひろ をそれぞれ 東名高速殺人神戸隆行 と名前変更
東名高速殺人行 白いクーペの女 11/20(日) 13:00 〜 11/20(日) 13:55 サンテレビ 黒木瞳 織本順吉ほか
12/4放送>「伊豆大島殺人ツアー」静岡SATV/テレビ朝日/山陰放送などに恐怖の殺人予告の手紙送る
伊豆大島殺人ツアー・恐怖の密室空路ジャック 2005/12/04 [日] サンテレビ 13:00 〜 2005/12/04 13:55 石立鉄男 池波志乃 新田純一ほか
12/11放送>「九州航路の謎」共同通信社へ自殺の手紙送る
未放送>「恐怖の中央高速」配慮を無視し暴走バスに消えた強盗殺人犯を共感しコミケなどのイベントで暴走殺害&「都営バス」バスジャック計画図る。さらに「テレビ東京」の屋上から自殺図る
未放送>「パスポートの秘密」犯された女="としみず"殺害決行
☆上記パーフェクト達成★コミックマーケットで自殺、放火。他人がBBSに書き込み依頼へ。
chihiro@nerimadors.or.jp
http://www.nerimadors.or.jp/~chihiro
http://www.sun-tv.co.jp
■参考文献・参考リンク・コピペ元/加筆および再編集され現在にいたる。募集中。
としみずサマの「ないしょのBBS」7月(削除済み)も。
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1030725095/124-138
http://citrus.lv3.net/test/read.cgi/iseisou/1052280789/150-
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1073895734/254-261


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 00:08:09 ID:GbmSX2+d
何の話??


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 14:23:49 ID:UrmGaLUR
現日本は子供の一人歩きもままならない治安の悪い国だよな。
どっかの間抜けが平和な国とかぬかしてたな。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 17:35:25 ID:GbmSX2+d
国民の趣味、趣向が変わったせいだろう。
最近のエロげーなんかおかしな話だよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 19:08:26 ID:imchA53s
憲法改悪許せぬ!! 市民を戦場に送り込みたいのか!!!

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1132927902/l50


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/04(日) 22:59:06 ID:PMFY1OT6
しかし二次元エロは性犯罪抑止に多少なりとも貢献している。
もっとも新たな性癖を目覚めさせて犯罪起こす可能性は否めないがね。

海外エロエロツアーで現地のね〜ちゃん相手に性技を披露するのもスレスレ
合法なんだよな。ねえ教師さんw

276 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/05(月) 00:06:54 ID:???
>>274
地方自治体は市民を戦場に送ったりせんわな。
国民の間違いにしても徴兵制はもうあり得ないし。

地球市民は国民であるのを拒否してるのかもな。
そこら辺の語義矛盾がものすごく気になる。
公開の場でなにかを主張するんなら、まずは正しい日本語を学ぶべきだな。

277 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/05(月) 00:38:58 ID:???
>>267
脱亜論の先は亜細亜の勇としての唯我独尊だったが敗け戦。
歴史を辿って今があるわけだけど、やっぱり天皇を世俗化したのは痛い。
神社本庁がしごくまともで、かつ重大な意見を出してる。

★女性天皇:神社本庁が「女系天皇論議は拙速」と見解

・全国約8万社の神社を統括する神社本庁は2日、「皇室典範に関する有識者会議」が
 先月、女性・女系天皇を容認する報告書を小泉純一郎首相に提出したことについて、
 論議が拙速などとする基本見解を発表した。父方が皇族の「男系」で継承してきたとする
 皇室の歴史を強調し、戦後に皇籍を離れた旧宮家の復帰などの方策を具体的に検討
 するよう求めている。

 見解では、皇室典範の見直し議論をすることには賛意を述べる一方、報告書について
 「現代の表面的な価値観にとらわれ過ぎている」と指摘。「女子皇族の配偶制度を
 はじめとする諸課題についての具体的議論を経ないままに、机上の論のみをもって
 新制度を『安定的』と断ずることは甚だ疑問。改変が性急に進められようとしている
 事態を深く憂慮する」などと記している。
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/koushitsu/news/20051203k0000m040058000c.html



278 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/05(月) 00:47:29 ID:???
んで、ここの、
【皇位】 「女系天皇論議、机上の論のみで拙速」 神社本庁が見解★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133708820/l50
18が、
「 男 系 維 持 派 は 時 間 稼 ぎ を し ろ 。 」
と言ってるけど、それくらいしか思い付かない情けなさ。
いまの皇居は天皇のいるべき場所じゃないんだ。
いまさら遅いが、これ以上皇室を手垢にまみれさせず、京都へ上ってもらって、
京都には本来の都へと還っていただく。

それくらいしか思い付かないよ。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/05(月) 17:44:27 ID:1AGCr/9M
情けなくて笑いがでるよまったく。
手遅れと言っても過言ではないだろ、知識人ぶってキレイ事にほだされて
共存共栄を歌って国益を笑顔であげてるんだからなw

そりゃ上を目指してる人や国家にとっては良いカモでしかないわな。
見返りは日本人殺害ですからねw

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 12:43:56 ID:0+J8OV8C
906 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2005/12/06(火) 16:01:23 ID:zk2bRdbi
>>904
日本市場を鮮人資本と組んで荒らしてるのは事実だ罠〜。
ヒルズ族や俗に言うハゲタカ外資な〜。
経済誌や経済紙読んでる奴なら分るだろうて。
打ち消しに必死になるなよな〜、鮮人資本の中の人w
君らの生命線だもんな〜。
ゲイツー孫の関係や宮内、三木谷、堀江が盛んに渡米するのは何の為かな〜?
図書館で奴らの機関誌「ニューズウィーク日本版」のバックナンバー読んでみ〜と。
読めば奴らのコラボ雑誌である事も小泉改革の本来の目的もよっぽど
愚鈍じゃ無い限り気付くはずなんだがな〜。
陰謀論がキチガイかどうか90年代以降の日本の政策と外圧と景気をすり合わせりゃ丸分りでしょうに。
併せてその頃のニューズウィークや鮮人資本や平蔵の動きをすり合わせてみなって。
ついでに参考文献を挙げとく。
読まずに著者を電波認定するのは鮮人のやり方だからな〜。
言いたいのは、敵はおまいらが思ってるより強力で有能だってこった。
全力で手段を選ばずやらないと食い物にされるぞと。
もっともかなり食い物にされて日本人は弱って来てるがな〜。
おまいらが思うほどアメリカは日本人の事なんぞ心配してやいねえし
どうなろうと知ったこっちゃ無いんだよ。
冷戦時代、日本に対して寛容だった米と同一視するなってこった。
冷戦構造崩壊後の米の国是は一貫して日本経済の弱体化と植民地化だって事もな。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/08(木) 12:44:43 ID:0+J8OV8C
ビジネス知識源:経営の成功原理と実践原則
http://blog.mag2.com/m/log/0000048497/90560802?page=1#90560802
年次改革要望書
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html#mineika-s
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる 文春新書  関岡 英之 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603760/250-8669505-7170629
泥棒国家日本と闇の権力構造  中丸薫 ベンジャミン・フルフォード
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198620717/250-2093675-6521020
ブックスタンド4号室
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-nakamaru.html
「世界を不幸にしたグローバリズムの正体」ジョセフ・E・スティグリッツ 
http://hajime1940.blog.ocn.ne.jp/hajime/2005/07/post_5eb7.html
http://sksk832.hp.infoseek.co.jp/rireki.htm
たかられる大国日本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396611013/250-1996594-1682650
乗っ取られる大国日本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439661120X/ref%3Dpd%5Fsims%5Fdp%5F%5F1/250-1996594-1682650
NTTを殺したのは誰だ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334933262/qid=1076569047/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/250-1996594-1682650
なぜ日本経済は殺されたか ヴェルナー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062118688/qid%3D1076569198/250-1996594-1682650
グローバル経済を動かす愚かな人々 クルーグマン
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152082070/ref=pd_sim_dp_3/250-1996594-1682650


282 ::2005/12/08(木) 12:51:08 ID:6lXBJ9Uk
【アジア】ASEANが方針転換、東アジアサミット宣言案に「共同体」構築を盛り込み

 東南アジア諸国連合(ASEAN)は7日、マレーシアで高級事務レベル
協議を開き、14日に開催される第1回東アジアサミットで、ASEANを
含む参加16カ国が打ち出す「クアラルンプール宣言」案に「東アジア
共同体構築」を盛り込む方針を決めた。会議筋が明らかにした。

 宣言で共同体構築への言及を求めていた日本などの意向に沿った格好。
ASEANの方針転換ともいえ、インドやオーストラリアなども加わるサミット
ではなく、将来の共同体構想はASEANプラス3(日中韓)を中核とすべきだ
と訴えていた中国から強い反発が出そうだ。

 ASEANは、今回の方針を8日に開くサミット参加16カ国による高級
事務レベル協議に諮った上で、最終的に決めたい考え。

ソース(共同通信)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005120701003160

スレ http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133971712/l50

283 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/09(金) 20:21:15 ID:???
>>280 まぁ落ち着け。

>>282
なんか東アジアって感じじゃないね。
もう東南アジア共同体ってすればいいのに。

284 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/09(金) 22:45:17 ID:EHwp8MQe
> 将来の共同体構想はASEANプラス3(日中韓)を中核とすべきだ
> と訴えていた中国から強い反発が出そうだ。

1さんはそう思いますか?
私は元々、インドとオーストラリアは入れたいと思っていました。
私でさえそうだから、中国はなおさらだと思いますよ。
そのくらい、世界を大所高所から見ているのではないでしょうか?

中国恐るべし、日本恐るに足りず!

285 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/09(金) 23:03:29 ID:EHwp8MQe
着々と東アジア共同体に向けて動いているね。

祝着祝着!

「共同体」宣言明記目指す 政府、東アジアサミットで
2005年12月 6日 (火) 19:24
 政府は、クアラルンプールで14日に初開催される東アジアサミットを
「東アジア共同体」形成に向けた歴史的会議とするため、焦点の共同宣言に
将来の目標として「共同体」の文言明記を目指す方針だ。
ただ小泉純一郎首相の靖国神社参拝を発端とする中核メンバー中国、韓国との
関係悪化が影を落とし、各国への根回しに苦慮しそうだ。

東アジアサミットは、麻生太郎外相が出席する10日の外相昼食会で事実上
幕開けし、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳、
外相会議など一連の会議が続く。

この中で政府は、将来の共同体形成に向け貿易、環境など多分野の協力を
重層的に組み合わせていく「機能的アプローチ」や、民主主義など普遍的価値の
実現を目指す方針に、各国の理解を得たい考え。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/seiji/20051206/20051206a1980.html

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/10(土) 01:23:24 ID:UymS9urn
>私でさえそうだから、中国はなおさらだと思いますよ。
>そのくらい、世界を大所高所から見ているのではないでしょうか?
>
>中国恐るべし、日本恐るに足りず!
インド、オーストラリアをねじ込むとは
むしろ日本恐るべしでは
日本、オーストラリア、インドはスマトラ沖地震で
アメリカと中核グループを形成していた
ここが組まれると中国にとっては厄介

さらにこの3カ国連合は民主国家だから
対中国、人権攻撃が可能
共同体の主導権を日本に奪われる

287 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/10(土) 04:47:31 ID:SQuNcl4L
> 共同体の主導権を日本に奪われる

内緒、内緒!

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/10(土) 11:29:23 ID:bjlaNgRW
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000018-jij-pol 
東アジア首脳会議(サミット)出席などのため、11日にマレーシア入りする小泉純一郎首相が滞在中、将来の「東アジア共同体」への参加に中国が難色を示すインド、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国首脳と個別に会談することが固まった。
外務省幹部が8日夜、明らかにした。
東アジア共同体構想をめぐっては、中国は東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の枠組みで協議すればよいとの立場で、インドなど3カ国の参加をけん制している。
首相がこれら3カ国首脳との会談を開くことで、東アジアサミットの場で、日本と中国との綱引きが激しくなりそうだ。 


まさに合従連衡の世界ですね
合従は日本、台湾、インドネシア、オーストラリア、インド
連衡は中国、韓国


289 ::2005/12/11(日) 00:22:42 ID:qO4WsL0N
>>284
どっかで読んだけど、東アジア共同体構想は、
もともとはASEAN+1(日本)からすすめていたようですね。
でも、ことあるごとにアメリカがジャマをしていたとか。
今回、ASEAN+3になった場合、アジアにおけるアメリカと中国の
主導権争いが展開されそうですね。

俺もインドとオーストラリアを入れるのはいいと思います。
アジアだけでなく環太平洋のニュアンスも入ってくるので、
アメリカも柔軟になるかもしれないし、とくにインドは
今後の経済成長が第2の中国と言われるほど期待されてますからね。

ただ、+3のほうは、反日感情が高まり続ける現状では無理だと思います。
中国のバブルもはじけつつあるようだし、ことあるごとに反発を生みそうだ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/11(日) 01:35:30 ID:DyLg761I
>ただ、+3のほうは、反日感情が高まり続ける現状では無理だと思います。
中国のバブルもはじけつつあるようだし、ことあるごとに反発を生みそうだ。


ワラタ

291 :funwaka:2005/12/11(日) 14:31:28 ID:gQ2NKahE
中東は未だにアラビアンナイトの世界そのもので、人々の生活意識、道徳、倫理観、正義の意識など全
く中世から変わっていない。
先進国では文明文化生活様式が中世よりこれだけ進化しているというのに、未だに我々が知っているア
ラビアンナイトの価値観そのままに住んでいる。そんな大昔からの、キリスト対イスラム、白人対黄色
人種の間に出来た、もめごと、諍い、の歴史のを全て検証するなど世界の誰にも出来ることではない。
朝日やNHKで、したり顔の中東評論家の解説などヘドが出る思いで私は見ている。もっとも直ぐにチ
ャンネルを変えるので、どんな顔かは直ぐに忘れているがww
ttp://hw001.gate01.com/funwaka/safety.htm

292 :軍事組織論:2005/12/11(日) 16:34:54 ID:???
どうも、お久しぶりです。PC壊れてました。
直ったと言うか、新しくPC買って復帰致しました。
まあ、どの道 この分野の研究は時間がかかるのでぼちぼちやろうかと。

還元不能性に陥る議論はなるべく避けたいので、常に俯瞰的見地を持ちたい所です。

>>283
「共同体」と言う言葉の重みを、ASEAN及び各国は本当に理解しているのかと言う疑問が私にはあります。
共同体は国境を超えた融合です。
しかし、東南アジアは世界最大のイスラム教徒が存在し、北半球と南半球に渡る広大な地域の貧富の差はとんでもない物です。
イスラム教徒の中には主権は神にあると考えているので、民主主義の主権在民は神への冒涜と考えています。
また暦の統一も必要でしょう、どこもかしこも西暦なわけではないですから。
EUどころじゃない苦労と覚悟が必要です。

293 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/12(月) 22:59:29 ID:bMTbo0vj
本当に理解しているのか、本当に心配なのは日本という國じゃないのかな?

それには俯瞰的見地が必要だね。それには俯瞰的教育が必要だ。

294 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/12(月) 23:37:57 ID:???
鳥瞰的視点(それはある種の才能でもある)を思い上がりと批判する小市民的
教育の呪縛がまだ子供たちを縛りつけていたし、それはまだ解けていない。
しかし新しい世代が育ってくる数十年後までは待っていられない。

295 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/13(火) 10:17:46 ID:FRPIT79J
それが問題ですね。
国連とユネスコは、その教育を十年でやろうとしている。
「国連持続可能な開発のための教育の10年」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/edu_10/10years_gai.html

アナンがアフリカでやった演説のタイトルは、
“Sustainable Development: Humanity’s biggest challenge in the new century”
http://www.un.org/News/Press/docs/2001/sgsm7739.doc.htm
それがチャレンジ(=不可能?)であることを意味している。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 00:42:49 ID:Bgbsc9Ml
理想は大きく現実を優先が国連のスタンスだからな。
国連機関の失態が明るみになると恒例の日本叩きして誤魔化すしさ。


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 08:59:03 ID:???
インドを入れておいて、それを懸念する中国に近いパキスタンの加盟を排除できなくなる
と言う現実が見えていないのは間違いなく日本だろうな。となると、
アフガニスタンを加盟させざるを得なくなるのは時間の問題だろうな。
で、イラン、イラク、となるのかな。なるほど大した共同体だなw
EUはEC以前にもより堅実な共同体を核にして始めたのとは大した違いだよw

アホ共同体?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 19:28:23 ID:3ddtDp2j
印度はともかくオ−ストラリアまで参加させるとか
ロシアも動いてるし小泉ははたっから共同体やる気無いだろw



299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/14(水) 19:46:30 ID:ABKdbSEP
独裁国家(中共)主導の共同体作るぐらいなら
ないほうがまし

小泉は正しいと思うぞ

300 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/15(木) 01:32:16 ID:???
気合入ってますな。

日中、日韓首脳会談「要請するな」=首相官邸が外務省に指示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051214-00000078-jij-pol



301 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/15(木) 20:04:06 ID:qawVgJkl
1さん、いよいよアジア保健研修所 http://www.jca.apc.org/ahi/
の出番ですね! アジアは一つ!


302 :軍事組織論:2005/12/16(金) 02:16:00 ID:???
>>293
ジェネラリスト教育とスペシャリスト教育の明確な線引きは必要だと思う。

>>297
EUもそんなに強固な共同体じゃないけどね。フランスがあの状況で、経済は低調だし。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 09:23:00 ID:WJDjbcb3
>301
アジアは一つなんて訳ないじゃん。
その全逓から出発したら間違うと思う。
それとも大東亜共栄圏の焼き直し??


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 12:16:31 ID:mkwcGFWp
中葉は手枷足枷を自らはめ込むことに悦楽でも感じてるらしい
理想型をいくら発言しようが結局は経済力に取って代わるのが目に見えてる。
日本に自縄縛って喜ぶのは他のアジア国家だぜ

風俗行って女王様プレイでもして欲望を満たして来い、笑われるのは中葉だけで十分だ。
尻拭いするのは他の国民なんでね。

305 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/16(金) 15:08:35 ID:BOGOSCJJ
日本はヤオヨロズの神々が調和してできている国だってことがわからないのかなあ?
トヨタの基本の自律分散調和もそうだ!
http://www.ecom.jp/jedic/activity/1-59_newsletter/n53/koen2.htm
http://www.fuluhashi.jp/u21c/after/020913e/020913u21c-kuroiwa.pdf
http://www.8mg.jp/index.html

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 15:42:50 ID:8aHiQLty
神話ならスレ違いだよ

307 :funwaka:2005/12/16(金) 16:28:30 ID:X51m95hv
同時多発テロ攻撃は平和ボケしている日本人に現世界の実状をまざまざと見せつけた事だろう。。私は事件
の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。 女ったらしのくせに腰抜けだった、この42
代アメリカ大統領は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。
おかげで腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。

痴漢にしても盗人にしても強盗犯にしても、警察が無く、まして罰する法もなければ好き放題に暴れまくる
だろう。 それは個人だけでなく国家に置いても同じ事なのだ。 決してテロや強盗に屈してはいけないの
である。 少しでも屈すればそのような卑劣な奴らは (もともと卑劣な人や国家でなければ民主になって
いるはずではないか!) 必ずやその隙に乗じて力を蓄えたり行使したがるものなのだ。

自身にあまり能力の無かった40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のよ
うに「おのれよりも賢明なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼
は周辺に集めたブレーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不
安定要因、共産主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩
壊させ東ヨーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。 

ところがクリントンというエロ大統領は世界の現実など一切無頓着!まるで、話せば解る式の日本のアホメ
ディアや政治家のようなナイーブな(幼稚な)取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結
果が今回のこの大惨事なのだ。 せっかくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それ
をバカクリキンントンがブチ壊したのである。

308 :funwaka:2005/12/16(金) 16:29:44 ID:X51m95hv
しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に敵対
する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違いない。 
内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだろう。

その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義を蹂躙する
国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、国自体がテロ国
家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を研ぎ続けている。 
そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた国、日本。

もう、いいかげんに目を覚まして欲しいものだ。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承るアホ
国家のメディアと政治家達よ。資本主義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国と
して毅然と民意弾圧の隣国に注文を付けるべきときが来たのだぞ。
http://hw001.gate01.com/funwaka/safety.htm

309 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/16(金) 17:25:51 ID:BOGOSCJJ
>>306 神話ならスレ違いだよ

お心遣いありがとう。だけど神話じゃないよ。
同時多発テロ後の社会構築アーキテクチャーの基本構造です。
調和型自律分散システムは近未来社会用、
ユビキタス社会は遠未来社会用。

そこで問題になるのは、民主主義国家も、民主的な企業も、根本的に組織原理が変わらなければ未来が無いということだ。

日本を憂う気持ちがあったら、

日本再生−いまこそ、日本の国際戦略・国際貢献を考える− フォーラム・レポート(講演録)
 ■Contents ※各項目をクリックしてください。
 ◆ 寺島実郎 基調講演
 ◆ 寺島実郎 及び 参加者代表のダイアローグ
 ◆ 会場風景
http://www.nissoken.jp/seminar/3thminiforum/3rdmini_top.htm
を読んで見ることだな。

310 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/16(金) 18:47:23 ID:???
>>309
キモはここら辺かな?

>日中韓がいがみ合っている時でも、そうやって金融における連携をしていこう
>という模索が進行しているわけです。
>つまり、一番構築すべきは、アジアの資金はアジアに還流させる仕組みです。 

311 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/16(金) 19:50:55 ID:BOGOSCJJ
そういう場所は見当たらないが、以下の部分の意訳ですか?

> 要するに日米間の貿易なんかで飯が食える時代ではないということです、
> この比重の低下の中で。だからまったく別のインサイダーしていくプロジェクトを企画しない限り、
> 生き延びていけない時代というのが来ているって意味なんです。
> 一方、日本・アジアとの物流が日本の貿易の5割を占めるようなところまで一気に来ている。
> そこで今日本が直面している国際関係上の様々な出来事を考えるときに、僕が思っているのは、頭と身体がバラバラってやつですね。
> つまり身体がアジアとの関係によって生きていかざるを得ないような体質にどんどん変わっているのに、
> 頭の中で8割以上アメリカとの関係を引きずり続けている。それで頭で整理できなくなっているんですね。
> その調整過程の混乱だと考えれば、やがて歴史家がそう総括する時代が来るだろうなと僕は感じていますけれど、
> そういう中で、まさにこの貿易構造の変化に立ち向かなければいけない状況なんですね。

312 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/16(金) 20:08:47 ID:BOGOSCJJ
キモは、私だったらここら辺ですね。

> 今、エーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』じゃないですけれども、
> 力のない人間、能力のない人間にとって、自由であることくらい苦痛なことはないんですね。
> あなたが自由に生きたらいいよ、好き好きなんだから、と言われたら、極端に言えば困っちゃいますね。
> 強制されたりしたら反発という気持ちも起こるし、自分自身を考え直すという機会にもなるんだけれど、
> 強制だとか、圧倒的な不条理だとか、圧倒的な不幸さえなくなっている。
> この茫漠たる状況の中で、いわゆる「私生活主義」が許される環境を生きたに過ぎないところで実は身につけた価値観なんだけれども、
> 「個人主義」とは一線を画して考えなきゃいけないですね。 
> その種の「私生活主義」と「経済主義」がかけあわさったような奇妙なこのひとつの存在としての世代というものをつくってきた。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 21:41:47 ID:ys/sDNmJ
結局なにを言いたいの
博識かもしれんけど
もっとわかり易く言わんと



314 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/17(土) 03:24:30 ID:???
>>311
ん〜基調講演3p目の後半部分だよ。
ttp://www.nissoken.jp/seminar/3thminiforum/3rdmini_terashima3.htm

>>313
ちょっとよく読めば分からない?
今回の引用は分かりやすいよ。
要するに公的意識の喪失からくるミーイズムが跋扈してることによる危機。
「ホリエモン」なんかに代表される儲かりゃいい、という市場原理は日本にそぐわないという。
ゲゲゲの鬼太郎の多種多様な妖怪が西欧的な悪魔ただ一匹だけになって、あなた面白いですか?
って話だ。

この夏には「妖怪大戦争」もそこそこヒットしてたから、あまり心配はしてないが。

315 :軍事組織論:2005/12/17(土) 05:17:47 ID:???
>調和型自律分散システム
ここに至るまでは連邦制度のような、モジュール理論型統治システムの確立が必要では?

メインシステム(中央政府)の支配

モジュール理論型統治システム 中央政府と地方政府の自律(自律型メインシステムと半自律型サブシステムの共存)

調和型自律分散システム 中央政府と地方政府と地方自治の自律

ユビキタス社会

軍事組織論の過程でモジュール理論にもぶつかった。
連邦制度とモジュール理論の共通項と、そこから見える地方分権の可能性は、
調和型自律分散システムに繋がる思想の流れを作り出すことが出来ると私は思います。

>>314
要するに公教育ですね。
公教育と宗教教育は私は切り離せないと考えるのですが、
宗教の利用価値についての具体的な議論は今までありました?

316 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/17(土) 05:59:32 ID:???
>>315
正確には天皇を含めた公教育ね。
伝統的神道と仏経をメインにした宗教教育ももちろん欠かせない。

宗教の利用価値の議論=あったよ、主におれだが。
だけど誰もからんでくれない。
ユピキタス=八百万神とすれば、それを祭祀する天皇が必要。
論理的でしょ?
祭祀主がいなけりゃただの魑魅魍魎の暗黒世界だからね。
そしてその天皇家も女性天皇容認論で危機に瀕している。
だからおれは明治以前の形態を模して京都へ上れと言っている。

ただ悲観的にならざるを得ないのは、今生天皇が戦後民主主義のドツボに濱って
英国王室的な解放的イメージに執着するんじゃないかということ。
天皇家が崩壊すれば日本本来のユピキタス社会へは復元できない。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:35:35 ID:BeR5WFLZ
宗教の利用価値については大方結論が出たと思っていたが、歴史的価値以外に
教祖に対して盲信する価値はまったくないとね。

318 :267:2005/12/17(土) 16:51:32 ID:???
>>277-278
そこまで了解してて、なんで京都に帰れなんだよw

■例題
江戸時代の農閑期、「男一度は伊勢と吉原」と言うように
農民は悦楽原理主義として旅行が流行した。このライフモデルの
拡大は街道の旅籠に市場原理主義をもたらし、旅籠の過当競争は
旅籠の冬季売春・ぼったくり・詐欺経営が蔓延しました。
旅行者保護の観点からどのような制度ができたのでしょう?

>>309
その寺島実郎がなぜに右派から批判されているのか
「ミーイズム」とかどうでも良いことは批判しなければいいのにね。

319 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/17(土) 19:17:39 ID:???
>>318
分からん。
男系は結局断たれるのかも知れん。

320 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/18(日) 21:41:34 ID:+WT2kT1Z
>>318
分からん。
ミーイズムがどうでも良いことかどうか、その人と解釈と状況とによる。
この場合がどうかは、俺には分からん。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/18(日) 23:19:41 ID:dyDcK+aF
>309
読んでみて、この人が反日なことだけは理解できた


322 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/18(日) 23:26:56 ID:+WT2kT1Z
反日の概念が違っていそうですね。できたら説明して下さい。

323 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/19(月) 00:26:25 ID:???
生っ粋の日本人でありながら反日であること=(蔑称としての)非国民
という非難を離れ小島からするのも寂しい話だ、まったく。
ネットの仮想上の同胞意識にすがらなければアイデンティティーが維
持できないくらい、人間関係が分断されてしまってる。
そのくせ宗教に対する拒絶反応だけはブサヨと変わらない。
大和の国の幻想にすがるのは結構だけど、その大いなる和という概念
を構造的に解釈し、現代社会へ鳥瞰的に敷衍できる才能、その片鱗で
もあれば、おれは支持するよ。

和に対立するミーイズムという古臭いキーワードでその危機を説明し
ようとするその寺島実郎だって、片鱗は見て取れる。
どこの馬の骨とも知れぬ右翼の非難など捨て置けよ。



324 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/19(月) 00:32:48 ID:???
んでアメリカの舎弟でいるのが嫌で、なおかつ特亜もまっぴらというのなら、
鎖国で行こうじゃない。
インド頼みも他の大国頼みと同じ轍を踏むことになるんだろうし。
このように選択肢は限られているからね。

おれはアメリカのリベラルの心を掴むことが、これからの日本の利益をもた
らすと思う。
中国は一枚岩ではないと共同体支持者はよく言うが、アメリカも一枚岩じゃ
ないんだから。

325 :318:2005/12/19(月) 10:39:31 ID:???
>>319
例題は天皇制とはまったく関係ない。パブリックの話し。すまん。
男系はどうなるか、俺もわからん。
京都時代の政体には無謀にも挑戦できるかもしれんが、可否どっちに
しても歴倣うの家仕来たり崩壊と更なる公共圏帰属が待ってる。

>>320
そう、分からん事を批判するから。分からん?
>>318 女・子供向けのHow to 安全旅籠MAP本が流行するまでとなり
ニーズに応じようと旅籠経営者は料金・サービス内容の規定を設けた組合、
講をつくりました。しかしながら、これは出会い茶屋、貸座敷など旅籠の差別化を生み
それぞれの組合ができると同時に、古くから売春統制をおこなっていた幕府・藩・神寺の治領に
新たに解禁地を設ける運動と伴に、既存遊郭組合・儒学者の反対運動を生んだのでしたとさ。
(続きもあるし、遊郭≠売春だけど長くなるから、すまん)
なぜに主義が危機???
起源じゃなくて組織化の話し、中葉氏の専門分野だね。

>>323-324
まぁ、人治主義は肯定しても否定せず
せめて、特定アジアまで落ちないことを祈るだけだな
そこまで落ちないだろうけど。流行があるから難しいねぇ
反動としての歴史主義もあるし
>>309の「ミーイズム」と「鎖国」って区分できる?
俺できないや・・・

326 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/20(火) 00:25:11 ID:???
>>325
なるほど>パブリック
もともと町人は戦国時代が終わって全国であぶれていた浪人たちのためにできた
身分(再就職?)らしいから、江戸でもあれだけ統制のとれた町造りができたんだ
ろうって思うので、現代社会との比較はできないだろうな。
むしろ終戦直後からの日本の高度成長になぞらえることができるかも知れん。
現代は文化が爛熟してカブキ者があふれている幕末、てのもありふれているが。

鎖国=ミーイズム 確かにそうだ。
だからおれはアメリカのリベラルに希望を見い出す方。
だがなぜか連係できないんだな。
日本のリベラルはお花畑だし、右翼はゲーム脳だし。


327 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/20(火) 00:34:35 ID:???
しかしこのニュース画像には笑った。
「朝鮮プロ農民による香港デモ」
ttp://news.tvb.com/630pm/lcd.html?2005/1217/asx/03_200k.asx&2005%u5E7412%u670817%u65E5%20%28%u516D%29

でもって一万人の思想改造も大変だろうなって話。
「中国江蘇省:労働改造農場に1万人の大暴動」
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/12/html/d38476.html

特亜入りは無理w

328 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/20(火) 09:12:05 ID:uIgrgCFr
>>324 おれはアメリカのリベラルの心を掴むことが、これからの日本の利益をもたらすと思う。

禿しく同意。ただし、おれは「思う」ことは即座にやってのける方でね。
もう始めているんだが、実践に賛同する同志はいませんか?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 12:56:46 ID:AHQSxRAt
その後についての思慮は考えないということか。
で具体的にどうするの?

330 :funwaka:2005/12/20(火) 14:20:49 ID:CAxriyXb
テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 民主主義国は当然のごとく
あらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起こる
。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なままに放
置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞する。富の収集は難しいのである。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有る。 何に置いても人間の世界では富があってこ
その力だ。富が無いところに力は無いし、人の賛意も得られない。 富有ってこその人心の安定と幸福
が得られる。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げられるのであ
る。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかない。

昔からの諺、金持ちケンカせず、は、人の行動の真理である。今回のような戦争に類似したテロを企て
る者は富める国には起こり得ない。 貧こそ争いの元である。 富を得る、そのためには民意の政治を
行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのだ。 宗教やイデオロギーや貧富の差でテロが
起こるのでは無い。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な
行為を作り出す。

アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持った。 攻められる恐怖である。 アメリカ本国はた
だの一度も爆弾を落とされた事が無い国なのである。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に
吹っ飛んでしまった。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで他国には
干渉したがらない国に方向付けられた。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌が
りかけていたのである。

331 :funwaka:2005/12/20(火) 14:21:44 ID:???
ところが今回のテロではっきりと気づかされた。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国
の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての
国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に。

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆかない。ですからこれからは2
0カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずである
。 その手始めがテロ支援国の根絶なのだ。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている
国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではない

すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしている。 歩みは遅い
もののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのである
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るだろう。 それはアジアに置いても同じ事だ。 今までは内部分裂を起こしているような日
本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情だからと、逃げてばかりは許されない。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準
テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるだろう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思わない。 今後50年スパンの話だ。 しかし、必
ずや世界はその流れに沿うように成るだろう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩み
を始めたのだ。

http://hw001.gate01.com/funwaka/rongaikou.htm




332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 16:01:06 ID:???
>テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
>りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 

おめでたい人がいるなあ。
世界で起きている戦争の半分は自称民主主義国家アメリカが起こしたものなんだが。


333 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/20(火) 16:23:36 ID:uIgrgCFr
>>329 その後についての思慮は考えないということか。 で具体的にどうするの?

質問してくれてありがとう。

アメリカのリベラルの心は大体掴んだ。
いろいろ情報源はあるからね。
私がリベラルと見ているのは:
1.先ず、クエーカーの人たち。 http://www.afsc.org/default.htm
2.次は、民主党左派 http://www.dlc.org/ndol_ci.cfm?kaid=128&subid=187&contentid=895
3.個人では、Robert N. Bellahだね。
  個人の経歴は http://www.robertbellah.com/
  日本人が喜びそうな主張は http://www1.neweb.ne.jp/wb/sanzensha/drbellahj.html
4.美人を1人挙げておこう。地位も並みじゃない。
  Jessica Tuchman @Carnegie Endowment for International Peace
  http://www.carnegieendowment.org/experts/index.cfm?fa=expert_view&expert_id=18&prog=zgp

私の場合、これくらいの人の本音を理解しておけば、通常のアメリカ・リベラルよりは上になれる。

次に具体的にどうするかとの質問について:
アメリカが近未来に困って泣きつきそうなことを予め準備しておくことだね。

それは、簡単明瞭だ。アメリカは次に世界中から総スカンを食う。
その時、日本が助けなければならん。当面、東アジアでカバーしてやることだ。
準備おさおさ怠り無し。秘密だから、これ以上は言えないけどね。

長い心の友の1さんは、言わずとも分かってくれていると、思っている。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 16:38:07 ID:???
↑右翼はゲーム脳だし。
ゲーム理論と秘密は同梱されております。


335 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/20(火) 19:10:09 ID:uIgrgCFr
私の専門はゲーム理論でなく、ゲーミングシミュレーションという実践論の方です。

しかし、いずれにせよ、ゲームの理論や方法論については、左右の区別はないと思うが?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/20(火) 19:30:08 ID:???
Simulation Model for Activityの中身に秘密が必要なのか?
ゲーム理論では目的が条件だから、必要なんだが。。
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つまるところ、全員ゲームシュミレーション?



337 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/21(水) 00:13:27 ID:???
いやいや敵を騙す前にまず味方からっていうだろ。
だったら証明もしようがないし、仕方ない。
かと言って不可知論に陥っては意味がないので、
ここでは慣用句を使って論じていくしかない。

行動しない人にはくやしいだろうが、中葉氏の言ってることは正しい。
アメリカを救うことが出来るのは日本だけだってことだ。
そして新しい国家、アメリカを救わないと人類の未来は無い。
天皇家が潰えて特亜入りしたら御破算だけど。

栗本伸一郎氏あたりが壮健だったら同じことを言うだろう。

338 :軍事組織論:2005/12/21(水) 00:42:16 ID:???
>>316
>伝統的神道と仏経をメインにした宗教教育ももちろん欠かせない。
なるほど、道理です。

>だからおれは明治以前の形態を模して京都へ上れと言っている。
分野の違いはあれ、明治時代に志向しようとする力と、
現在の経済状態に見られる個人投資家の勃興と外資参入は、まさに明治期の日本を彷彿とさせます。
日本は明治時代からの歴史再生と言う課題を果たす時かもしれませんね。

ただ、私個人は天皇家にとって悲観的な未来を考えますが。

>>329
地方分権の側面から言うなら、地方分権について考えれば具体的な行動は出てきませんか。

>>337
と言うよりも、これはリスクヘッジの問題では?
目的は明らかにしているのだから、後は様々な選択肢を自己判断で取捨選択し、それぞれ達成させて下さい、と言う事でしょう。
一つの方策に群がるよりも、多種多様な方策で攻めていった方がリスク管理の観点からも良いことですし、自滅も防げます。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 19:54:33 ID:KwI9XcxL
>4.美人を1人挙げておこう。地位も並みじゃない。
  Jessica Tuchman @Carnegie Endowment for International Peace
  http://www.carnegieendowment.org/experts/index.cfm?fa=expert_view&expert_id=18&prog=zgp

勧誘ならあの時代に戻ってやってくれるか?


340 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/21(水) 21:30:25 ID:ISVTuyel
まだ現役だよ!

341 ::2005/12/22(木) 11:06:24 ID:yb2lz0pD
中葉さん、最近なかなか来れないのに、忘れないで心の友って言ってくれてありがとう。

>>333
>それは、簡単明瞭だ。アメリカは次に世界中から総スカンを食う。
>その時、日本が助けなければならん。当面、東アジアでカバーしてやることだ。

このくらいの気勢で行きたいですね。
じっさいアメリカ国内でもブッシュへの批判が高まってるし、
国際社会でもアメリカの「正義」のうさんくささが際立ってるし。

東アジアでカバーしてやるには、中国との関係も、あっちが反日だからといって
こっちも反中では堂々めぐりでいつまでたってもまとまりがつかないですよね。
中国でも呉建民さんという元外交官の著名な学者が「世代を超えた中日友好の確立こそ
私たちの目標だ」と、その立場の人としては異例の発言をしたそうですね。

アメリカとも中国とも必要以上にひっつく必要はないけど、日本は日本として、
毅然として、飄々と、バランサーとしての役割ができればいいと思います。
ブッシュべったりの今の小泉流ではそれはむずかしいかな。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 17:13:48 ID:vwJ4lJyc
突然話の腰を折るようですが、中国という国について私見を述べさせて下さい。

中国が何を考えているのかわからないという意見を時折見かけます。
外交カードや国内向けのプロパガンダとして反日感情を煽ったり
歴史捏造をしているようにも見えます。
しかし南北朝鮮のそれとはやや意味合いが違うように思えます。

中国が真に意図するところは、彼らの5千年の歴史を見れば一目瞭然です。
「中華思想」が重要なキーワードです。
中原では数々の王朝が交代しましたが、中華思想は一貫して変わらず、
異民族王朝の元や清でさえ中華思想に染まっていました。
今なお中国人のアイデンティティでは「中国は元来世界の中心である」が不動に座し、
日本を始めとする周辺国家とはその昔朝貢貿易で中国の先進文化の恩恵を受けるために
中華皇帝に臣下の礼を取る蛮族の国の成れの果てにすぎないのです。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/22(木) 17:14:24 ID:vwJ4lJyc
万里の長城が示すように、中国の歴史は遊牧民族・匈奴との抗争の歴史でもあります。
各王朝は匈奴の侵入を食い止めるため長城を建造して修復し続けました。
国の勢いが盛んな時は西域に遠征して匈奴を西へ駆逐し、西域経営に
乗り出し莫大な貿易の利権を占有しました。
彼らにとっては日本とはまさに現代の匈奴なのだと思います。
現代の匈奴・日本が宗主国(中国の意識で)に無断で西洋に靡き、
戦後は中国をはるかに凌ぐ経済力と文明を得たのは、
彼らの価値観からすれば許すべからず事態でしょう。
日本を駆逐して国力をそぎ、朝貢貿易の昔に戻すことが中国の真の目的なのです。

時々日中武力闘争勃発などというネタニュースが流れますが、
21世紀の今、武力侵攻するのは得策ではありません。
5千年の歴史を持つ中国が画す謀はスケールが大きく100年単位です。
第二次世界大戦後中国はじっくりと日本国内の親中派を増殖育成していきました。
100年後には愚民化政策で痴呆症を発症した上に平和教育で
去勢されている日本が経済破綻して中国に泣きつくと考えているのです。

このような意識の国家と対峙する日本は非常に困難な立場にあるといえるでしょう。
しかし中華思想と同時に現世肯定の道教を民間信仰として持つ民族でもあるので、
本音では日中の経済関係を重視しているので、政治経済両睨みでしょうが。
ともかく日本も100年先を見越した政策を立てないと翻弄され続けると思います。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 14:55:53 ID:???
816 :無党派さん :2005/12/13(火) 12:54:30 ID:K7kTSXBY
93 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/12/13(火) 01:28:38 ID:FjtmAZgZ
温首相は「侵略戦争が中国人に大きな災難をもたらしたことを知らなければならない。
死傷者は約3500万人だ」と指摘した。
その上で、小泉首相の靖国参拝が「日中、中韓、日韓の関係」を阻害しないよう求めた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20051213k0000m030144000c.html

817 :無党派さん :2005/12/13(火) 12:55:25 ID:nfa9ixY7
>>816

被害者数が下がった瞬間を始めて見たw

●犠牲者数増加の歴史まとめ 完成版

時代                 犠牲者数     ソース        増加率(1%未満四捨五入)

終戦時                130万人    GHQ発表         ×
終戦時                130万人    国民党発表       ×
1948年                438万人    国民党政府報告書  3年で337%
1950年代              1000万人    共産党政権発表   10年たらずで約228%
1970年                1800万人   共産党政権発表    10数年で約180%
1985年(抗日勝利40周年)    2100万人   共産党政権発表    15年で117%
1998年(江沢民来日時)     3500万人    江沢民発表      13年で約167%
2005年(抗日勝利50周年)    5000万人   卞修躍博士発表    7年で約143% 

60年で130万→5000万。
よって平均増加率は年間約6.3%増。
この増加率が維持されたとすると、1億人突破は2017年頃、2億人突破は2029年頃、
そして22世紀初頭には128億人を突破するものと推測される。

ちなみに来年には南京大虐殺で殺されたとされる30万人の10.5倍、
約315万人の犠牲者が追加される見通しである。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 23:02:02 ID:pgP1S3nV
米帝駆逐!シナ修正主義打倒!朝鮮隷属主義死滅!一億総玉砕万歳!天皇陛下万歳!大日本帝国万歳!

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 23:53:13 ID:c+ODPxtg
総スカンをくったって別にアメリカは
気にもとめないと思うが、嫌われて具体的にどう
困るとお思いなんでしょうか?


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 03:03:21 ID:???
>>343
中国の北方防衛ではやはり現代でもロシアだよ。
特に資源がらみではプーチンは要警戒というところだろうな。

348 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/24(土) 09:57:08 ID:rLkHzQQE
>>346 別にアメリカは気にもとめないと思うが、嫌われて具体的にどう困るとお思いなんでしょうか?

アメリカと一言に言ってもアメリカは雑多な人間の集まりです。「合衆国」という名の通り。

例えば、進化論を信じる人々と、その逆に進化論を否定して字義通りの聖書を信じる人々との分裂国家です。
例えば、「147. カンザス州教委で進化論論争が再燃している」
http://www.aba.ne.jp/~sugita/147j.htm
(驚いたなあ!伴奏つきだ!)

また、例えば、争うアメリカ 人種・権利・税金 http://item.rakuten.co.jp/book/719262/

多分、次回大統領選は、日本が撹乱せずとも、米国内部で相当ひどい擾乱が始まるだろう。
公民権闘争の時とは比較にならない混乱になるだろう。
黒人や少数民族や、近隣(中・南米)はてぐすねを引いて待っている筈だ。

349 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/24(土) 10:28:25 ID:rLkHzQQE
>>341 中国でも呉建民さんという元外交官の著名な学者が「世代を超えた中日友好の確立こそ私たちの目標だ」と、その立場の人としては異例の発言をしたそうですね。

呉さんは前駐仏大使、現BIE議長。
朝日新聞2004年6月11日付けによれば、5月31日に神田愛知県知事他が
北京で中国側関係者にご挨拶した際、昨年12月にBIE(博覧会国際事務局)議長に
就任した呉建民氏(前在仏中国大使、中国外交学院院長)は「大阪万博以降、
低調傾向にある万博運動を盛り返したい。21世紀以降の紛争解決の糸口、
新しいコミュニケーションの方策、マルチラテラリズム(多国間主義)の観点からも
日本の努力を期待し、BIEも愛知万博に協力を惜しまな
い」と語ったとのことです。

また、今年の9月19,20日に開催された「持続可能な開発」の媒介者たち
http://www.minpaku.ac.jp/jcas/symposia/2005/20050919_20/index.html
http://www.minpaku.ac.jp/jcas/symposia/2005/20050919_20/program.html
で最終の締めくくり所信表明に登壇されたときに、
上海では愛知のテーマ「自然の叡智」をどう受け取ってくれるかと、
いささかきわどい質問をぶつけたところ、必ず引き継いで実行すると、
逆に待っていましたとばかりの積極的な姿勢を示され、安堵しました。

元気だったら、私も上海に参加する心算です。少なくとも、これから2009年まで、
日本でできる準備には全力を投入します。いやもう始めています。

350 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 19:14:54 ID:ZHIhUXf9
ロシアの石油国営企業のCEOだかにアメリカ人が就任したとニュースあったな。
包囲されて困ってるのは中国で日本取り込みに躍起になってるのは中国。



352 :軍事組織論:2005/12/24(土) 19:48:39 ID:???
>>351
今、中国には二つのナショナリズムがあります。
一つが民族ナショナリズムと、もう一つが文化ナショナリズム。

前者の場合、漢民族ナショナリズムが中心です。中国政府はこの動きを危険視しています。
なぜなら中国国内には最低でも 1億人の少数民族がいる為、長期的国家の安定を考えると
漢民族ナショナリズムは多数派民族と少数派民族の対立を生みかねないからです。

そして後者、文化ナショナリズム。
これは所謂 中国語文化圏や中華文明圏を言います。
中国政府はどちらかと言うとこの文化ナショナリズムを歓迎しつつ警戒しています。
今の中国は非中国語圏と非中華文明圏も中国国境内に組み込んでいます。
なので、あまりにも文化ナショナリズムが流行り過ぎても対立が生まれます。
そう言った地域を中国語圏や中華文明圏に組み込む為に漢民族を送り込んだり、中国語教育を徹底するようにしています。

この二つのナショナリズムを使い分けることで中国政府はナショナリズムの均衡をとろうと考えています。
しかし、前の反日ナショナリズムは漢民族ナショナリズムが暴発した事もあり、中国政府は強い危機感を抱いています。
事実、2004年と2005年の小泉総理の靖国神社を報道した中国メディアは極めて限られ、後者 2005年に至っては英語版を除き報道されていません。
2004年の反日デモ運動発祥は、アメリカにある中国系市民が運営するグローバル市民団体
「Global Alliance for Preserving the History of WWII in Asia」
http://www.global-alliance.net/
の日本常任理事国入り反対運動がきっかけで、中盤以降は知りませんが、少なくとも序盤に関しては中国政府の意図しないデモです。

353 :軍事組織論:2005/12/24(土) 19:53:08 ID:???
「Global Alliance for Preserving the History of WWII in Asia」についての詳細は
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134441254/159-160
こちらを参考にして下さい。

こう言ったナショナリズムの動きに対し、中国人と会話をした事があります。
要約しますと。
・中国政府としては、アメリカの東アジア防衛ラインの重要拠点である日本を
中国権益側に取り込むことが東アジアでの中国の覇権防衛になるのでは?

・中国政府もそう考えているが、(中国)国内からの大衆ナショナリズムの突き上げも無視出来なくなっている。
つまり、それだけ大衆の力が強くなって来ていて、以前のように中国政府の完全な制御下にあった時代と変わってきている。

ナショナリズムを克服出来るかどうかが、中国が成熟した国家になれるかどうかの境目になると思います。
なので、中国のナショナリズムレースに安易に日本が参加するのは危険と考えた方が良いです。

354 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/25(日) 01:54:49 ID:???
いやいや今や中共にはとっくに借日の面影はなく、指導力ガタガタに落ちてるでしょう。
各地方軍と大衆の板挟みぶりは哀れを誘うほど。
成熟した国家になることなどありえない、と予断しておきます。

予断しなきゃ2ちゃんじゃない。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/25(日) 02:04:21 ID:v9zP4CBT
>中国のナショナリズムレースに安易に日本が参加するのは危険と考えた方が良いです。
えっ 中国は国内に少数民族抱えてる分、日本が有利じゃないの?
困るのは中国

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/25(日) 15:44:01 ID:UlJAMveT
>349
なんで民主主義のない、軍事独裁国家中共に、そうまで肩入れするんですか?


357 :軍事組織論:2005/12/26(月) 00:38:14 ID:???
>>355
何の分野で日本が有利と言っているのか分からないのですが、
中国は困難な問題を抱えていると私は主張しています。

要するに中国は内部矛盾を隠す為にナショナリズムを持ち出してきてるのであって、
それにわざわざ日本が乗っかる必要は無いと言うことです。

358 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/26(月) 00:50:28 ID:???
だけど是々非々な部分も大きいでしょう。
実質経済植民地としてのシナには乗ってきたし、これからも利用するとこは利用するでしょう。
さんざここで議論されてきたじゃん。
いまだに中共幹部は日本に言外の意というか分かってコール送ってるけど、それを無視するのも正しい。
経済には経済のルールがあるからね。


359 :軍事組織論:2005/12/26(月) 05:48:54 ID:???
>>358
誤解です。
私がここで言ってる「乗っかる必要は無い」と言うのは、ナショナリズムのレースに参加しないと言う意味です。

360 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/26(月) 09:19:03 ID:S0FbONAk
>>356 なんで民主主義のない、軍事独裁国家中共に、そうまで肩入れするんですか?

策は秘なるをもって良しとす。壁に耳あり、障子に目あり。

種あかしは成功の暁に。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/26(月) 12:22:27 ID:7rPQFCVI
>>360
とっくにばれてるんだよ馬鹿w

362 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/26(月) 13:40:07 ID:S0FbONAk
誰も(俺も)知らないのにばれるとは?!(絶句)

363 ::2005/12/26(月) 14:49:32 ID:tGJq8jwy
民主主義のない、軍事独裁国家といっても、現実にお隣の国だしなぁ。
経済でも密接な関わりがあるし、関係しないわけにはいかないですよね。

>>353
>ナショナリズムを克服出来るかどうかが、中国が成熟した国家になれるかどうかの境目になると思います。
>なので、中国のナショナリズムレースに安易に日本が参加するのは危険と考えた方が良いです。

わかります。中国は内部の混乱、たとえば農村部と都市部の激しい貧富の差や環境汚染の問題など、
国内に渦巻く不満の矛先をナショナリズムによってごまかそうとしているニオイがプンプンするので、
それに日本が乗っかったら利用されて憎まれて損するだけですよね。

反日の嵐はウザイけど、ここはグッとガマンして、中国との(ずるくて)うまい関係を模索していくのが
大人のやり方ですね。今は靖国問題がスケープゴートにされてるけど、そのへんのことは軍事組織論さんはじめ、
みなさんはどう思いますか?どうやったら靖国問題をうまく解決できると思いますか?

俺は個人的には、靖国は日本の心の問題だから、他の追悼施設を造るなんてナンセンスだし、
日本の代表である首相が参拝するのは当然つか、8月15日だろうがどんどんお参りしてほしいと思うけど、
親父に聞いたら、靖国は日本だけじゃなくアジアの人たちの心の問題の象徴でもあるから、
もっと慎重に考えなくてはいけないと言われました。どうなんでしょ?

364 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2005/12/26(月) 17:26:56 ID:???
★クールな原宿 少女の共通語
・かつて日本の少女たちは、少女漫画に描かれた欧米の文化に憧れた。が、最近はこの傾向が
 逆転しているという。日本の「MANGA(漫画)」などに夢中の各国の少女たちは、これらの
 ポップカルチャーの舞台となる東京・原宿こそ「世界一クール(かっこいい)な街」と信じる。

 「原宿? すごく行きたい」
 NY市の大学生アナ・ハフナーさん(18)は勢い込む。CLAMPの漫画「ちょびっツ」が大の
 お気に入りというハフナーさんは今年、登場人物の服をイメージしてハロウィーンの衣装を
 作ったという。「日本の漫画は何より衣装がすごくすてき。原宿ファッションはアメリカじゃ手に
 入らないけど、古着屋を回ってストリートファッションを自分なりに作っている」と話しながら、
 原宿に行く日を夢見る。
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20051226/mng_____thatu___001.shtml

…目下アメリカの若い世代の心を掴んでいる日本のソフトパワーは、こんなヲタ系やジャパニーズホ
ラームーヴィーなど、若干気恥ずかしいサブカルチャーなどの分野のようだ。
…もっとも通受けするハリウッド俳優エドワード・ノートンなどももっとも好きな言葉を「SAMURAI」
だと発言するなど、正統文化へのリスペクトがリベラル層周辺に浸透している。
…音楽分野でも、日本のラップなどは現地の黒人ミュージシャンたちにとっても新解釈だとされ、意外
に好印象だったりする場合が多いのは、ROOTMUSICとしての黒人音楽をリスペクトしてきた日本人リ
スナーにとっては驚くべき反応だ。
…統一的なプロパガンダの存在しない社会での趣味のいい高品質で多様なソフト産業の充実を日本が担
っている不思議は、その実サヨクなどの中心的な権威を必要とする弱い人々を不安定要素として抱える。
…「空気」を読んで「流れ」に身を任せ、微妙な「匙加減」で姿勢を制御してやる、そういう穏やかな
手法を好む人々と、白黒ハッキリさせたがる人々。この両者の無駄な軋轢を些細なことにしてしまうの
は上にあげたような、ソフト、ハード両面の「独創的なモノ造り」しかない。
…議論は重要だが、それにはまず事象に対する謙虚さが必要とされる所以だ。

365 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/26(月) 19:17:47 ID:S0FbONAk
> もっと慎重に考えなくてはいけないと言われました。どうなんでしょ?

私の答えは至極簡単です。

もっと慎重に考え、次に日本人同士が、慎重、かつ闊達に討論し、
国際的に毅然と話し合い、行動することです。

私と同志とは、今までもそうやって来たし、これからはもっと毅然と行動します。

366 :軍事組織論:2005/12/27(火) 00:46:18 ID:???
>>363
>どうやったら靖国問題をうまく解決できると思いますか?
対日平和条約ことサンフランシスコ平和条約を再考することから始めてはどうでしょうか。

サンフランシスコ平和条約とは一体何だったのか。
あそこで日本が受諾した物が何だったのか。
それについて考えることが、問題の解決に繋がるように思います。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/tpj.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF

367 ::2005/12/27(火) 11:29:46 ID:ZnyDWNDi
>>365
中葉さんがそうおっしゃるなら、親父の言うことも聞いて慎重に考えます。

どうして靖国をヘンにひいきしちゃうかってゆうと、工房の頃に知りあって、
ヒキになってからも唯一の友だちで遊んでもらってた特攻隊の生き残りのおじいさんが、
病気で氏にそうになっちゃってさみしいんです(ノ_・。)。冷静に考えれば、靖国は国家神道。
単なる神道の一派にすぎないんだから「日本の心!」とまで叫ぶようなもんじゃないけど、
せめて「靖国で会おう」って戦争に行った世代の人たちがいるあいだは靖国を大切にして
ほしいっていう、個人的な感情だけで発言したかも。

>>366
重要なヒントをありがとうございます。
リンク先を読んだら、サンフランシスコ平和条約は、中国、ソ連、インドの反対を無視して、
英米だけで強引に調印したんですね。その内容には、沖縄、小笠原というアジア攻略の要とも
いえる拠点に米軍の駐留も認める、中国などにとっては脅威を感じさせる内容だったんですね。
そして日米安保条約ときたら、たしかにアジア諸国にしたら日本=アメリカの支部ってかんじで、
舞台になってる日本の動向に敏感になってあたりまえかもしれない。

リンク先にA級戦犯のことも入れてくれたのは、分祀のことですか?
これむずかしいですよね。靖国側は断固分祀しないって言ってるし、
分祀すれば参拝OKって人もいるし。俺はどっちかよくわからない・・。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 12:59:55 ID:???
>>327
おいおい、ずいぶんハードルが高いなw
戦前は企業に朝鮮労働者の就労権を認め
不法就労者の組合を日本国内に認めた事から始まり、
何故か上海でその日本の組合名で暴動おこしてる。はじまりはそんなもん。

>>341-343
1は長文書くぶん、成長してるのかねぇ
中華思想の原理について分析しても意味ないと思うよw
近代国家の条件で隣国の主体と紛争状態も含めて国境線の同意が必要。
ちなみに>>347には全面同意。中露は領土問題で条約を結んだが司法権の交渉を
中国側が拒否してた。パイプライン問題で連結させて合意した。
中国の言論は注目だねぇ。通史委員会ですら、全人代、共全代、政治局の
中露条約の本決議内容・経緯を書いてないがな。北方領土でも前進した日には中国の危機。

>>366
アムネスティ条項もな、日本の問題点がさらけでるけど
ブッシュパパが靖国に来ようとしたとき、事前に米司法省が見解メモを渡したって
回顧録にあったと思ったが。

あと、軍事組織論氏に聞きたいんだけど、中葉氏のような
目的をもたない方法論ってあるの? ファシズム以外でw
昔、元海兵隊の人に聞いたら軍組織論であるって言ってたけどよくわからん。


369 :368:2005/12/27(火) 13:35:44 ID:???
あぁ、>>1>>341だけだねぇ。すまん


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/27(火) 20:28:24 ID:X/ILC2lq
まあ在日米軍を削減するなら自衛隊員を増やすか兵器で埋め合わせするしかないな。
募集がすくなけりゃ志願制から韓国みたいな徴兵制にしなきゃならんわけだがw

在日米軍を減らすか自分が自衛隊に入隊するかどっちかだな。



371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 13:45:36 ID:n9nbHnQO

「次の標的は日本」 大泉 光一 編著
株式会社ジャパンインターナショナル総合研究所

http://www.ji-institute.com/

372 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/29(木) 19:26:36 ID:3WHhVKnQ
それで対応策は?

373 :軍事組織論:2005/12/30(金) 07:04:23 ID:???
>>367
分祀に関しては私も明確な意見を持っていません。
ただ、私も靖国神社に行ったことがあるのですが、遊就館は靖国神社の施設の中でも最も政治的主張が激しいように思えました。

>>368
>目的をもたない方法論ってあるの?
解釈の違いか、あるいは単に価値観の違いの話になってしまうかもしれないですが、
例えば禅のように、ありのままの現実、現象の受け入れを前提とした方法論には
到達点ではなく、意識する(認識する)ことが大前提にあるので、そう言う方法論が無いとは言えないと私は思います。

>昔、元海兵隊の人に聞いたら軍組織論であるって言ってたけど
これは軍事組織論が目的をもたない方法論だと言う解釈で良いのでしょうか。
軍事組織の運用の方法論に目的が無いと言うのが、軍事的な目的を定めないと言う意味ならその通りだと思います。

軍事組織論は組織運用の意味もありますし、政軍関係論にも繋がる。
他に組織の観点から見た安全保障としても参考になるし、軍と社会の相関関係を知る上でも役立つ。
特に軍事的目的を設定せずとも実践可能な事、語れる事はあるので、その点のことかもしれない。
あるいは分析するだけの学問と言う事でしょうか?
その元海兵隊の方が軍事組織論の何を指して言っているのかが具体的に分からないので、それ以上私も答えようがありません。

この回答で宜しいでしょうか。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 22:59:58 ID:k+EWe2it
靖国は中国ヤクザのいいがかりで
小泉首相の対応が一番
まともな対応じゃあるまいか



375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/30(金) 23:12:48 ID:k+EWe2it
>360
まさかセンセ平成の内藤湖南を目指してるんじゃ
ないんでしょね?10億の糞の選りすぐりの汚濁に対して
性善なる日本人のセンセは立ち向かうとしても
せいぜい鶏鳴狗盗の徒扱いだったりして、ちなみに
空港に迎えにくる車種を教えてくれまそんか?

376 :中葉 ◆Uq4tWGbn2I :2005/12/31(土) 14:32:19 ID:8x2nmyCs
イヤー、迎えに来てくれれば車種は選ばずです。

内藤湖南は知りませんが、湖南省長沙市の師範大学は面白かったですね。
特に朱子学発祥の地というのが気に入った。



377 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/01(日) 14:57:37 ID:Xwz+rc9M
明けましておめでとう

378 ::2006/01/01(日) 16:24:29 ID:lXU2QPJL
あけましておめでとうございます。

379 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2006/01/02(月) 15:56:16 ID:???
お正月からご苦労さん。
とういうわけで新年一発目でもないけどヲイヲイ。
これもCIAの工作か?

アルカーイダやロンドン同時テロとの関係が指摘されるパキスタンのイスラム過激派テロ組織のメンバーが、
日本支部設立を目的に極秘入国していたことが二十九日、警視庁公安部の調べで分かった。
産経新聞が入手した警視庁の内部捜査資料にも「支部設立を目的として来日」と明記されている。
イスラム過激派の組織網構築の動きが日本国内で確認されたのは初めて。
米中枢同時テロから五年となる節目の年を前に、政府も国際テロ対策の抜本的な見直しを迫られそうだ。

問題のテロ組織は、「シパヘサハバ・パキスタン」(SSP)。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/30iti001.htm

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 00:27:48 ID:UXFYFdOz
あけましておめでとうございます。
>>379
保守化爆弾の最終兵器だね。
背後から24時間狙撃体制食らってる気分は最悪だ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 05:29:22 ID:yOLDXY/L
>>379
公安の産経新聞を使ったリークって、露骨に政治的意図があるから嫌いなんだが・・・
まあこれは、新年の公安からのご挨拶って感じかな。
今年もテロ対策頑張りますって、書き初めみたいなものだろw

どもみち日本国民は、テロの危険も公安の存在も忘れていると思われw

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 22:41:06 ID:I0GSNlzQ
中共は日本をいまだに敵視政策をしてるのに
宙さんに代表される日本の一辺倒の善意は
異常だし危険な水域に入ってると思う。


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/03(火) 23:05:32 ID:qN1KStZn
明けましておめでとうございます。
話題提供で社会構築に絡めて環境問題

京都議定書の根拠が揺らいでるらしいです。
ひょっとして無駄なことを頑張ってたんでしょうか?
これからどうやって環境問題がんばればいいんだ

ttp://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/news/kyouto/index.htm

http://www.tkfd.or.jp/publication/reserch/chikara16_3.shtml

京都議定書の科学的根拠は揺らいでいる
「二十世紀の気温は異常ではない」は、百年〜千年前の気温を推定する方法の
見直しが大きく進んだ結果だ。気温変動はノイズが大きいため、過去の気温変動
が何分の一にも小さく見積もられる傾向がある。そのため、見かけ上二十世紀の
気温変動が大きくなった。二十世紀後半の気温は千年前と似ており、現在は
数百年前の小氷期からの回復途中(あるいはピーク)らしい。


384 :軍事組織論:2006/01/03(火) 23:18:59 ID:???
明けましておめでとう御座います。
今年はアメリカの金利引き上げの観測が出ている為、それによる不動産買いの熱が冷め、経済の失速が予測されるので、
それまでに日本が金利を上げられるか、あるいは ゼロ金利のまま再び突入するかと言う問題があります。
特にグリーンスパン退任は大きな影響となるでしょう。
そして世界的には、新興国への経済的な打撃が非常に大きいと思われます。
この点がどう影響して行くかについて注視したいと思います。

385 :軍事組織論:2006/01/03(火) 23:32:21 ID:???
>>383
地球環境は熱量保存の法則に従うとの前提では、地球温暖化が生じている一方で地球寒冷化が生じています。
例えばロシアは年々温度が下がり続け、プーチン大統領が「温暖化を歓迎する」とまで発言しました。

結局のところ、複雑な気象や相関関係が明らかになっていない現在、
それを人間の手でコントロールすると言う発想がそもそもの京都議定書の前提なのであれば、
ローマクラブが提言するように強制的に経済成長を止めるなどの措置をとり、新興国に対して先進国が「もう経済発展するな」と言えるほどの
納得出来る根拠とそれによる具体的な利益を掲示出来ない状況では、京都議定書が意味を持たないと言うのには私も同じ考えです。

安全保障の分野でも一時期怪しい環境安全保障が流行りました。
直ぐにその分野の研究は廃れましたけど。

386 ::2006/01/04(水) 09:44:28 ID:BPmJK6PM
三が日はみなさんマターリできましたか?
中葉さんも普通のおじいちゃんになって、孫にお年玉あげたりしてたんだろうか・・・。

れんみさんが貼ってくれたように、日本でもイスラム過激派が組織化してるようだし、
年末に「ミサイルがきたらサイレンが鳴るからデパ地下などへ避難を」なんて記事がでたり、
中国が尖閣諸島や石垣島などへ侵攻してきた場合にそなえて陸自と米軍が合同訓練やったりと、
あんまり幸先のいい年になる雰囲気ではありませんが、こちらではコツコツ議論を展開して、
なんとか迷走する情勢に対応していきたいですね。

>>383
そうなんですか。京都議定書ってあんま意味ないんですか?
アメリカがガンとして参加しなかったのを批判的に見てたけど、考え直したほうがいいの?
アメリカが参加しなかったのは科学的根拠じゃなくて自分とこの利益のためだけだと思うけど。

遅レスになりますが、>>373軍事組織論さん、あれから考えて分祀はやっぱりしたほうがいいかなと
思いました。突っ走ったデムパな上層部のおかげで多くの同胞が犠牲になったわけですし、
その上層部の行動が世界にとっては当時の日本を象徴するわけだから。

なんかいろいろ考えなくてはいけないことが多いですが、さいわいこのスレには
詳しい人がたくさんきてくれるので、これからもいい議論ができると思っています。

387 :べの:2006/01/04(水) 14:36:25 ID:???
今更なんだが、アメリカは石油が欲しかったんだね。
ただ、欲しいものは必ず手に入れる実力はあっても
ただ欲しいから強奪したとは言われたくない。
ということで、「テロとの戦い」という口実を作る必要があった。

攻め入った後のこともちゃんと考えてあったようだ。
用が済んだらすぐ帰れ、と言われるようでは何をしに行ったかわからない。
ここでもテロが利用できる。テロが続く限り、米軍の駐留は必要だ、というわけだ。
その前に、要らぬ詮索をされないようにジャーナリストやNGOも排除しておく。
テロリストにやられたことにすれば一石二鳥だ。

日本政府もそれについては百も承知だし、
わかっていて、「日本にもテロの脅威が」という虚構作りに荷担してるんだな。
オウムのテロ事件があった時には破防法適用すらしなかったのに、
海の向こうでテロが起きたら急に騒ぎ出すというのもちぐはぐだが
阪神大震災が起きた後で建築基準法をザル法にし、チェックをザルシステムにするというちぐはぐさに共通の行動様式を感じるな。

久しぶりにコテハンで書いてるのは、他にいろいろ言いたいことがあるからだが。
「突っ走ったデムパな上層部」というところとか…
どっかの国の政府とか軍が「マヌケでヘタレでデンパな」行為をしたように見えたら
ちょっとおかしいと思う必要があるだろうな。
詳しくはまた後で。


388 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2006/01/04(水) 14:38:09 ID:???
>>385
環境問題というより環境保護運動に関してはすごくうさん臭いものを感じる。
ベルリンの壁が崩れてそう間も無いのに、テレビを始めとするメスメディアが一斉に
環境汚染と環境保護のキャンペーンを始めたのを強烈な違和感とともに肌身で感じて
いて良く憶えている。
その頃2ちゃんがあったら、きっと騒ぎになっていただろうな。
UFOの矢追純一まで担ぎ出して「宇宙船地球号」ってやってたし。
環境問題もWGIPとたいして変わらんのだろうなぁ。

ネット登場以前のセオリーはぜんぶ疑ってかかってナンボだと思ってる。
そのほとんどが情報操作やプロパガンダのたまものだと。

中国の環境汚染は進んでいる?
あれは他国の迷惑顧みない国際的公害ととらえるべきだねw

389 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2006/01/04(水) 14:45:46 ID:???
>>387
初めまして、かな。

嘘はいいんだけど(ふつうに見抜かれてるから)問題は国益に沿うかどうかだ。
日本人にとっては初の海外派兵できる環境が整ったということ、そこが重要だ。
環境問題ではそこが見えずらいから(どうせ電通あたりがからんでるんだろうが)ブツブツ言ってる。

「他にいろいろ言いたいこと」の方が気になるので請う開陳。

390 :べの:2006/01/04(水) 17:02:47 ID:???
>>389
れんみさんとは初めてでないような気がしたので過去ログを調べたが、あったな。2003/4/30(笑)
ま、忘れてる方が普通だろうけど。
というわけで、あらためまして、と言っておきます。

さて、違法建築問題についていえば、
大地震が危惧されているのに、なぜこんなザルチェックシステムがまかり通っているのか、
不思議に思ってる人は多いだろう。
実は2年ほど前に出た「拒否できない日本」という有名な本に、
例の対日年次改革要望書に従って建築基準法が改革されたと書いてある。
しかし、ニュースや特集でこの本が言及されることはないし、著者がコメンターとして招かれることもない。

まあ、建築分野は一例に過ぎない。一事が万事で、あらゆる分野において、
アメリカ様優先、日本は第二、という原則が貫かれている。
これは戦後ずっとそう。
というか、戦前からそうだったかも知れない。
しかも日本だけの話ではない。
これはもう、妄想の領域だけどな。


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 17:16:28 ID:c6Zn+JRo
京都議定書はとっかかりとしての意義「だけ」はあるんじゃないかな。


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 17:16:52 ID:???
友よ、天皇陛下の御名のもと美しい日本国を築こうではないか。


           .,.v-ー''″ ミ,
         ,,/  ,,,,   ミ
       .,/   ,,|||||||,,  ミ.
       ,!′  ,,||||||||||||| .゙゙!;
      ノ   |||||||||||||||||  ゙`!;        日本人だけの特権!
      .\.,  "|||||||||||||"   ..ミ            世界の中心で天皇陛下万歳を叫ぶ!
        .\  "|||||||" ,.,v-r|i
         )   ""  ./ ′ .ミ,
         .)    .,r'′   ミ.
          .゙'ー‐'¨¨″     フ∧_∧
                    r(,,゚Д゚)
                     〉日本つ
                    ⊂、 ノ
                      し'

     天 皇 陛 下 万 歳 !

日出づる処の極東板より
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135328170/

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 17:35:34 ID:c6Zn+JRo
一人でやってろ

394 :れんみ ◆fNqo5vRsCQ :2006/01/04(水) 20:10:42 ID:???
>>390
あ、そうだっけ、だったら改めまして。

戦前まで遡っちゃうてぇとぉ、なんじゃらほい?
ユダヤ勢力の影響力はホロコーストプロパガンダ以降って印象があるが、
戦前の対日印象操作でも在米華僑と手を組んでいたわな。
まさかフリーメイソンw?
もっと遡ってテンプル騎士団が織田信長に黒人スパイを送り込んでいたとか?

冗談はともかく明治時代から恐慌までの日本の財閥が欧米資本と通じていたのは
当時の陸海空諸武器が欧米製であったことからも明らかだろうね。

それで。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 21:57:38 ID:???
>>394
そりゃ良い観点だよ。
外国製の武器で戦うというのは代理戦争をするということだからな。
そして最後はヒール役になってやられまくる、というのが近代日本の役割だったんだろう。
こういう風に書くと、妄想そのもので、なかなかいい感じなんだが。

さて、日本がヒール役になってやられまくった第二次世界大戦など、
想像力を刺激するところがいろいろあるぞ。

たとえば、開戦通告を遅らせてアメリカ世論に火をつけた論功行賞もののヘタレ外交官とか
肝心の所で負け続けたヘタレ提督とか
あるいは肝心の所でアサッテ方向に転進して戦いに参加せず、「怯将」と言われた人もいたな。

こういうヘタレどもと、そいつらを飽きもせずに使い続けたデンパな上層部の協力で
日本は破滅させられた、というのが一般の理解だろうが、
馬鹿が出世するわけはないから、彼らはみんな確信犯だろう、というのが俺の理解だ。
つまり、今なら竹中等がやってるようなアメリカ様のための下働きをしていた。

そして、日本以外にも下働きする連中はたくさんいたし、今でもたくさんいる。
大戦時のわかりやすい例ならチャーチルなんかがそうだ。


396 ::2006/01/04(水) 22:15:51 ID:BPmJK6PM
アメリカ様の下働きっていったらラディンもそうなのかなー。
アメリカから30億ドルも資金援助受けて、CIAの元で訓練受けてたんですよね。
これ妄想じゃなくてマジみたいです。
ソースは中葉さんオススメの「ボウリング・フォー・コロンバイン」。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/04(水) 22:33:45 ID:lGNF9Hn3
>396
それはその時どれが優先順位の問題じゃあるまいか?
世界を破壊できるイデオロギーを倒す為にその時点では
レベルの低い犯罪者を心ならずもつかわにゃならない。
結果悪魔のソビエト連邦を倒せた事だし、、



398 :べの:2006/01/04(水) 22:49:29 ID:???
>>396
そりゃ妄想じゃなくて常識だよ。
>>397
ヒール役を絶やさない、というところがアメリカ様のしたたかなところだな。
それも、ヒール役相手の刺客を次の時代のヒール役にするなんぞ
最初からの予定だとしたら、神慮と言いたいくらいだ。

それにしても
「世界を破壊できるイデオロギー」とか
「悪魔のソビエト連邦」とか
マジで信じてる?

399 :軍事組織論:2006/01/05(木) 00:24:43 ID:???
>>386
とりあえず、分碑問題に関しては宗教法人で独立してしまった靖国神社に国がどれだけ介入するかと言う、宗教観だけではなく法の面での問題にもなりそうです。
私は、靖国神社に国の為の働いた民間人が慰霊されて無いと言う根本的な問題などの方面から、
今後、軍人民間人の区別無い総合的な慰霊地が必要になると思います。

>>388
安全保障の議論の一つに、「最終的に地球は一つの国家を中心に統一されるか人類文明が崩壊する」と言うのがあります。
そこの波及で「崩壊から脱するには人類全体の協調が必要」、その道具として「環境問題がある」と言う手法がとられているように思えます。
これ事態は悪いことではないのですが、その環境問題を叫ぶせいで現実の喫緊の問題を覆う為の黒幕になってしまっている危険性も同時にあるように思えます。
要するこれは「戦争が起きるのは悪いことだ。それよりも全人類で共闘すべき課題があるはずだ」と言う理屈でもって、
「なぜ戦争が起きてしまうのか、その理由は?要素は?」と言う根本的問題が放置されてしまいます。

例えば環境安全保障が流行った時期には非常に不可思議なことに、水と油の存在の軍事組織と環境保護団体が協力すると言う
本来ならば根本的に相反する組織が共闘しようとしていた時期がありました。
この運動の目的は後に明らかになっています。
軍事組織側は、何らかの大義名分を確保し、政府から予算を獲得する為に環境安全保障を掲げた。
環境保護団体には、非武装化を目指す非武装平和主義団体が関与し、軍事組織を環境組織とすることで非武装化を目的とした。
と言う二つの理由が相乗効果を生みました。
ただ、後にこの環境安全保障が問題の根本的解決に至らないことと、環境を破壊する軍事組織と環境を保護を主張する環境保護団体が
前者は環境を守ろう、後者は軍隊をもっと利用しようと言う、それぞれの本質との乖離が激しくなった為、研究が衰退しました。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 00:27:03 ID:iICGTKfg
>京都議定書はとっかかりとしての意義「だけ」はあるんじゃないかな。
意義だけの為に予算使いすぎ
もっとほかに使うことがあるはず

環境保護運動は本当に胡散臭いですね
ペットボトルの回収とか役に立ってるのか?
リサイクル工場稼動させたりトラックで工場に運ぶ輸送のほうが
ずっとエネルギーつかってそうなんだが

再生するために必要な燃料>>>再生できた資源


401 :軍事組織論:2006/01/05(木) 00:28:45 ID:???
>>391
それが問題の本質を隠してしまう道具であったとしましたら、どうしましょう。
「そんな事言ったら何も出来ないじゃないか」と言う批判も最もです。
そこでアメリカの声を聞いてみましょう。
http://www.hup.gr.jp/details/ISBN4-8329-6361-9.htm
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=9407
http://www.neting.or.jp/eco/kanbun/kaze/0405.htm

402 :軍事組織論:2006/01/05(木) 00:31:49 ID:???
>>400
比較する場合は、こうした方が分かり易いのでは。

新たに材料を輸入し、生成するコストと、その後の処理コスト
↑↓
再生するために必要なコスト

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/05(木) 00:42:24 ID:iICGTKfg
>402
それわかりやすいね

リサイクル運動でどのくらい資源節約できているのか
政府も自治体も環境保護団体も数字出さないよね

本来こういうものは数字で検証しないと意味ないはずなのに
なんか怪しい
もしかしてまともに計算すると赤字なのか?

404 :軍事組織論:2006/01/05(木) 00:47:00 ID:???
>>403
ソース出してと言われても聞いた話なので出しようが無いが、
私の家によく来るリサイクル品回収業者はベトナムの再生工場に回収した家電製品などを輸出して、
家電製品に含まれている金を取り出すのだそうだ。
ベトナム工場は人件費も安いので十分に元を取れると言っていた。
と言うよりも、(原材料費を)無料で回収しているからかなり儲けはでかいみたいだな。
ただ日本国内では人件費や土地代、設備費が高くなってしまうので、リサイクル業者は海外に工場を作る例が最近多いらしい。

405 :軍事組織論:2006/01/05(木) 00:49:32 ID:???
話は突然変わるが、日本語版のポリティカルコンパスがあった。
http://sakidatsumono.ifdef.jp/draft3.html

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 05:11:35 ID:ne1zCGoj
「名誉と独立を好む国民はすべて、自国の平和と安全は自分自身の剣によることを意識すべきである。」

>>404
日本でやってりゃ赤字だろうね。以前にNHKで岩手と高知(有名な某議員の候補地)で地元の高校では就職先が無く環境保護団体とか
その手の就職先斡旋してなんとか就職させてる現状だって放送してたの思い出した。
無駄に税金使ってるのは政府批してる連中も負けてないってこったな。


407 :れんみ ◆mHDMP06OPQ :2006/01/06(金) 06:26:55 ID:gYus/vFO
あと男女均等なんたら施設の増殖ね。
あれもすごい国費を浪費してるぞ。

408 :べの:2006/01/06(金) 18:49:21 ID:???
「妄想」と断っておいたおかげか、突っ込まれんな。
さて、続きを書いておこう。まず、代理戦争について。

日露戦争に代理戦争の側面があるのは既に言われていることだが、
側面というよりも本質かも知れない。
例えば、クーン・ローブ商会は「日露戦争を勝利に導いた恩人」と見られているが、
レーニンやトロツキーにとっての「ロシア革命を実現に導いた恩人」でもあるらしい。

上の方で「悪魔のソビエト連邦」と書いていた人もいたが、
アメリカの資本家にとってソ連という存在は何だったんだろうか。

他国でクーデターを起こさせることについては豊富なノウハウを持っている米英の資本家たちが、
革命家という飼い犬に手をかまれるようなマヌケなことは無かったはずだが、
ソ連政府と米資本のつながりについては情報が少なくてよくわからない。

ただ、第二次大戦時には、瀕死だったソ連を援助し、戦後体制について大幅な譲歩をした上で
突然敵視し始めるという奇妙なことをアメリカはしている。

ソ連の終わり方もまた奇妙だった。
ソ連崩壊は、エリツィンがロシア共和国の大統領になる一方で
連邦政府を骨抜きにするというクーデターだったようだが、
そのときゴルバチョフはただ黙ってみていたようだ。
そして実権を握ったエリツィンに対しアメリカは非常に好意的だった。

議会を解散させ、議会府を蜂巣にしたエリツィンに対し、アメリカは一切非難しなかったが、
同じ頃に、やはり議会を解散したフジモリ大統領がアメリカに厳しく非難されたのと比べ、
違和感を覚えた人は少なくないのではあるまいか。

まあ、よくわからないが、ゴルバチョフが安楽な老後生活を送っているのは
たぶん、エリツィンの権力奪取をただ黙って見ていたおかげなんだろう。


409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/06(金) 22:11:52 ID:???
>>408
突っ込む突っ込まない以前に、興味の沸く話じゃない。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 01:36:36 ID:+/L7MO/7
あけましておめでとうございます。
今年初めて書き込ませていただきます。
今年も初心者の意見として書かせてもらいますが、よろしくお願いします。

>「名誉と独立を好む国民はすべて、自国の平和と安全は自分自身の剣によることを意識すべきである。」

賛成です。
某所で話していて気づいたのですが、戦争遂行に必要なのは
個人的憎悪だと思います。家族や国を愛するが故など
美しい理由付けがなされていますが、戦争の原動力は
敵国や異民族への憎悪じゃないかと最近思いました。
日本が昭和の初めに行った鬼畜米英教育は効果があったと思います。
テロリストが自爆テロを行う背景も絶望的な状況で憎い敵に
一泡吹かせてやろうとする気持ちで遂行されています。
日本も近隣に日本を激しく憎んでいる国があることを忘れるべきではありません。
専守防衛のみならず報復措置を持つ積極的な自衛を考えるべきじゃないかと思います。

クラウゼビッツの「戦争論」の要約を読んで感じたことでした。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 17:49:54 ID:Tv5KcxUB
長文は読む気がしないビンラディン

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/07(土) 23:41:42 ID:qBgxmiA6
社会を知らない学生が共産主義を信じているのは麻疹だというが、社会に出て大人になっても共産主義を信じている者は馬鹿だという言葉がある。


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/08(日) 23:35:40 ID:jNxniKjN
>家電製品に含まれている金を取り出すのだそうだ。
>ベトナム工場は人件費も安いので十分に元を取れると言っていた。
>と言うよりも、(原材料費を)無料で回収しているからかなり儲けはでかいみたいだな。
>ただ日本国内では人件費や土地代、設備費が高くなってしまうので、リサイクル業者は海外に工場を作る例が最近多いらしい。
日本だと金を取った後の家電製品の残骸の処理がネック
とても家電製品から取れる少量の金ではもとがとれない

産廃をベトナムに捨ててるだけじゃないのかと

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/09(月) 04:38:02 ID:bWtxQdA7
http://snapshot.publog.net/dat.php?url=http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1082033222/2-n#19

住所を書き込むのはやめろ

415 ::2006/01/09(月) 12:55:36 ID:QodsLNTK
>>399
うーん、やっぱり靖国にこだわらない追悼施設って必要なのかな。
そういうのに参拝するならよその国は文句言わないのかな。
たしかに軍人だけじゃなく民間人も苦労したし犠牲になりましたもんね。
でもどういうコンセプトで作るかにもよりますよね。むずかしいなぁ。

軍事組織と環境保護団体の共闘した時代の話、はじめて知りました。
他のみなさんも書いてるように、環境保護ってのもいろいろ裏や問題点もあるんですね。

でも俺は基本的には先進国の責任として環境保護に取り組むのは必然だと思いますが。
牛のゲップとか少数民族の焼畑農業とか赤ちゃんの紙オムツなんかをプロパガンダに
利用するようなのは論外としても、やっぱり便利な生活や国の発展の代償として
環境破壊をしてるのは事実だし。

このところ連日のように中国の環境汚染の問題が報道されてますが、
ああいうの見ると、俺たちも迷惑だなーと思うでしょ。
水も空気もつながってるんだから、環境保護は国同士が連携して取り組むべきだと思いますけどね。
だからやっぱり京都議定書みたいなものも、それなりの意義はあると思います。

416 :れんみ ◆mHDMP06OPQ :2006/01/11(水) 07:02:54 ID:00ln/Z9b
中国は京都議定書は後進国扱いで批准してないんだが。
しかし、だんだん洒落にならなくなって来ました。

【中国】湖南省の湘江でもカドミウム汚染、基準値の25倍 精錬工場の廃水が川に流れ込む[01/07]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136657310/
【中国】広東省の耕地の半分でカドミウムなど重金属汚染、かんがい水も2割が水銀汚染
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136721548/
【中国】中国近海、汚染物質の垂れ流しで生態系に「多大な悪影響」…2005年調査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136827867/
【国際】中国が乱造するダムで干上がるメコン川、下流のカンボジアやタイは反発強める
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136688500/

417 ::2006/01/11(水) 15:07:17 ID:It3WPUVn
>>416
中国の発表だから、じっさい激しくシャレにならないことになってるかもですね。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 18:22:46 ID:0sYTLiKH
身近に中国旅行したことある人がいたら面白い話が聞けると思うよ。
経験者曰く「中国は面白い(常識が通用しない)国だ」とさ。



419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 19:58:10 ID:ZvgU3VZD
移民系ってのは国の個性とか保守性とか理解してくれないね。
どこもかしこも現在までの生い立ちまで長い歴史を持つ国。アメリカみたいな
国ばかりじゃない。

フランス系移民は自分達の発言権を強めようと政治に働きかけようとしてるみたいだが
それは既存種フランス人達との溝を深めるだけで埋めることにはならないだろう。
一昔だったらフランスは二分化して戦争状態だったろうよ。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 19:59:41 ID:ZvgU3VZD
フランス系移民→フランス在住移民系

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 20:22:42 ID:NrcTbxxQ
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/sennjinnkunn.htm
『生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず、
死して罪禍(ざいか)の汚名を残すこと勿(なか)れ』

陸軍大臣東条英機の名で出された「戦陣訓」のために、いかに多くの
将兵が無駄死にしたことか。極東裁判ではなくて、日本人の手で裁く
べきだったのさ。そんなやつを、靖国に祭っているのを承知で参拝にいく
小泉に腹を立てているのは中国人や韓国人ばかりじゃないぞ。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 20:56:11 ID:???
>>421
なぜ争点になっているのか、もっと俯瞰的な立場から物事を見る努力が必要。

423 ::2006/01/11(水) 21:17:17 ID:It3WPUVn
>>418
祖父が中国人留学生の保証人になった関係で、
伯父が中国に長期滞在したことがありましたが、良くも悪くも
中国人は大阪人を10倍パワフルにしたかんじだって言ってました。

>>421
敗戦国だから、やっぱ自分たちの手で裁くことはできなかったのではないかと。
小泉さんのどのへんに腹を立ててるか言ってもらえると参考になると思います。

424 :べの:2006/01/11(水) 21:29:06 ID:???
猿孤児が公言しなくても煽動の背後に政府がいることは想像できるのだが
何故これほどまでも移民が多いのかということも想像をかき立てるね。

解けあわない移民という異物を注入することによって国内の緊張感を維持する、
という政策があるのかな。日本で言うと在日だ。
在日が邪魔とか言うつもりは全くないんだが
いつの間にか国政の中枢に居座るようになった宗教政党のドンが在日らしい
ということは偶然じゃないだろうな。

一方、国家間の緊張感を維持する、という役割を果たしているのは
領土問題とか靖国問題とかかな。
日本に正当な領有権が(たぶん)あって、しかし実効的には外国に支配されている
というのが、緊張感を維持するためには最適な状態だろうか。


425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/11(水) 23:05:36 ID:???
>>424
意見を述べる時の助言
・何を主張したいのか、最初の三行程度で分かるようにする
・話すテーマは一つ、多くても二つに絞る
・傍論は出来る限り少なくする
・最後の行は、本論のまとめ、総括をする

やっちゃいけないこと
・本論の途中に、何を主張したいのか述べる(通常、冒頭に書く)
・傍論がやたら多い(何を言いたいのか分からない)
・問いかけているのか意見を述べているのかどっちつかずの文章
・最後の行で意見を述べたり、問いかける

特に日本人に多いのが「傍論がやたら多い」、
これをやると何が言いたいのか分からなくなる。

426 :べの:2006/01/11(水) 23:36:09 ID:???
>424の文章は「緊張感を維持」しようとしているのが誰なのか
主語すらはっきりしてないくらいだから
何を言いたいのかわからんかもしれんな。

まあ、わかる人もいるだろう。

ところで、女系天皇問題についてなんだが
天皇制に関する正統性を破壊しよう
という意図があるのだろうか。
まあこの文章も主語がはっきりしていないし
脈絡無く傍論に飛んでるんだが。



427 ::2006/01/12(木) 13:26:38 ID:jCw2BLmU
>>424
在日って、移民と認識できないほど溶け込んでるから、移民と言われてもなんかピンとこないけど、
日本もこれから超少子化・高齢化社会になり、本当の移民ぽい移民を受け入れる状況になるんでしょうね。
アメリカやフランスなどは移民政策の失敗で問題が多発してるけど、同じ移民社会でも、カナダなんかは
わりとマターリしてるし、日本はどっちのタイプになるんでしょうね?

>>426
女性天皇、女系天皇って、俺もよくわからないんですけど、簡単に考えてべつに女でもいいじゃんと
思ってたけど、Y遺伝子がどーとかで、男系じゃないと血を維持できないともいいますね。
でも過去には女性天皇っていたですよね?男系にこだわるようになったのは明治時代からでしょ?
血を守るのが大切なのか、天皇という存在を守ることが大切なのか、どっちが優先なんでしょうね。

俺は個人的にはあんまり天皇について思い入れとかないけど、世界的にも稀なエンペラーという存在は、
文化遺産?として残しておきたいとは思います。せっかくあるんだから、なくしたらモターイナイ。

428 ::2006/01/12(木) 13:34:10 ID:jCw2BLmU
あそっか。移民と認識できないほど溶け込んでるから
よけいややこしい問題が起きる場合もありますね。
たとえば外国人参政権の問題とか、パチ屋やタクシー会社の
経営者はほとんど在日だってゆうし、お金の流れなんかも。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 17:06:16 ID:pfKyLtKr
>>427 「天皇制」ていうミームの問題だな。中葉氏が得意の分野だ。
たとえば「門松」というミームの一種(<正月という日本文化)があって、
それが最近「松」が少なくなったから「杉」でも良いことにするか、て決めたり
すると、それに馴染めない人間も多く出て、もう「門松」という風習はやめましょう、
とういことに成りやすい。郵政民営化ではがき代が値上がりして、年賀状はお互い無駄遣い
だから止めましょう、とういことになるのにも似ている。(似てないか)

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/12(木) 18:00:25 ID:V1RF6P4W
どっかの間抜け世代が繁殖の手助けまでするからな。


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 05:34:26 ID:???
日本の国策としての環境論ならとうに破綻しとるね。
外交に劣る国が自国だけで環境環境騒いでもせんないことだな。
環境とは地球環境のことなんだろうが、世界の先導しようなんて大それた
やれたこともない政策は実現せんだろうな。

もっと地味でもいいから手堅い外交を確実にやれるようにならんとあかんな、この国は。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 06:31:23 ID:???
>>431
日本の脱石油政策とモッタイナイ運動は世界を先導していますよ。
むしろ資源小国だからこそ、環境は手堅い外交になり得る。

433 ::2006/01/13(金) 13:06:57 ID:d8Uabx18
>>429
なるほど。門松のたとえはわかりやすいですね。
でも現実問題として松が少なくなっちゃったらどうしたらいいんでしょうね?
俺は皇室の跡継ぎの問題はむずかしくてわかんないや。中葉さん来てくれないかなぁ。

>>432
うん、日本はがんがってると思いますよ。
エコカーなんかも世界に先駆けて開発してるし、リサイクルも徹底してるし。
なんていうのか忘れちゃったけど、発電とかも海水を使った新しい方法とか
模索してるみたいだし、風力発電にも力を入れてるみたいだし。
こういう技術を外交にも生かせると思いますよ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/13(金) 14:09:58 ID:???
信濃ちゃんもなかなか腹話術がうまくならないね。
もう何年もパターンが同じだよ。少しは頭を使おうよ。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 22:04:23 ID:Q1SZHppP
技術のタダ漏れさえ防げれば・・・の話だけどな。
何故か日本に某国財閥企業の技術開発室?があったり理解不能なんだよねw

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 22:37:11 ID:???
技術と資源の話しをごちゃまぜにしとるね。
技術外交なんて存在せんのに

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/14(土) 23:33:39 ID:wyIseT2y
>421
それは東条首相個人がしたのでは無く宙さんがのたまわってる
そこまでの日本のミームの集大成じゃあるまいか?
その時点では一億火の玉で国民全員で戦争してたんだから
いまの万村じゃないけど、当時は国民全員自己責任で
國の生き死にの修羅場をいってるんだから負けたから指導者だけが
悪いんだなんてウッソピョ−ンじゃあるまいか。

438 :軍事組織論:2006/01/15(日) 00:45:21 ID:???
マクロな話が好きな方には申し訳ないのですが、
ミクロでも深刻な問題と言うのはあると思います。
個人的には 1さんに特にこの事件を見てもらいたいと思います。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
興味深いと言っては被害者に失礼ですが、社会の変動と行政の変化はやはり無関係とは言えないでしょう。
例えそれが警察だとしても。
あと、道州制について意見を後で少し述べます。

>>435
かつて経済安全保障と言うのが流行しました。
その一つに先端技術を国家が守るべきだと言う発想があります。
ただ、研究するに連れて以下の問題が生じました。

・シェアを拡大すると高度な技術が入った物品も広く流通する為、技術が漏れる可能性はシェアと正比例する
・よって国産技術を完全に防衛する為には、他国と貿易をしないの事が最善である

しかし他国と貿易しないなんて保護主義の主張は今の所多くの国の支持を得られる意見ではないと言えるでしょう。
ここで研究家達は二つの結論を下します。
要するに、経済安全保障を強化するとシェアを失い収益も減ると言うことで、
技術が漏れる危険性とシェアを拡大する可能性を天秤にかければ、収益を上げる前提の企業であれば後者を選びます。

439 :軍事組織論:2006/01/15(日) 00:47:33 ID:???
ただし、もう一つの結論は、
手法や制度を用い技術が漏れる時期を遅らせることは出来る。

これを別の物で例えると、例えばプレイステーション2(以下、PS2)は世界的に売れています。
ただし、売れると言うことはPS2に用いられている最新技術が多くの人目につくと言うことです。
そして需要の関係から多くの生産工場を必要とし、それはコストの安い開発国へと移転していきます。
それはつまりPS2の最新技術が分析、解析され、開発国がその技術を流用してしまう可能性も十分あるわけです。
しかし、収益を上げなければいけない企業は、技術が漏れるリスクと収益とを天秤にかけ、後者を選びます。

では企業が技術ダダ漏れの状態を黙認しているのかと言うとそうではありません。
例えば新日鉄やトヨタは物品の生産工場を分散させ、それぞれが個別の細かい部品や技術を担当する事により、
全体像を把握出来なくし、技術流出を防いでいます。
ただし、完成品を分解すればやはり何時かは分かることなので、この対策は「技術漏れを遅らせる」と言う手法です。
根本的な技術漏れを防ぐ方法は、やはり貿易をやめることぐらいではないでしょうか。

日本の場合に限って言えば、制度的な対策が不十分と言う意味で産業スパイ防止法の類の物は必要だとは思います。

440 :軍事組織論:2006/01/15(日) 00:53:39 ID:???
道州制について

道州制の案が出ました。
11州制度、8州制度、7州制度の三案があるのですが、
どの案でも北海道が孤立しています。(要するに現状と変わりません)

北海道には有力な産業が無く、また経済的にも取り残された地域です。
道州制にして北海道が孤立するようならば、北海道の財政が破綻する可能性もあり、それほど産業がありません。
中傷する意図は全くありませんが、花の栽培や畜産業は北海道を支えるだけの産業とは言えません。

私個人は東北が一つの州になると言う案があるのでそこに北海道も加えれば良いと考えています。
もちろん経済問題は北海道だけの問題ではありませんが、特に地方経済は今後の地方分権の大きな課題になって行くと思います。

441 ::2006/01/15(日) 03:02:02 ID:D31r+U8X
取り急ぎ、記事が流れるとまずいので>>438http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/ を読みました。
ヘタレマカーのためか、動画が見られなくて残念でしたが、記事は読みました。

軍事組織論さんがどういう意図でこの記事を俺に個人的に読ませてくれたのか、
真意からズレるかもしれませんが、じつは昨年、身内が犯罪者になりかけて警察から措置入院。
人権の問題で長期入院はできないとのことで2ケ月ほどで退院させられまた暴力をふるいはじめ、
結局、自死した事件があって、俺もすごいショックでPTSD(笑)になったんで、なんでこの記事を
軍事組織論さんが俺に読ませたかったのか、グルグルして的確な解答ができないと思います。

この件で感じたことは、犯罪はどんなに回りがケアしようとしても、する人はするということと、
ケアしようとした人々にも、警察にも医師にも、結局は決定的な打開策がないということ、
亡くなった当人はこれまでも何度か警察ざたになる騒ぎを起こしていたのですが、警察は民事不介入を
徹底していて、誰かが犠牲になるまで動かないこと、当人が精神病的な被害妄想から騒ぎを起こしたにも
かかわらず、病院は「人権」をタテに人殺しまでしようとした人間を事務的に強制的に退院させたこと。

その結果、当人はまず「措置入院」をさせた警察と都知事と医師を恨み、取り消しの電話をかけまくり、
すぐに退院できたってことはやっぱり自分はマトモだったんじゃん!てかんじで薬も飲まなくなり、
結局すぐに暴力が再発し、暴力にも疲れたのか、あっけなく自分で死んでしまいました。

442 :1@つづき:2006/01/15(日) 03:04:03 ID:D31r+U8X
俺たちは被害者(も身内ですが)と死んだ当人、両方に罪悪感を持ち、行政ももう少しうまくやってくれればと
とても残念に感じました。そして、これはマスコミに取り上げられるような大きな事件じゃなかったけど、
もし報道されるような事件だったら、加害者はキティだから名前は出ないけど、被害者の名前は出てしまうし、
それってすげー迷惑じゃん?と思いました。実際、名前が出たら、うちの親も離婚も考えたようです。

軍事組織論さんの思った答えになってないかもしれませんが、急いで書いたのでチラ裏になってスミマセン。

PS2の技術は軍事転用できるそうですね。でもだからといって生産しないわけにもいかないだろうし。
他にもそういう製品ってありそうですね。でも、軍事技術の発展と製品の発展ってリンクしてますよね。
インターネットだってもともとはアメリカの軍事目的で作られたわけだし。

道州制に関しては、俺もちょっとよくわからなくてこれからベンキョしないとと思っているのですが、
道州制にするメリットってやはり税制の問題ですか?一番のメリットは何ですか?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 19:29:53 ID:8UVHYZXE
その州が可決すれば朝日新聞教育委員会とか設立できるってこと。
現日本の位置的関係から国家分裂の可能性が高まるだけのような。

444 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/15(日) 19:35:44 ID:GcPRo0+f
小泉さんが進める、政府でなくてもできることを民間に任せる方針を実現する
一つの手段として、連邦制を具体化するためには県では小さすぎる。道州を
分権の単位にするという、極めて短絡的な考え方だと思う。

鶏と卵をどちらにするかだが、もう少しましなアプローチはないものか?と思う。

445 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/15(日) 19:49:40 ID:GcPRo0+f
1さん、話は違いますが、ミンダナオ島のイスラム自治区では、相変わらず
ムスリムとカトリックとの間の共生を目指して、日本のNGOのAHIが支援活動を
続けています。

昨日の話しですが、その次なるステップ「進化と拡大」を目指した戦略会議に
参加して、良い勉強ができました。

JICAの公式報告は、http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hyouka/kunibetu/gai/philippines/gd02_01_0804.html
JICAと協力している我々AHIの2005年度の事業計画はhttp://www.jca.apc.org/ahi/aboutus/pdf/plan05.pdf
を参照して下さい。我々が昨日議論したのは2006年度の計画用で、極めて野心的な意図をベースとするものです。

どんな意図か?ですか?

答えは、「同時多発テロ後の社会構築を意図して」です。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/15(日) 23:50:08 ID:SM50egdC
どっかに道州制について議論してるスレがあったと思うが(世界情勢版だっけかな?
話の内容は道州制移行が決まった設定で話が進んでいたよ。
反対意見とか危惧する意見には反論が帰ってくる前に無視られてる感じ。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 01:33:56 ID:MTJuf96F
1 名前:死にかけ自営業φ ★ 2006/01/15(日) 21:05:54 ID:???
【大紀元日本1月15日】中国中央テレビ(CCTV)の歌謡番組「同一首歌」の日本公演として「第2回日中友好歌謡祭」が
昨年10月東京で開催され、今月 17日NHK−BS2で放送予定。この歌謡番組の主題歌「同一首歌」(「同じ唄」)が
中国の強制労働収容所で法輪功学習者の洗脳に利用されていることが、迫害を受けた法輪功学習者の証言によって
明らかになった。
北京にある「北京女子労働教養所」などで迫害を受けた法輪功学習者は、法輪功ウェッブページ明慧ネットで発表した
体現文章の中、「2000年の初めに転化(個人の思想、信仰を捨てさせるための思想改造)が行われ始めた頃、
転化された人が収容所内で演芸を演じさせられた際に流された曲が「同一首歌」(「同じ唄」)であった。
その後、中国中央テレビが「同一首歌」という番組を放送開始、収容でその主題歌を歌うことになった」と証言した。
証言によると、強制労働収容所では法輪功を貶める活動が行われる度に、「同一首歌」が歌われる。
拘禁されている法輪功学習者は、皆この歌を学ぶように強いられる。警官が法輪功学習者の洗脳をするとき、まず
「同一首歌」を歌うことである。転化が成功すると、洗脳された人、警官そして転化に協力する人たちが一斉に
「同一首歌」を歌うので、この歌が聞こえると、誰かが法輪功を放棄したのだと分かるという。
収容所での残酷な拷問や殺害という脅迫のもとで、警察はこの歌を使って法輪功学習者を強制的に洗脳し、
「信仰を放棄すれば、自由になれる」と唆すのである。


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 01:34:41 ID:MTJuf96F
「この「同一首歌」を聞くと、私を含めてたくさんの無辜の人々が収容所で受けさせられた拷問や屈辱が、
今でも目に浮かぶ。この歌は、暴力、殺人の伴奏曲である」と前出の法輪功学習者はこう語った。
また、数箇所の収容所に不法に収監された経験がある法輪功学習者の甄欣さんはこう証言する。
「労働収容所では毎朝決まった時刻に「同一首歌」を歌っていた。転化を受け入れた人は、警官、転化に協力する
元法輪功学習者らと一緒に歌う。他の収容所にも収監されたが、そこでも同じ。ただ、法輪功を堅く信仰する学習者は
この歌を歌ったことはなかった。なぜならば、私たちは永遠に邪悪な中国共産党と
「同じ唄(同一首歌)」を歌うことはできないから」。
そして、最近救出され、アメリカへ渡った法輪功学習者の周雪菲さんはこう語る。
「中国共産党が大々的に宣伝している歌の背後に法輪功学習者の血と涙、
そして迫害の真実と残酷さを覆い隠しているのです。
「同一首歌」を聞くと、脳裏をよぎるのは、生き別れになった母親が悲しみに泣き崩れる姿、
拷問された学習者らの痛々しい姿」。 洗脳に使われる歌が日本で放送へ(下)に続く)

ソース 大紀元
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/01/html/d66206.html


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 02:57:13 ID:???
>>447-448
中国の洗脳技術は伝統的に極めて優れているので、宗教信者を洗脳する為に、
単純に拷問を使うような愚かな真似はしないと思われ。
あんまり中国をなめない方が良い。
邪悪にせよ、正義にせよ、中国はケタが違う。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 03:44:35 ID:2/d8paT0
上海領事館電信官自殺

中国外務省の敏感すぎるリアクションによって、ひとつの自殺問題が日中間で
大騒動になってきた。

そもそもの始まりは、04年5月、上海の日本領事館の男性領事が自殺したこと。
電信官だった領事は、現地で女性を買春した弱みを握られ、電信に関する機密を
漏らすように中国サイドから迫られ、それを苦に自殺したとされる。

「総領事あての遺書に自殺にいたる詳しい経緯が記されていたそうです。当時、外務省が
中国政府に問い合わせをしたが、脅迫したグループはもちろん非公式だから、
中国政府はわれ関せずの態度」

それにしても見過ごせないのは、日本人要人たちのワキの甘さだ。
中国でプロの女性と懇ろになれば、盗撮されたり事情聴取されて記録に残されるのは
有名な話。ところが“被害”は後を絶たないのだ。
元元首の中国人通訳との関係も国会で取り上げられたこともある。この手の
色仕掛けの工作は古くて新しい話で、
利用価値のある日本人男性に対しては今も続いている。問題はリストが作成されている
こと。そこには、日時、場所から親密になった女性に何をしたか、何を話したか、
細かいことまで女性の証言が載っている。

“商売”になると思ったら、これをユスリの材料にしてくるのです」

複数あるこれらのリストには、商社、メーカーなど日本企業の現地幹部の名が
多く載っている。大物閣僚経験者を含めた与野党の政治家たちの名前もあるという。

「中国で遊んだ経験のある政治家たちはみんなビクビクしている」と永田町では
解説されているから情けない。
日刊ゲンダイ06年1月5日より


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 08:35:20 ID:???
>>449
あまり過大評価も良くないですよ。
例えば権力構造や名称は違うけれど大まかな社会構造などは、この 400年近く進化が見られません。
進化する必要が無いほど洗練されているのだと開き直っている中国人もいましたが、実際はそうではなく
基本的に伝統的な権力の継承による保守的で保身的な体制が、今現在も中国の革新性を縛っている状態です。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 10:05:27 ID:???
>>440
国の視点からは正しいように思うが、北海道でそういう議論はほとんどない。
新山千春とかがお昼のローカルワイドショーでならしてるけどね。
函館、根室、釧路など国政で分散せざるを得なかった財政シフトの話しが多い。

函館〜東北以北の自衛隊稼動ドック問題で赤字で函館ドックに入ってる。
釧路・根室〜国際ターミナル計画と湾岸整備計画。
北斗市とかもそう。紐付きの話しね。
70年代以降、明確におきたことは沿岸都市(函館・釧路・根室・苫小牧)の内陸嗜好と
内陸型都市(札幌・帯広・旭川)の人口が域内拡散したこと。
多分、市人口の統計とかみてもわからんよ、町村統計見ればわかるけどね。
弊害を支庁制がカバーしてたんだけど。必要なのは札幌の一極集中だと思う。

政令指定都市を2つ持っても意味ないし、既存支庁制と新支庁制の並存なんて無理。
北海道が破産して現在の支庁制が崩壊してからなら、そういう議論(北海道+東北)ができるのかもしれんけど。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/16(月) 23:52:26 ID:wc2TRSsi
エリート養成「海陽」が初入試、実質倍率は4・4倍

■エリート養成を掲げ、トヨタ自動車、JR東海、中部電力など中部地方の企業が中心と
なって支援する私立中高一貫校「海陽中等教育学校(仮称)」(愛知県蒲郡市)が15日、
初めての入学試験を行った。

英国の名門私立学校「イートン校」がモデルの全寮制男子校。この日は大阪、静岡の
両会場で、小学6年生約300人が1次の筆記試験に臨んだ。

試験は国語、算数、社会、理科、小論文の5科目。1次試験の結果発表後、保護者
同伴で2次面接し、最初の合格者を決める。定員120人に対し、出願者は延べ920人。
最大3回まで受験できるため、実質倍率は4・4倍。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060115-00000416-yom-soci

日本でもエリート養成校が発足したようです。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/17(火) 19:23:20 ID:7nzuJ+RT
ヒューザーの小嶋めがどさくさに紛れて爆竹を投げよったw
安部を狙った所をみると創価あたりの要請だろ

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/18(水) 23:26:30 ID:15ek6RBG
ビデ婦人の旦那のスカルノ大統領がソ連を公式訪問し共産国家の定番の
エージェントのロシア美人のもてなしにくんずほぐれずの
映像を見せられて脅された時、彼は言った。いや素晴らしいシーンだ
男らしさを國の皆に誇りたいから是非このフィルムをくれと。
さすがのkgbも兜をぬいでスカルノ大統領の侠気に感じたという。
今の日本の中日友好の為に靖国いくなというトップ政治家達に
欲しいのはスカルノの度胸じゃあるまいか?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/19(木) 17:53:40 ID:zTKxird0
経団連のトップには侠気はなかったようだなw

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 23:06:24 ID:TBpWLj30
 パチンコホール運営会社準大手のピーアーク(東京・足立)が29日、
ジャスダック証券取引所に上場申請した。取引所の審査を通れば、
2006年4月にも上場が実現する見通し。全国展開する大手のダイナム
(東京・荒川)も来年1月にも上場申請する見込みで、両社を突破口に
パチンコホール業界に上場の動きが広がる可能性がある。

 申請を受け付けたジャスダックは株主数などの基準のほか、法令順守
など上場企業にふさわしい管理体制が整備されているかを審査し、
問題がなければ承認する。主幹事証券はピーアークが日興シティグループ証券、
ダイナムが大和証券SMBC。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051230AT1D2906629122005.html

さあ、在日による日本支配は最終段階に入って来ました


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/20(金) 23:42:09 ID:???
>>455
インドネシア独立の父スカルノ大統領が、日本を公式訪問し接待国家の定番の
夜のお約束ゲイシャ・ガールのもてなしに、くんずほぐれずの
実技を体験させられた時、彼は言った。いや素晴らしい女性だ
この美しさを國の皆に誇りたいから是非この女性をくれと。
すかさず日本はデビさんを貢物として、スカルノ大統領の尽きぬ欲望に応じたという。

スカルノは、単なるスケベw


459 :やはり日本男児としては:2006/01/21(土) 04:09:27 ID:???
皇室の世継対策も合わせて一夫多妻復活、と言うことでFA?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 11:57:53 ID:KkWyMeD7
>458
すくなくとも中国詣でで美人の通訳にベッドで
くんずほぐれつの語学教育をしてもらい、篭絡され
巨額の借款やガス弾処分援助をし、靖国反対などと
中国礼賛をしてる日本の国会議員より遥かに良いスケベだと思われ


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 13:05:28 ID:???
>>460
どっちもどっち。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 13:18:13 ID:???
>>460
ソースよろ。
ロシアと間違えていると思うけど。(社会党の議員がロシア人の女性工作員に引っかかったが、
「私の下半身が元気なことを日本国民に知らせてくれれば、支持者も私が健康と知って安心する」と言って工作員に呆れられた。)

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/21(土) 14:42:52 ID:OQAsm62W
破廉恥行為の一つや二つあって当たり前
脅されたら公表して脅してきた奴を逆晒ししてしまえば一時的に評判は落ちるが後々になって
問題が悪化するより遥かにましだろう、特に国益に携わる人間にはね。

以前に米国の議員でホモであった事を記者に脅されていた議員が、妻と一緒に記者会見して
脅してきた奴と自分がホモであると暴露して辞職した人がいたけど
漏れは立派な人であると思う。


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 00:35:45 ID:???
>>463
>破廉恥行為の一つや二つあって当たり前

国益に携わる人間は、日本を代表して異国で仕事をしている。
だから、普通の人間以上の倫理が求められなきゃおかしい。
だいたい、日本でも買春は道徳違反なのに、それを外国でするって根性が嫌だ。
そもそも異国では、自分の国で過ごすとき以上に、道徳に気を配るべき。
外国で破廉恥行為して、それを当たり前って言い切るのは問題あると思う。


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 02:59:35 ID:m5FBJoaU
>>464
国益に携わる人間達は皆ロボットだとでも思ってるのかあんた?
自分ら一般庶民は娯楽風俗楽しんでもいいけど偉い人達はしてはいけないとは
随分と自分勝手だな。
ところで人間以上の倫理ってなんだ?

国益に携わる人間は光合成でもしてろってことかね?





466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 03:22:03 ID:???
>>465
光合成の垂れ流しのやりまくり

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 03:24:28 ID:???
>普通の人間以上の倫理

まず「倫理」の定義からしろと。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 03:30:31 ID:???
>>467
アジアの女性を片っ端から垂れ流して歩いた事実

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 03:32:57 ID:???
しょんべん垂れ流しのようにな
締まりもなく糞だくってだ

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 03:33:58 ID:???
これらをゲテモノって呼ぶ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 04:38:49 ID:???
>>468
倫理を話したいのか、事実を話したいのか、はっきりしろと。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 04:57:13 ID:???
破廉恥外交官を一生懸命擁護してどうするんだw
スパイは悪だが、破廉恥も駄目だろ。

日本で援助交際がバレても、下手すりゃ首だぞ。
外国なら許されるとでも思ってるのか?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 10:11:51 ID:???
>>472
糞垂れ流しとは、おまえのことなんだがなw

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 13:51:03 ID:???
>>472
>スパイは悪だが
スパイが悪の倫理には賛成出来ない。
スパイの情報によって戦勝をもたらした歴史的事実もあれば、
停戦による平和に結びつけた事実もある。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 14:28:58 ID:???
コネズミのスパイは悪なんだなw

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 14:51:48 ID:???
つーか、スパイもどきぐらいで騒ぐ、日本政府やマスコミが情けない。

日中ともに反中反日キャンペーンの落としどころは考えているのか?
まるで、先に軟化したら負けの、チキンレースやってるみたいだ。
どっちも、国内の支持を集めることしか考えていないんだよなあ・・・

477 :funwaか:2006/01/22(日) 16:28:25 ID:qyn5pK1R
ロンドンでの同時爆破テロでの憎むべき実行犯特定に治安維持用の監視カメラが威力を発揮したという
当然だろう、イギリス全土で400万台もの防犯カメラが設置されていたからだ。
こうした全土に400万台もの膨大な防犯カメラを設置した治安維持への取り組みには必ずどこの国
でも左翼が猛烈に反対世論操作を行う。

日本では未だに国民の生命財産を守る為の治安と防衛の為の効果有ると思われる方法を左翼や左翼の応
援団と言うより左翼そのものの朝日や毎日、NHKに日経、共同通信が大反対運動を巻き起こす。
警察官の世界平均的人数確保と国防、これらへの充実を図る自民党系の議員の法案は必ずこれら左翼の
亡霊共にあれやこれやと論理のすり替えにウソ八百並べ立てで葬り去る。論理のすり替えとウソ八百に
騙される大多数の国民がバカなのだからしかたがないのだが。。。
先ほど「自民党」、と、書かずに「自民党系」と書いたのは、角栄と同じく金の亡者の角栄の子分や孫
子分共、これら反日議員の殆どは裏では社会主義議員連中以上に反日行動を起こす国賊だからだ。
戦後の日本政治を完膚無きまでに貶めた田中角栄とその子分達。中でも竹下と金丸その側で裏方面を操
った野中、これら国賊議員らがどれほど日本の治安を貶めてきた事か。
勿論角栄の札束攻撃に屈して30年もこれら国賊共に政界を牛耳らせていた与野党の議員にも相応の責
任は有るだろう。。
戦後の暗黒の日本の政治に幕を閉じさせたのが、小泉首相だ。 「自民党をぶっつぶす!」イコール角
栄の亡霊を取り払うという宣戦布告だったわけだが、日本のマスコミの愚かさ幼稚さはまたまた、馬脚
を顕し、いつの間にかこれら国賊議員にすり寄り、小泉施策にケチばかり付け始めている。
そりゃあそうだろう、これからも小泉首相に日本の舵取りを任せたら、詐欺と反日と治安攪乱で成り立
っている共産主義に傾倒した自分たちの足下が危うくなるのだから。
国民は次の選挙こそ正義の鉄槌を下すべきだろう。
郵政民営化反対派議員に、中国、北朝鮮、韓国、友好議員連盟、の議員、これら国損者達全てを一人
残らず政界から追放してこそ国民が起こす、国富のための行動、である。
http://hw001.gate01.com/funwaか/ron.htm


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 18:37:18 ID:NKVt7Mo6
その言動は危うい


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/22(日) 19:34:06 ID:???
信濃はまた腹話術か。

480 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/25(水) 08:55:30 ID:NSzTIxiZ
>>465 ところで人間以上の倫理ってなんだ? 国益に携わる人間は光合成でもしてろってことかね?ころで人間以上の倫理ってなんだ?

横レスだが、私の考えはその通りだ。そして、

>>453 エリート養成「海陽」が初入試、実質倍率は4・4倍 日本でもエリート養成校が発足したようです。

そして、「海陽」に続いて大学教育と社会人教育のためのエリート養成「シニア海陽」が開設されて初めて、
人間以上の倫理を持ち、国益に携わる人間が相当数日本に生まれることになる。

そこまで行かないと日本の安全保障、ひいては、世界の安全保障は確保できない。

481 :べの:2006/01/25(水) 16:42:46 ID:???
最近の政争というと、グローバル派対守旧派だ。
「グローバル派」というと聞こえが良いが、「アメリカ様の下働き派」の方がわかりやすいな。
「守旧派」も物足りない。「既得権益死守派」でいくか。
長いからちょっと縮めて「下働き派」と「死守派」。

上手に立ってるのは下働き派だが、死守派も伊達に政治屋をやってきたわけじゃない
ということで、今回の反撃というわけか。

ホリエモンは、アメリカ様が日本に押し売りしてきたLBO文化の申し子だから
タケベが「我が弟」と可愛がるのも当然かも知れないが
まずは弟をしょっ引いて、次に兄貴をいじめる、というのが反撃の筋書きだったらしい。
もちろん続きがあるんだろうけど。

同じ選挙で当選した、何のバックもない一部の新人議員はビビってるかな。
そういえば、学者からヤクザの世界に降り立ったヘーゾーはどうなんだろうか、とも思う。
ホリエモンも、選挙にさえ立たなければこんなことにならなかったのに、と臍をかんでいるかも。

しかし、片やスポンジ脳御用達、片や自殺を他殺に仕立て上げる(逆だったか?)勢力の間の
「醜い争い」(軽すぎる表現だが)の中での社会構築ってのも難しい話だ。



482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 17:53:04 ID:bxSaUHpZ
エリ−ト養成校の受講科目にsex実技を入れて貰いたい
今日本のエリ−トに必要なのは頭脳よりも誘惑に対する免疫力だ!

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 18:02:25 ID:???
>>482
今から 1500年前に、中国で仙人が雲に乗って空中移動していたところ、
美しい女性を見て墜落したと言う逸話が残ってるぐらいだから、
そこは鍛えられないと思われる。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/26(木) 19:09:37 ID:9qsQbY36
明治日本には激動のヨーロッパにおいて
紅毛碧玉の社交界の美女と浮名を流し命を賭けた
諜報戦を制し日露戦争の勝利に貢献した明石大佐という
偉大な先達もいたのに、、

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 08:07:27 ID:???
>>480
愛知じゃただの商売人しかでんよ。
あそこは昔からそういう風土w

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/28(土) 11:28:11 ID:???
過去、日本でイートン校を目指したのって一杯あるんだよ。
公立全寮制があった時代で、月5.5万円程度だったから、
学費高いって言われてるけど、私立だから、んなことないね。

どうせ、進学校にしかならんだろう(これはこれでスゴイことだけどさ)
芦屋大学系みたいに、財界レセプションばっかの
独立カリキュラムとかだったら面白いんだけど
つか、日本初のボーディングスクールって嘘はやめれ。


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/29(日) 16:18:13 ID:ZFh1YWmM
★日中関係改善を 上海に植樹へ

 日中関係の改善を願って、福岡県内の大学に留学した経験がある
中国人のグループが、上海にある復旦大学のキャンパスに桜を
植樹することになりました。計画では、ソメイヨシノなどの
桜100本を植樹し、趣旨を刻んだ石碑を設ける予定で、来月25日に
植樹式を行うことにしています。

 桜の植樹を計画しているのは、九州大学や福岡大学などの福岡県内の
大学に留学し、現在は、上海に住んでいる30歳代から40歳代の
中国人20人余りのグループです。グループは去年、中国各地で
繰り広げられた激しい反日デモや小泉総理大臣の靖国神社参拝などを
めぐってぎくしゃくする日中関係を改善させるきっかけづくりをしたいと
桜の植樹を計画したもので、上海にある中国有数の名門大学、復旦大学が
キャンパス内の土地を無償で提供することになりました。計画によりますと、
キャンパス内にソメイヨシノなどの桜100本を植樹するとともに、
植樹の趣旨を刻んだ石碑を設ける予定で、来月25日に植樹式を行うこと
にしています。このグループは2年前に福岡県上海事務所を事務局に
ボランティア組織を発足させ、福岡県をはじめ九州の企業の中国進出や、
中国から九州への観光客誘致のためのイベントが開かれた際の通訳や
アドバイザー役として活動していて、桜を購入するための募金を
日本国内で呼びかけています。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/2006/01/29/k20060129000003.html

>桜を購入するための募金を 日 本 国 内 で呼びかけています。



488 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/01/30(月) 21:43:36 ID:v/BFKW8n
487さん、良い情報をありがとうございました。

しかし、
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/01/29/k20060129000003.html
は「ページを表示できませんでした」

489 ::2006/01/31(火) 12:42:29 ID:gou4PjEk
>>487さんの記事のスレ、俺も立ったときチラッと見たけど、

>桜を購入するための募金を 日 本 国 内 で呼びかけています。

この部分で文句言ってる人が多かったです。新手の詐欺か?とか。
でも、草の根的な活動で日中関係が改善されるのはいいことですよね。

さいきん、日米の合同軍事訓練とか、九州で民間人も参加した有事の際の避難訓練とか、
キナ臭い話ばっかりだから、ネットで嫌中ゆってるぶんにはまだカワイイもんだけど、
なんか現実の流れが悪い方へ悪い方へと行ってるみたいだから。

文化の面でも、中国で「SAYURI」っていう芸者を描いたハリウッド映画で、
中国人女優が日本人の芸者を演じているのは従軍慰安婦を連想させるからって
中国では上映禁止になりましたね。なんだかすごく敏感になってるみたいですね。

490 ::2006/01/31(火) 12:45:13 ID:gou4PjEk
ところでこんなニュースも。日本もいずれこうなるんでしょうか。


【米国】ここ数年で富裕層と貧困層の所得格差がさらに拡大 ニューヨーク州では差が8倍超す

格差社会と言われて久しい米国で、富裕層と貧困層の格差がここ数年、さらに拡大していることが政
策研究機関「予算と優先政策に関する研究センター」(本部ワシントン)の調べでわかった。
州別にまとめた状況では、ニューヨーク州が最も所得格差が大きく、上位20%の1年の所得平均13
万431ドルと下位20%の平均1万6076ドルの間には8.1倍の差があった。
一番差の小さいワイオミング州で5.2倍だった。

80、90、00年代のそれぞれ初頭の数字を比較した。
00年初頭の所得の下位20%の平均収入は1万6780ドルで、上位20%は12万2150ドル。
格差は7.3倍と、80年代の6.4倍より拡大した。

20年を通し、38州で高所得層の収入の伸びが低所得層の伸びを上回った。
低所得層の伸びが高所得層を上回ったのはアラスカ州だけ。
20年で低所得層の収入は物価上昇を加味して2660ドル伸び、高所得層は1年あたり2148ドルの
伸びだった。

格差拡大の背景として、低賃金の仕事が移民の増加と同時に拡大し、低所得層の賃金の伸びが抑
え込まれたことなどを挙げている。
中心研究者の1人、エリザベス・マクニコルさんは
「90年代に一時格差が縮まる傾向があったが、01年の景気低迷をへて、回復後には再び拡大の傾
向になった」と話している。

http://www.asahi.com/international/update/0128/007.html

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 17:55:37 ID:WZXu0+UX
相手に合わすのが日本人流なら相手を自分のぺ−スに合わさせるのが
中国流。海外経験の無い奴は語らないほうが無駄恥欠きませんよっと

商売上の契約するにしても互いの条件が合わないと契約は成功しない。日中関係が
悪化して日本側が困るってさ、日本側が一方的に中国を欲しているとでもいうのかね?
中国企業も日本企業と契約すれば利になると踏んでるから成立するわけだ。
つまり立場は同等で後は如何にして好条件で契約できるか主導権を引き寄せるかの話になる。

↑のは中国側に主導権を「献上」する行為なんだよねぇw



492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 18:10:01 ID:7praVETK
【速報】ハマスとイランが同盟政府樹立
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1138534080/

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/31(火) 19:02:25 ID:???
>>490
ttp://www.nta.go.jp/category/toukei/tokei/menu/minkan/h14/04.htm
下位20%なんて日本でも同じくらい。配偶者控除者が多かった
70−80年代なんて統計上でなら、すごい格差社会。

高額所得者を増やすのに反対なの?
それとも、所帯所得単位重視をしたいの?

494 :べの:2006/02/01(水) 00:46:16 ID:???
>>490
金持ちはますます豊かに、貧乏人はますます貧しく
という格差社会を生み出すアメリカのシステムを
日本に移植してきたのが竹中平蔵
それに乗っかって急成長したのがライブドア。

今回のライブドア捜査でそれが一頓挫したようだが
方向は変わらないだろうね。


495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/01(水) 17:46:32 ID:RXkPMC+Q
竹中は国籍がアメリカにあるとからしいがふざけてるな。


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/02(木) 00:53:13 ID:???
>>495
竹中自身の国籍は日本。
奥さんと子供がアメリカの市民権を持っている。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 01:07:07 ID:???
ライブドアは、露骨なネズミ講だった訳だけど、
資本主義ってのは、つまるところネズミ講なんだよね。
一部の勝ち組を宣伝材料にして、大多数の者を搾取すると。
まあ、アムウェイビジネスみたいなもんだ。
全体の構図を考えれば、ごく一部の人しか儲からない仕組みでも、
努力さえすれば、その一部の人間になれると思って、無駄な努力するんだなw

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/03(金) 21:08:20 ID:Sc5Ci+Jp
資本主義を目の敵にする奴って限られた受け皿からこぼれたエリ−トばかりだったりしてなw


499 ::2006/02/04(土) 14:08:05 ID:5VxrJd3W
資本主義ならやっぱ機会均等にしないとなーと思います。

500 :軍事組織論:2006/02/04(土) 17:19:26 ID:???
お久しぶりです。

>>441
これは私も意見でもあり、最近周辺からも良く聞かれる意見ですが今日本は確実に(以前と比較し)保守化しています。

簡潔に述べると、国の為に、世の為人の為と言う若い世代は確実に増えてきていると実感しています。
つまり団塊の世代の「公への反抗」から「公への奉仕」と移り変わる一方で「公の腐敗」が見過ごされる危険性です。
この話は長くなるので、まず今の保守化の傾向について私見を述べたいと思います。

●保守化について
最初に結論を述べると、保守化したと言っても、潜在的な保守派が増えたと言うより、
発言する保守派が増えてきて、社会的な影響力を持つようになったと私は思います。
日本に元来存在する保守派も革新派もその絶対数に大きな変動は見られないと思います。
例えばフランスやドイツのように外国人を追い出せなどと言う過激な言動をとる政治家が日本では選挙で票を取っていないからです。
過激な保守派と言うより、中間層に属し、その中でも保守よりの層の発言力が高まったと言うのが私見です。

もちろん単純に二、三個だけの要因による物とは言えませんが、比較的に影響力の大きかった、あるいは目立った要素があります。
大きいのは、団塊の世代の反動(舶来品主義の反動)が今日本に来ていると言うこと、
また長らく学界、言論界に置いて「権力、権威=悪または恐怖」と言った価値観が支配し、
「軍事力=議論すべき対象ではなく人間の感情として拒絶すべき物」が日本を支配してきました。

しかし、今の日本の若い世代はこれに疑問を抱き始めています。
これは私自身の経験でもあるのですが、団塊世代と政治の議論の最中、軍事力の話になり、
彼らは頭から「それは絶対悪である」とした事に対して、私が批判し議論を発展させようとしたら
「戦争賛美主義者」と罵られました。
あまりの論理の飛躍に私は呆然としましたが、要するに価値観が違うのです。

501 :軍事組織論:2006/02/04(土) 17:22:27 ID:???
例えば今から35年〜40年程前だったと思いますが、大学では「短髪は右翼」と言う時代がありました。
今から考えれば冗談みたいですが、当時は本気です。
なので男性は長髪が基本、学生服を着ているだけで体制派と罵られ、基本的に「個人の自由」「乱れ」が「良し」とされました。
また特に海外への移住志向強かったのもこの時代です。

要するに当時の大人は大戦後の「反省」を、当時の若者達に「日本は悪だった」だと直接的、間接的に教えることによって
「大戦の反省」を果たしたと考えたのですが、実態はプライドや帰属意識の破壊にも繋がりました。(帰属意識については別の機会に)
日本の反省と日本が悪だったとする教育政策を施行した一方で、
少年工科学校では先の第二次世界大戦を「正義の戦争」「日本の防衛戦争」と言う教育を施しました。
ここに軍事に携わる人々の歴史観と、団塊の世代の歴史観、そして今の若い世代の歴史観と断絶が生じています。

ただ、保守化しているからと言って今の日本は右傾化しているとは思いません。
語源に立ち戻ってみれば、右翼の国粋主義の思想によって日本が排外主義の政策や意図的な民族主義政策を実施しているとは思えないですし、
同時に国民もその思想に迎合しているとは思えません。
真剣に取り扱って良いのかどうか迷いますが、ザイン(http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/27065492.html)のような集団は日本では確実に少数派でしょう。
ちなみにこの集団は日本帝国主義による世界制服を宣言している新興宗教団体です。

まとめとして、世代間の断絶が進み、保守化は進んでいるが国粋主義や排外主義のような過激な思想が跋扈しているわけではない、と言うのが私見です。
また最も不可解な批判や非難として、日本の軍国主義化と言う言葉がありますが、
軍国主義の幾つかの定義によれば社会構造、生活、思考様式を全て軍事力強化に用いそれによって国威を示すこと、
国を挙げての全面的な軍事力により世界に誇示すること、軍部が政治の実権を握ること、とありますが、
どれも今の日本には当てはまりません。なので、軍国主義化と言う批判が最も私には理解出来ない批判です。

502 :軍事組織論:2006/02/04(土) 17:27:37 ID:???
補足1:軍国主義の言葉が出てきた背景には、全体主義(ファシズム)と区別する為(ドイツやイタリアと日本は違うと言う事を示す為)に出てきた用語との話も聞きました

補足2:http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2001/09/12anpo.html
この安全保障会議には自衛隊幹部の 20代後半から30代の若い自衛隊幹部が出席したと思います。
つまり、旧軍で言えば青年将校で、それらが直接政権の指導者に政策や情報などを示す場に出てきたのを見て、
政治家も軍事や安全保障に対する態度が変わって来たと思いました。

503 :軍事組織論:2006/02/04(土) 17:28:53 ID:???
あと、話は変わるのですが、このようなニュースが流れていました。

【調査】 日本、1位に…「世界にいい影響を与えている国」世論調査
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139024364/

★世界に「好影響」日本1位 ワーストはイラン、米国

・世界に最も「良い影響」を与えている国は日本−。米メリーランド大が世界の約4万人を
 対象に実施した英BBC放送との共同世論調査で、こんな結果が出た。同大が3日
 発表した。逆に最も悪影響を与えている国は、核問題が国際社会の反発を招いている
 イランで、次いで米国だった。

 調査は昨年10−12月に米州、欧州、中東、アフリカ、アジア各地域の33カ国で
 行われた。質問の対象となった国は日本、米国、中国、イランなど。

 調査結果によると、日本が世界に「好影響」を与えているとの回答は、33カ国中
 31カ国で「悪影響」を上回り、平均すると好影響が55%、悪影響が18%だった。
 具体的に何が判断材料となったかについては触れられていない。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060204-00000080-kyodo-soci

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/04(土) 18:38:16 ID:3wTDpu4p
世代間のギャップはそうそう埋まるものではないでしょう。
年下からあれこれ指摘されるのは頭にくるし、人間年を食うと意固地になりますから。

>つまり団塊の世代の「公への反抗」
脳裏に染み付いているのか、かの世代の方達とお話をすると発言の要所要所から滲み出ているのが
よく解ります。またテレビ世代でもありテレビ放送の内容に影響を受け易い傾向にあります。

ただ海外経験のある御仁には口には出していても世界の仕組みを理解しているフシが見受けられ
思考が丸くなっていると見受けられます。中国を知る人では日本の米国より&反米意識からの反動で中国に傾倒する
という傾向が緩和されている様な印象を持ちました。


505 ::2006/02/04(土) 19:53:03 ID:5VxrJd3W
軍事組織論さんからザインの話がでるとは思わなかったです。
俺はサブカル本で知ったけど、目から殺人ビームが出せる講習会とか、
美女軍団とかそういうやつですよね。なんか教組さんが宇宙戦争で
たたかって勝ったとか。

真面目なレスはあとで落ち着いてるときにしますが、軍事組織論さんは
ザインみたいなカルト集団を簡単に言うとどう位置づけているんですか?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 16:58:19 ID:+G2uJcB6
【英国】中国政府の銅トレーダーが行方不明?米紙報道 中国政府は否定[051114]
1 :つかφ ★ :2005/11/15(火) 01:35:14 ID:???

 14日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)は、ロンドン金属取引所
(LME)で大規模な売り持ち高を保有していたとされる中国政府の銅トレーダーが
行方不明になっていると報じた。国家備蓄局の損失は数億米ドルに上る可能性が
あると指摘されており、仮に事実であれば1996年に日本の住友商事が推定26億米ドルの
損失を計上して以来の規模になるという。

 報道によると、このトレーダーは中国国家備蓄局に勤務していたリウ・キビン氏。
10万―20万トン規模の銅先物の売り持ちポジションを持っていたとされ、当該銅先物の
引き渡し期日は12月21日という。LMEで銅先物相場は上昇基調を続けている。

 備蓄局の同僚は「この数週間は職場に来ていない」と話し、ロンドンの複数のトレーダーも
「しばらくリウ氏からの連絡が途絶えている」としている。これに対して、中国国家備蓄局は
「そのような名前の職員はいない」としており、リウ氏の売り持ちポジションについても
把握していないと述べている。


ソース(日本経済新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051114AT3L1405714112005.html

関連スレ
【経済】銅先物が3カ月ぶり安値、中国で在庫が急増−ロンドン商品市場[05/14]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1116069089/(dat落ち)


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 22:08:55 ID:35PKfxsB
http://www.asyura2.com/index.html阿修羅より引用
>>http://asyura2.com/bigdata/bigup1/source/016.swf


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/05(日) 23:23:23 ID:3bL1OYgZ
http://blog.livedoor.jp/hirox1492/
>年々増える日本国籍を持たない生活保護を受ける人たち。
>たまたま、見かけた統計資料なんですが、日本の国籍を有しない生活保護を受けている人というのは年々増えているようです。
>平成10年度には、総計355,494人だったのが、 平成15年には503,761人にもなっています。

団塊世代が気にしてる年金だが、議員年金が多いだのマスコミの操作に乗せられて生活保護費については
知らない人が多いね。議員年金たって議員は日本国籍保持者であり、多国籍の人間に日本国民のカネが流れてる方が問題じゃないの?
厚生省が生活保護費の低減を考えてるとかニュ−スで流れた記憶が無い

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/07(火) 03:28:59 ID:???
>>508
記憶に無いのは注意力不足

>【生活保護費の一部削減へ 政府、与党が最終調整】
>国・地方財政の三位一体改革で未決着の補助金削減をめぐり、政府、与党は29日、
>地方が反対している生活保護費の一部を削減する方向で最終調整に入り、地方側に提示した。
>合わせて地方が移譲を求めている施設整備費も削減し、暫定削減扱いだった
>義務教育費国庫負担金は小中学校合わせた国の負担を3分の1に引き下げる方針だ。
>地方側は「分権改革に汚点を残す」(山出保全国市長会長)と猛反発しているが、
>政府、与党はこの案で決着させる構えだ。
>生活保護については、22日の政府、与党協議で自民党は削減しない方針を提示して調整に入ったが、
>厚生労働省や財務省が激しく抵抗し、政府、与党は一部の削減はやむを得ないと判断した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051129-00000106-kyodo-pol

政府は生活保護削減に動いているよ。
ただ、実際に暮らしている人間に対して、死ねとは言えないわけで、
現実に人間と向き合っている地方自治体は、生活保護削減には抵抗するだろ。

510 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/07(火) 19:59:31 ID:i5jR4z9k
>>499 :1:資本主義ならやっぱ機会均等にしないとなーと思います。

1さん、資本主義に関心を持つことは大切だと思います。

マックス・ヴェーバー:プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
山之内靖:マックス・ヴェーバー入門
姜尚中:マックス・ウェーバーと近代
姜尚中:オリエンタリズムの彼方へ

などを順に読んできたのですが、「同時多発テロ後の社会構築」とは、
チョー重要でチョー困難という意味で、大変な問題に取組んでしまったなあ、
それだけに、男冥利に尽きるなあ、と感無量の思いに耽る今日この頃です。

ヤフーMLの方でも、今一層がんばります。お付き合いのほど、よろしく。

姜尚中は嫌う人が多いですが、私が読んだ範囲では、そんなことはない。
また、松岡正剛など「千夜一夜」姜尚中『ナショナリズム』2001 岩波書店
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0956.html
でべた褒めです。

511 :funわか:2006/02/08(水) 00:03:33 ID:uWRgbKZl
イラクの解放戦争に関して。
この戦争に関しても改めて日本の新聞テレビがいかに幼稚かを思い知らされる。

唯一まともな論評はサンケイ新聞くらいのものでフジ(サンケイ)テレビとなると50歩100歩、や
はり愚劣低俗偏向報道の王者は朝日系新聞テレビと田原総一郎に筑紫哲也に鳥越俊太郎だった。ホント
に幼稚というよりも卑怯な人々だ。 文民統制自由主義国の恩恵を最大謳歌しておきながら、その報道
姿勢は民主主義国家のアメリカの重箱の片隅のアラを捜し集めての批判ばかり、そのうえに世界中が解
りきっている軍事独裁圧政国家の国民の真の苦しんでいる姿は殆ど報道しない。イラクはすでにフセイ
ンの軍事独裁弾圧の政治は終わり、日本と同じ民主的な選挙により国の代表者が選ばれようとしている。
大いに結構毛だらけ猫灰だらけではないか

これら国損マスコミを日本から追放する手だてはないのだろうか。やはり、スパイ防止法しかこういう
輩を追っ払うことは出来ないのだろう。だからこそ、彼らはスパイ防止法の成立を全力で阻止する手段
を策略し続ける。つくづくと思う、マスコミの質は国民の質を決して越えはしない。こういう、マスコ
ミや解説者をのさばらせる、という選択もまた国民の質の問題であろう。

http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm

512 :::2006/02/08(水) 00:12:43 ID:???
>>511

ー+ー   /     lニ|ニl     |   ヽ ノ    ,    、     ||
ー+ー −+---    ̄ ̄ ̄ ̄ ー十一 三l三  ー十一, ヽ     ||
_|_  / --    |二二|    /|ヽ  ヽ| ノ     |  |       ||
|_/   / 、      |二二|   / | ヽ  ノ| ヽ    /  |      ||
        ̄~  _ノ  ヽ_    |    、|     /  、l
                                       ( )


513 :funわか:2006/02/08(水) 15:32:38 ID:1Q5DCLtB
>>512 理路整然と反論してみなさい。funwaka@hotmail.com

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 17:53:10 ID:IM45Ynsq
>>509
ご指摘ありがとう
しかしネット上でなくam/pm7:00のニュ−スで主要カテゴリには入るんじゃないかという
題目だと思うんだけどね。国民の関心事にも年金問題回答高いんでしょ?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 17:57:33 ID:IM45Ynsq
 テロの未然防止を目的に政府が今国会に提出する出入国管理・難民認定法改正案の全容が7日、分かった。
原則として16歳以上の外国人に入国審査時の指紋採取を義務付けるほか、テロリストの入国を阻止するため、
法相が「公衆等脅迫目的の犯罪を行う恐れがある」と認定した者を強制退去させる規定を新設する。

 指紋採取の例外となるのは(1)在日韓国・朝鮮人などの特別永住者(2)16歳未満(3)外交・公用での来日
(4)国の招待者など。指紋のほかに顔画像の採取も検討されており、今後法務省令で定める。指紋などは
コンピューターに記録され、過去の強制退去者の指紋と照合して、他人になりすました再入国を防ぐ。捜査当局
から照会があれば、犯罪捜査にも利用する。

 強制退去できるのは、一般市民や国を脅迫する目的の殺人、ハイジャック、爆破行為など「テロ資金提供
処罰法」が定める犯罪行為(予備・ほう助も含む)を実行する恐れがあると法相が判断した人と、「国際約束に
より日本への入国を防止すべき者」。このほか、日本に入る航空機や船舶の乗客名簿の事前提出も義務付ける。

 入国審査での指紋採取は米国で導入されているが、日本弁護士連合会などは日本での実施に反対しており、
今後議論を呼びそうだ。日弁連は「指紋採取は個人の尊重を定めた憲法や、品位を傷つける取り扱いを禁止した
自由権規約に反する」と主張。「プライバシー権などを侵害する上、外国人と共生する社会の形成を阻害する」と
して犯罪捜査への利用にも反対している。

■ソース(Mainichi-MSN)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060208k0000m040167000c.html


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 23:41:40 ID:6KKVvg99
【ムハンマド風刺画】イラク、風刺画問題でデンマーク・ノルウェー企業との契約凍結
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139212393/l50

この問題どうなんでしょ?

517 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/09(木) 08:26:37 ID:OA7ip4nl
この問題「同時多発テロ後の社会構築」、本質的に、ますます深刻の度が進み、拡がっているね!

さて、我々はどうしよう?

私は、ミンダナオ島のイスラム自治区で、相変わらずしこしこやります。

518 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/09(木) 08:27:51 ID:OA7ip4nl
しこしこ、もといっ、粛々とやります。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/09(木) 17:46:54 ID:2d8yGIAU
フィリピ−ナなお楽しみで羨ましいよw

520 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/09(木) 19:06:51 ID:OA7ip4nl
一緒にどうぞ、JICA 「フィリピン・ミンダナオ平和特別地域保健行政」研修まで
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hyouka/kunibetu/gai/philippines/gd02_01_0804.html#k4

521 :funわか:2006/02/09(木) 21:12:35 ID:eHiwuU0M
アメリカや日本で同時多発テロを第二次戦争末期の日本の神風特攻隊と同じく論する人達がいる。
神風特攻隊と9.11のカルト教団の無差別テロを同一視するなど、その違いが理解できていないも甚だし
いのです!! この点においては断固としてその過ちを指摘しておきたい!

同時多発テロと比較対照されていますが、日本は真珠湾では、一切の民間人攻撃はしていません。 民
間人無差別殺傷テロとはあまりにも次元が違うのです。 政治の世界に置いては今も昔も、戦争とは政
治の交渉の結果の一つであるのです。オウムなどのカルト教団の民間人無差別殺傷と同列に扱うなど言
語道断なのです。http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm

522 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/10(金) 06:00:47 ID:2nLVu4i1
funわかさん、

そういう理解と「同時多発テロ後の社会構築」との関係をどう考えれば良いのでしょうか?

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 20:59:16 ID:hptcZ6Ea
構築する為に出資してくれる国が朝鮮人とアカ勢力に乗っ取られそうだから
団塊の世代が某国の長老になったらその時がその国のX-dayになるだろう

もう時間がないんだよ

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/11(土) 21:30:36 ID:qlQnuwJL
 三星(サムスン)の8千億ウォン(約973億円)献納発表後、三星社会奉仕団の電話器はまるで火がついたようだ。
「助けてほしい」とあちこちから電話がひっきりなしにかかっているのだ。

「生活が苦しいので助けてほしい」と泣いて訴える人、「助けてくれなければつまらない」と脅迫する人まで多様だ。
「児童福祉施設だが、古くなった暖房施設を替えてほしい」「町内に高齢者福祉施設を立ててくれ」などはまだいい方。
「家を買うのにお金が足りないから分けてくれ」「破産しそうだ、助けてくれ」という困った電話もかかってくる。

三星社会奉仕団ファン・ジョンウン部長は「1日100件以上の電話がかかり仕事ができない」とし「三星が寄付すると
いうとそれに目がくらむ国民がいるようだ」とやや閉口ぎみだ。

ファン部長はしかし「われわれにいくら頼んでも無駄」と話す。8千億ウォンは何の条件なく寄付するものなので、
その用途について三星では言う権利がないというのだ。「政府と社会での論議」を経て用途が決まると明らかにして
いるが、この金を誰がどう使うかに対する関心は、どんどん大きくなっている。

年間運用資金規模で数百億ウォンに達することから推定される史上類をみない巨額の金がどこに行くか、まだ
行方が決まっていないからだ。財界関係者は「三星が莫大な財産を出し、何の条件をつけないよりは、最小限その
運用方向や性格程度は決めておく方が寄付文化の発展のためにも望ましくないだろうか、という気がする」と話す。

基金の運営形態はまずこの金を基金に運営収益で社会福祉活動や奨学・公益事業などをする形態になるものと
みられる。三星社会奉仕団にはすでに多くの大学から奨学事業に活用することができないかと問い合わせが入って
きている。


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/11(土) 21:33:08 ID:qlQnuwJL
問題は運営主体、一部では政府がこの基金の運用主体になる案を提示しているが、可能性は小さそうだ。政府
関係者は「予算を執行する政府が民間の金を直接管理するのは大変だ」と話す。

結局、民間が担う公算が大きいということだ。社会福祉共同募金会がこの金を預かる主体に挙がっているが、
内部規定上、寄付募金と配分はできても資産運用はできないことになっており、適切ではないという指摘だ。
三星は内心公信力ある政府が基金の運営主体を決めてくれることを期待している。財界周辺では三星と政府が
どのくらい共通の観念をもてるか観測している。李海チャン(イ・へチャン)国務総理の兄である三星社会奉仕団
李海鎮(イ・ヘジン)社長が、その通路の役割をしているという推測だ。
しかし三星では「前もって何の協議もなく、そのような余裕もなかった」と否認している。運営主体を決めるにあたって
調整の役割をする政府の部処で保健福祉部と教育人的資源部が挙がっているが、政府で具体的に出る気配はまだ
ない。三星関係者は「政府で待ってましたと出られるのも困るので、時間が少しかかりそうだ」と見ている。
基金の使用先は最近、最大の社会懸案として浮上している二極化解消や貧困の解消などが有力だ。財団を作って
貧困階層に対する大規模奨学事業や失業者職業再教育事業、社会福祉施設拡充などを行う案が挙がっている。
三星は4500億ウォン規模の「李健煕(イ・ゴンヒ)奨学財団」を出しているが、優秀な人才の国外留学を志願する
奨学事業は続けていくという方針だ。すでに支援を受けて留学中の学生たちに対する支援も卒業まで続くという説明だ。
一方、三星は役人たちの社会奉仕活動も大幅に増やす計画だ。三星社会奉仕団ミン・ギョンチュン専務は「役人の
ボランティア参加率を上げるために義務化する案も検討したが、ボランティアの主旨にふさわしくなく、自発的参加を
誘導することにした」と述べた。
■ソース(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72590&servcode=300§code=300
■関連スレッド
【韓国】サムスンが会長私財を社会還元し社会貢献活動を拡充、対政府訴訟を取り下げる事も明らかに[02/07]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139294112/


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 11:43:44 ID:FbxUB5VZ
在日朝鮮人の夢は、

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     日 本 人 を 差 別 し て 死 に た い     

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

だそうです。


国籍問題を考える・資料集
ttp://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。

※「日本人を差別して死にたい」はすでに削除されているので、こちらを参照のこと。
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 12:37:44 ID:+wtUwjCk
県教委は10日、県内の小中高校生を対象に本年度実施した学力実態調査の
結果を公表した。小学5年の算数で、小数と整数の足し算「1・4+3」の
正答率は前年度を9・9ポイント下回る45・9%。足すべき位を間違え、
「1・7」(正解は4・4)と答えてしまう児童が44・2%に達した。

現行の学習指導要領で、小数と整数の足し算は小学4年で学ぶ。
県教委は「(2002年度の)指導要領改定で算数の教科書から、
3を3・0とする表記がほとんどなくなり、学校でも教えなく
なっているせいではないか」と分析している。

03、04年度に5年生を対象に行った「1・2+5」の足し算の
正答率はそれぞれ56・6%、55・8%と、徐々に低下。「1・7」
(正解は6・2)とする誤答率は04年度が37・9%で、本年度は
さらに6ポイント余り増えたことになる。

一方、小学4年が対象の2けた同士の掛け算「80×40」の
正答率は、2000年度は66・9%だったが、指導要領改訂後の
03年度は48・2%と悪化。その後は04年度56・9%、
本年度63・8%と向上している。

県教委は「ドリル学習などの繰り返し指導などの結果と考えられる」とするが、
まだ2000年度の水準に達しないため、各校に定着を図る指導を進める考えだ。

調査は昨年7―9月、小学4年から高校3年まで各学年の6―8%を
抽出して実施。従来は3年に一度だったが、現行の学習指導要領になって
算数などの学力低下が顕著なことから、03年度以降は毎年実施している。

http://www.shinmai.co.jp/news/20060211/mm060211sha4022.htm


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 14:01:58 ID:Im09pHhQ
訂正
>>523
朝鮮人とアカ勢力

朝鮮人と他外資

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 20:20:39 ID:+4qeoQGh
★外国人出資比率高い企業の政治献金を緩和・自民検討

 自民党は外国人の持ち株比率が高い企業からの政治献金の規制を緩和する
方向で検討に入った。外国人投資家などの出資を受ける企業が増え、
現行の規制が実情にそぐわなくなってきたと判断した。今後、具体的な
基準を詰め、今国会に政治資金規正法改正案を提出、2006年度中の施行を目指す。

 現行法は政党や政治家が外国勢力から影響を受けることを排除するため、
外国人や外国法人に加え「外国人や外国法人などが主たる構成員である団体」からの
政治献金を禁止。総務省などは「株式会社の場合、発行済み株式数のうち
外国人や外国法人の保有割合が50%を超えた企業が対象になる」との見解を
示している。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060209AT1E0400608022006.html


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/12(日) 22:14:13 ID:???
>>510
少しづつ劣化してるのか?w

姜尚中は嫌う人が多い理由は、思考の中に修正的なアプローチが要素として入ってしまうから。
2003年くらいから、東大学派に呑み込まれて、ようやく無理なことは無理と言うようになる。
もうちょっと、近年のを時間かけてインプットしてから姜尚中批評したほうがいいよ。ガンガレ!

あと、そこのURL批評が醜いね。
ナショナリズムは時代とともに内容が最も変化した社会用語の1つなのに
時代系列もごちゃ混ぜに、全部同じ意味で混同してる。松岡正剛・・・・商売なのかな。
学派はそんなことはしない。これと似た話し、前々スレくらいで話してるんだけどね。

がんばって実践して悟りをひらいてください。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 00:25:19 ID:???
>>529
株式数ぐらいで制限したって、抜け道はいっぱいあるんだろ。

安倍晋三の非公認後援会「安晋会」の会長が、アメリカの保険屋AIGグループの会長だっけ。
規制緩和もそうだけど、医療保険や年金の給付の制限が、こういう保険屋の隆盛につながってるんだよな。
介護保険だって、今の様子だと破綻しそうだし、日本国民の老後は暗いね。
今から、国に頼らず、アメリカの保険会社に頼った方が、安心して老後を送れそうだ。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 19:23:43 ID:YFqvGFM2
この様子では日本は東京裁判をまた受ける羽目になりそうだ
侮日行動してるやつが国内にいるんだよ・・・・
戦後の日本人てなんでこんな馬鹿ばっかなの?
インテリジェンス怠けすぎ


533 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/13(月) 23:23:59 ID:dzLBLdST
いや、もっと姜尚中を勉強しなければと思っています。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/13(月) 23:59:47 ID:AOcP9qlA
外資の日本支社の日本人重役からいくら貰っても規制に引っかかりません
逆に規制すると個人の自由の侵害になるし

こういう規制はあまり意味ない
それよりも金の出入りの透明化が重要
外資から金をいっぱい貰ってたら、それを見て選挙民が判断すればいいこと


535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 00:16:30 ID:???
共産党の言う企業献金廃止が正しいんじゃねーの?
何のための、政党助成金だったんだよ

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 00:19:20 ID:Mp702EaU
>などを順に読んできたのですが、「同時多発テロ後の社会構築」とは、
>チョー重要でチョー困難という意味で、大変な問題に取組んでしまったなあ、
ほんとチョー困難ですね。
今回の風刺画問題のように欧州側も簡単に引けない問題だと解決の糸口さえ見えない

ホロコーストのように法規制かければ、防げるのかもしれんけど
ナチス式敬礼しただけで逮捕されるドイツの状態が正しい状態とも思えないし。

出来る限り、法規制などかけず、自由を確保した上で平和に暮らすのは難しいです。
自由を確保すればこういう問題は一定の確率で必ず起きる。


537 ::2006/02/14(火) 03:33:33 ID:lgrNynPo
>>535
共産党は昔から企業献金(とくにアメリカ癒着の)叩いてましたからね。
政党助成金ももらってないし、まあ批判票としては他よりマシかと。

>>536
ねー、チョー難関ですよね。
ムハンマドの風刺漫画問題でヨーロッパばかりかアメリカまで抑制しようと
必死な風に見えますが、この問題は根深く残るし、今後も怨恨を残すでしょうね。
日本人の俺たちは宗教的なことはイマイチピンとこないですが、どっかのスレで見たけど、
ムハンマドの風刺漫画の問題は、公の面前で大好きだったおじいちゃんの遺影にツバを吐きかけられ、
クシャクシャに破かれてグチャグチャに踏みつけられてウンコかけられたかんじだと。

以前にイスラムの本を翻訳した筑波大学の先生が殺されましたし、地方は忘れたけど(たしか富山県?)、
コーランが落ちていたということで、どっかの中古自動車販売会社があぶない目にあいましたね。
けど、俺たちアイデンティティになるほどの宗教観をもってない人が大部分だと思うから、
彼らの本当の気持ちはわからないんだろうな。でも少なくともやみくもにイスラムこわいとか、
単純な線引きしてしまうのも危険だと思います。

538 ::2006/02/14(火) 03:34:36 ID:lgrNynPo
以前もさんざん書いたけど、ラディンあたりになると、そういう世論をわざと狙って
テロとかして、イスラムが抑圧されることで自分とこに支持が集まることを狙ってたみたいだし。

余談ですが、スピルバーグ監督でトムクルーズ主演の「宇宙戦争」をいまごろ見たのですが、
原作は名作だったらしいですが、映画のほうのストーリーは都合の良すぎる展開、矛盾点が多く
ヘタレだなーと思いましたが、随所に911のトラウマがちりばめられていて興味深かったです。
宇宙人が突然全世界を攻撃して、世界がほとんど壊滅していく中で、日本だけが宇宙人をやっつけたという
展開もおもろかった。「日本ができるなら俺たちもできる!」って、壊滅状態の街を「ヒロシマのようだ」と
言いながら、ただひたすら逃げまくる映画だったんですよ。映画の制作年代は2005年です。
アメリカは911テロとヒロシマの原爆のことがトラウマになってるみたい。

単なる娯楽作品で、映画自体はたいしたことありませんが、映画を見るというより、
アメリカ人のメンタリティをのぞく意味ではおもしろいヒマつぶしになると思いますよ。
一緒に見てた親父なんかは、「アメリカはほんとに怖いことを一度は体験しておいたほうが
いいんだ」ってつぶやいてました。あんがい、あの映画は戦時下の心の持ちようを示唆するために
作ったんじゃないかと。まあ、ヒマでどうしようもないときに思い出したら見て笑ってみるのも余興だと。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 18:37:43 ID:yfOdP5R8
風刺画はたんなる欧米諸国の挑発だろ
怨恨を残すでしょうね、じゃなくて怨恨を残させてるんだよありゃ
国民の反発買わずに新技術開発や国防諜報に予算振れる。
これに関係した法令も通りやすい。
フランスの新聞も問題勃発直後に風刺画載せて追い撃ちしてるしw

相手の挑発に簡単に乗るようじゃ駄目だよ?
ビンラディンも楽に構成員集められて助かってるんじゃね?


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 18:46:55 ID:yfOdP5R8
ついつい忘れてたw
「関係悪化の修復」を名目に平和団体のお仕事も増えて助成金も貰えると言う
美味しい構図

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/14(火) 19:48:20 ID:???
そうそう。
アラブ系やアフリカ系の失業青年を社会のクズよわばりしたサルコジと一緒だな。
火に油を注ぐ発言をしていながら何のおとがめを受けてないんだから
よほど鈍いやつでなければ確信犯だとわかるはず…
と思ったらなかなかそうでもないのかもしれんが

今回も一緒だよ。
火に油を注ぐようにデンマークの首相も風刺画の応援してるし。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 00:22:00 ID:6oKce99f
そもそもイスラム教をバカにすることが悪いことなのか?

ムハンマドはユダヤ教やキリスト教の教えは間違ってると思ったから
イスラム教はじめてんでしょ?

キリスト教を否定している人物をキリスト教徒がバカにして何が悪い?
むしろ熱心にキリスト教信じてる人間からしたら当然の行為だろ?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 00:54:46 ID:6oKce99f
とキリスト教原理主義者なら考えると思う
歴史的経緯意からすればイスラム教徒の中にキリスト教をバカにするやつがいたり
キリスト教徒の中にイスラム教をバカにするやつがいるのは当然のこと。

イスラム教徒が風刺画で怒るのもわかる
イスラム宗教をまじめに信じてる人は怒るだろう
しかし、そのまじめさ、宗教的正しさをどこかで放棄しないとヤバイ

互いに宗教的正しさにそって行動したら、
宗教戦争まで行ってしまうんだよ


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/15(水) 11:05:55 ID:Q7iBHcko
誰でも簡単に無差別テロ出来る方法が開発されました!
小学生でも出来る方法で知識もお金もいりません!
詳しくはテンプレ参照ですが、詳しく書いたページへのリンクもあります。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1139768218/l50

545 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/02/16(木) 09:06:27 ID:???
半年間の中国出張から帰ってきますた
あまり、経済の話題はなさそうでつね
過去スレから読んでみます ノシ


546 ::2006/02/16(木) 19:19:08 ID:mzXmVwdm
>>545
おひさしぶりです、おかえりなさい。

中国はどうでしたか?実感としてまだ景気はいいんですか?
発展具合や貧富の差など、身近に感じることなどありましたか?
出会った中国人はどんなかんじでしたか?
リポートよろしくお願いします。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 00:07:08 ID:OtT49HkW
価値観の違うものの共存はチョー難しいですね
極端な問題設定ですが
宗教をアヘンだと思ってるマルクス主義者とイスラム教徒は共存できるのか
出来るとすれば、その前提条件はなにか

そういうところから考えて見たいと思います。


548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 00:12:35 ID:???
>>547
前提条件として共通の敵が存在すれば、PLOのように共存は可能w

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 17:59:13 ID:JDmR8jux
利害が一致すれば昨日の敵は今日の友、とっても一時的な関係だけどね。
どっかのスレで見たんだけど地球外生命体が大挙として押し寄せて人間を攻撃してきたら
世界民族協力共存の理想が実現する可能性はあるw

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/17(金) 18:49:36 ID:JDmR8jux
今日の二階堂は必見

551 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/02/18(土) 13:33:04 ID:???
日本企業の財コンで浙江省の島にいったのでつが
中国は初めてだったので内部比較は無理ですよん
海外歴の中では一番めんどーな国ですた
人口半分の十万人くらいは出稼ぎいってるそうでつ
とかく、びっくりしたのは物価と環境1!11!
この年で先生と呼ばれるのはうれしいのでつが
現地の中国人は仕事スレとほぼ同じ内容かしらん



552 :前スレの196=199:2006/02/18(土) 23:01:08 ID:/wVgQ2hL
お久です。

中国の上海に行ってきた。
面白かったYO !!

中国はまだまだもう少し盛り上がり続けるだろうな。
2010年の上海オリンピックが控えているし。

市民は活力に満ちているし、
あちこち建設ラッシュだった。

理屈抜きにして、スゴイことになっているよ、
この10年くらいの中国は。


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 23:05:35 ID:sMdxvv5j
反中厨房にもっと言ったってくらさい

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 23:11:17 ID:3JMDUY3j
欧州の右翼と、イスラム原理主義との利害が一致してる
これもある意味では共存共栄か?


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 10:37:38 ID:T3uTMMQi
では親中厨房に中身のある発言でもしてもらおうか
>>554
そうだよ

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 15:33:21 ID:7U6KXXTa
・オーディオ機器やゲーム機、洗濯機などの中古品が4月から販売できなくなると
 中古の電化製品を扱う業者の間で騒ぎになっている。01年施行の電気用品安全法の
 猶予期間が切れ、新しい安全基準を満たした製品以外は売れなくなるためだ。
 国の周知不足のため最近知った業者が多い。小規模な個人経営が多い中古品業界では
 春から売れない在庫を抱えて倒産が相次ぐと悲観する声があがる。
 同法はメーカーや販売業者に安全確認検査を義務づけている。検査済み製品には
 「電気製品の安全性」を示す「PSE」マークをはり、電気便座など基準が厳しい製品
 にはひし形、それ以外には丸形の2種類ある。一般的な家電製品は大半が3月末で
 猶予期間終了。マークのない製品を売ることはできなくなる。
 「青天の霹靂だった」。東京・JR秋葉原駅前の秋葉原ラジオ会館で清進商会を営む
 小川進さん(56)は言う。店内にはベータ式のビデオデッキやオープンリール式の
 テープレコーダー、レコードプレーヤーなどが並び、古いオーディオの愛好家らが
 買いに来る。
 同業者から知らされたのは1月下旬。今月に入って経済産業省に確かめた。
 「うちの商売はどうなる」。問いつめたが、「官報で知らせた」という答えだったという。
 在庫は約500点に上る。「古い機械が好きな方を相手に誇りを持って仕事をしてきた。
 これでは死ねと言われたようなもの。もっと早くわかっていたら」と怒る。
 中古家電の大手「ハードオフ」は今月11日から対象製品のセールを始めた。
 ギター用アンプなどの「ビンテージ」と呼ばれる高額品を扱う大手楽器店は
 「売り切れなければ、店内に飾るしかないかも」とぼやく。法施行以来、経産省は
 官報のほかに各メーカーや業界団体に冊子を配るなどしたという。「物の流れとともに
 情報が伝わると考えていたが、伝えきれなかったのは否めない」と釈明している。
 http://www.asahi.com/life/update/0218/005.html
※関連スレ
・【社会】 "いろんな電気製品、PSEマークない物は売買禁止"で、経産省に問い合わせ殺到★3
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140292165/
※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140264560/

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 16:59:06 ID:7U6KXXTa
・東京都江東区の小学校で飼育されていたウサギをけり殺したとして、警視庁は15日、同区内の
 無職少年3人(いずれも18歳)を動物愛護法違反などの疑いで逮捕したと発表した。
 少年らはウサギをボール代わりにサッカーをしており、「面白半分でやっていてエスカレート
 した」などと供述。ウサギの死体を重しと一緒に袋に入れて運河に捨てていたという。

 調べでは、少年3人は昨年5月8日早朝、同区立辰巳小学校に侵入。小屋で飼われていた
 ウサギ1匹を持ち出し、約1キロ離れた公園でけるなどして殺した疑い。公園内のすり鉢状に
 なったローラースケート場で、はい上がってくるウサギを交代でけったという。(一部略)
 http://www.asahi.com/national/update/0215/TKY200602150212.html

・3人は公園で約15分間、ウサギを取り囲み、逃げようとするとけって虐待。「ゲームの
 つもりで、サッカーのようにけっていてエスカレートした」と話している。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060215-00000084-jij-soci

・一緒にいたグループの少年1人が「やめてくれ」と涙ながらに訴えたが、3人は聞き入れ
 なかったという。
 ウサギは「ユキノスケ」という名前で5、6年生が世話を担当。いなくなった後、児童らが
 ビラを作って捜していた。校長は「子どもたちにはいつか帰ってくるかもしれないと
 伝えていたが、こんなことになるなんてショックです」と話していた。(抜粋)
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20060215/fls_____detail__048.shtml (リンク先消滅)

・公園では約十五分間、ウサギを取り囲み、逃げようとするとけって虐待を加えていた。
 三人はオートバイ盗やひったくりを繰り返していたグループの一員。けるのをやめるように
 訴えた少年は別の小学校で動物の飼育係だったという。「サッカーのインサイドキックや
 ボレーシュートのようにけった」と供述しているという。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060216-00000021-san-soci



558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/19(日) 20:59:04 ID:1kbhw1s2
★“団塊党”が本格始動 社会参加、厳しい注文も

・民主党の菅直人元代表は19日午後、団塊世代の社会参加を目指す
 「団塊党」のシンポジウムを都内で開き、活動を本格化させた。参加者からは
 団塊世代の地域活動参加などに前向きな意見の一方、「面倒なことはせず
 口だけ出す」などと厳しい指摘も相次いだ。

 シンポジウムは団塊世代サラリーマンの社会参加の受け皿を福祉、地方政治、
 労働運動などの分野でどうつくり出すかがテーマで、約300人が参加。菅氏は
 あいさつで「団塊世代には、何かやり残した気分が残っている」と指摘し、社会
 参加の環境整備として雇用年齢の差別禁止など労働関係の法整備も提案した。

 浅野史郎前宮城県知事は「団塊世代は目立ちたがりで群れたがり」と自己分析、
 「地方議会を乗っ取るのもいい」とハッパを掛けた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060219-00000123-kyodo-pol

断罪の時に叩かれるスケープゴートの登場です。好きなだけ発言して
全ての罪はこいつらに引き受けさせるのです。

559 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/21(火) 22:53:00 ID:tj08mz1n
アイデアと戦略がないようだね。これじゃ、何も始まらない。

560 :前スレの196=199:2006/02/22(水) 22:44:11 ID:Yjb7RyKR
>>552
中国の上海に始めて行ったんだけど、
警官と、掃除人のおばさんとおじさんが、やたら数が多かったのが、印象に残った。

上海の、この10年開発ラッシュで、あちこちに建ったデカいビルの中で、
掃除人のおばさんとおじさんが、あちこちで床掃除しているのと、警官が、
あちこちの交差点に立ったりして、交通整理や、警備(?)
をしているのが、目立った。
信号無視をつかまえて、いちいち注意しているのには、笑えた。

でも、みんな、自由に街を歩いているんだよね、
そんなことはお構いなく。
日本よりも、なぜか、自由に、人たちは毎日を生きている
ように、見えた。
日本、やたら不自由で息苦しいし。

思ったんだけど、中国と北朝鮮は、
地球上で最後の社会主義国家なのかもしれないけれど、
日本はもっと筋金入りで、
日本って、地球上で最後のファシズム国家なんじゃないかと、思った次第。

社会主義国家が崩壊したのは、15年前のソ連とベルリンの壁の崩壊なわけだけど、
ファシズム国家が崩壊した(はず)なのは、60年前の第2次世界大戦の後。

しかし、政治や教育の制度が、ファシズム国家の体制を引き継いでいる「日本」
という国が、まだ地球上に存在するという現実は、驚くべきことだと思う。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 00:54:47 ID:ftEYkEDX
>しかし、政治や教育の制度が、ファシズム国家の体制を引き継いでいる「日本」
>という国が、まだ地球上に存在するという現実は、驚くべきことだと思う。
日本のどこがファシズムなのか?
ホロコーストに異議を唱えても、ムハマンマドの絵を描いても逮捕されない
世界一自由な国ですぞ

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 01:10:26 ID:???
>>561
天皇制とか、同和問題とか、不自由は山ほどある。
そういう意味では、田舎国家だね。日本は。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 07:40:26 ID:???
>>560
えーと、フランコ政権の消滅は1975年11月な。

あとそのファシズム国家とやらは本来平等や福祉を重視する共産主義中国
と違って医療保険制度は充実し年金まである始末。
おまけに平等好きが昂じて貧富の差は中国より遥かに小さい。

最近日本の田舎で起きた幼児殺人事件も中国の少数民族が貧困や教育レベルの低さ
から抜け出したいが故に起きたものだ。

そういえば、欧米の大都会だけ行ってわかった口きく馬鹿が以前は随分いたっけな。
曰く、ニューヨークは自由だ、曰くハリウッドはすごい。
そう言う馬鹿ほど米国南部の貧困と保守性、そして男尊女卑、或いは中西部の
信仰心の強さと教育の低さ等々はあまり知らない。
で9.11後の米国の変化に途惑ったりするものだな。

人間、見たいものしか見ないと言うのは本当なのかもしれんな。

564 :前スレの196=199:2006/02/23(木) 09:03:30 ID:5vM9Dm1z
東洋のワイマール共和国は、
まだまだ続きそうですね。

戦前の政治・経済・教育のシステムを、温存したままで。
東洋の21世紀の奇跡と言えましょう。

565 :前スレの196=199:2006/02/23(木) 09:17:34 ID:5vM9Dm1z
付け加えると、日本は、
「国民皆平等」=「一億聡中流」という幻想のユートピアを、
1960年台から1980年代までの30年間の間、この地球上で実現した、
唯一の国。
戦前の政治・経済・教育のシステムを、温存することによって。

欧州でもアメリカでも、この奇跡のユートピアは、ついぞ実現できなかった。
やっぱ、東洋の奇跡だといえまいか。

さらに驚きなのは、
「国民皆平等」=「一億聡中流」という「終わった幻想のユートピア」が、
今の時代になっても現実だと思っている人間が、
この国の9割くらいはいそうだという、現実。

人間の社会が階級社会(格差社会でもいいけど)であるのは、当たり前ではないか。

これは奇跡を通り越して、奇異としか、言いようがない。

566 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/02/23(木) 14:26:14 ID:???
中国はそんなにいいところじゃないでつよ
現地日本企業の中国勤務地は人気が最低だし、中国人評価も厳しいでつ
日本人で1年間以上滞在に耐えられるのは50%以下なり
個人的に物価に興味があって色々見て回ったんだけど
ミネラルウォーターが2元〜、タバコが7元〜、ここまで厳しいとは(ry
日銀のレポートが適切なのがわかりますた

>>565
「奇跡」とかこういうのって信じてる人って多いんでつかね?
インフレ50%以上を3年以上、さらに支配層を海外者にしたら
50年くらいは中流層しか(ry


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 19:48:19 ID:???
>>565
その奇跡は昔マルクスと言う人が煽って今でも中国と言う国は
一応は信条としている。日本と北朝鮮がピョンヤン宣言を発表して暫くしてから、
中国の朝鮮人自治区では思想教育が強化された。
なぜかわかるか?赤い貴族になるのには民族により優先順位が
決まっているとわからせるためだ。

「資本主義社会では人間が人間を搾取する。社会主義社会ではそれは逆転する」

多くの人間には自由なんてインテリのマヌケな観念より適当な自由と貧困が
ない程度の社会で十分。
日本辺りの格差と中国の貧富の差が区別できないようでは、吉林省でも行って現実
みて来いとでも言いたくなるなw医療保険制度は現実そのものだよ。



568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 19:50:30 ID:???
更新時間 :2006年02月19日12:13 (北京時間)
「病気でも受診しない」国民の半数 6大要因
衛生部の高強部長はこのほど開かれた「中国医院協会報告会」で、病院の診察費が高く、市民が病院に
行きにくい問題について、次の6つの原因の長期蓄積で生じたと指摘した。
(1)医療・保健事業の発展が、アンバランスである。
(2)政府投資の不足が深刻で、しかも投資額は年々減っている。
(3)医療保険の発展が遅い。
(4)医薬品、医療機器の生産と流通に秩序がない。
(5)公立病院の運営メカニズムが不合理で、利益を追う傾向がある。
(6)医療市場に対する政府の監督管理が足りない。

高部長は、上述の原因こそがこの問題を引き起こしていると指摘し、次のデータを紹介した。

衛生部が2003年、都市部と農村部の住民を対象に実施した第3回全国衛生医療調査の結果によると、
「病気でも受診しない」と答えた人の割合は、1993年の36.4%から48.9%に増加した。「入院すべきだったが、
しなかった」人は29.6%に上った。入院患者のうち、予定を繰り上げての退院を自発的に申し出た人は43.3%を
占め、このうち60%以上は、「費用が高いから」と答えている。農民のうち「入院すべきだったが、しなかった」
と答えた人は、1998年の63.7%から、75.4%にまで上昇した。「病気で貧しくなった」「病気でまた貧しい状態に
戻ってしまった」と答えた農民は、貧困農民全体の33.4%を占めた。西部地域の農村では、「経済的に困難で、
本来は治療を受けるべきだが受けなかった」と答えた人は62%、「完治していなくても、早めの退院を申し出る」
と答えた人は75.1%を占めた。(編集SN) 「人民網日本語版」2006年2月19日

で、中国がどうしたって?報告が楽しみだなーw
勿論まだまだ多数を占める農村は見てきたよな?
ついでに自由な国の教科書が一つで不自由な国の教科書が無数にある現実も
説明してもらおうかなw


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 20:32:22 ID:7I1e4bhY
釣りかどうか知らんが馬鹿が沸いてるな
疑問を持つ自由は与えられているというか許容範囲と言うか
マンセー野郎は時代遅れ

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 22:22:33 ID:???
>>569
んなものどこにでもあるねww

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 22:27:56 ID:???
自由の最大の基盤は経済力。
だいたいその程度に応じて自由は存在するものだな。
で、中国全体がそんなに豊かになったわけだ。
じゃなんでまた日本に無数の中国人が来たがるわけだ?

572 :前スレの196=199:2006/02/23(木) 22:42:58 ID:5vM9Dm1z
そりゃ、日本が世界第2位の経済大国だからでしょ。

>自由の最大の基盤は経済力。

日本の自由は世界第2位並なのかね。
実感わかないが。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 23:02:57 ID:???
>>571
確かに今の中国の政治や社会には矛盾も多いけど、
経済発展が続いていけば、問題は少なくなると思う。
「衣食足りて礼節を知る」と、言うからね。

なぜか、社会の矛盾があるから、経済発展しないって意見が多いんだな。
日本の経済発展だって、多くの矛盾の上に成り立ってきたって思うんだけど。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 23:03:11 ID:ljdBlacZ
そんなに自由が欲しけりゃ無人島行って一人で自活でもしてろや


575 :前スレの196=199:2006/02/23(木) 23:08:09 ID:5vM9Dm1z
>>561
>ホロコーストに異議を唱えても、ムハマンマドの絵を描いても逮捕されない
>世界一自由な国ですぞ

そうかな。
天皇家の肖像画を焼いたり、星条旗と日章旗を一緒にして焼いたりしたら、
それなりの圧力がかかると思うけど。

国家秩序に対しての、切実な主張や抗議に対してしか、政府と公安は反応しないよ。

ホロコーストへの異議も、ムハマンマドの絵も、
日本の政府や公安に取って、ドーデモイイことだから
おとがめなしなんじゃないのかな。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/23(木) 23:29:59 ID:???
>>572
だから中国の田舎でも行ってこい。普通の中国人は自由なんて観念よりも食うことに
まだまだ手一杯だ。自由なんぞは所詮はボンボンの能書きなんだよ。

「あいつら特権階級の息子だから暇なんだよ。こちとら売上が落ちて仕方ねーや」        
           〜天安門事件にて、屋台の親爺のボヤキ〜
「天才とは制限の中に自分を見出すものである」
            〜ゲーテ〜
どこでも同じ。中国は中国で共産党独裁と民族格差そして貧困からの脱却過程
と言う制限の中で生きているだけの話だ。で、隣の芝生は青く見える、と。
自由原理主義でも望むのならなぜ米国に行かない?
自由自由とほざく大統領の故郷テキサスでも見て来いよ。

洩れの知り合いは中国を自転車で横断中だ。田舎は素朴だがまだまだ貧しい。
ただ貧困と言うほどでもない。ただし漢民族の居住区や大都市部や街道沿い
みたいなところが多く辺境はあまり行ってはいない。これからだ。
治安は田舎はいいよ。都市部の方が寧ろひどい。
田舎でも英語を学んでいて会話ができる子供もいるよ。
のんびりしたものだ。別に自由なんかどうでもいいって感じだな。
勿論都市への憧れくらいはあるだろ。しかし総じて日本よりは貧しく自由は少ない。
簡単には出国もできないだろ。これもコネや金が要る。

北朝鮮の幹部の息子を日本で使用したこともあるよ。
ドイツでスポーツを学びコーチとして指導もできる。
しかしこれは完全な特権階級と言うものだ。
北朝鮮の批判も飲み屋ではするよ。「漫画でしょ」だってさww

平等よりも自由か。人間の欲望というものは尽きないなw



577 :前スレの196=199:2006/02/23(木) 23:55:31 ID:5vM9Dm1z
中国の上海に始めて行ったんだけど、
警官と、掃除人のおばさんとおじさんが、やたら数が多かったのが、印象に残った。
って書いたけど、

中国には「平等」というものは、ない。
町の風景を見れば、一目瞭然。
あちこち目に付く大勢の掃除人のおばさんとおじさんは、
地方から出てきている超低賃金労働者でしょ、確実に。

田舎に行って、確かめるまでもない。

>平等よりも自由か

そうです。

自由という目的のために、平等という手段が必要。
平等なのに自由が無かったら、
平等は一体何の役に立つのかね。

皆が横並びで同じであること自体に価値があるとでもいうのかな。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 00:01:56 ID:???
>>577
くだらない観念論だね、ではまた。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 01:23:17 ID:dOX8ILTh
>そうかな。
>天皇家の肖像画を焼いたり、星条旗と日章旗を一緒にして焼いたりしたら、
>それなりの圧力がかかると思うけど。
他国で同程度のことした場合に比べて圧力は少ないよ
ローマ法王の肖像が焼いたり
自分の国の国旗を焼いたりしたら他国でも大変だ


580 ::2006/02/24(金) 03:08:05 ID:oo2HDM1i
>>577
2000年あたりからしか知らないけど、
何度か行ったニューヨークに似てると思いました。

>中国の上海に始めて行ったんだけど、
>警官と、掃除人のおばさんとおじさんが、やたら数が多かったのが、印象に残った。
>って書いたけど、

>中国には「平等」というものは、ない。
>町の風景を見れば、一目瞭然。
>あちこち目に付く大勢の掃除人のおばさんとおじさんは、
>地方から出てきている超低賃金労働者でしょ、確実に。

ニューヨークでも街を歩くだけで人々の身なりや人種、様子で
一目で階層がわかるし、一等地の高級ホテルですら、おトイレ番(たぶんインド人)の
いるところチップあげないと用も足せないんですよ。駅にはM16持った兵隊さんがウロついてるし。
ほんと、物価だけ高くて不自由な街だなと思いましたよ、ニューヨークは。

それと、目立ったのは街中の星条旗の多さ。いたるところにヒラヒラしてる。
中国はどうなんでしょ。日の丸にケチつけるくらいだから、まさか自分とこの
国旗を街中に高々と掲揚なんてしてないと思いますが・・・。

それにしても資本主義と共産主義、相反する大国同士が意外と同じ光景ってのが
興味深いですね。前スレの196=199さん、レポありがとうございました。


581 :前スレの196=199:2006/02/24(金) 07:12:17 ID:DYthYPap
>それにしても資本主義と共産主義、相反する大国同士が意外と同じ光景ってのが

たしかにそれは言えるかもしれませんね。

やっぱ、中国は共産主義国で、
掃除人のおばさんとおじさんの服が皆カーキ色の制服で、つまり同じ服装。

それだけに、やたら目立つ。

国家が政策的に、経済特区、上海をピカピカにきれいにしようとしていて、 大量の超低賃金労働者を、動員しているんだと思う。
そうした意味では、「国家管理的」ですね。

大量の警備の警官もそう。

ただ、こっけいなのは、その警官、 信号無視を注意をするだけで、 ほかの事には見て見ぬふりをしてるんだよね。

「おかざり」「建前」「形式」なんだよね。

日本の警官って、挙動不審なヤシがいると、やたらと声かけてくるでしょ。 若者が集まって騒いでいたりすると。
フランスなんかでもそう。 先進国の警官は、きちんと仕事していて、公安が機能している。

中国の「国家管理」は空洞化していると感じたね。あるいは、地域を選んであえてそうしているのか。

多分、上海だからと思う。

自由に水をさしたくないらしい。

田舎に行けば、多分違うと思うけどね。 反政府的な怨念が、貧困層の中にはあるから、徹底的にやるのだろう。

そのあたりの中国の、
「管理はしたい。でも経済特区、上海では、自由に水をさしたりしないで、 経済発展の恩恵にあずかりたい」
そんな、中国共産党の裏腹の本音が、見えるような気がした、風景でした。

582 :前スレの196=199:2006/02/24(金) 10:52:46 ID:DYthYPap
>>566
>「奇跡」とかこういうのって信じてる人人って多いんでつかね?

「国民皆平等」=「一億聡中流」という「終わった幻想のユートピア」が、 今の時代になっても現実だと、信じている人は、多いんじゃないかな。

でも、人間の社会とは、本来階級社会(格差社会でもいいけど)であるのは、当たり前で、 この日本も例外ではないということについては、信じている人は、少ないと思うけど。

つまり日本では「当たり前のこと」が当たり前だと思われていなくて、逆に、 「奇跡」が奇跡ではなくて、当たり前のことと思われている。

そういう思考回路で政治や外交や教育のことを考えるから、「現実」の的をはずした、 おかしな政策や考え方が出てくることに結果するのだと思う。

日中外交、北朝鮮外交、靖国問題、教科書問題、教育問題、経済政策、
どれもいつも解決されず、的外れな政策や行動に結果する原因は、そこにある。

日本は、地球上唯一ともいっていい「戦前体制」の国。
世界はどんどん変化しているのに、日本の社会制度や機構は、「1945年以前」 の状態にある。

これはべつに私個人のアイディアではなくて 、たとえば野口悠紀雄などが、
『1940年体制―「さらば戦時経済」』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492392041/qid=1140745078/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-3322953-4863513
などで10年前から言っていて、最近はあちこちの論評でも取り上げられている。
でも、あまりそうは思いたくない人が日本には多いように見受けられるのは、なぜなんだろうね。

日本は、 戦前の政治・経済・教育のシステムを、温存することによって、 「国民皆平等」=「一億聡中流」という幻想のユートピアを、
1960年台から1980年代までの30年間の間に限って、この地球上で実現した、 唯一の国。

その「唯一の国」の奇跡も、15年前の1990年代には終わって、
日本は今「普通の国」に、なりつつあるのが、今の時代の混乱の正体。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 12:22:34 ID:???
>>582
ものごと鳥瞰するにはしっかりした基礎知識がないとあかんよ。
日本の医療保険や年金制度は1961年からだよ。
戦前ではないよ。

もう少し勉強してから出直した方がいいんじゃねーかな?
やたらと基礎知識が欠落しているな。
んなんで海外行ってもなにもわからんよ。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/24(金) 12:29:01 ID:???
前スレの196=199 は文章がおかしいね。
句読点がへんだな。

もっと基礎学力つけてきなさいな。

585 :前スレの196=199:2006/02/24(金) 22:37:40 ID:DYthYPap
基礎学力と句読点

586 :前スレの196=199:2006/02/24(金) 22:39:02 ID:DYthYPap
それは重要だ!!!!

587 :前スレの196=199:2006/02/24(金) 22:59:13 ID:DYthYPap
・・・で、いつから医療保険や年金制度の話になったの・・・?

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 01:41:32 ID:???
悠紀雄タンは研究室の先生だったよん
といっても不動産経済史関係の研究室(ry

むー、おっしゃりたい話がわかるようなわからないような・・・
戦時経済学(当時でいえば皇国経済学)で奇跡が成り立つというのはほぼないでつよ
皇国経済学はフローと労働論中心でストックと財産権をいじるとこまで議論してないでつから
戦後の農地改革みたいな資産分配のアプローチもないし、まして政府負債のリセットなんて(ry
制度史ならそのような戦前論は当然ありまつ、農地改革も議会は否決で官僚主義とGHQで実現でつので、
ただ、この場合でも時間はかかったが自力解決はできたという電波論(朝鮮での失敗事例が)と
レインボー理論みたいな戦争と結果の合理性に踏み込まなくてはいけない難しいお話になりまつ
つか、戦前体制なら日銀バランスシートの国債95兆円を償却をしてほしいでつ



589 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/02/25(土) 01:43:00 ID:???
↑は私がカキコしますた

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 03:56:54 ID:/TfyERuq
えっと
何の話してたんでしたっけ?

日本の戦後?
中国脅威論?

591 :前スレの196=199:2006/02/25(土) 07:39:04 ID:GcJwCd6f
基礎学力と句読点 の話じゃない?


592 ::2006/02/25(土) 11:35:24 ID:xYplU+68
>>587 >>590
スマソ。テーマがテーマなので話があちこち飛ぶのはかんべん。
その時書きたいことだけ書いていく人もいるしね。

とりあえず最終的には「相互理解の上に成り立つ合理的かつ理想的な社会構築」を、
時事問題をふまえながら追及する方向の議論でいいと思います。よけいわかりづらいですか?
中葉さん、これでいいですか?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 16:14:15 ID:bLlmIz9P
○力に頼らない相互理解などは交渉の場では効力がありませんよ
と何度も言われ続けられただろあんたは・・・

1君はマトリックスの見過ぎじゃないのかね?それともマトリックスの世界に
興味でもあるのかい?



594 :fuんwaか:2006/02/25(土) 16:45:27 ID:NQn9yGzp
私はこう考えています。
テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民
意封殺の独裁国家群の集まりでした。 だからこそ戦争もテロもいっこうに
収まらなかったのです。 民主主義国は当然のごとくあらゆる情報が公開さ
れ、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起
こります。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないた
めあらゆるモノが不公平なままに放置されるので、民の意識は低いままで進
行し発展は停滞します。富の収集は難しいのです。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有ります。 何に置いて
も人間の世界では富があってこその力です。富が無いところに力は無いし、
人の賛意も得られません。 富有ってこその人心の安定と幸福が得られます。
 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げ
られます。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックス
か殺し合いしかないのです。

尊敬する曾野綾子氏は、諸君!に書いています。 「アフガンのような電気
が無いところには民主主義もない。日が暮れたら眠るしかない。テレビもな
ければ映画館も喫茶店も風雨をしのぐサッシも無ければサッカーボール一つ
、トランプ一組も無い、、、タリバンなどはトイレの後始末はそのままか、
石で拭く、、、、彼らはそれこそアメリカが世界のどこにあるか、ニューヨ
ークやワシントンがどこに位置するのかすら解っていない。全く何もない世
界なんですよ、ですからそこに生きる彼らにとっての楽しみは結局セックス
と戦争しかないという事になる、彼らはお酒も飲みませんから。。。



595 :fuんwaか:2006/02/25(土) 16:48:22 ID:NQn9yGzp
昔からの諺、金持ちケンカせず! は、人の行動の真理です。このような戦
争に類似したテロを企てる者は富める国には起こり得ないのです。 貧こそ争
いの元です。 富を得る、そのためには民意の政治を行い、努力をする者が
成果を得る公平な社会が必要なのです。 宗教やイデオロギーや貧富の差で
テロが起こるのでは無いのです。 公平でない社会、公平ではない国達が、
テロという人間の最も許させざる卑怯な行為を作り出すのです。

アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持ちました。 攻められる恐
怖です。 アメリカ本国はただの一度も爆弾を落とされた事が無い国なので
す。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に吹っ飛んでしまいまし
た。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで
他国には干渉したがらない国に方向付けられました。 唯一の世界の超大国
、民主主義の世界の警察官の役目を嫌がりかけていたのです。

ところが9.11ではっきりと気づかされました。 強大な唯一の超大国で
さえも、この地球号全ての国の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める
民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての国が、これからは幾
度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に!

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆきま
せん。ですからこれからは20カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミ
ノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずです。 その手始めがテロ
支援国の根絶なのです。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をし
ている国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役
立つばかりか、根絶も夢ではないのです。 



596 :fuんwaか:2006/02/25(土) 16:50:22 ID:NQn9yGzp
すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼう
としています。 歩みは遅いもののロシアにおいても、もう民主的な施策無
くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのです。 これからは白人の
旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国
家との縁を切るでしょう。 それはアジアに置いても同じ事です。 今まで
は内部分裂を起こしているような日本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事
情ですからと、逃げてばかりは許されないのです。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わ
ざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を
迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うの
は今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うよう
に成るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを
始めたのです。 http://hw001.gate01.com/fuんwaか/Diplomacy.htm 

fuんwaか@hotmail.com←質問、反駁はこちらまで


597 ::2006/02/25(土) 16:58:31 ID:xYplU+68
>>593
俺「力に頼らない」なんて条件つけてませんよ。
抑止力としての力=軍事力もあるかもしれないし、
現実問題としてこの世から軍事力をなくすなんてできないんだから、
そのことをふまえた上でのバランスをどうとるかってゆってるんですよ。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 17:00:33 ID:bLlmIz9P
相互理解はそのことをふまえている(軍事力)とは思えないんだけど。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/25(土) 18:03:46 ID:???
>>594
> 私はこう考えています。
> テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民
> 意封殺の独裁国家群の集まりでした。 だからこそ戦争もテロもいっこうに
> 収まらなかったのです。

何であんたそんなに単純なの?

600 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/26(日) 10:07:40 ID:ThD8O61u
以下に示す高度に複雑なアプローチならお気に入りますか?

私は、は「持続可能な社会発展」の分野で以下のようなことをごそごそ取り組んでいます。
ここから「より良い社会」が実現すると信じています。

http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=6797
に以下のアナウンスがありました。
私は意見を申し上げましたが、皆さんも注目して下さい。

平成18年2月3日
わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案に対する意見の募集について

 「国連持続可能な開発のための教育の10年」関係省庁連絡会議では、わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案に対する国民の皆様のご意見を募集いたします。
 同実施計画案に対してご意見をお持ちの方は、平成18年2月23日(木)までに、電子メール、郵送、FAXのいずれかの方法によりご意見をお寄せ下さい。 1 趣旨
 わが国の「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画については、関係省庁の緊密な連携を図り、
 総合的かつ効果的な施策の推進を図るため、昨年12月、関係省庁連絡会議を内閣に設置し、政府外の関係者(教育関係者・産業界・NPO・自治体等)との円卓会議等を通じ、
 検討を行ってまいりました。
 同実施計画案に対する国民の皆様のご意見を募集いたします。

2 意見募集の対象
わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案(別添)

3 参考資料
参考1わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案(概要)
参考2国連持続可能な開発のための教育の10年について
参考3国連持続可能な開発のための教育の10年に係る経緯
4 意見提出締切日
2月23日(木)(消印有効)

今回は期限切れですが、次回は遅れないように、皆さんにお知らせします。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 13:12:07 ID:gDvcIC3i
つまり日本は金を出せと
回りくどいやり方いい加減見飽きたぞ


602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 14:40:53 ID:???
「国連持続可能な開発のための教育の10年」
って日本語としてまったくわからんよ。

もとは
Education for Sustainable Development
なのかな。
わからなくするための訳語?

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/26(日) 21:09:26 ID:1fjYr8O+
天下り利権が叩かれてるがこ〜ゆ〜利権は叩かれないの?

604 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/02/27(月) 15:37:50 ID:J0sOEd7n
いい商売じゃないからね。叩きがいがないと思うよ。

605 :fuんwaか:2006/02/27(月) 16:26:58 ID:KLJN2fvR
>>599

能なしの子供には理解が及ばないのでしょうね、、、、

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 16:29:23 ID:???
ニューヨークの同時多発テロは、イスラムの過激派がおこした宗教戦争でもありま
す。ヨーロッパでは昔からキリスト教ユダヤ教イスラム教が絶えず戦争を起こして
きました。宗教戦争です。

中東は未だにアラビアンナイトの世界そのもので、人々の生活意識、道徳、倫理観
、正義の意識など全く中世から変わっていません。先進国では文明文化生活様式が
中世よりこれだけ進化しているというのに、未だに我々が知っているアラビアンナ
イトの価値観そのままに住んでいるのです。 そんな大昔からの、キリスト対イス
ラム、白人対黄色人種の間に出来た、もめごと、諍い、の歴史のを全て検証するな
ど世界の誰にも出来ることでは有りません。 朝日やNHKで、したり顔の中東評
論家の解説などヘドが出る思いで私は見ています。 もっとも直ぐにチャンネルを
変えるので、どんな顔かは直ぐに忘れてますが(笑)

複雑に絡み合った、物事の真理を突き止める時に、整理する方法の一つを教えましょう。
例えば今回の事では、7000近くの軍人では無い、普通の社会の人々が、銃やナイフ
で人質を取られ、脅され、強奪されたジャンボで原子爆弾級の爆撃に等しく、爆殺され
たのです。 何の罪もない何の政治的責任の無い普通の生活を営んでいる時にです。
これ以上の最悪最低の犯罪が有るでしょうか?? 簡単な事です! 宗教がどうのこう
の歴史がどうのこうのよりも、最も大事なことは、無実の人を殺戮すれば、犯人は必ず
処罰されなければならないという事です!! でなければこの世に正義は存在しなくな
るのです!!今回のアメリカの行動が、軍事攻撃であろうとも、(ブッシュ大統領も海
外メディアも報復という言葉は一切使わず、犯罪に対する制裁、罰だと言っています。
報復という言葉を使っているのは日本のメディアだけです!) アメリカの行動を批判
する者は、どのような犯罪でも許し、犯人を許し、匿うものを許す、そのような社会で
有るべきだと、発言している事になるのです。

参考資料:ホームページ、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 19:59:21 ID:???
>>606
funバカよ
世界中のどの国よりも戦争の好きな、テロの総元締めアメリカを甘く見るなよ。

それにな
「我々が知っているアラビアンナイトの価値観」
ってなんだよそれ?
中世の価値観なんて誰も知らねえよ。
受け売り見え見えだな。
「したり顔の解説」ってお前のことだろ。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 20:27:02 ID:isKMbdeW
>>607
あいつはスルー推奨

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/27(月) 20:58:14 ID:???
そうそう、朕米厨なの

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 14:33:00 ID:???
アメリカへの前代未聞の同時多発テロ攻撃で思う事

私は今回の悲劇の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。この42代アメリカ大統領
は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。 おかげで
腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。自身にあまり能力の無かった
40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のように「おのれよりも賢明
なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼は周辺に集めたブレ
ーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不安定要因、共産
主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩壊させ東ヨ
ーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。クリントンという大統領は世界の現実など一切無頓着。ナイ
ーブ取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結果が今回のこの大惨事なのだ。 せっ
かくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それをブチ壊したのである。

しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に
敵対する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違い
ない。 内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだ
ろう。その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義
を蹂躙する国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、
国自体がテロ国家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を
研ぎ続けている。 そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた
国、日本。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承る国家のメディアと政治家達よ。資本主
義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国として毅然と民意弾圧の隣国に注文
を付けるべきときが来たのだぞ。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/28(火) 21:47:48 ID:8nAzNlsq
ジェンダーフリーとかいうやつで「纏足は児童虐待で反対だ」とか教えてると
聞いたが纏足の風習が無い日本でふれる意図が解らない。

そもそも中国でも廃れて久しいだろw

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 05:33:37 ID:???
>>604
んじゃ、たまには確信犯的に叩いてみるかw

「持続可能な開発」は環境サミット提議でもあるし
実施NGOたる地球評議会も特に問題にすべきではないのかもしれない。
しかし、ちょっと待って欲しい。
先に提唱し、積極的に活動しているのはゴルバチョフである。
1991年の書記長在任中には既に言葉として使っている。
退任後の92年には自らがNGOを各国で発足させ地球評議会公認とした。
それがはたして問題なのであろうか、心配のしすぎではないか?
目的はそれぞれの個人の自由である。このような指摘は的はずれというほかない
だが事の本質はそうではではない。
ソ連崩壊前ロシアで起きたヒューマニスト運動とヒューマニスト運動の政治団体は
ゴルバチョフ講演「ヒューマニズムと新志向」と同様に明確な政治理念
ルネサンス再生、多元主義、地球主義の市民参加型ヒューマニズムを掲げている。


69 名前:中葉 ◆Uq4tWGbn2I [] 投稿日:2005/09/30(金) 23:46:04
私もあてずっぽうの想像しかできませんが、ルネッサンスの時代に似ているのではないかと。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 17:35:50 ID:???
>>612
それは何処の部分を叩いてるんだ?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 20:10:44 ID:F6KG8aUa
この世には大別して求める者と守る者がいる。
ゴルバチョフは求める者の立場に光を与えたのかもしれんが
守る者にとってはいらん置き土産をされたよな。
てか嫌がらせ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/01(水) 21:01:21 ID:???
>>614
「荒らす者」と「何もしない者」と「弱き者」を忘れてる。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 17:43:15 ID:ZREcVHya
>>615
「荒らす者」と「弱き者」は求める者に入るよ
「何もしない者」を忘れてた

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 20:33:28 ID:ZREcVHya
陸自データ流出 三菱電機契約停止へ
防衛庁、装備品100億円以上
 陸上自衛隊の地対空ミサイル(SAM)のデータが在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
傘下の団体に流出した問題で、三菱電機が流出元である疑いが強まったとして、
防衛庁は二日、三菱電機との装備品の契約の一部を停止する方向で最終調整に
入った。停止する装備品は額面で百億円以上に上る可能性があり、国の防衛に
かかわる情報の漏洩(ろうえい)に異例の厳しい措置となる。

 この問題は、平成五年から七年にかけ、防衛庁が三菱電機に委託していた「将来
SAMの研究試作」と題する報告書の中にある図表が、朝鮮総連傘下の在日本朝鮮人
科学技術協会(科協)に流出していたもの。

 図表にはミサイル性能データも含まれ、秘匿性の高い順に「機密」「極秘」「秘」に
区分されるうち、「秘」に指定されていた。三菱電機はこの研究試作にからみ、社内
報告用の資料作成を三菱総合研究所に発注し、三菱総研が科協と関連のあるソフト
ウエア会社に下請け発注していた。

 防衛庁は三菱電機の関係者らから事情を聴くなど調査を進めた結果、図表は三菱
電機から三菱総研、そしてソフトウエア会社という経路で流れていた疑いが強まった。


618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/02(木) 20:36:00 ID:ZREcVHya
このため、防衛庁は平成十七年度予算で三菱電機との契約を予定していた装備品
のうち、まだ契約を終えていないものの一部を停止する方向となった。通信機器や
訓練用機器など後方部門が中心で、三菱電機以外の防衛産業との契約に振り替える
としている。

 三菱電機はミサイル防衛(MD)で、弾道ミサイルを探知、追尾する新型地上レーダー
「FPS−XX」などの契約も予定しているが、「防衛力整備に深刻な影響を与える」
(防衛庁幹部)として、MD関連は予定通り契約する方針だ。

 この問題で、額賀福志郎防衛庁長官は「日本は防衛問題に関する情報保全に
ついて問題意識が薄い」と述べ、三菱電機との随意契約などを一月末から延期して
制裁措置を検討していた。防衛庁と三菱電機との平成十六年度の契約実績は
約一千億円で第三位だった。
http://www.sankei.co.jp/news/060302/evening/03iti001.htm





619 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/03(金) 10:35:21 ID:f/MZooai
>>612-616

なかなかいい叩きをもらった。ありがとう。

620 :481:2006/03/03(金) 19:31:01 ID:9fmtA1Yi
三島由紀夫は以下の問題に関連して自決したと考えています。

社会版:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1139132859/
の投稿5と222を読んでいただけないでしょうか? 明治維新時に孝明天皇父子の虐殺
及び長州藩の部落住民による『乗っ取り』があったため血統に正当性がない可能性が
高く、その歪が日本を亡国状況にしている可能性が否定できません。

また社会生態学的に分析した場合、
オウム真理教を「皇室犯罪」と仮定した時には
有機リン剤の専門研究室がある東京大学農学部にて、サリンが製造され、
地下鉄で多数の命を奪っていた可能性も考えねばなりませんが、
万一その場合、毒物製造を担当した東京大学農学部の教員陣は
殺人罪で検挙されるべきかと思うのですが、 この点の検証は行われつつあるのでしょうか?

オウム真理教が「皇室犯罪」か否かで 地下鉄毒物殺人事件の当事者が違ってきます。
東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか慎重な検証が必要と考えます。
なお、この行政テロの被疑において、英米の関与があったのかもしれませんが、統治行為論により
他国の責任は不問にしてでも、この点の検証は求められると思います。何故ならば
米国の9・11で見られた行政サタニズムミーム(すなわち田中宇氏が主張しているように
米国当局自体がビンラディンである可能性が否定できない)が形を変えて何度も未だに繰り返されている
からです。これは日本国民にとっても米国国民にとっても大変なマイナスです。日米英とも今一度
国民主権に戻りサタンではなくイエス(仏)のミームによる国家再構築が求められるように思えてなりません。
社会生態学という学問の一環として上のスレッドをダウンロードして冷静かつ慎重に読んでいただけるよう
重ねてお願いします。今のまでは日米英ともサタン・ミームに支配されかねません。米国は基本的には
キリスト教国家ですが、これではキリスト教も何もあったものではありません。サタン教は撤廃すべきです。
社会生態学を今後あらゆる分野で育てていく必要があるよう思えてなりません。


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/03(金) 20:09:25 ID:???
>>620
それで具体的にどうしたらいいと・・・・・。

622 :funわか:2006/03/03(金) 20:14:12 ID:???
>>621デムパです。スルーしましょう。

623 :funわか:2006/03/04(土) 05:50:06 ID:GRohmjui
アメリカへの前代未聞の同時多発テロ攻撃で思う事

私は今回の悲劇の遠因が前アメリカ大統領のクリントンに有ると見ている。この42代アメリカ大統領
は歴代大統領の中でもその在任中の政策はテロ国家や覇権国家への譲歩に次ぐ譲歩だった。 おかげで
腰抜けクリントンの任期8年間でテロリスト達は深く力を蓄えたようだ。自身にあまり能力の無かった
40代大統領ロナルドレーガンは、鉄鋼王アンドルーカ−ネギーの墓碑銘のように「おのれよりも賢明
なる人物を身辺に集むる法を心得し者ここに眠る」 術を知っていたようだ。 彼は周辺に集めたブレ
ーン、参謀の意見の真実を読みとる能力に長けていたようだ。だからこそ彼は世界の不安定要因、共産
主義に徹底して対抗し、完膚無きまでに打ちのめし、ソ連や周辺の軍事覇権共産国家群を崩壊させ東ヨ
ーロッパを民主主義の国へと導いたのだ。クリントンという大統領は世界の現実など一切無頓着。ナイ
ーブ取り巻き連中の政策を哲学無しに取り入れ執行した。その結果が今回のこの大惨事なのだ。 せっ
かくレーガンが世界の民主の流れ、秩序を作りつつ有ったのに、それをブチ壊したのである。

しかし、今回の痛ましい事件で必ずやアメリカは再びレーガンのように毅然と民主に立ち向かう勢力に
敵対する覚悟を定めるだろう。 この事件は徹底的にアメリカの世界への対処方法を変えるのは間違い
ない。 内向きになりつつあった世界唯一の超大国が、あらためて世界の警察官を自認する事になるだ
ろう。その基本は、テロ及びテロを支援する国家への毅然とした、武力を含む対応であり。 民主主義
を蹂躙する国家への敵対の意志の表明のはずだ。 アラブだけの話では無い、 我が日本の周辺には、
国自体がテロ国家そのものの北朝鮮、軍事覇権民主弾圧(虐殺)国家の中国が側で常に隙あらばと牙を
研ぎ続けている。 そのような危険極まりない国に年間軍備予算を上回る援助をする、キチガイじみた
国、日本。テロや詐欺軍事覇権国家の内政干渉をありがたく承る国家のメディアと政治家達よ。資本主
義国家、法事国家のアメリカ、民主主義の盟主のアメリカの同盟国として毅然と民意弾圧の隣国に注文
を付けるべきときが来たのだぞ。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 10:00:02 ID:o1el+7Vs
宗教そのものがサタンなんだよw

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 11:26:15 ID:???
>>623
お〜い、今は2006年だぞー もまいの脳内はいつまで2001年のままでいるつもりなんだーwww

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/04(土) 11:34:51 ID:???
>>625
コピペは年をとらない。

627 :funわか:2006/03/05(日) 02:45:05 ID:EkCU4pgY
今、世界の警察官、自由と民主主義の盟主アメリカこそが我々に恩恵を最大限
にもたらしてくれる。 イラクの解放戦争をその一環。テロ以前の地球は僅か
20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集
まりでした。アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本の
ような、わざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二
者択一を迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うのは
今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うように成
るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。

引用:HP、恋愛manual→f u n w a k a論  より。>>625 無知蒙昧な愚民よ、、、。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 13:02:30 ID:nXGh1AX6
フリーメイソンの手下かおまえは

629 :白河ことり ◆wcneFCX21. :2006/03/05(日) 13:49:21 ID:???
これからも、白河ことりを殴ってくださいね。 (^^)

D.C.シリーズの白河ことりに萌えすぎて死にそうだ8
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1139540411/l50

こんな感じで

        /        / - '' "´ ̄ ̄` 丶:::、::::::::丶、    |
       /        /       / /   /| `丶、::::|     |
      /       イ∨7  l l |  / l /  / |     ヾl     !
       〈     / /∧'|  |,,..| |--| 、j|  l/   | i|   |   /-‐''´'´
      \  / l 7´`|  |lハ| ヽlハ| |l`|/{  __-‐'''´-‐'''-‐''´
        ヽイl  l { r;|  |トミ' )γ--''´ ̄     / /
          /| │ ヽヽ|  |'゙(◎弋       / // /     /r  南無阿弥陀仏
           //|  l   lヽ| l  |!ゞノ"}        l l |  |   ⌒(   南無阿弥陀仏
        // l|  l  | | !  ! ノ"}|         l   | 丶 丶    南無阿弥陀仏
       / / |   |   ! l| l   |  '|         ,. -'´  \'
      / /  ,!  l i  | l|.ハ  | //)      /   :∠ミーニ丶、
     / /  /  | ハ  ! | ゞ、| \丶、__ ../ ̄>-'⌒ー‐r;┬' ∠ミーニ
    / /   /  ノノ ,lr‐‐j       |: :l: l: :| .|:.  |lノソ
   l {   /_,,..、 <  ヾ      |ト、l: !: l: :l.  f´
   | | /r`\ \   \    ´ヽ丶、l: .{  :|
   | |/     \\   \ー、 r__ム  ` ー-、|
   | /      ヽ \\   \/´ ___',   |! } ヽ
   L|        ヽ iヽ、丶、  \´ ゙̄|  l! |  ヽ

630 :funわか:2006/03/05(日) 15:24:43 ID:EkCU4pgY
>>628

もっともっと真実を見る目を持たなければ!!

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/05(日) 19:41:24 ID:???
>>627
結局何が言いたいのか分からないんだが・・・・。

アメリカ人の教授に言われたことなんだが、
日本人の主張の仕方は「〜は〜に役立つかどうか」と言う実利的な論じ方が不足していると言われた。

それで、貴方の主張の何が何にどう役立つんだ?

632 :前スレの196=199:2006/03/05(日) 23:39:54 ID:aWN+0RKz
>>582ものごと鳥瞰するにはしっかりした基礎知識がないとあかんよ。

そういうまっとうなことを価値観にしている人って、案外たくさんいるんですね。

私など、知識より直感の方に価値があると思っているクチなので。

みなさんは、「直感」と「基礎知識」の価値と真相「について、どお思ってるのかな。
すごく興味あります。

付け加えると、「基礎知識」というものに、絶大なる信頼を置いてしまうというその感性に、
びっくり!!!してしまうんですけど。
どうなんでしょね。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 00:14:17 ID:jFj8pl9n
>>627
>今、世界の警察官、自由と民主主義の盟主アメリカこそが我々に恩恵を最大限
にもたらしてくれる。 

その恩恵とは何か?
またその恩恵を授かるには、日本国としてアメリカ合衆国に対して何を
見返りとして提供しなくてはならなくなるのか?


9.11を「テロ」と称す事にすら疑問を感じる。
なぜなら、あの時点で中東vsアメリカの戦争はカタがついていたわけではなく
単に一時的に中断していたに過ぎない。たまたまあのような形でまた戦争が始まっただけの話。
「戦争」の一部の攻撃行為であって「テロ」ではない。
では何故いちように「テロだ!!」と言うかといえば、戦時宣伝の一端を担っているからだ。
それに世界が踊らされたという事実に気づけ。

>>632
私も「直感」の方に価値を感じます。
ただしそれは「基礎知識」の集積された上での「直感」です。


634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 00:38:52 ID:???
直感を信じるならカキコするのは無駄なことでは?
合理的であるというのは他者にも理解できる事を指します。
直感に合理性を求めるのであれば、それはよし、学を問う道が開けよう。
他者が理解できないことは奇跡と言われる。

と小学生時の時に議論しました。

635 :funわか:2006/03/06(月) 00:40:19 ID:LGcEV72n
>>633

複雑に絡み合った、物事の真理を突き止める時に、整理する方法の一つを教えまし
ょう。例えば今回の事では、7000近くの軍人では無い、普通の社会の人々が、
銃やナイフで人質を取られ、脅され、強奪されたジャンボで原子爆弾級の爆撃に等
しく、爆殺されたのです。 何の罪もない何の政治的責任の無い普通の生活を営ん
でいる時にです。これ以上の最悪最低の犯罪が有るでしょうか?? 

簡単な事です! 宗教がどうのこうの歴史がどうのこうのよりも、最も大事なこと
は、無実の人を殺戮すれば、犯人は必ず処罰されなければならないという事です!
! でなければこの世に正義は存在しなくなるのです!!今回のアメリカの行動が
、軍事攻撃であろうとも、(ブッシュ大統領も海外メディアも報復という言葉は一
切使わず、犯罪に対する制裁、罰だと言っています。報復という言葉を使っている
のは日本のメディアだけです!) アメリカの行動を批判する者は、どのような犯
罪でも許し、犯人を許し、匿うものを許す、そのような社会で有るべきだと、発言
している事になるのです。そのような世界になる事を貴女は望みますか?

尚、世界の常識から言えば、すでに我が日本はテロ支援国家なのです。 自国の民
を150人も拐かし、奴隷にしているのに、他国の飛行機を打ち落としているのに
、要人を爆殺しているのに、その国に膨大な援助をし続けいる。 猛毒サリンを都
市の公共場所にばらまき不特定多数の人々を殺傷したカルト教団を封じ込める破防
法適用に、真っ向から反対したのは人権派を騙る左翼と弁護士会だったのです。
もちろん朝日毎日は猛反対しました。



636 :633:2006/03/06(月) 01:17:55 ID:0ASMoeVw
>>635
前提条件がまず私とは異なっているようですね。

9.11の時点で平時であり、また中東問題が完全に解決し良好な関係が築けていたのなら
それは「テロ」と言ってもまだ理解できます。
しかし、>>633に書いたように問題が解決していたわけではない。
あなたは9.11の被害者を「何の罪もない何の政治的責任の無い普通の生活を営ん
でいる人たち」と認識しているようですが、それは果たして真実でしょうか?
彼らはアメリカ合衆国という国の構成員であり(一部を除く)
選挙権を持っている(政治的責任を負う)以上、罪はないと言えるわけがない。
さらに言えば、あの猿面大統領は「9.11の攻撃を事前に察知していたのではないか」
なんて疑惑が持ち上がっているんですけどね。真実であれば彼こそ裁かれるべき。

次に、アフガン・イラクに生きた民間人も殺されましたね。
これに対する罰は誰がどのような形でいつ下すのでしょうか?
この答えは「誰も罰を下さない」になります。なぜならあれは戦争ですから。
同じように9.11もまた戦争です。
民間人が巻き込まれるのは痛ましい事ではありますが、仕方が無い事なんです。
戦争ですから。

「正義」だとか「悪」だとか、そんな単純明快な言葉を頻繁に使うことによって
アメリカは戦時宣伝をしているんですよ。馬鹿のひとつ覚えの如く毎回毎回。
イラク戦争もまた同じ。大量破壊兵器はどこいったんですかね?
戦争犯罪国家であるアメリカに下されるべき罰は?

あなたは話をゴチャゴチャにする性癖があるようですね。
めんどうなので「尚、世界の常識から〜」についてはスルーします。
それと私は男です。ついでに右派です。極右です。極左になりそうな極右です。
もちろん朝日や人権団体などといった生半可な者ではありません。
アメリカや中国や朝鮮などに国を売る輩でもありません。民族主義者ですから。
ついでに言うと4月には自衛官です。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 03:21:46 ID:???
>>636類は友を呼ぶ。私もトロツキストと呼ばれた極右で反米で
10月まで自衛官だった男だ、あなたには期待している。まずは
ともにこの爺さんを沈めようぜ。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 03:24:22 ID:???
>>636メール頂戴な

639 :funわか:2006/03/06(月) 10:05:21 ID:LGcEV72n
イラク解放戦争に関して
この戦争に関しても改めて日本の新聞テレビがいかに幼稚かを思い知らされる

唯一まともな論評はサンケイ新聞くらいのものでフジ(サンケイ)テレビとなると50歩100歩、や
はり愚劣低俗偏向報道の王者は朝日系新聞テレビと田原総一郎に筑紫哲也に鳥越俊太郎だった。ホント
に幼稚というよりも卑怯な人々だ。 文民統制自由主義国の恩恵を最大謳歌しておきながら、その報道
姿勢は民主主義国家のアメリカの重箱の片隅のアラを捜し集めての批判ばかり、そのうえに世界中が解
りきっている軍事独裁圧政国家の国民の真の苦しんでいる姿は殆ど報道しない。イラクはすでにフセイ
ンの軍事独裁弾圧の政治は終わり、日本と同じ民主的な選挙により国の代表者が選ばれようとしている。
大いに結構毛だらけ猫灰だらけではないか

>私の言うのは
>今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うように成
>るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。


>>636


640 :funわか:2006/03/06(月) 10:07:27 ID:LGcEV72n
参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より
http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm

641 ::2006/03/06(月) 19:29:39 ID:QLvyPhc6
funわかさん、そろそろ宣伝はやめにして。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/06(月) 19:50:01 ID:UZQHTvC0
>>636
>同じように9.11もまた戦争です。
>民間人が巻き込まれるのは痛ましい事ではありますが、仕方が無い事なんです。
>戦争ですから。

9.11は戦争じゃないよ?飛行機ジャックした犯人達は空港で軍装姿で乗り込んでいたのかね?
軍装で乗り込む時点で空港で捕まってるんだけどw。

君は戦争の定義を知らないね。銃もって暴れてりゃ戦争と定義されるかそれは違う、というか
混同されるので細かく定義付けをしている。
例えばテロリストとゲリラの違いとかね。


643 :633:2006/03/06(月) 23:15:54 ID:r4yT/Jtz
「世界の混迷に終止符は打たれたのか?」
正直わかりません。
覇権国家が存在する以上、終止符を打つ事ができないのではないかとすら
思えてきます。
皆さんはどうお考えですか?

>>637
恥ずかしながら「トロツキスト」という単語を始めて知りました。
私は反米とまではいきません。敵に回したら一番厄介ですからね。

>>639
投票所にきっちり警備する米兵がいたのを見ると
「日本と同じ民主的な選挙が行われている」
と思うには難がありますね。
実際に自分の目で確かめてくる他、真実を知る手立てはなさそうですね。

あなたの念仏である「偏向報道ネタ」については私も重々承知しておりますので
もう結構です。

>>641
申し訳ありませんでした。

>>642
釣られます。
あの年あの日にブッシュは「これは戦争だ」と発言しておられますが?
イスラム社会において西洋諸国を初めとする先進国の考える「戦争の定義」が
通用するとは笑止千万。
それが通用するセカイならば「無防備都市宣言」だって何だってありですね。

644 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/03/06(月) 23:58:40 ID:M0Cs1xS8
9.11から何かが始まったわけではない。
アメリカの石油搾取はずっと以前から始まっている。
彼ら(オサマ)にとっては単なる攻防の中の一戦闘に過ぎない。
軍服を着ていないからといって戦争ではないとはいえない。
かっての西部劇で悪役インデアンにとっては騎兵隊との争いは自分たちの国や民族、家族を守るための戦争であった。
今まで誰もそんなことを考えていなかったとは思うがね。

645 ::2006/03/07(火) 00:55:01 ID:tb8FcmGK
>>644
インディアンを悪役にして虐殺したことは、
ベトナム反戦ブームみたいに反省してた時期がありましたよ。
映画「ソルジャー・ブルー」なんて有名ですよ。

646 :funわか:2006/03/07(火) 10:00:18 ID:2xe2dav4
>>1

宣伝ではなく、私の主張がすべて詰まっている、いわば資料保管庫を紹介しているのです。

647 :funわか:2006/03/07(火) 10:56:39 ID:???
だからそれを宣伝というのだよチミ

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 13:06:05 ID:???
>>646 >>647
いい加減、うざくなってきたんだけど。
正常な議論も出来て無いし。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 15:35:18 ID:eZaJuAwM
そうですね。
素人から見ても議論が逸脱してると思います。
頭が悪い人間にもわかるように議論し合ってください。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 18:34:16 ID:uNEaIG3i
>>643
>「世界の混迷に終止符は打たれたのか?」
>正直わかりません。
>覇権国家が存在する以上、終止符を打つ事ができないのではないかとすら
>思えてきます。
>皆さんはどうお考えですか?

世界を一つの集団と考えればリーダーは必要だ、それも統率力のある奴ね。はっきり言って
現状を相互理解で纏めきれる奴は居ない、国連でさえ機能不全を起こす有様だ。アメリカが倒れれば
世界恐慌の後に戦国時代が始まり第二のアメリカが台頭するだけ何も変わらない。
アメリカ式秩序が気に入る気にいらないは個人の勝手だが、秩序の維持を最優先に考えるならば我々が自重する
必要に迫られるのは理解できますか?


651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 18:41:53 ID:uNEaIG3i
>>642
>釣られます。
>あの年あの日にブッシュは「これは戦争だ」と発言しておられますが?
>イスラム社会において西洋諸国を初めとする先進国の考える「戦争の定義」が
>通用するとは笑止千万。
>それが通用するセカイならば「無防備都市宣言」だって何だってありですね。

あの〜国連無視発言ですか?イスラム社会が否国連加盟国なら解るけどさ。
ブッシュはお墨付き貰ってるんだよね、つまり正当性は通ってるわけだ。建前だろうが
大義名分の無い戦いには勝てないから。大量破壊兵器はみつかんね〜けどw

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 18:48:01 ID:uNEaIG3i


ブッシュは知っていた云々の陰謀論はそりゃ出てくるだろ。お墨付き出した国連を敵に回せないから
反ブッシュ陣営の存在意義の為に陰謀論は存在する。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/07(火) 19:01:40 ID:hPhv5MDZ
http://j.pic.to/41q6m

654 :funわか:2006/03/07(火) 20:58:23 ID:2xe2dav4
 日本を守ると宣言しているアメリカの、
揚げ足ばかりとるマスメディアや馬鹿どもには辟易する。。。

国損者どもを駆逐する必要があるだろう

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 00:50:57 ID:Y483tyVU
>9.11から何かが始まったわけではない。
>アメリカの石油搾取はずっと以前から始まっている。
>彼ら(オサマ)にとっては単なる攻防の中の一戦闘に過ぎない。
搾取って・・・
アラビア各国は石油でがっぽり儲けてるじゃん
あれだけ利益上げてるのにまだ足りないの?

9.11やられたアメリカからすれば
アラブ各国は儲かってるのに何が不満なのか理解不能だろうな

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 01:39:50 ID:???
>>655
>アラビア各国は石油でがっぽり儲けてるじゃん

アメリカはその数十倍から数百倍儲けているからな。
ピンハネされて喜ぶ奴なんて、藪猿にケツほらて喜ぶ>>655ぐらいなもんだろ。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 03:06:10 ID:???
>>655
がっぽり儲けてるのは、魂をアメに売り渡した売国奴どもだけで、
本来国民に還元されるべき儲けは、そいつらの懐とアメに渡っちまってる。
アラビアの民が搾取されてきたととらえるのは至極当然。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 03:44:17 ID:???
>>650
先ず世界が一つと言うのが幻想だな。
次ぎに秩序は均衡で保たれるのが普通だな。

米国に対抗する勢力と米国の均衡こそ安定の鍵だよ。
例えば冷戦はその理想的な状態だ。
政治のリアリズムが理解できてないな。
現状は寧ろ戦国時代に向っていると言うのが現実的な認識だろうな。
典型はアフガニスタンとイラクだな。
軍閥の台頭や治安の消滅はその好例だな。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 08:19:30 ID:BA+FoWkj
>がっぽり儲けてるのは、魂をアメに売り渡した売国奴どもだけで、
>本来国民に還元されるべき儲けは、そいつらの懐とアメに渡っちまってる。
アラブで一部の人間が利益を独占しているのは、内政の問題だろ
アラブの政治が腐ってるだけ
なんでそれで他国にテロしにいくの?

アメリカはその腐った政権と親密かもしれんが
あくまでサポーターにすぎん
自分の国内の敵をたたかずに国外のサポーターを叩きにいくなんて
気が狂ってるよ

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 08:22:50 ID:???
>>659
>あくまでサポーターにすぎん

この感覚がすでに嘲笑もの

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 08:31:03 ID:???
湾岸戦争の時は日本はサポーターとして100億ドルだかをふんだくられたが
ふんだくったのは同じサポーターのアメリカだったな。

この時サウジはその何倍かをふんだくられたって話をどっかで読んだが。


662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 08:47:11 ID:???
>>661
まあ、一番負担したのはアメリカだけどな。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 12:55:32 ID:WVtLBYbT
普通いくら自民がアメリカとズブズブだからってアメリカにテロしようとは考えない アラブの政権は自民となにが違う?あくまで国内問題だろ

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 13:05:56 ID:???
>>663
>アラブの政権は自民となにが違う?

おまえさー、それじゃ自民独裁政権を認めるわけ? w

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 14:52:21 ID:3sas1Nae
50年後100年後1000年後とか未来を全く視野に入れない
商人が国を回してる時点で全世界終わってるよ

世界中の王国、神国、帝国をぶっ壊しまくってる快楽主義・拝金主義
特にそれを良しとする、イギリス、アメリカの責任は重いよ
ヒンズー圏、共産主義の中国、イスラム圏、全てに打ち勝つ必要がある。

金の力で内部から崩壊してるのが現状だけど
日本ですら思想が完璧に壊れるまで50年以上掛かってるし
宗教国なら簡単に壊れはしない

一方ITを柱とした情報革命
金や物品は簡単に流出しないけど情報はいとも簡単に流出するこのご時勢
先進国が必死に作った兵器も地球の裏側で簡単にコピー可能
飴や英が他の国を快楽・拝金主義に追い込むのが先か
そういったコピー兵器にしっぺ返しされて凹むのが先か
そして、日本を筆頭に貧富の差はどんどん飴っぽくなっていくだろうな
犯罪者もどんどん増えていくし凶悪化していく

更に時間がたてば、犯罪抑止の為に一瞬で個人の経歴が照会できるようになり
1000年くらい立てば、今の日本並みに皆真面目に働くようになる
かくして、人類の歴史は設立400年の国によって、地球の汚染というプレゼント付きの
1000年の回り道をしましたとさ

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 18:06:30 ID:66rpg+EL
>>658
日本の地勢を考えてみろ
日本列島を分断して某半島みたいに同族同士で殺戮をしたいのか?
国家分裂はそのまま国家弱体へと繋がる。このご時世に一度堕ちた国が
どんな末路を辿るのか、アジア通貨危機で買い叩かれた国を見てみろ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 18:09:49 ID:66rpg+EL
>先ず世界が一つと言うのが幻想だな。
次ぎに秩序は均衡で保たれるのが普通だな。

国連の存在意義を問うているのか?統制の無い集団組織とでも
書いた方が正解だったか。

秩序は支配と1セットなんだよ。力関係の均衡は秩序とは関係ない。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/08(水) 21:31:05 ID:???
>>665
言うのは簡単だけど、実際に、じゃあ 10年先でもいいから予測出来る人って居る?
少なくともそんな先見性を持った人は日本には居ないよ。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 00:29:54 ID:xRgZwxb3
アラブ各国で一部の人間が富を独占してるのも
独裁政権であるのも

その国の人間が悪いんだろ

アメリカは自分とこの権益が守れれば文句は言わない
民主化を阻止したり、富の独占を強制していませんが?

ほとんどのアラブ内の問題はアラブの自業自得です

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 06:58:08 ID:???
>>669
>民主化を阻止したり、富の独占を強制していませんが?

おまえは、嘲笑されたのか? w

671 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/09(木) 09:00:38 ID:82fn7rFa
論の如何を問わず、「同時多発テロ後の社会構築」に「アラブ」と「アメリカ」が
関係し、登場していることには異論がないようですね。

1さん、アメリカを取り巻く国々、その相対としての国連に絡んで、
「同時多発テロ後の社会構築11」で、
>576 国連についてだったらティモシー・ガートン・アッシュの意見も聞いた方が良いと思うのだが。
と申し上げたことを覚えていらっしゃると思います。

アッシュと似た発言ですが、丸谷才一「共和国と帝国(朝日新聞3月7日)」は、
米国の本質について「RATIO(ラチオ)」創刊号(講談社)のリチャード・ローティ
「予測不能のアメリカ帝国」をべた褒めしています。

驚くことに2ちゃんねる哲学板 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1125764143/l50
「もまいらローティ読んでから来い」では、もう半年前から議論が始まっていたんですねえ。
脱帽です。

672 :funわか:2006/03/09(木) 09:01:47 ID:98f6lJhv
アメリカを中心に、民主主義を世界に広めるのです。

中東は未だにアラビアンナイトの世界そのもので、人々の生活意識、道徳、倫理観、正義の意識など全
く中世から変わっていません。
先進国では文明文化生活様式が中世よりこれだけ進化しているというのに、未だに我々が知っているア
ラビアンナイトの価値観そのままに住んでいる。そんな大昔からの、キリスト対イスラム、白人対黄色
人種の間に出来た、もめごと、諍い、の歴史のを全て検証するなど世界の誰にも出来ません。
朝日やNHKで、したり顔の中東評論家の解説などヘドが出る思いで私は見ています。もっとも直ぐにチ
ャンネルを変えるので、どんな顔かは直ぐに忘れていますww

中東唯一の民主主義国家イスラエルを批判する人々を私は理解できません

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。
http://hw001.gate01.com/funわか/safety.htm


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 21:23:46 ID:Thd4vc3y
先に住んでたパレスチナ人を弾圧してるからイスラエルは叩かれてるんだよ馬鹿
民主主義至上馬鹿は精神科行って脳味噌スキャンしてもらえ


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 21:49:04 ID:???
>>668
予測するんじゃなくて
将来の為にやっちゃいけない事はやめましょうって事だよ
例えば、巷に溢れてるAV関連の商品、ビデオや漫画etc
儲かればいいと考える馬鹿会社
社会的なモラル低下を考えられる会社
競争力で比べりゃ馬鹿会社の圧勝、まともな会社は倒産
今の資本主義って、そういう社会的モラルを維持する為の機構が欠如してんのよね
役人は如何に馬鹿会社から税金取るかしか考えてないし
結局、将来的に国土の腐敗に繋がっていく訳よ

今のイスラム圏も、一部が富と権力を握ってて
一般人にそういった情報や物資が満足に行き渡ってないけど
過激な思想家が沢山いるよな
例えば日本並みの金と物資があったら、間違いなくテロ三昧、内乱三昧だろうね
けど実際は、日本並みの金と物資があると、逆に満たされちゃって、そういう思想家は少なくなり
金が一番の快楽主義・拝金主義国家に陥っていくと
民主主義かどうかはともかく、資本主義の致命的な落とし穴だと思うよ

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/09(木) 22:32:32 ID:???
>>673
>脳味噌スキャンしてもらえ

まあ検査しなくてもスポンジが詰まってるだけという結果は分かっているがな。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 00:36:34 ID:+0knx8nI
>>民主化を阻止したり、富の独占を強制していませんが?

>おまえは、嘲笑されたのか? w
アメリカが民主化を阻止したり、富の独占を強制してる証拠でもあるの?



677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 03:58:43 ID:???
>>673
一番最初にイスラエル人を弾圧したのはパレスチナの方でしょ。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 04:01:16 ID:???
>>674
拝金主義に陥っているなら企業憲章やアカウンタビリティーと言った考え方が出てくるのは何故と言う事になる。
拝金主義は宗教の後退や帰属意識(存在性の自覚意識)の希薄化で生じる物であって、
資本主義が必ずしも拝金主義や快楽主義に陥ると言うのは暴論。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 04:24:20 ID:???
>>676
とりあえず、クウェートの生い立ちあたりから
調べる事をすすめる、無知極まりないチンコメには。

680 :funわか:2006/03/10(金) 04:30:20 ID:zju1s8lH
愚か者どもよ、、、、、、、、、、、

681 :funわか:2006/03/10(金) 05:16:24 ID:IcwFggsC
>>680愚か者はおまえだよ。ひとのコテハン使ってなにいってんだよ!

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 15:24:02 ID:3iCrkL+i
>>678
コーポレートガバナンス?
これほど絵に描いた餅は無いだろw
俺は自営だから、人間関係のストレスは少ない方だけど
リーマンやってる連中は「働かされてる」
って思いがドンドン強くなって、やってられなくなるだろうね
結局、資本主義は思想家減らし主義でもあるよ
金vs思想の争い、どう考えても強いのは金だろうね

683 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/10(金) 16:45:12 ID:EgZKjKOs
丸谷才一によれば、リチャード・ローティはアメリカについて、以下のように面白いことを言っている。(朝日新聞3月7日)
“合衆国はローマ共和国同様、腐敗した金権国家であるが、しかし独裁国家ではないから帝国ではないというのである。”

続けてローティは言う。
“現在わが国の犯している悪はわが国の本性ではない。もともと合衆国は歴史は持っているが本性は持っていない。
合衆国は試行錯誤をしながら自己形成をつづけてゆく。”

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 18:32:31 ID:6TFcno3B
>>678
暴論ではないよ。実際にカネで国が動いてるのだからな。
そういう風に捉えられても仕方ないだろう。

てか思想や貞操だけでヒトは管理出来ない生物、そこをカネで秩序を作ろうと
考え出されたのが資本主義ではないかと。

カネの力に頼らず他にベストな選択肢をヒトは見つけられなかったのだ。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 20:51:16 ID:???
>>682
Corporate Citizen の方。
全然絵に描いた餅じゃないね。
現実に成果を挙げているし社会に浸透してきている。

ところで、最後の
>金vs思想の争い、どう考えても強いのは金だろうね
と前文で意味が繋がらない。
もっと具体的に話して欲しい。

>>684
いや、暴論です。
金だけで動くのなら、我が国はもっと金融が発達してた。
だが社会的圧力(金融機関は元々社会のセーフティーネットを担うので莫大な利益を要求する)で、
金融機関の利益規模や手段は格段に制限されてきた。
そして上に書いたように Corporate Citizen や、江戸時代の自助互助の教えなど、
我が国には必ずしも金銭だけを良しとする風潮は無かったし、これからも無い。
それに本当の意味で資本の意味を知る物は、同時に資本の危険性を知っている。
貨幣価値の「価値」は「信頼」であると言う事をね。
資本主義は自由、法治、信頼によって成り立つ思想であって、金で成り立つ物ではない。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/10(金) 22:30:44 ID:6TFcno3B
アメリカが鮮人使って日本でやってることは明らかにカネの力だよ
所詮は議員もカネのある奴の言いなりになるしかないからな。

今じゃ内だけでなく無制限に流れ込んでくる外部からのカネの力にも注視しなきゃならん。


687 :前スレの196=199:2006/03/10(金) 23:19:00 ID:KCUR6jvh
「ミュンヘン」
面白かったね。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 00:12:08 ID:???
Corporate Citizen などITバブルと共に吹っ飛んだが、十年前の話でもしたいのか?

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 01:31:22 ID:HG3TqIrm
>とりあえず、クウェートの生い立ちあたりから
>調べる事をすすめる、無知極まりないチンコメには。
そんな昔に遡る必要性ある?
アラブは米英の意向を無視して中東戦争やったじゃん
米英のアラブに対する支配力なんて
中東戦争を阻止できない程度に弱いことは明らか

中東戦争と比べれば富の独占や独裁政権を直す社会改革なんて楽勝だろ
その楽勝ができないのは、米英のせいでできないのでなくて
アラブにやる気がないだけの問題なんだよ


690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 02:58:14 ID:???
>>689
つーか、中東戦争でイスラエル支援していたのは米国だろ。

あとな、戦争より社会改革の方が遥かに困難。破壊より創造の方が
容易とは随分大見得切ったもんだなw
国内の矛盾の解決がでけなくて戦争なんてケースは無数にあるだろ。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 07:25:03 ID:???
>>688
吹っ飛んでいません。
日経連の企業憲章でも採用されて、広範に考えられてきている考え方です。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 08:22:00 ID:???
自治房見残!11!

>>641
同じことたまには中葉氏にも言えよ、同じだろ?

>>689
勉強しろと言う主張は韓国人と一緒、付き合うなよ。

>>690
それなんていう宗教?
外交の矛盾から国内が破綻し、戦争したケースなんて無数にあるだろ。

>>691
為替制度でも語ってください。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 10:28:00 ID:PQRL14Po
>つーか、中東戦争でイスラエル支援していたのは米国だろ。
アメリカはイスラエルを支援することはできても
イスラエルの為に中東戦争それ自体を阻止することはできなかった
アメリカのアラブに対する影響力なんてその程度なんだよ


>あとな、戦争より社会改革の方が遥かに困難。破壊より創造の方が
>容易とは随分大見得切ったもんだなw
国内の抵抗は社会改革のときのほうが大きいでしょうね
外国の干渉は戦争するときのほうが大きい

つまり社会改革できないのは
外国の干渉のせいではなく 国内的要因ってことですよ


694 :24:2006/03/11(土) 16:33:12 ID:9DvCkarS
アメリカテレビ流行りドラマ24はアメリカに起きそうな国家滅亡シナリオ沖縄カデナキチイラク帰還兵士劣化ウラン被爆した兵士の子供産んだ日本女の赤ちゃん奇形児多数DNA受け継ぐ被曝

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/11(土) 19:26:19 ID:???
>>691
日経連の企業憲章 って、あの建前だけをズラズラ並べた奴かよw

696 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/12(日) 09:28:06 ID:k6vjc3Pa
>>671 丸谷才一「共和国と帝国(朝日新聞3月7日)」は、米国の本質について「RATIO(ラチオ)」創刊号(講談社)のリチャード・ローティ「予測不能のアメリカ帝国」をべた褒めしています。

「予測不能のアメリカ帝国」が内包している新しい価値は、アメリカが持っている新しい可能性と、それを実現させるための泣き所のヒントを提供していることだ。

我々も、これを参考にしながら、アメリカが健全な方向に舵をとれるように支援したいと思う。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 12:58:31 ID:P9xkNwB8
まアメリカから石油買ってる立場上、オイルショック食らうと日本経済は
滅茶苦茶になるわけで。値段が跳ね上がろうが供給ストップしてるよりか
マシなわけさ。

反戦集会場まで車で移動してNO WAR! 叫んでる奴は何も解ってない。
米民主党に政権交代しようが旨みは残していく訳で変わらん。


698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 14:25:36 ID:???
>>695
そう言うニヒリズム溢れる文体なんとかならんか。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 15:22:52 ID:TDTa34nN
アメリカとイスラムより
欧州とイスラムのほうが深刻な気がする
欧州は世俗国家なので
表現の自由>宗教
イスラムは当然
宗教>表現の自由

各国にはそれぞれのいまの価値観に至る歴史があるので
どこの国の優先順位の付け方が正しいとは言えない

言えないだけに解決は困難なかと

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 16:04:51 ID:???
>>698
ニヒリズムっていうよりシニシズムかな。
>695じゃないけど、企業憲章なんかを真に受けるやつを
冷笑したくなる気持ちはわかる。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 18:16:12 ID:???
日経連の企業憲章 にはいつ「京都議定書の絶対厳守」が盛り込まれますか?

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 18:26:25 ID:rJVmq60C
782 名前:マンセー名無しさん[] 投稿日:2006/03/12(日) 16:50:41 ID:xB6w8M9J
CDC Centers for Disease Control and Prevention(米国疾病管理センター)
AIDS感染の韓国女、感染目的で数千人と生セックスをして逮捕。
2000年10月〜2002年3月まで1日10人程度の男とセックスをする。
「反米活動で1人でも多くのアメリカ人にAIDSを感染させようと思った」

http://www.cdcnpin.org/PrevNews/2002/jun02/update060602.txt
http://www.aegis.com/news/afp/2002/AF020621.html


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 18:52:43 ID:TVsW5RnC
>>694
http://f39.aaa.livedoor.jp/~fenrer/phpup/img/up240.jpg

704 :!kanojo softbank219040110002.bbtec.net:2006/03/12(日) 19:08:23 ID:wo85nqk6
tes


705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/12(日) 21:47:40 ID:???
>>700
そうなるともはや人間不信だな・・・。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 10:28:03 ID:???
イラク戦争を決断したアメリカとそれを支持した日本政府、
さらにその二つの政府の考えを支持した日経連。
日経連の企業憲章のどこらへんに基づいて、支持表明したのかねー、日経連は。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 10:49:33 ID:???
企業憲章は企業に対しての憲章であって・・・・、そもそも意味が分かってないと思いますが・・・・。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 11:05:35 ID:???
「企業に対しての憲章」というのはいろいろな意味に取れるが、
企業団体の憲章は、
「われわれはこんな美しい憲章をうたってるんですよ」
というアピールであることは確かだな。

709 ::2006/03/13(月) 12:59:24 ID:Z3wZNjyO
>>708
>「われわれはこんな美しい憲章をうたってるんですよ」

ないよりはあったほうがマシですよね、そういううたい文句。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 13:55:31 ID:???
>>705
憲章を冷笑すると人間不信って・・・

憲章は人間ですか、そうですか

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 14:37:34 ID:???
>>706
日経連の企業検証には「アメリカの行う戦争に協力する行為はコーポレートシチズンの観点からも正しい」
と美しく書かれてるんだよ、きっとw

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 17:52:32 ID:6DOuQdVg
憲章なんてのは店の看板だとおもってりゃいいじゃんよ。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 19:02:34 ID:???
アドルフ・ヒトラーに憧れてます 中2
http://webclap.simplecgi.com/clap.php?id=babiry

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 19:16:10 ID:???
店の看板冷笑すると人間不信ということになります。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 19:25:15 ID:???
ないよりはあったほうがマシなていどのうたい文句を真に受けた>>691

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 19:46:25 ID:???
オレは企業憲章がちょっと可哀想になってきた。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/13(月) 20:47:23 ID:???
>>715
×  ないよりはあったほうがマシなていどのうたい文句を真に受けた>>691
○  ないよりはあったほうがマシな店の看板ていどのうたい文句を真に受けた>>691

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 00:37:38 ID:???
>>709 >>712
なにげにヒドイこと言ってんな、もまいらw まあハゲドウだけどよw

>>716
そこは企業憲章が、じゃなくて>>691がって言ってやれよ、せめてw

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 10:11:33 ID:???
そうだよな
同意するものが集まって制度化できないのは馬鹿だよなw
前人未到の国連憲章も電波スゴスw
ペナルティすら未決定の京都議定書なんて電波テラスゴスww
組織には手続き約款があっても、んなもん関係ねーよw
社訓守れた企業があるのかよww

お互いニート同士がんばろうぜwwつぇwwww

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 19:04:59 ID:aquDdWGN
二ートはよう働け

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 22:25:07 ID:???
>>710
憲章を作ったのは血の通った人間だし、企業を運用するのも血の通った人間ですよ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 22:26:22 ID:???
理想を掲げることが馬鹿にされる社会って未来が無いと思うがどうか

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 22:35:51 ID:???
話がどんどんズレてるけど、企業憲章は理想論じゃなくて具体的な行動と目標の設定なんだけど・・・・・。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 12:30:23 ID:???
>>722
理想を尊守する為のルールじゃなくて
株主と世間一般に対する虚栄だからね
所詮、金稼げない企業は、金を沢山稼ぎ出す悪徳企業にすら及ばないって事だ
銀行が良い例だろ、闇金寸前のサラ金と、がっぷり手を組む銀行ばかり
何の生産活動もしないで、低金利で人の金集めて、高金利で他人へ又貸しとか
これが健全な社会かよw

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/15(水) 18:20:22 ID:yBdVnksZ
パチンコやめさせれば闇金も減るんだがな

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 04:48:01 ID:???
そうだよな
どこかの亡国みたいに貨幣を2つにして又貸し禁止にするか
中央銀行ゼロ金利なんだからよ2次銀行は貯金を預金者に強制返還して
中央銀行から借り入れて直接金利を低くくしろよなww
ついでに、20年前みたいに中央銀行の利益が高くなるなら、中央銀行もなくせよwww
札差・棄捐の例?んなもん関係ねーよw 律令時代にまでもどしちまえww

お互い外国人同士がんばろうぜwwつぇwwww

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 05:36:30 ID:???
>>724
サラ金と手を組む金融機関が跋扈していたのは 1990年代だよ。
1990年中盤から後半にかけて批判が高まり、小泉政権で駆逐された。
金融改革要綱の一つが「金融機関による消費者金融業への進出防止」なんだから。

>何の生産活動もしないで、低金利で人の金集めて、高金利で他人へ又貸しとか
>これが健全な社会かよw
金融業の起源は近代社会じゃなくて 2万年以上の古代にあった。
資源や金の代わりに担保を貰って先方に必要な物を貸し出して利息をとると言う方式。

人間の経済活動と社会生活において金融業は必需で、決して後天的な要素じゃない。
そもそも社会全体の金銭の還流促進は金融業無しでは考えられない。

それに生産活動しない職種が存在する社会が健全じゃないと言う考え方は非常に共産主義的なんだけど、
貴方は共産主義のような社会を切望しているの?

>>726
上手な突っ込み乙。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 06:06:10 ID:???
>>727
そりゃ、情報が未発達な時代の話だ
電子処理は更に進み、間接部門はどんどんお荷物扱いされて行くよ
勿論、小売店なんかも然り
間接部門が多けりゃ多い程、楽すりゃする程、
生産者のやる気を削ぐのも太古からの事実だろ?
社会が安定してくると、がん細胞が増えて国が衰えて行くし
日本ですら過去何度も体制崩壊してる
大陸国家なら今の民主主義・資本主義もまかり通るだろうけど
島国国家には耐えられないだろう
結局、そういった弱点がテロの糸口にもなる訳だし
ただの爆破とかじゃなくて、もっと社会的な部分を突いてきたら
今の資本主義国家なんてひとたまりも無い気がするけどね

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 18:26:40 ID:l3NZULSB
>>728
民主主義はどこいった?

体制崩壊ってのは国そのものが倒れることを指す訳だが
天皇制は未だに続いているのはなんでだ?日本はアメリカ型民主主義を
100%コピーしていない、今の日本は戦前の先人達に助けられて存続してる
様なものだ。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/16(木) 21:00:00 ID:dilUTV8I
中国が国力を増すにつれ日本国内で親米勢力との衝突が深刻化する。
日本は確実に揺さぶりをかけられ、本来なら国を纏めて一枚岩にしたい所だが
グローバルがそれを許さないし、「日本に在日の国を作ろう」なんて言ってる
連中もいる。

最も危険なのは思想/民族の違いによる国家分裂であり、カネの権力で纏まりを強制する
資本主義に頼らざるを得なくなってくる。


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 13:53:37 ID:???
>>729
政治構造だけじゃなく、法律も違うしなぁ、アメリカに「民法」と「刑法」は無いし。

732 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/17(金) 15:06:59 ID:pnMBoEyj
>>696 で言ったように、

「予測不能のアメリカ帝国」でローティが提起した新しい価値は、
アメリカが持っている新しい可能性と、それを実現させるための
泣き所のヒントを提供していることだ。

我々も、これを参考にしながら、アメリカが健全な方向に舵を
とれるように支援したいと思う。


733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 18:08:52 ID:???
>>729
体制崩壊しまくってるじゃん
日本っていう土地が存続してるだけ

>>730が言うように、単一民族国家の日本ですら
これだけ国がバラバラなのに、何とかやっていけてるのは結局金のおかげ
一般人が手にするような数百万数千万の単位じゃなくて
億単位で儲けてるような階級が実質社会を掌握してるんよ
俺達はそいつらが敷いたレールでうだうだやってるだけ

国っていう箱物がどんどん形を成さなくなってきてるこの現状で
乗りたいレールが無い!って思った時に、大規模テロなんてされた日にゃ
あっさり内部崩壊しそうだけどね

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 19:47:46 ID:6cLLVK/a
天皇制が存続する限り日本は体制崩壊とは言えない。
政権交代は内部構造の改革という表現が妥当だろう、小泉政権が退陣したら
日本の体制が崩壊したなんて言うのか?

敷かれたレールに嫌悪感を持ちながら結局は敷かれたレールにしがみ付くのかよ。
地下鉄サリンテロやられたが、内部崩壊した予兆はあったのかよw



735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/17(金) 23:39:05 ID:???
>>733
「体制崩壊」と言う言葉の定義を勝手に変えないで欲しい・・・・。
意思疎通出来ない。

736 :funわか:2006/03/18(土) 11:07:32 ID:zai8GvWl
さて、あいも変わらぬ日本のマスコミの世界事情音痴だが、アメリカへのテロ以前と、テロ以後の世界
は全く違ってしまうという事実をきちんと認識しなくてはならない。 

目先だけに捕らわれる連中は、新たな貧と富の戦争が始まっただの、イスラム圏とキリスト圏の新たな
宗教戦争だの、アメリカ一人勝ちの弊害だの、アメリカの文化文明の押しつけへの抵抗戦争だの、相も
変わらぬイデオロギーに毒された幼稚な感情論と、針の先ほどの部分だけを取り上げた一部的な現象把
握であったりする。

テロ以前の地球は僅か20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集ま
りであった。 だからこそ戦争もテロもいっこうに収まらなかったのだ。 民主主義国は当然のごとく
あらゆる情報が公開され、公平な競争の下に物事が行われるので、発展し続けます。富の収集が起こる
。 そして民意弾圧の国はいつまで経っても情報が公開されないためあらゆるモノが不公平なままに放
置されるので、民の意識は低いままで進行し発展は停滞する。富の収集は難しいのである。

民主主義国の数カ国で残り全世界の富に等しい富が有る。 何に置いても人間の世界では富があってこ
その力だ。富が無いところに力は無いし、人の賛意も得られない。 富有ってこその人心の安定と幸福
が得られる。 だからこそ富める民主主義国に戦争放棄へのあらゆる思考行動が練り上げられるのであ
る。 しかし、アフガンのような極貧の国の民がすることはセックスか殺し合いしかない。

昔からの諺、金持ちケンカせず、は、人の行動の真理である。今回のような戦争に類似したテロを企て
る者は富める国には起こり得ない。 貧こそ争いの元である。 富を得る、そのためには民意の政治を
行い、努力をする者が成果を得る公平な社会が必要なのだ。 宗教やイデオロギーや貧富の差でテロが
起こるのでは無い。 公平でない社会、公平ではない国達が、テロという人間の最も許させざる卑怯な
行為を作り出す。



737 :funわか:2006/03/18(土) 11:09:17 ID:zai8GvWl
アメリカは誕生以来初めて世界と同じ価値観を持った。 攻められる恐怖である。 アメリカ本国はた
だの一度も爆弾を落とされた事が無い国なのである。 その誇りと自信は世界貿易センタービルと共に
吹っ飛んでしまった。 ベトナムで傷ついたアメリカは、出来るなら自国の民を死なせてまで他国には
干渉したがらない国に方向付けられた。 唯一の世界の超大国、民主主義の世界の警察官の役目を嫌が
りかけていたのである。

ところが今回のテロではっきりと気づかされた。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全ての国
の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全ての
国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に。

もちろん全世界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆかない。ですからこれからは2
0カ国前後の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずである
。 その手始めがテロ支援国の根絶なのだ。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている
国の金の流れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではない 

すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしている。 歩みは遅い
もののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのである
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るだろう。 それはアジアに置いても同じ事だ。 今までは内部分裂を起こしているような日
本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情だからと、逃げてばかりは許されない。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準
テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるだろう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思わない。 今後50年スパンの話だ。 しかし、必
ずや世界はその流れに沿うように成るだろう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩み
を始めたのだ。
恋愛manual→f u n w a k a 論 より。



738 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/18(土) 12:12:55 ID:2kOi4ntE
アメリカは民主主義国家だろうか?

民主主義国家の定義は?

ローティーによるとローマ帝国と同じではないが、
ローマ共和国と同様、腐敗した金権国家ではある。
これは説得力があるね。

日本はアメリカの真似でなく、自主・自立・自律の民主主義で行こう。
それでないと、靖国の英霊が泣くよ。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 12:15:40 ID:???
>>738
先生。コピペはスルーして下さい!

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 14:46:57 ID:???
1さん見てるかー?

コイツどうにかならん?→ funわか
凄く議論に邪魔なんだけど。

741 ::2006/03/18(土) 21:03:31 ID:E44sizD4
ちょっと俺が言っちゃアレだけど、個人的には俺はfunわかさんはスルーしてます。

>民主主義国家の定義は?

こっから仕切り直しましょうか。

民主主義国家の定義は?

俺は自分が育ってきた環境だし、今ある社会形態の中では一番いいかと思います。
だけど、民主主義はほっておくと自由主義から個人主義に陥りやすい欠点もあります。
日本はどちらかというと社会主義的な民主主義国家だと思うのですが、
社会主義の極端(ヘンなサヨ、極端になるとテロ)と、個人主義の極端(ヘンなヒッキーやニート)に分断され、
思想的にも生活的にも二極化される傾向にあるみたいです。これはアメリカとかでも顕著な傾向だと思います。
また、民主主義がこんがらがってヘンなウヨになっていく場合もあります。これもアメリカがすでにそうです。

このへんの格差をどう是正していくかがポイントになると思います。
みなさんはどうお考えですか?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 23:29:29 ID:kghijHc9
>>721 >>723
京都議定書の尊守を詠い、それに従ってトヨタがモーダルシフトに本腰入れたら
「日経連の企業憲章」とやらを崇めてやる。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/18(土) 23:58:32 ID:???
>>727
共産主義は非生産部門の否定じゃなく公共圏化ね。
組織内に共産党員が中国は5人、旧ソ連なら3人以上いれば
党組織を組織内に発足させる義務があり、経営陣との直接交渉権が事実上得られた。
金融については、共産圏の方が規模が大きいと指摘してる人ってかなり多い。
実売決算方式ではないから、これはあたりまえの指摘なんだけど、
そして、旧ソ連時代にソ連アカデミーが公開した経済停滞の理由が資本不足・・・・
欧米で盛んに言われたのが資本を含めた資源分配の非効率化のお話と内容は表裏一体なんだな。

分裂のお話は内容がよくわからんなぁ。
お金・分権、どっちにしても一番可能性が危ういのは北海道・沖縄じゃない?

>>738
シーボルト、イエズス会の一部、イザベラ・バードとかさ
外人から見た場合「日本人の思想はストア派に似ている」って言う人多くね?
※イエズス会は人によって書いてること、ばらばらだけどさw

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 07:42:50 ID:???
>>741
なるほどー
ニート・ヒッキーが多い中国、韓国、ロシア、台湾は自由主義が基本で
自由主義から個人主義に陥ったすぐれた例ですね(~~

もうね、同じ偏重を念仏のように唱えてばっか、自由主義史観と戦う勇気すらなさそう


745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 09:05:36 ID:8JnAd1Xt
共産圏はムダが多い、人件費切り詰めないとやっていけないだろ。
アメリカから見たら日本もムダが多く共産国じゃないのか?と言われる。

>>743
戦後流入してきた在日鮮人達が「日本に在日の国をつくろう」って運動してた
ことがあったんだよ。日本人の少子化が進む中で中華系や朝鮮系がポコポコ子供
生んでる現状、また起こる可能性は否定できない。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 09:28:25 ID:???
>>741
個々人が、どういう思想信条を持つかと、社会構築は別物でしょ。
そこを混同してしまうと、同じ思想信条でないと社会構築ができないって話になる。

それと、日本人が一般的に持つ思想信条や、現在の日本社会が、
国際世界と、どうやって共存していくのかって問題もある。
これも、どういう思想信条が良いのか、どういう社会が良いのかって話とは別物。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 10:06:40 ID:???
>>746
果たして本当に別物か?

例えば多くの国民が排外主義を謳うナショナリズムのイデオロギーを賛美していたとしよう。
すると、社会は大きく変容し、純化しか許されなくなり、社会は統制と管理へ向かう。

だが、多くの国民が自由と寛容のデモクラシーのイデオロギーを賛美していたとしよう。
そこから産まれる多様な社会や仕組みは、社会構築とも結びつく。

つまり、個々人がどう言う思想信条を持つかと社会構築は密接に結びついている。
我が国は自由に思想信条を持っているが、「自由な思想信条」の前提を「破壊する」思想信条は認めていない。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 10:27:43 ID:???
>>747
どっちかっつーと、思想信条が社会をつくるんじゃなくて、
個々人の属する社会が、個人の思想信条をつくるんだと思うけどね。
イスラム社会なんかみてもそうでしょ。
そして、その社会は、経済・生活文化・気候風土・歴史・政治情勢・・・
その他いろんなものによって作られている。

ナショナリズムだって、国内の経済格差や、政治の問題と無縁じゃないでしょ。
それは、日本より外国をみると、より鮮明かもしれない。
そのとき、個人としてナショナリズムの思想信条を持つかどうかと、
社会としてナショナリズムを強めていくかどうかって話は別にしなきゃいけない。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 12:24:23 ID:DDS0G/Ox
ナショナリズムほど胡散臭いものはない
世界だのアジアの為だの言ってる連中の国の意思が
ナショナリズムに目に見えるほど刷り込まれている。

戦後60年も経てば変わるものなのだが未だに頑として変化を
拒み続けるアジア民族の悪癖とも言うべきか。
欧米諸国に大きく差をつけられて当たり前だと理解させられる。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 18:38:01 ID:???
>>747
思想信条なんてものにあまり拘泥しないのが日本人。
実利や権力でしょ、社会構築の動機付けもね。
またデモクラシーは大衆多数による政治と言う意味で
寛容とは関係ないよ。そもそも大衆はそれほど寛容なものでもない。
自由はむしろ貴族政治の発想からだ。
>>738
民主国家は利益誘導に弱いものだよ。
古代ギリシャ以来宿命みたいなものだな。
>>737
米国は猜疑心で成立している国だよ。
だから個々人に信仰が特に必要になる。
人間信じるものを欲しがるものだ。ブッシュがやたらに
神々言いたがる理由だな。

ベネゼェラ等中南米の反米政権を支援しているのはロシアだよ。
9.11テロ以前からやっているはずだ。だから米国はカフカース等
ロシアの裏庭に干渉しだしたんだよ。これらはその地域のナショナリズムを
逆手にとったものだな。
>>749
ナショナリズムは民主主義下で容易に高揚させられるものだよ。
実際日本の北朝鮮への態度はそれが一つの原因だな。
ナショナリズムなんてのも一皮向けば利益が原因だったりするから確かに胡散臭いが、
国民感情ってやつもあるからやっかいだな。

人間は理性やイデオロギーよりも欲望や感情で動くものだよ。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 19:18:00 ID:???
>>750
>人間は理性やイデオロギーよりも欲望や感情で動くものだよ。
貴方の価値観を勝手に一般化されても困る。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 19:32:08 ID:qR/xFuQh
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142446087/


753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 20:17:07 ID:???
>>751
へー、そんなに理性的な人間やイデオロギーに関心が高い
人間が回りに多いんだ?そりゃかなり特殊な環境だと思った方がいい。
少なくとも「多数」ではないな。理想と現実を混同しているよ。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/19(日) 20:28:29 ID:???
>>751
欲望や感情で動く藪猿や子鼠の信者おつ

755 :funわか:2006/03/20(月) 00:29:46 ID:QfbwobnY
残念な事に日本は、歴史歪曲、こそ泥強盗国家に囲まれた位置に有ります。

まことに難儀な事で、福沢諭吉翁も生前、「朝鮮や中国とは拘わるな!」と彼の国
達のタチの悪さを身をもって体験した教訓を残しています。

朝日や毎日や売国左翼連中は、「アジアから嫌われる小泉政治云々」と、合言葉の
ように繰り返しますが、アジアと言うのは真っ赤な大嘘!!で、中韓以外のアジア
の全ての政治家やメディアは、『 早く日本にアジアの中心、盟主となって軍事覇
権中国の防波堤になって欲しい 』と、期待した言葉を多く出しています。

先頃行われた、世界共同マスメディアの調査でも、好感度国で日本が世界一!のト
ップでした。

特に、アジアでは、反日教育をしている二カ国、中、韓、だけが日本に対しマイナ
スで、他の全てのアジアの全ての国はダントツに日本支持の、好感度NO1 だっ
た事が、左翼や朝日毎日が常に大嘘を垂れ流している証明だと思います。

ちなみに彼の国達、それこそ朝日や毎日左翼の言うアジア(たった二つの中韓)は
、日本よりダントツ!!に、嫌われてかなり低い位置しか好感度をもらっていませ
ん。これら、こそ泥強盗国家が、どれほどアジアの全ての国に嫌われているか!そ
の事実が明白と成っています

恋愛manual→f u n w a k a 論より

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 01:46:44 ID:???
>>753
いや、だからそう言う「自分は多数派だ」みたいなレトリックで、
貴方に意見に納得するほどみんな短絡的じゃない。
ここの住人を馬鹿にし過ぎじゃないか?

12スレ目まで入って、様々な議論をしてきているわけだけど、「自分の意見は多数派の意見、だから賛同しろ」
と言うレトリックで「はーい」なんて言う人はここには居ない。
そう言う人が欲しいのなら、少なくともこのスレじゃ無理。

直後に >>754 こう言うレッテル張りが出てくるのも、なんだかなぁ。
こんな事で言論は捻じ曲げられないし、貴方の言う価値観が一般化するわけじゃない。

多くの意見が出ると同時に、貴方の意見は精査されて時に批評批判の対象になるのだから、
この程度の突っ込みで多数派のレトリックを持ち出さないといけないほどの貴方の主張の軽薄さがむしろ炙り出されているだけです。
とりあえず、もっと良く考えてから意見を述べて欲しい。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 02:21:37 ID:???
>>756
>753は、自分はともかく大多数は欲望や感情で動くって言ってるのだと思うよ。
このスレの人間が、欲望や感情で動いてるって言ってるわけでもない。
そこが理解できてないので、>751は>754に馬鹿にされてる。

こういうのは、意見の相違じゃなくて、文章の読み違えなので、
あんまり熱くならない方が良いよ。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 03:37:00 ID:???
>>757
と言うことは意見じゃなくて「単なる感想」なのか・・・・。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 10:19:51 ID:cTDquICp
マスコミやメディアの報道だと「国民感情云々〜」とはよく使われる言葉

>自分はともかく大多数は欲望や感情で動くって言ってるのだと思うよ。

「国民理性の反発が予想される」とか書いたほうが勘違いされなくていいかもねw

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 10:20:57 ID:r60awVA8
結局、問われる所は、
自由な思想と高いモラル
自由な資本経済と闇部の無い社会
自由な営利組織と無駄の無い営利組織
相反する部分を如何にまとめるかだな

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 12:38:19 ID:cTDquICp
>闇部の無い社会
>無駄の無い営利組織

まだこんな幻想を抱いてる馬鹿いるの?日本史に関わらず世界史を見ていくと
大きな理想を掲げてバブルの如く消え去った前例がいくらでもいるのに。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 13:49:42 ID:???
>>761
ばれなきゃ反則もOK?
誰も見てなきゃ何してもよい?
可愛そうな香具師だな

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 15:36:25 ID:S905aSDa
>>762
君は人間臭を否定するのかね?
欲動を否定することは人間らしさを否定することだぞ

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 19:38:05 ID:r60awVA8
>>763
自制できないのを人間らしさとか言うな
地球市民と同じレベルじゃねーかよ

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 21:14:59 ID:0obAV17d
地球市民なんぞと一緒にされるとは気分が悪いね。
仕方ないだろうヒトは自制出来ない動物なんだからさ。

そもそも自制の出来る動物だったら法律やら刑罰なんか必要ないんだよ
あんたが守れても他の誰かが守れないから不必要なものが必要になってる。


766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/20(月) 23:20:27 ID:???
すまんよ、ちょっと言い過ぎた
けど、基本的にはそういう部分で負けずにやれるかやれないかで
人間力とかモラルとか高く保てる訳で
良心の呵責に苛まされて、飽食や贅沢でストレス発散とかセラピストが云々とか
親会社が理不尽な事すりゃ孫会社まで理不尽な会社になるだろうし
人間関係だって同じ、負の連鎖って言うのかな
そういうのを直せる機構が現在の資本主義・自由主義に欠落してるから
俺はあんまり長く続かないと思ってる訳よ
日本もそういうモラルがかつての国民にはあったらしいけど
礼節なんてどこへやら、現代の日本人が誇れる物って工業製品くらいだろ?
このままじゃ、やっぱ続かないと思うよ、俺は

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 10:20:50 ID:BmyTmW6w
国民は言論/思想の自由他、「○○の自由」という名のつくものについてもっと良く考えるべきだ。
それとこれらを掲げてる連中の状況とか背後とかね。
弁護士ばっかムダに増やして訴訟大国でも目指してるのか?と小一時間。

>>766
文句は否定から始まった世代に言うんだね。今頃気がついても遅いんだよ、おまえら60年間何してたわけ?
とでも言ってやってほしい。

資本主義の欠点を指摘するのが共産主義とか反政府勢力とかだとは最強の皮肉だとは常に思う。


768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 23:01:41 ID:GmINH3Oa
韓国・中国・日本の金融監督当局が28日から2日間、代表的な投機資本である
ヘッジファンドへの共同対応案を議論する。
朴大東(パク・デドン)金融監督委員会(金監委)監督政策1局長は21日、定例ブリーフィングで、
韓中日金融監督協力セミナーが28日からソウル・グランドハイアットホテルで開かれる、と明らかにした。
朴局長は「今回のセミナーには李長栄(イ・チャンヨン)金融監督院(金監院)副院長補と
日本の金融庁副庁長、中国の銀行業監督管理委員会国際部局長が出席する」と述べた。
朴局長は「最近、アジア各国では投機資本であるヘッジファンドの流入が急速に増えているが、
これを直接規制できる手段は不十分であるのが実情」と指摘した。
また「このため今回のセミナーでは、ヘッジファンドに対するモニタリング強化、取引機関に対する間接規制、
危機対応案の用意などを議論する」と明らかにした。

ソース 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=73910&servcode=300§code=300

これおかしい
既にむしられた韓国がなんで入ってるのさ?日本もそうだが・・・
中国はこれからだし、半島は完全にアメリカ様の忠実な下僕だねこりゃ。
アジアを売り飛ばしてるのはおまえらだろ、何がアジアの為だよ笑わせるな

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/21(火) 23:12:16 ID:NO5DTpU1
Market rumors out saying Mr. Bin Laden been caught and that Mr. Bush will hold a pressconference at 15:00 GMT.

770 :前スレの196=199:2006/03/22(水) 00:28:11 ID:n8MWpAiE
自由って、単純に自由なんだけれど・・・・・。
ヒッキーやニートって、自由なのかね。
自由の副産物かもしれんが、
不自由の典型じゃない?

・・・・・と思うのですが

771 :前スレの196=199:2006/03/22(水) 00:43:15 ID:n8MWpAiE
>闇部の無い社会
>無駄の無い営利組織

闇部と無駄を許容し擁護できるのは、自由しかない

・・・・・と思うのですが




772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 18:08:54 ID:Il9h23tL
最高の自由をくれる場所を教えてやろうか?
それは墓の中だ。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 21:07:23 ID:???
>>771
戦前の自由主義つっても幅広くて、他の人にも突っ込まれそうだから
偏見で主流派と思われる議論を書いておくと

○法規尊守は道徳から切り離されて機能が強化される。
ここのスレでは法規の絶対化を道徳に求めてる人がいるが
そんなら、中国の痰吐き法規とかでも論じてもらいな

○公共圏の拡大については戦前左派・右派ともに議論しているわけだが
必ず道徳が含まれる。ここで天皇制と外交について熱い議論発生。

○民主主義は非常に効率的な圧政だが、公共圏の拡大に陥りやすい。

自由だとか、無駄だとか訳のわからん思考って
アメの占領か、東西冷戦の賜物なのかねぇ
戦前に自由主義派ですらそんなの主題になったことなんかないっつーの
あぁ、あったか戦時下でならw

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 22:09:08 ID:???
【姉も】浅田真央 露天風呂盗撮画像流出【一緒】
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/tropical/1138348365/l50


775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 23:08:20 ID:???
>>773
>自由だとか、無駄だとか訳のわからん思考って

小泉政権の賜物。
(アメに習って)市場の開放!、構造改革!、行政の無駄を省く!
等々論点まとめず単文だけを繰り返すだけだから、
我流でそれらの単文を勝手につなげて、あたかもそんな主義や思想がある
かのごとく言いふらす輩が横行しているからね。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 05:50:57 ID:???

現状の否定は今の政治家も言ってるぐらいだから、それをこのスレッドで再生産する必要は無い。
その一歩先の、それでこれからどうすればいいんだ?

について話し合おうじゃないか。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 12:35:28 ID:r5lCnSxe
>>776
じゃ、俺の理想を1つ
国民ID制の導入
 ・指紋頭骨形状からIDを配布、金・犯罪・持ち物etcの管理、勿論外国人も
完全電子マネーの導入
 ・コイン・紙幣を一切なくす
 ・金の流れは日銀で全て掌握する
企業系の汚職懲罰強化
 ・役職付きの人間が犯罪を犯した場合など特に
小売仲介業一切禁止
 ・全て直販(家電、食品、雑貨etc)
 ・全て直接契約(不動産、土地、株、etc)
土地建物の営利転売禁止
建築基準法の強化
 ・美観景観ライフラインの強化
 ・農業地区の住宅禁止etc
銀行の大幅スリム化
 ・押印による書類の作成廃止
 ・企業からは電子取引主体にして、窓口は融資関係のみ
保険行員の大幅スリム化
 ・保険の営業に払われるマージンの削減etc
参議院廃止
官僚閣僚の癒着防止
 ・数年に1度は廃藩置県とか
農業の法人化許容
乗用車の化石燃料使用禁止
 ・貨物は技術しだい

突っ込み所満載だな

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 14:01:54 ID:???
>>777
確かに突っ込む気も起こらないくらい満載だな。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 15:42:11 ID:???
頑張ってカキコしたんだから突っ込んでくれよ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 16:10:13 ID:???
>>777
三流未満の大学の廃止
 ・その上で、入るのも難しい、出るのはもっと難しい制度に改め
 (無能なのに大卒の給料は無駄、大卒エリートは一握りで十分)
 ・大卒者には組合に入る権利もストを起こす権利もストに参加する権利も無い
  職場が気に入らなければ、己の才能と能力を武器に即転職すべし
 ・経営側は、雇い入れた大卒者を給料に見合わない無能だと判断した場合
  その場で即解雇を言い付けてよい

781 ::2006/03/23(木) 19:09:08 ID:sOyx0GEK
完全な自由って孤独になると思うよ。

782 :funわか:2006/03/23(木) 20:03:33 ID:HxLwdIFp
残念な事に日本は、歴史歪曲、こそ泥強盗国家に囲まれた位置に有ります。
まことに難儀な事で、福沢諭吉翁も生前、「朝鮮や中国とは拘わるな!」と
彼の国達のタチの悪さを身をもって体験した教訓を残しています。
朝日や毎日や売国左翼連中は、「アジアから嫌われる小泉政治云々」と、
合言葉のように繰り返しますが、アジアと言うのは真っ赤な大嘘!!で、中韓
以外のアジアの全ての政治家やメディアは、『 早く日本にアジアの中心、
盟主となって軍事覇権中国の防波堤になって欲しい 』と、期待した言葉を
多く出しています。

先頃行われた、世界共同マスメディアの調査でも、好感度国で日本が世界一
!のトップでした。特に、アジアでは、反日教育をしている二カ国、中、韓
、だけが日本に対しマイナスで、他の全てのアジアの全ての国はダントツに
日本支持の、好感度NO1 だった事が、左翼や朝日毎日が常に大嘘を垂れ
流している証明だと思います。

ちなみに彼の国達、それこそ朝日や毎日左翼の言うアジア(たった二つの中
韓)は、日本よりダントツ!!に、嫌われてかなり低い位置しか好感度をも
らっていません。

これら、こそ泥強盗国家が、どれほどアジアの全ての国に嫌われているか!
その事実が明白と成っています!



783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 22:11:00 ID:???
>>781
>完全な自由って孤独になると思うよ。

つーより、一般に不自由な社会は孤独じゃないのでは?
たとえば、今の北朝鮮や、戦前の日本みたいな全体主義社会があるじゃない。
断っとくけど、その全体主義が向かう先の善悪は、別の話だよ。
まあ、日本の全体主義は善で、北朝鮮の全体主義は悪ってことにしといてw

自由と孤独って話に絞れば、全体主義の社会は、不自由だけど孤独じゃないと思う。
誰もが共に戦う同志であり、共通の目標に向かう高揚感があるだろう。
それは、ニートやヒッキーとは、対極にある社会だと思う。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 22:59:52 ID:NFR0M9my
>>783
孤独じゃないけど運命的な死を選ばざるを得なくなるときも出てくる。
昔の日本のカミカゼ、バンザイ攻撃。今のイスラム戦士。

20年ぐらい前だったか、こんな話を聞いたことがある。
欧米の老人は一人暮らしが多くて、一日中公園のベンチに座っている。
日本では子供や孫に囲まれているのが普通。
しかし老人の自殺は日本の方が多い、と。

孤独でいいんじゃない?

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 00:57:22 ID:???
>>777をすべて実施するよりも、>>780を実施しただけのほうが、確実に大騒ぎになるな。

大卒信奉はもはや宗教だからね、今の我が国では。

786 ::2006/03/24(金) 02:05:53 ID:0ougDvuj
なんつーかな、手っ取り早い誰にでもできる自由は空想とか妄想とかの
脳内の自由だと思うけど、それでもノーミソには限界があるわけで。

社会的な自由になっちゃうと、それこそそれぞれの自由の定義が違うから、
無法地帯になっちゃって、自由が自由を侵害するという不自由が生じるわけで。

やっぱり自由を満喫するにはモラルとかなんらかの制約は必要だと思いますよ。
そういうスマートな自由を実現するためには、教育や道徳、社会システムに対応するなどの
不自由も生じるわけで・・・。と、セックス・ピストルズを聞きながら思った。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 03:01:39 ID:???
>>777
感謝。

>国民ID制の導入
住基ネットと、今度導入される納税者番号を組み合わせれば出来るんじゃないか?

>企業系の汚職懲罰強化
アメリカの証券取引法違反などは、重罪になると 10年以上の懲役に比べ、
日本の市場に対する不信を与える行為に関しての罪が軽過ぎると言う点には同意。

>小売仲介業一切禁止
中間業、仲介業によって商品コストが大幅に値上がりしているのを何とかしようと言う事なんだろうけど、
全廃は物理的な流通ネットワークの崩壊に繋がるので、無くすのではなく減らす方向で言ったら良いと思う。
具体的には小売業の合併の奨励、業界再編。

>土地建物の営利転売禁止
意図と意味が分からないので保留。

>銀行の大幅スリム化
これは今現在業界再編中なので、様子見の立場。
窓口が融資のみは利便性が大きく低下するので反対。
押印による書類の作成も、サインの代替と考えて社会的合意が得られているので廃止には反対。

>保険行員の大幅スリム化
とてもミクロな話題なので、保険会社の個別判断で良い。

以下の項目は全く考えていなかったので、勉強してからつっこんでみる。
>完全電子マネーの導入
>建築基準法の強化
>乗用車の化石燃料使用禁止

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 03:05:06 ID:???
>>777
>参議院廃止
基本的には同意。
あと、地方議会の定数削減と合併も加えたらいい。
地方議員が多過ぎる。

>官僚閣僚の癒着防止
これはもちろんの事だけど

>・数年に1度は廃藩置県とか
地方行政の構造改革は国家の割り当てられる戦略資源の大部分を占拠してしまうほど大掛かりなことなので
数年ごとにやっていては、国政がマヒしてしまう。地方行政の改革は 30年〜50年単位で良い。

>農業の法人化許容
全く異論は無い。
農業分野への企業進出は市場原理の摂理だ。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 05:59:12 ID:???
>>777
自由が嫌いなのはよくわかる理想だなw
禁止、強化、規制、が目立つ政策だなw

相変らず地価が下落している現在、土地建物の営利転売禁止が実現した時点で他の政策は全て
破綻して終わりだなw地価が暴落するよw土地資産の流動性が失われ資産価値が暴落するな。
日本経済破綻だよwww確実に恐慌だろうなw集権的な行政は機能不全、現物経済のようになるだろ。
金融は機能しなくなるな。かなり強烈なインフレにもなる。
政界は恐慌からの脱出以外の政治課題を解決する余裕はなくなる。
こう言う社会で一番跋扈するのはマフィアのような仲介屋だな。縄張りっやつが巾を効かす。
そして汚職や癒着は犯罪の部類には入らなくなる。
むしろ必要悪として公然と跋扈するだろ。私的な政府があちこちに出現するわけだ。

で、誰かさんが大嫌いな自由が実現するw
文字通りの弱肉強食になるよ、よかったねw

>>785
肩書きに弱い人間はどこにも多いねw
恐慌下では大卒の務め人よりも農家の権限が強くなるかもね。
デスクワークの価値が著しく低下するはずだ。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 10:22:48 ID:???
>>789
とりあえずマジメに話し合いしたいのなら「w」はやめたら。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 14:13:22 ID:???
>>786
全然、自由じゃないな。他人を侵害する自由があるからこそ
モラル・法律なんだが。

他人に侵害されたくない、他人を侵害したくない
自然に侵害されたくない、自然を侵害したくない
対象が増えれば自由も増えるという論理も否定してるし、
脳内妄想が行動を伴う医学的見地も否定ししとる。
侵害の自由すらも否定したジャイアニズにしか見えない。

「言葉が間違ってるだろ、現状の不自由を満喫できないから困る」のだと
本当にありがとうございました。


792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 14:49:52 ID:???
>>791
対象が増えれば自由への参加者の対象も増えるのだから、
自由が拡大すると言う解釈は間違っていないんじゃないか?

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 18:07:13 ID:p6j6yDbG
そんなに自由が欲しいのなら自分そっくりの機械人間を製作するか
遺伝子操作で自分のコピーを生み出して労働させとけ。

そうすりゃオリジナルは好き勝手に自由な時間を作れるぞw


794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 19:59:37 ID:???
>>793
パーマン217話 「コピーロボットが記憶喪失!?」
を100回読んでから、出直して来い。


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 20:33:30 ID:t4+jvEfx
お互いに
君と僕と恐れている。

お互いに
君は僕に対して、僕は君にに対して、
自分を保護するために、
ここに社会という組織を作った。

君は僕の敵だ。
僕は君の敵だ。

君は僕がやるに違いないと思い、
僕は君がやるに違いないと思う、
あらゆる悪意と暴行に対して、
民法や刑法の幾千箇条を定めた。

これが
君と僕の社会だ。
君と僕の監獄だ

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 20:38:30 ID:???
>>793
>遺伝子操作で自分のコピーを生み出して労働させとけ。

クローンコピーはオリジナルの意思に忠実に従うように調整されている
つーのはご都合主義のチープなマンガの読みすぎ。
まして、オリジナルとコピーはテレパシーでリンクしシンクロナイズしている
なんつーのはギャグの領域。

コピーは一つの完全に自立した個体個性を伴うので、
オリジナルに反逆することさえ普通にありえる、
と考えるのが無理の無い科学的な論。

肉体は遺伝子からコピーできるが、
性格や精神といった心は遺伝子からはコピーできない。
と考えるのが無理の無い医学的な論。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 21:14:35 ID:???
>>796
そんな説明じゃ、厨房には分からないよw

一卵性双生児は、遺伝子は同じだけど別の個体。
(厳密に言うと同じじゃないらしいけど、厨房向けに同じってことにしとく)
遺伝子が一緒ってだけでは、完全なコピーにはならない。

ところで最近じゃあ、遺伝子で性格まで決まるって話が出てきてるね。
社会的ダーウィニズムが復活の予感ですよ。優生学の再評価も近いね。
馬鹿な遺伝子を持つ連中は、どしどし断種して、もちろん三国人や部落も断種。
有能な遺伝子をもった大和民族で、優秀な遺伝子だけで作られる明るい日本。
これこそ、新しい「社会構築」ですよ!

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 21:42:48 ID:???
>>796 >>797
申し訳無いですが、ここで話し合うのは現実についてです。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 22:23:23 ID:???
>ところで最近じゃあ、遺伝子で性格まで決まるって話が出てきてるね。

インテリジェント・デザイン論に毒されたチンベイしか耳を貸さないお話です。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 23:06:17 ID:KXNstzv1
>優秀な遺伝子だけで作られる明るい日本

それぜんぜん明るくない。優秀な人間ばっかだと単純労働に就きたがらなくなるから。
経済大国日本を今後とも持続していくには美容師とか弁護士ばっか増やしても役にもたたん訳よ
以前は歯科医が乱立していたがw
俗に言う3kの仕事を優秀な遺伝子を持つ人がやりたがらないだろ、しかし国家運営の点では
必要な仕事であり、移民を受け入れてる国なんかはそれ目的。
フランスは只今炎上中だけどねwwww
厨房なのはおまえだよ


801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/24(金) 23:39:26 ID:???
>>792
そうだよ。対象増える=自由が増えるって書いたつもり。
誤字多い俺の文章が悪かったらすまそ。

>>781とは正反対だからなぁ。
>>1さんは自己の中で対象の接触内容を既に形成してしまってるんでしょう。
最初の方は一次接触、非接触対象とか、宗教にはよくありがちな思考かなと思ってたんだが
>>1はどうも、その摩擦を否定している故、旧来の認知では共産主義的な思考に
近いのではないかと。その思考を批判するつもりは、毛頭ないがね。
今で言えば、ロシア正教がかなり近い。内容はこれ>>612

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 00:49:20 ID:???
>797の劣等遺伝子が消えれば、日本も明るくなるかな。


803 :性格と心は違うもの:2006/03/25(土) 02:33:05 ID:???
>遺伝子で性格まで決まる

ハードウェアーの特性で、向き不向きといった性格は起こりえるが、
同種の生物においての特性は誤差の範囲内ともいえるほど狭いから
検討する価値は殆ど無し。

また「心」の形成において、ハードウェアー的特性に起因する「性格」は
微々たる影響しか与えない。

以上の二点から遺伝子で心は決まらない、全くと言っていいほど、と言きれる。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 02:58:21 ID:???
>遺伝子が一緒ってだけでは、完全なコピーにはならない。

同一の設計図から作り出される工業生産品でさえロットにより良し悪しはある。
まして自己代謝甦生を繰り返す化学反応体系という生物などでは、
自然の気まぐれにゆだねられているも同然。組み立てを全く誤らないなどありえない。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 11:30:27 ID:???
2010年まで各地でテロが続発
2010年に第三次世界大戦が勃発
2012年に地球滅亡


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 11:54:13 ID:???
>>805
オカルト板の予言コピペじゃねーか。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 19:30:28 ID:???
ワラタ

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 21:22:32 ID:g5SFoGEn
アメリカの同時多発テロって何年前?

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 21:56:42 ID:???
>>799
インテリジェント・デザインと社会的ダーウィニズムとは対極にあるよ。
自然淘汰を認めるか否かという部分で、決定的に違うから。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 22:23:01 ID:???
>>808
2001年9月11日

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 23:23:19 ID:???
>>809
そもそも、「遺伝子で性格まで決まる」 から無理矢理 
「社会的ダーウィニズム」に話を飛躍させてんだからさー・・・

論点ずれてるよ、きみは。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 23:30:26 ID:???
ところでみんなちゃんと
MEGA-NET 社会づくりのためのプラットフォーム http://www.mega-net.org/
ここ見てる?
有益な情報たくさんあるよ。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/25(土) 23:53:44 ID:???
おーい
797は「ところで最近じゃあ、遺伝子で性格まで決まるって話が出てきてるね。」としか言ってないw
例えば、環境合致能力の適合期間が遺伝子的要因で少しでも差異があれば、
優性学側から見れば、能力的な差異は非常に異なるわけなのだよ。
現実にゲノム解析でそこまで因子解析できてないのに、誤差の範囲内とか言ってるほうが電波だろ。

ちょっと、797の人気に嫉妬だなw
さらに、797を叩くなら、もそっと下の文だろうが、どっちが論点ずれてるんだよ・・・
そして、797の釣りに掛かりましたとさww orz


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/26(日) 01:28:59 ID:???
なんか、勝手にウカレて勝手にコワレて勝手にシズンデる、きもい奴が出てきちゃったよ...

815 :funわか:2006/03/26(日) 04:26:50 ID:tDoTQ2JS
今回のテロではっきりと気づかされました。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全て
の国の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全
ての国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に!もちろん全世
界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆきません。ですからこれからは20カ国前後
の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずです。 その手始
めがテロ支援国の根絶なのです。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている国の金の流
れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではないのです。 
すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしています。 歩みは遅
いもののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのです
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るでしょう。 それはアジアに置いても同じ事です。 今までは内部分裂を起こしているよう
な日本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情ですからと、逃げてばかりは許されないのです。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準テ
ロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるでしょう。もちろん直ぐにこのような世界の図
式に成るとは思いません。 私の言うのは今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流
れに沿うように成るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。
http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/26(日) 05:06:58 ID:???
もー NG に登録しといた。

それで凄い強引に話を戻すが、アンソニーギデンスに従えば
社会主義は確かに崩壊したが、その理念と価値観は素晴らしかったので今現在も存在し続けている。

手法の問題であって、目標の問題ではないことを改めて認識すると同時に、
どうやって理想社会を打ち立てて行くかについてだけど、
まず喫緊の要求としてローマクラブに代表されるように、無限じゃない惑星資源の下の永続の経済成長は有り得ないと言う合理的な判断と、
今のまま行って温暖化になれば 6メートルも海の高さがあがり、日本の大部分はその被害に会うのだけれど
そうなるともう経済成長とかそう言う話じゃなくなるので、環境災害への具体的な防備が必要になってくる。

で、その為に武田信玄の内政法に習って、「治水事業」から国を考えてみるのが良いんじゃないか?

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/26(日) 23:22:53 ID:MQmj24UH
えらい混迷しとる。

818 ::2006/03/27(月) 00:04:27 ID:0UoyXOpa
混迷してますね。

遺伝子とか温暖化とか、一見科学的でじつはオカルトってかんじもするし。
いや、ちゃんとした研究や実績はあるけど、一般に広がってる説がどーもあやしいって気も。
とくに温暖化なんか、少数民族の焼畑農業とか牛のゲップとか、ワケワカメなキャンペーンを
さんざんやってますからね。真面目に取り組んでる研究者さんたちはどう思ってるんだろ。

とりあえず遺伝子も温暖化も世界的な壮大な釣りかもしれないし、慎重に議論しましょうね。
で、>>816さん、国レベルの治水事業でどうやって6メートルも上がる海面に対応できるのですか?
6メートルの話が本当なら世界レベルの治水事業やっても無駄な気がしますが。
それなら根本的なCO2削減とか、オゾン層のことに手をつけたほうがいいんじゃないですか?

環境破壊してるのはほそぼそとやってる焼畑農業でも、メイン食料の牛のゲップでもなく、
先進国のエネルギーの大量消費が原因ではないですか?とくにアメリカは世界の4分の1のエネルギーを
消費してますね。エコロジーとか言いながら、繁華街のお店なんか、閉店後も煌々と灯がついてるのに呆れました。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 00:33:41 ID:???
>>816
ローマクラブの「成長の限界」は全然合理的じゃないよ
「西暦2000年の地球」の第十二章でIFの連続で彩られたローマクラブのようなループ説はやめて
現象として見る目が必要と痛切に批判されてるし、残念ながら過去の予測統計の結果もUSA委員会>ローマクラブ
新刊発行された、「続・成長の限界」では過去に発表した統計を再予測で修正してるし

(似たような統計の例:ゴールドマンサックス)
中国のGDP経済成長は8%弱。いずれのOECD加盟国をも上回る。従ってX年後には世界最大のGDP国

↑は本題じゃないから、どうでもよい
武田信玄を軸にするなら、甲州法度之、武田信繁家訓を超えて治水事業が可能なのか?とかは面白いかも
内政に限って言えば無理なんじゃない? 事由不在の治水事業懇願の差し止め史料があるのは知ってる
逆に総体化された治水事業の概念や基準があるなら知りたいんだけど





820 :funwaka:2006/03/27(月) 01:18:18 ID:a3qBlpvh
私は以前から中国朝鮮などの、法治無き強盗泥棒嘘つき反日国家などと付き合うべきでなく、(これらの国
に工場や会社を作らず)それ以外のアジアの国々、台湾、マレーシアフィリピン、インド、(共産国家のベ
トナムを除く、)との経済交流を拡大すべきだと言ってきた。(ホームページ作成当初に、時事放談にて主張掲載)

しかし、これら反日中国朝鮮国家と一体化してしまった日本が嫌いな朝日や毎日を中心に経済新聞の日経、
NHK等の中国ベッタリ寄り報道、彼らが事実を殆ど書かない嘘つき報道を垂れ流し、危険な、法治無き中
国への経済投資を煽り、それに騙されたバカ経済界が大挙して中国に人モノ金を注ぎ込んでしまった。そう
して中国に進出した企業の90%は今や強盗詐欺の本性を丸出しにした中国泥棒国家に資金の大半を吸い取
られている。

さすがにここに来て、嘘の上塗り報道がバレ始めた日経は、仕方なく、中国リスク、を少しずつ報道し始め
てはいるが、、今更詐欺に身ぐるみ剥がれた企業にどの面下げて謝ることが出来るのか。 嘘をつきっぱな
しで、知らぬ存ぜぬ、が、当たり前の朝日と同じ姿勢をこれから貫くしかないだろう。小泉首相はここにき
てようやく中国の犯罪的な手口に気がつき始めた財界に押されてインド詣でを始めた。それみた事か!であ
る。

最初から嘘つき泥棒国家の中国などに金を注ぎ込まず、東南アジアに軸足を移していたら、投資に見合う十
分な収穫が得られ、今頃は世界の富の全てを集められるほどのニッポンの繁栄を誇れたものを。しかし、今
からでも遅くはない。 経営者よ、日本は資本主義国家であり、自由主義国家であし、民主国家であり、法
治国家であり、法治国家でこそ、資本主義の繁栄は成り立つのだという原理原則をしっかりと自覚し、反日
法治無き中国朝鮮国家を見捨て置け。 日本が背を向け、人モノ金のの交流を止めたとたんにこれら反日国
家の経済は沈滞し、そのうち崩壊するのは間違いない! その時に言えばよい、

『頭を垂れよ、しからば付き合ってやらんこともない』

これら乞食国家には、こうした付き合い方が、最も良いのである。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より
http://hw001.gate01.com/funwaka/ronreki.htm

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 14:35:25 ID:W9CAcDpR
>>789
自由が嫌い?どこをどう読めばそうなるんだかね。
どう見ても、>>777は自由を逆手に好き放題させない為の規制だろ。
地価が暴落?無駄に高い土地が相応の値段に戻るだけ。
土地にしか資産価値を見出せない20年前と違うんだよ。
色々なものに、資産価値はある。
生活を圧迫させてるだけの土地の資産的流動性は要らないんだよ。
で、金融恐慌?インフレ?マフィア登場?
因果関係がさっぱり分からん。詳しく説明してくれよ。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 14:57:06 ID:???
>>821
今の日本の土地の価格は評価額より低いよ。
だから外資などが購入してる。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 18:46:36 ID:???
評価額→時の政府の政策によりいかようにもなる物
外資などが購入→時の政府が自由化の象徴として外資の進出にやっきなだけ。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 19:50:28 ID:???
>評価額→時の政府の政策によりいかようにもなる物
税評価額と市場評価額を混同していると思う。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 20:02:02 ID:???
>>822
その土地を生産活動に使用した場合の収益や、その土地のブランド力から
土地の評価額が大きくかけ離れてるのが問題
例えば山の中に線路敷きますって決定した瞬間、沿線の土地代が高騰する。
こういうのって、生産活動の阻害要因以外、何者でもない訳よ
自由つっても、こんな自由はムシロ規制しろ、と俺は言いたい

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 20:35:10 ID:???
あえて根本的な問いかけをしてみる。

生産活動って何だ?

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 21:18:22 ID:???
農業だったり店舗だったり駐車場とか工場とか何でも良いんだけど
何か引っかかる?

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 21:36:53 ID:???
金融、コンテンツ、データベース、ソフトウェアも生産活動に入れて下さい。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 22:50:37 ID:???
>>824
市場評価額が市場原理だけで決まったことなんてあるのか?
それこそ市場の自由性とかを買いかぶりすぎじゃないか?

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 23:03:55 ID:cMhcmsOv
土地の評価額は、どれも基本は市場価格だよ

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 23:18:28 ID:1ZJkozBT
ローマ倶楽部の評価こそ
同時多発テロ後の社会構築の
鼎であるような。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 23:19:01 ID:???
>>829
なんで規制に拘るのかが理解できねー
ぶっちゃけ、土地の国有化でいいじゃん?
それとも、法的概念の私的権利と公的権利を明確に区分したいのかな

総体化させるこのスレ的な手法は>>2に載ってるよ
あとは、自称で完全区分しているというイスラム法のイクター制があるから、
参考にしてみればよろしい


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 01:22:01 ID:???
>>830
「基本は」 という限定をつける説明は大抵裏があるものだ。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 01:24:31 ID:???
もっと言えば、 「基本は」 という限定をつける場合現実と乖離してることがほとんどである。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 08:45:41 ID:???
>>829
市場の自由性が確保されていると言う事は、社会の自由性が確保されていると言う事だから
結果として、基本的人権や人々の自由の謳歌は市場の自由性と相互依存の関係にあるのでは?
だから、土地売買の自由化も問題無いと思う。

バブルが問題なんじゃなくて資本の流通性が低まることが問題。
バブル自体は歓迎すべき事象だよ。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 16:47:50 ID:???
なんでも自由で括るの辞めようぜ
意味が通じない

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 18:12:53 ID:???
じゃあリバタリアニズムってことで。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 18:26:00 ID:???
>>829
自由市場と自由経済を過小評価し過ぎ。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 21:42:51 ID:???
>835
>バブルが問題なんじゃなくて資本の流通性が低まることが問題。
>バブル自体は歓迎すべき事象だよ。

1990年および2000年に同じ事言って奴が経済紙や日経にいっぱいいたな。
なぜかわずか1年後には誰も言わなくなったけどな。

>>838
その自由市場と自由経済のおかげで、アメリカの大手航空会社はほとんど破産しましたね。
今じゃ皮肉なことに国の管理の元ですよ。しかもいつその管理から開放されるか見当がつかない状態。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 22:10:25 ID:???
>1990年および2000年に同じ事言って奴が経済紙や日経にいっぱいいたな。
>なぜかわずか1年後には誰も言わなくなったけどな。

>その自由市場と自由経済のおかげで、アメリカの大手航空会社はほとんど破産しましたね。
>今じゃ皮肉なことに国の管理の元ですよ。しかもいつその管理から開放されるか見当がつかない状態。

すごい反論方式ww 在日の人なのかな?
別に国籍関係ないからウェルカムなんだけど、それでは質問してもいい?
経済紙や日経に掲載されなくなった悪い点と、航空会社が倒産した悪い点をあげてみてww


841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 22:47:01 ID:FjP5RYAx
いまだに公務員が武士の商方を
大盤振舞できてる事が宿唖の根源じゃ、、

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 23:22:14 ID:???
航空会社が倒産することは別に悪いことじゃないよな。
ただ、国に管理された状態で何年も安売り攻勢をしかけるのは民業圧迫だよね
実際それでイギリスの航空会社はアメリカを訴えたわけだし。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/28(火) 23:39:31 ID:???
> それでは質問してもいい?

反論できない人の典型例なことすんなよ、ハズカシイ奴だな。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 00:05:21 ID:???
>>836
しょうがない、竹中あたりに毒されると、
なんでも自由で括らないと、論じた気がしなくなってしまう
病気にかかっちゃうから。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 01:01:17 ID:???
その国を代表するような国際的な大手航空会社は
世界中の都市の空港に発着枠を持っているわけだが
この発着枠の確保は各国政府の外交努力の賜物であり、
国の大切な財産とも言うべき扱いを受けている。

発着枠は売り買いできるが譲渡はできない。
潰れた航空会社の受け皿に新興会社を設立しても、
重要どころの発着枠は高すぎてとても手が出ないし、
既存の同国内大手に買い取ってもらうにしても、
必要以上の枠を手に入れても身に重すぎるだけで
メリットがほとんどないため断られる。

大手航空会社が倒産すると、国が苦労して手に入れた
発着枠を失うこととなり、国家的な損失を招くことになる。
大手航空会社の倒産とは単に運輸会社が潰れるのとは訳が違う。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 01:56:21 ID:???
>>843
ちょww
君が>835と>>838の内容に反論できていない件
ちらしの裏ならリスペクトしちゃえよ、
別の人なら「w」←が気に入らない人?VIPだから許せw
俺が馬鹿だから、わからないので教えてほしいだけだよ
考え方に興味があるw

>>845
空港会社の発着枠と航空会社〜空港事業者の契約を混同してる。
空港会社の発着枠の適正は各国の委員会が判断するんだけど
(これは米国とか口を出したことがある)
発着枠は譲渡もできるし、業務提携で譲ることもできるよ・・・
「発着枠」「乗り入れ」「業務提携」で検索してみてね。米国航空会社での例もでてくるから、公式HPも
発着就航契約の内容は本契約で空港事業者と航空会社が決めるんだよ。
他国で空港事業者と航空会社が公的機関であっても、本契約を拘束させるために航空協定があるんだよ。
要は、発着枠が無駄になり、現実的でないという意味でいい?

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 02:55:58 ID:???
>「発着枠」「乗り入れ」「業務提携」で検索してみてね。

発着枠の譲渡は条件が厳しい
業務提携するのは発着枠を共有化するため

とかばっかりだね。

848 :847:2006/03/29(水) 03:01:34 ID:???
とくに国際線だと。
そこから感じ取れるのは、「発着枠の譲渡」は現実的でないということかな。


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 07:57:26 ID:???
そらそうだ、発着枠の譲渡がいとも簡単にできるんなら、
チャプター11で保護せずにさっさと受け皿会社作ったり、探したりして潰すわな。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 08:08:12 ID:???
>>847-848
>>845と同じ人かな? 率直な感想だと思うよ。同意。
さて、その非現実的と評価している人は
経営的な内容から?それとも規制があるから?

>航空会社が倒産した悪い点をあげてみてww
倒産は悪くないよ。パンアメリカもコンチネンタルも911以前に倒産したことがある。
現在と過去との違いは、俺なら米国の報告書で一番に上がってる連鎖倒産を指摘する。
米国政府機関が損得勘定で連鎖倒産の方が損が大きいと勝手に判断したから、
過去にしていない救済をしている。本当に破産管理して損が少なくなるかは誰にもわからない。
反トラスト法の規制が悪かったとか、事態を想定・規制していなかった政府が悪いとかは関係ないよ。
そもそも、共産国家でも自由国家でも組織間の連鎖的な活動阻害をなくす方法って人類未踏ですよw
むしろ、倒産してから、規制を含めて直行便構想なり、保険制度なり色々出てきてるぞ。

「自由」っつーのは訳わかんないから、ほっとこうという事なのにさ
自由・無駄・規制とか定義をしたい人ばっかりだなw


851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 08:32:16 ID:???
>>849
なんだ、まだ発着枠に拘ってるのかw
そりゃそうだろうな >>845の内容全滅だもんな・・


852 ::2006/03/29(水) 14:10:38 ID:ZIJqaxJd
自由市場もいいけど、冨の独占や今みなさんが話している航空会社の例などのような
混乱がおきないためにも、あるていどの経済計画は必要だと思います。
じっさい、民主主義の先進国では混合型が多いのでは?

ところで、ちょっと早いですが次スレを国際情勢板に立てる件、どうですか?
またギリギリになって間に合わないと困るので、意思統一しておいたほうがいいかと。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 14:39:30 ID:???
視点によって意味が異なってくるから、自由とか曖昧な表現勘弁して欲しい。
何の自由、ってのを明確にしないとあかんだろ。
国営だろうが、民営だろうが、自由はあるし規制もある。

俺がいいたいのは、両手放しの自由を与えたら、暴走する馬鹿が多すぎるって事。
日本企業が管理より信用を第1に経営を行ってたけど
海外へ行ったら、そういったモラルが従業員や取締役に全く無く
逆に管理がなってないと、海外企業から馬鹿にされてただろ?
最近は勝てば官軍みたいな風潮が日本でも当たり前になってきたし
甘い規制じゃ、問題発生→法改正のエンドレスになりかねん。
日本はインフラや識字率も高いし、世界に先駆けてでも新しい市場経済を
構築していかないと、どんどん寄生虫に食い尽くされて、勝つか負けるか、
自分の財産は自分で稼ぐ、義理・人情?何それ?礼儀?何か得するの?
ってな感じの国に成り下がりかねないよって話。
そうなったら、ミサイル一発で国中混乱、一番強いのは中国みたいな
共産政権って事になりかねん。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 16:10:09 ID:???
>>839
自由市場と自由経済において市場の需要を満たさない会社が倒産するのは健全な事です。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 16:13:03 ID:???
>>839
>なぜかわずか1年後には誰も言わなくなったけどな。
他人が言うか言わないかで、貴方は自分の意見が左右されるんですか?
「その価値観が当たり前になったから」誰も言わなくなった、とも解釈できるね。

>>853
ここで言う市場の自由はリバタリアニズムだよ。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 17:37:03 ID:???
>>854
突っ込まれそうだから、先に補足しとく。
「救済措置、破産措置(債務放棄)を設ける」のも自由経済です。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 17:51:47 ID:???
>空港会社の発着枠の適正は各国の委員会が判断するんだけど

この委員会に外交筋で徹底的に働きかけるんだろうが。
ぼけ〜と、決まるの眺めてる国家がどこにあるんだよ。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 17:53:08 ID:???
なんか段々みんな論点ずれてきてないか?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 17:55:19 ID:???
>>856
そして、民業圧迫するのも自由経済ですでか?

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:07:19 ID:???
>>859
それはリバタリアニズムの思想と違う。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:08:17 ID:???
>>858
論点がズレてるんじゃなくて、言葉の定義がはっきり定まってないから、行き違いが起きてる。
つまり、そもそも「言いたい事が伝わってない」と言う状態。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:10:26 ID:???
>>858
自由、自由、ともかくなんでも自由と連呼する奴が紛れ込んでからおかしくなったね。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:13:22 ID:???
>>860
では、なぜ思想と違うことをアメリカはするのですかね?

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:13:47 ID:???
リバタリアニズムは認めてくれよ (´・ω・`)

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:14:31 ID:???
>>863
伝統主義者とリベラリストの反発があるからでは。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:17:13 ID:???
>>862
いや、その前からおかしくなってる。
正確に言うと >>789 から

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:18:39 ID:???
>>860
>>861

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:19:37 ID:???
>>863
リバタリアニズムはアメリカの思想じゃないよ
アメリカのリバタリアニズムは保守思想だけど、リバタリアニズムだけが保守思想じゃないから

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:23:30 ID:???
>>867
リバタリアニズムの定義はハッキリしてるんじゃないかな。
私はリベラリズムの立場だけれども。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:24:05 ID:???
次からみんな辞書持ちながら話さねえ?

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:34:38 ID:???
>>869
リバタリアニズムだのリベラリズムだのいったって、
内部にはいろんな流派があって、それぞれが個々勝手に
宣伝してる状態なんだし、実際リバタだのリベラだのは語り始めると
行き違いだらけなわけだし。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:35:21 ID:???
>>852
次スレを国際情勢板に立てる件は賛成なので、スレ立ての人はできるだけそうして欲しい。
このスレはイスラム板にある必然性はあまりないと思うし。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:39:18 ID:???
>>868
では、アメリカの思想とはなんだと、考えてるのでしょうか?

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:40:51 ID:???
>>871
じゃあ、政治哲学としてのロールズのリベラリズムと言えばいい?
リバタリアニズムはいろんな流派があるんじゃなくて自然権論派と帰結主義派に分かれてるだけだよ。
それも過去の話だけども(今は圧倒的に自然権論派)

>>872を見て思い出した。
>>852
国際情勢板への移動、賛成です。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:45:42 ID:???
>>873
そもそも質問が間違っていて、そう言う風にアメリカを捉えると誤解する
アメリカの保守思想は、伝統主義、リバタリアニズム、反共主義の三つ
「アメリカの思想」と言う表現よりも
「現在のアメリカの特定の政治勢力を支持する複数の思想の内の一つの〜」と言う表現が正しい

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:46:29 ID:???
>>874
それは、大別した場合ですね。
自然権論派だって一枚岩じゃないでしょうに。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:51:08 ID:???
>>876
う〜ん。
マクロな話題をしたいのか、ミクロな話題をしたいのか、と言う点から始めないとこう言う事になりそう。
別にイデオロギーの内部の分派では全く方向性の違う真逆のことは言ってないんだから。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:52:45 ID:???
真逆のことは言ってなくても、容易に行き違いは起きますよね。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 18:54:02 ID:???
>>878
それは個別に説明すればいいだけでしょ。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 20:13:37 ID:???
簡単に言うねー
個別に説明できない人ばかりだから行き違いが起こるんじゃん。
あらゆる議論をする上で個別の説明をするのがいかに難しいか、
このスレの流れみてりゃ一目瞭然だと思うが。

881 :850:2006/03/30(木) 00:00:21 ID:???
>>852
相変わらず変な方向に行くなw
米国の航空会社は80年代の航空事業の規制改革をして現在の状況にあるわけだ
これも計画経済と認識できないから、いつも変な方向に行くんだよ・・・
君の言ってる事は「内容が正しい計画経済をするべき」というのと同義なんだが
それじゃ、正しい内容とは何か?にループするんだな。>混合型が多い
先進国の範囲がわからないけど、OECD加盟国の政府部門は100%計画経済だよ。
だから、先進国=OECD加盟国なら、多いじゃなくて全部そう。
計画経済は計画期間の分布で分類すると面白いよ。

>>853
まぁ、同情はするけどねぇ>自由馬鹿が多い
>明確にしないとあかんだろ。の主張も現実に存在するから理解はするが同意はしない。
その他の文は突っ込まれ易そうだが・・・言いたいこととは関係ないから別に反論もしない。
立場を明らかにすると、俺は戦前の日本自由主義に近いと思ってる。好きだしね。
んで、別に規制でも国有化でも反対じゃない。危惧してるのは公共圏化の大きな拡大。
戦前でもさんざん議論しているんだけど、現実には日本で実在した農民一揆すらも明確にできなかったし、
その典型なんて天皇制なのよ。藩法破って、農民が一揆おこしますよって事前に嘆願して、破壊活動して、
法規で罰則した例はほとんどない。南部藩では3年間で170余回の農民一揆、打ち壊し一揆があったけど
死傷者・懲罰者は数えるほどしかいない。後にこの手段は藩法で禁止され明治時代まで集会規制などに受け継がれる。
あぁ、今もか公安委員会。ある中国の馬鹿学者はこの特殊な無秩序を圧政の担保で幻であると叫び、
ある馬鹿右翼は善政の賜物と言う。結果は、合意が成されたという事実と「結果が手段を正当化させる」の逆例であり、
現在まで存在している規制制度。規制=公共圏化と勘違いする人いるかもしれないが、全然ちがう。どのように素晴らしい内容の
自由主義でも再定義・再構築が必要なら公共圏化。貴方の論旨が大きく拡大する再定義をする必要がないのなら、
俺のレスは無視してくれてよい。このスレではね、「善い社会」などと既にモデル持ってきてるアホな人がいるのよ。

882 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/03/30(木) 00:03:04 ID:???
>>857
もう秋田・・・
そこ外交が絡んでると認めてるんだけどなw
それでも、航空会社が保持してる発着枠の決定権とは関係ないんだわ。

いちおー俺は>>789じゃないよ。これ中国親父だろw
>>819>>832は俺。

現在の日本の価格決定のメカニズムの認識も書いときまつ
(市場的)不動産>ストック>動産・サービス(介入的)

反論としては以下のようなものがありまつよん
1.公示価格は都道府県が介入して調整されたもの
2.路線価は市場価格を基に国税庁のマニュアルで不動産鑑定士が調整したもの
3.土地の用途を規制している

1-2は政府はこの価格では不動産を市場に流通させていないでつ
あるのは入札制での価格決定だけでつ。土地収用法で反論しても市中流通価格は
この方式だけになりまつ。3はPL法でも適用しませう、どうせ動産も不動産も警察権依存(ry

不動産をお金で評価した場合は、日銀が介入した結果の物価換算価格なので、
この時点で公的色が強くなると言ってよいでつが、日銀は不動産・ストック市場を
見ていないでつ。逆に政府部門は動産・サービスを自己判断価格で市中流通させていまつ
さて、不動産下落の原因は不動産融資の窓口規制であり、マネタリーベースでも動産市場どちらでも
良いのですが、不動産市場価格と動産市場価格のリンク規制でつ

「自由」を使わずに書いてみますた

883 :4ヶ月ぶりにのぞいてみたら・・・:2006/03/30(木) 07:56:48 ID:???
>9・11米同時多発テロで露呈された「世界の混迷」を乗り越え、新しい社会を構築するために
>何が必要かを共に考え、できることは実践していこうというスレッドです。

もはや世界情勢とか関係なく、持論をお披露目するだけのオナニースレとなっていますな。
>>852 雑談系2の主義・主張板がぴったりだと思われ。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 10:55:17 ID:???
>>880
ん?一連の流れでは説明出来てるよ。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 10:59:06 ID:???
>>881
リベラリズムの一行でまとめて解釈した。

>「善い社会」などと既にモデル持ってきてるアホな人がいるのよ
価値観と理念のモデルは既にあって、手順のモデルが試行錯誤中だから、
とりあえず第三の道をとるブレア首相の社会政策から考えようか。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 12:44:39 ID:???
ところでみんな、国際情勢板に移転することに賛成か反対かだけでも言ってやれよ。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 13:49:28 ID:???
>>883
じゃ逆に、こういう状態でこういうテロされたら
国家が分裂しちまうな、ってのを挙げてみようぜ。
したら、分裂しないような対策あげりゃいいだけになる。

ちなみに俺は現在のフランス、フィリピンが相当やばいと思ってる。
何されても国が崩壊しそうに見えるんだけど。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 13:52:50 ID:???
>>887
フランスは移民問題が大きいかなぁ。
政治的に本当に崩壊するんじゃないかと言うぐらいのヤバさは、フィリピンやタイだと思う。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 20:41:00 ID:???
>>884
もういいって、その言い回しあきたし

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 21:42:42 ID:???
>>889
もういいと言われても、事実なのだから仕方が無い。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/30(木) 23:27:09 ID:jA6J6C4t
もまらも、あとほんのちょっとでふんばかのお友達だなw

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/29(水) 06:40:42 ID:???
ウヨにもサヨにもいるよね
自分の歴史観やら政治論やらホムペに書いて
俺って天才だなと思ってる香具師

でも、そんなウヨサヨでもまだ救い甲斐があるのは
自慰でふみとどまっているから

funわかの場合、征服欲と自慰との見境がついていないから
どうしようもない

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 00:01:40 ID:???
>>890
すでに、行き違いが起ってる件について

893 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/03/31(金) 00:17:13 ID:???
>>885
うーん、わからないって言うのが正直な感想でつよ
多分、一番厳しいのは外交だと思いまつ、社会福祉協定

あとね、意味を勘違いしてると思うんでつけど
ギデンスの論旨と「善い社会」を結びつけるから変なことになるんでつよ、
確かに、例としてギデンスは市民社会の美徳を取り上げてるんでつけど
同義内容を抽出しろとは言ってないし、多元主義の中の市民制度はどうなるかは
分らないって立場を公演で発言していたかと
(あたりまえのことなんでつけどね・・・公演ソースは探してきまつね・・・)
同じように、似たような内容でも報徳思想の実践構築論と第三の道を混ぜたら怒るでそ?

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 06:12:25 ID:1K/qE2Qa
>>893
>>1で新しい社会を構築するために何が必要かを共に考え、
できることは実践していこうというスレッドです。と書いてある。
お前の批判ダレ言で希望ある未来は作れない。消えろ。


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 06:36:55 ID:???
>>892
大丈夫、説明は出来てるのだから。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 06:39:56 ID:???
>>894
ちゃんと >>893 は根拠を出してるし、具体的な対比も示してるじゃない。
消えろと言うほど無駄な事は書いてない。

なので 消えなくていいです。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 08:14:21 ID:???
>>895
だから、もういいって・・・・

898 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/31(金) 08:36:02 ID:vH8T+eCL
>>883 もはや世界情勢とか関係なく、持論をお披露目するだけのオナニースレとなっていますな。

いや、これが同時多発テロ後の世界情勢の本流かもしれないと思うよ。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 11:04:51 ID:???
「世界情勢とか関係なく、持論をお披露目するだけのオナニー」

まあ小泉はそうだな。
ブッシュは路上で素っ裸でオナニーして道行く人々にぶっかけては
満面の笑み浮かべつつ奇声を上げてるドヘンタイだが。

900 ::2006/03/31(金) 11:26:41 ID:23ebtUg9
ドヘンタイワロス。
まあ、オナニーでもなんでも言葉にしてみるのはいいことですよね。

とりあえず前スレが917で書けなくなっちゃったので、
立てられなかった時の場合とかアナウンスを考えて、
早めに国際情勢板に立ててきます。

901 ::2006/03/31(金) 11:32:11 ID:23ebtUg9
あーやっぱり俺立てられなかった。
以下にテンプレ貼りますので、誰かスレ立てお願いします。

国際情勢板 http://society3.2ch.net/kokusai/

902 ::2006/03/31(金) 11:33:12 ID:23ebtUg9
同時多発テロ後の社会構築13

9・11米同時多発テロで露呈された「世界の混迷」を乗り越え、新しい社会を構築するために
何が必要かを共に考え、できることは実践していこうというスレッドです。
他板や他掲示板とも協力して議論し、理解を深め、社会の一員として希望ある未来を作っていきましょう。

■前スレ http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1129454840/l50(イスラム情勢板)

過去ログ、関連スレッド、他掲示板、参考サイトは>>2-10

903 ::2006/03/31(金) 11:34:08 ID:23ebtUg9
【過去ログ】
http://www.age.jp/~way/2ch/terro.html(1からまとめて見れます)

【関連・参考スレッド】
■ムハマド・アタ/イスラム情勢板(保存版)
 http://www.age.jp/~way/atta.html
■カール・マンハイムについて/社会学板(保存版)
 http://www.age.jp/~way/mannheim.html

【他掲示板・メーリングリストなど】
■eグループ http://www.egroups.co.jp/messages/SocialArchitecture21
■総合政策実践eコミュニティ http://www.egroups.co.jp/group/CoopProgramInManagement
■平和を望む東大生の会 http://www.egroups.co.jp/group/peace_from_todai
■変革の世紀:発「市民ネット」 http://homepage3.nifty.com/ikiiki-suematsu/sub3.htm

904 ::2006/03/31(金) 11:35:15 ID:23ebtUg9
【参考サイト】
■MEGA-NET 社会づくりのためのプラットフォーム http://www.mega-net.org/
       情報社会の組織計画論 第1部 http://www.mega-net.org/plan1.htm
                  第2部 http://www.mega-net.org/plan2.htm
                  第3部 http://www.mega-net.org/plan3.htm
■The Third Way(英語) http://www.ndol.org/ndol_ka.cfm?kaid=128
■安全保障の今日的課題 http://www.asahi.com/sympo/anzen/
■戦争の予防と最小の被害での終結を普遍的に追求・実現する運動
 http://www.geocities.jp/wpmhtur/index.html
■暗いニュースリンク http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/
■世界のあかり http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/image/0208/earthlights02_dmsp_big.jpg

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 11:53:29 ID:???
>>897
そう硬いこと言うなよ。
間違ってないのだし。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 12:32:48 ID:KdORPHSD
お前ら甘えたことばっか抜かしてんじゃねーよ。
そもそも自分に対する言い訳ばっかなんだよお前らは。
世の中に迷惑かけてドキュソ丸出しの騒音丸出しで川に流されて死んで逝けよ。
文句あるやつやクダラナイ言い返しをここに書くやつやつは認めないよwwwww
日曜(4月2日(日))の昼過ぎっから河原で肉焼いてるからよ。そこに来いやwwwww
こっち来る根性もないで掲示板でグチャグチャ抜かすやつは問題外wwwww
まぁサシでゆっくり話ししようやwwwww
こっちはコワモテ30人くらいいるけどビビらないで声かけて俺を呼び出してなwwwww
http://www.chizumaru.com/czm/main.aspx?x=502812.518&y=128112.565&adr=131110270010006300001&scl=500&memo=1&tab=&lk=&msz=&svp=&moyo=adr&ex=502812.518&ey=128112.565

trickstar@lovelys.jp

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 12:35:39 ID:???
イスラム板って他の板と比べて電波なコピペ多くねえ?

908 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/03/31(金) 14:37:32 ID:HVyT3oop
年前に起きたアメリカの同時多発テロ事件で、ハイジャックされた旅客機が突入
したニューヨークの世界貿易センタービルの中から、当時、人々が助けを求めた
通話の記録がニューヨーク市から犠牲者の遺族に公開されました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    その後、当日その旅客機は運休していたという
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 報道もあったんだが。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 突入した旅客機の胴体に爆弾のような奇妙な
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 物体が写っている写真も公開されましたよね。(・∀・ )

06.3.31 NHK「同時多発テロ 通報記録を公開」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/03/31/k20060331000155.html

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 14:46:15 ID:???
>>905
おまえ、新手のアラシだろ

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 21:08:06 ID:S6bjR/hw
【仮説:国際政界と某国Aの10年】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1103715328/l50

証人薬殺を生き延びた当事者が語る、国連+常任理事国の結託による、
世界癒着構造構築工作!9/11、イラク、アフガンと石油・軍事複合体をトップに、
末端はライブドア事件、エピルーダ・カルテル事件にも影響を及ぼす。
アメリカの独走は、常任理事国のお膳立て。9/11が華氏911に指摘されるように、
アメリカ内部の犯行であるにも関わらず、立件されないのは、常任理事国が
合意しているからに他ならない。世界は茶番でできている。これを読んで
現実に目覚めよう。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 21:11:18 ID:S6bjR/hw
石油産業・ユダヤ財閥が上客なのは、国連もアメリカも同じ。
やつらに任せると、ユダヤ財閥独占の経済構造になってしまう。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 22:06:42 ID:???
>>906
近所なんで顔出すよ
なんて呼べばいい?

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 22:08:22 ID:ljqzI6HR
>911
ユダヤ財閥独占の経済構造
どういうことか、具体的に言ってくれ。

914 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/31(金) 22:24:53 ID:vH8T+eCL
901 あーやっぱり俺立てられなかった。 以下にテンプレ貼りますので、誰かスレ立てお願いします。

1さん、立っちゃったよ!心機一転、新鮮な場所と気持ちで、頑張るぞーっ!

915 :中葉 ◆22bKXenR5Q :2006/03/31(金) 23:16:41 ID:vH8T+eCL
同時多発テロ後の社会構築13 http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1143810648/l50
へどうぞ

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/31(金) 23:46:52 ID:???
>>909
いや、善良な発言者です。
それよりも、突っかかってくる方に私は疑問を持ちます。

917 ::2006/03/32(土) 00:09:25 ID:Akee3yXU
中葉さん、スレ立てありがとうございました!
国際情勢板で、心機一転、いい議論ができるといいですね。
中葉さん、みなさん、これからもガンガンいきましょー。

918 :グローバル経済厨 ◆J7GjrFrt2A :2006/03/32(土) 00:49:47 ID:???
>>894
そうでつね、スレとして正論とおもいまつ
reflexive monitoringとしても真摯に受け止めまつ
私の発言に>>1さん「相変わらず変〜」と>>915さん「アホ」と誹謗がありました
すみませんでした。他のは違いますので・・・

国際板なら「各国経済〜」「EU〜」に、あまりいないけど
時々ならいまつので、よろしくお願いしまつ

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 01:59:09 ID:???
何か書くと「それは〜思想だな、調べろ」「それは〜主義だな、調べろ」
当てはまらない事を書くと「オナニーレス」呼ばわり

せいぜい、ハードカバーの本でもコレクションしててくれ

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 02:27:30 ID:???
>>916
粘着するほうに私は疑問を持ちます。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 08:24:07 ID:???
しかし、粘着体質な奴のご教授など聞きたくも無いな。
「天才のオレ様をないがしろにするなんてどういった領分ですか」
的な悪臭がきつすぎるぜ。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 09:40:57 ID:???
つうか、もまいら
ここにきて再び30%台半ばまで落ちたブッシュの支持率とか
再び65j越えて取引されている原油相場とか
欧米が肩入れしてきた新生アフガンが実はイスラム原理主義国家だったとか
そういった国際情勢には全然興味ないのな。。。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 09:40:59 ID:pnzO2kvJ
以前迄イスラム板はどっちかというとサヨク寄りな板だろ
このスレはキレイ事を嫌うので板の性質と合わないんだよ。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 09:43:30 ID:???
キレイ事を好むの間違いだろう、どう見ても。。。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 09:58:02 ID:pnzO2kvJ
一週間来ない間にキレイ事大好き集団にのっとられたのかw

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 11:25:54 ID:???
>>920
最初に突っかかってきたのはそちらですよ。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 11:58:23 ID:???
>>926
>>921

928 ::2006/03/32(土) 12:15:47 ID:Akee3yXU
>>918
グローバル経済厨さん、俺も思わずヘンな口調で話したことありますよ。
内省しながら、自分自身も成長していけばいいと思いますよ。
国際情勢板で仕入れた情報や知識など、このスレでも教えてくださいね。

>>923-924
キレイ事、キレイじゃない事、好みはいろいろあるでしょうが、
このスレではどちらも受け入れて現実に即した考え方で議論していきたいです。

ところで、売り言葉に買い言葉みたいなやり合いは美しくも有益でもないので、
そろそろやめにしませんか。口ゲンカで勝ってもむなしいだけですよ。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 20:00:28 ID:VoRts8DF
>キレイ事、キレイじゃない事、好みはいろいろあるでしょうが、
>このスレではどちらも受け入れて現実に即した考え方で議論していきたいです。

いやもうその様な纏め言葉は聞きたくないんだよ
結局は二択を迫られる訳で、キレイ事ばかり選択してきたおフランスみたいな惨状をやりたくない。




930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 21:32:51 ID:bLu+j8fr
>>913
国際政界とユダヤ財閥・ロックフェラー&ロスチャイルドの密着は、
第二次世界大戦から始まる。
国際政界は、この十年の戦争励起政策と併せて、政界・財界の硬直化・寡占化を
進めている。これは、第二次世界大戦以来、戦争自体が軍産複合体・石油産業との
利益共有の行為であることからも合致する方向だ。もちろん、ロックフェラーは、
その両方に関連がある。具体的な方法としては、国連内部も含めて、癒着絡みの
陣営で固めていることもある。(首相OBがカールソンの理事会員だったり、
「OilForFood事件」で国連職員が逮捕されている)エンロンの裁判ももめている
が、司法を抱き込むのもその方策だ。
また、宗教的にもユダヤ原理主義は、パレスチナでの永遠王国設立を目指し、
それの具現化を手伝うJ・ブッシュは、彼らに人気がある。
これらの構造は、日本でも同様に展開されている。アメリカ主導で、戦争励起の
ための圧力体制を整えると同時に、第一政党の陣営も操作している。(安部議員は、
米国ネオコンの本拠地で憲法改正のスピーチを行っている)
ライブドアのフジ買収事件も、NY投資家から資金調達しているようだ。メディア
支配の予行演習なのだと思う。これも想像するに、政界・司法が動いている分野だ
と思う。このような状況は続く恐れがある。
くわしくは、本文で質問して。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1103715328/

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 23:32:22 ID:9tU+B0IC
>913
国際政界って具体的に
何処をいうのか?

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/32(土) 23:43:33 ID:bLu+j8fr
常任理事国5カ国と国連メインボディー

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 01:32:00 ID:???
>>929
キレイ事きらいまくる選択してきたブッシュ政権のような惨状になりたいんだ、あなたは。

934 ::2006/04/02(日) 11:51:04 ID:oAcqIfh7
>>929
おフランスはそんなにキレイな国じゃありませんよ。
プライド高いから理想とか理念は言うけど、
イザとなればついさっき言ったことも忘れて国益優先しますよ。
同時多発テロ後の一連の動きやいま起きている暴動を見ればわかるはず。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 11:59:17 ID:riL5st3d
>>933
ならあんたは今後一切石油製品を不買いしろよなw
それと服の変わりに蓮の葉で生活するように。
自分達の生活を守る為に何かを犠牲にして成り立ってるのがこの世の現状や惨状だ。
ヒトは生まれる前から争い、全身血だらけになって母親から生まれ落ちる。

気にすることは無い、皆「同じ」だから。



936 ::2006/04/02(日) 12:12:42 ID:???
つまんねぇ 秋田そのコピペ

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 14:44:37 ID:xiWbAR04
ほ〜どこのコピペか聞こうか?

戦争して資源を独占したブッシュは許しません。
しかし僕らは豊かな生活を棄てる気は毛頭ありません。


938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 15:22:39 ID:???
こりゃまた、古いスレが上がってんなー



と思ったら、社会構築スレかよ・・・
つぎはパソコン使うな! か? 自動車乗るな! か?

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/02(日) 23:59:22 ID:6imaqURV
つまるところ、社会って個人が構築できるん?
変化する現実に受動しかないんじゃ?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 00:20:31 ID:???

つまるところ、社会って個人が構成してるんじゃ?

と、>939に突っ込むだけなら簡単にできるな。


941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 01:05:22 ID:???
構成と構築
字や音は似てるような気もしないでもないようなそんな感じもするけど、
でも全然違う言葉。

942 ::2006/04/03(月) 08:28:44 ID:FtIA5K33
>>939
つ【選挙】

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 10:27:16 ID:???
しかし、アメの大統領選挙は一市民たる個人が関与できる余地はほとんどないね。
我が国の首相選びなんかは完全に間接的なものだし。

まあ、直接選べたところで人気投票しか出来ないだろうけど、現代の一市民には。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 11:44:20 ID:eqtDYTQV
このテロってなんで起きたんですか?

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 13:48:36 ID:nJXoHD9r
( ^ω^)やあ ニート君
君に呪いをかけたんだ。一生ォナ二ー出来ないのろいさ。
解いて欲しかったら↓に
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1132485148/l50
「ヲタクキモーイニダ。」って書き込んでくれ。健闘を祈る。

946 ::2006/04/03(月) 17:20:34 ID:FtIA5K33
>>944
当時「文明の衝突」という言葉がさかんに使われたけど、
俺はこのスレでも何度も話した「文化間の対立」が表面化した例だと思いますよ。
グローバル化によって複雑に入り組んだ文化や宗教などが摩擦を起こしてしまったんです。
「新しい戦争」という言葉も生まれましたね。国境のない、敵の姿がハッキリとわからない、
今までよりも不気味なカタチの戦争のはじまりです。

簡単に言うと、欧米が石油をめぐって支配したイスラム社会に鬱憤がたまったのが引き金ですが、
欧米対イスラムと単純に割り切れるものでもなく、イスラム社会自体が内包する問題が
さらに問題を深刻化しています。冨を独占する親米政権とそれに不満を抱える貧困層の摩擦でもあります。

つまり、複雑な対立が根深くこんがらがって、ほぐれなくなってしまったんです。
このページに、ラディンがどうしてテロをやったのか、テロリストたちはどうして組織されていったのか、
くわしく書いてあります。参考までに。http://www.age.jp/~way/data/2.html

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 21:26:12 ID:sVG3vYiN
アメリカの茶番劇だよ
アメリカの善悪劇場=似非民主主義vsイスラム教の茶番を利用した、
中東制圧の理由こじつけだよ
イスラム革命派の起源もアメリカだ。以前BS放送された「テロとの戦い」に詳しい。
アメリカの都合の悪いときも、良いときも、適当な結果に転ぶように事件が起こるのが
中東だ。ハト派・人権派で世界に人気を得たカーター大統領が辞めさせられたのも、
中東の事件だ。
イランからの核技術漏洩も、わざとらしく、茶番くさい。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 21:42:12 ID:sVG3vYiN
アメリカ得意の元傀儡叩きだね
ソ連アフガン侵攻時代に組んでたラディンを、今度はテロ扱い。
アフガンは関連のイスラム過激派を引き取ったばっかりに、アメリカ空爆を受けている。
もちろん、911がきっかけだが、この時ばかりは、アメリカ自身が自国にイスラム過激派を
導入し、被害者を演じていた。フセインも湾岸戦争でアメリカから口説かれている。
この繰り返しだ。

949 ::2006/04/03(月) 22:30:42 ID:FtIA5K33
ラディン自身がサウジの大金持ちの息子ってとこがおもろいですね。
ラディンもアメリカの構造に組み込まれていた。

でも茶番と言い切れない部分もある。それが同時多発テロですね。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 22:31:35 ID:zf6i9c2s
有史以来の繰り返しだろ
手段を講じる為の効率的ななツールが増えただけで
やってることはずっと変わっていない。

第二のアメリカが台頭すればそいつらを叩くだけ、責任はブッシュに押し付けるが
一般人は富貴を貪ることを止めたくありません。


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 22:45:39 ID:sVG3vYiN
>>951
茶番と言えない部分は??

952 ::2006/04/03(月) 23:09:52 ID:FtIA5K33
>>951
アンカーちがうけどたぶん俺に言ってるんでしょ?

茶番と言えない部分は、あれだけの組織された自殺テロリストが
シュールリアリズムをも凌駕した芸術的ともいえる手法でアメリカへの
本土攻撃をした部分ですよ。そして、茶番に世界の目をくぎ付けにさせた部分です。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 23:24:50 ID:???
>>952
自殺テロリストが搭乗していた証拠ってWTCに残っていたパスポートだけだろ?
鋼鉄すら溶けるほどの高温の中でなぜか無事に残っていたパスポート。

954 ::2006/04/04(火) 00:07:51 ID:FBC7/LLs
>>953
うん、パスポートに関しては俺もナゾですよ。
あれだけの瓦礫の山の中でなぜかすぐに見つかった犯人達のパスポート。
だから、じっさいに発表された犯人達はすでにマークされてたか、
ねつ造かもしれませんね。それとリーダーのムハマド・アタの遺書も
見つかるのがタイミングよすぎて萎えですよね。

でも、誰がやったにしろ、あの事件を起こした連中がいることも確かです。
陰謀論をつきつめるのも興味深いかもしれないけど、それやりすぎると逆に盲になるから。
まず、同時多発テロという事実はあったわけだから、そこから考えはじめましょう。


955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 01:38:21 ID:???
考える必要なんて無いよ
原油が更に高騰して
世界中で恐慌と混乱が起きるから

956 :献立の多いレストラン:2006/04/04(火) 03:09:08 ID:???
ワッファーブ的な過激派なら初代サウード国王以来利用してきたもので
特段最近のものでもないね。テレビで誇大視されているテロに反応しすぎだな。
ネットネットと馬鹿騒ぎしている割にはテレビなんだよな、今だに。
米国も変化したと言うよりも過去に戻ったと言うべきでもともとあんな国だよ。
公然たる介入なんて米国は中南米では昔から当たり前だよ。

寧ろテロに過敏に反応するより冷戦後と言う理解の方が正確なんだけどね。
9.11のような事態は冷戦後の中東アナリストは警告していたことだよ。
9.11は冷戦後の一事象でしかないよ。今のイラクにしても冷戦後の反米姿勢が
米国侵入の原因だろ。湾岸戦争までは米国としては問題なかったわけだからな。
ラディンの反米姿勢もソ連が崩壊したからだろ。米国や中国よりも寧ろロシアが問題なんだから。
ユダヤ人問題もイスラム過激派も帝政ロシアが米国に輸出したものだ。
帝国の憲兵たるコサックの最大の獲物はイスラム教徒だろ。
確かブレジネフも中央アジアで暗殺されそうになったこともあったはずだな。

陰謀論なんかもそこいら考えると面白いよ。特にロシア系ユダヤ人と米露の関係だな。
シャローンもロシア系ユダヤ人だよ。現米国ユダヤ人やイスラエルの最大多数派だね。
イスラムイスラムと言うがイスラエルあたりはあまり議論されてないよね。
イスラエルは600万人程度の国に30の政党がある、言わば分裂国家
みたいなものだ。極論するとこれは旧約聖書の時代以来。
連立政権しか成立せず恒常的な政情不安と言ってもいい。
現行与党も2-3割の議席で内閣成立させないとあかん。
どうしても与党は大なり小なり強攻策とらざるを得なくなる。
>>955
恐慌はともかく混乱は続くだろうな。石油の高騰は9.11以前からだからあまりテロとは関係ないな。
ベネゼエラのチャべス政権の成立以来からだ。ただし9.11テロよりもそちらの方が重要だ。
この高騰以来米国はイラク戦を深刻に考えるわけだからな。契機を捜していただけと言えば言える。
OPEC加盟国のベネゼエラ辺りもあまり言及されてはいなかったな。





957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 07:37:48 ID:???
>なぜかすぐに見つかった犯人達のパスポート。
>遺書も見つかるのがタイミングよすぎて萎えですよね。

当時はそれをアメリカの捜査能力の高さ、アメリカが本気を出せば当然のこと。
と賞賛されたが、その直後の炭素菌騒ぎでは手も足も出ず。
しかし世界のメディアは911での驚異的全容解明と炭素菌騒ぎでの手詰まり間の
差に萎えるどころかなんの疑問さえも感じず、「テロの脅威」に話が摩り替わっていく
のがなんともかんとも。。。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 08:42:27 ID:???
9.11以前と以後のギャップもすごい。
他国からの航空テロ警告を無視。凶器を持っていても搭乗はフリーパス。
FBI捜査員からザルカウィの調査の要請があったのに中央が握りつぶすとか
全然ダメポだったのだが、事件発生後は人が変わったように見事な捜査ぶり。

テロ犯?は逆のギャップ。
テロ実行までは完璧だったのが、空港に放置していった車の中から
犯行組織が芋づる式に特定できる証拠を残すというお粗末さ。


959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 17:12:09 ID:???
>>
>石油の高騰は9.11以前からだからあまりテロとは関係ないな。


1995年、5、6月と19ドル台、4、7月と18ドル台、それ以外は17ドル台。
1996年、1〜7月は18〜19ドル台で推移、8月に20ドル台、以降徐々に上昇して
       12月には24ドル台まで上昇。
1997年、なんどか20ドルを割り込むものの、1月の24ドル台〜12月の20ドル台と推移。
1998年、1月の18ドル台から始まり、3〜12月は12〜13ドル台で推移。
1999年、1〜3月は11ドル台で推移、その後上がり続けて9月に20ドル台、
       12月には24ドル台まで上昇。
2000年、1月の25ドル台から徐々に値を上げ10〜12月は31〜32ドルで推移。
2001年、1月に25ドル台まで暴落、その後10月まで25〜27ドル台で推移していたが、
       12月には19ドル台まで下落。
2002年、1、2月は19ドル台だが5月以降は25〜28ドル台で推移。
2003年、なんどか30ドル台になるもおおむね27〜29ドル台で推移。
2004年、1月の30ドル台から上がり続け、9月に41ドル台に。
       その後39、41、39ドル台と推移。
2005年、1月の38ドル台から、4月には48ドル台まで急騰、5月には51ドル台まで上昇し
       9、10月と59ドル台までさらに急騰、しかし12月には54ドル台まで暴落。
2006年、1月は56ドル台だが、2月に60ドル台まで急騰。

以上が月平均の状況。
以下が最近の先物の概要。

2004年10月には初の50ドル突破、その後2005年2月に再び50ドル突破。
2005年3月半ばには57ドル台を記録、2005年6月頭に再び55ドル台突破。
2005年6月後半に初の60ドル突破、2005年8月半ばに66ドルを記録。
で、カトリーナがきた、2005年8月終わりに70ドル突破。
2005年11月に60ドル割れまで暴落。2006年2月から再び上昇。
現在65ドルを越えて推移。

960 :959:2006/04/04(火) 17:14:53 ID:???
アンカーが抜けたけど
>>956宛ね。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 18:17:30 ID:uNJkPPl0
>>954
9.11では、ある程度、法廷対策として事実の事をわざと情報公開してるんだよ。
ブッシュ政権は、これについて「うそ」、「本当」、何も回答していないだろ?
擬似法廷での黙秘の状態なんだ。つまり、9.11スキャンダルについては、かなり事実なんだけど、
あえて「うそ」とは言わないんだ。
アメリカのやっていることは、ICCでの安保理間での法廷対策なんだ。
「アメリカは、情報公開やってるし、それでも、国民はブッシュを再選したでしょ?」とICCで言えるんだ。
9.11は常任理事国でも、合意の政策だから、これだけで1ポイント稼いでいるつもりなんだ。
関係者からのリークだから、間違いない。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 18:23:44 ID:A2GpvNqw
>>946
丁寧に有難う御座います
って事は単なる宗教戦争じゃないんだね
「これだから宗教は…('A`)」って思ってたんだが、勘違いだったか

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 03:05:10 ID:DL6siZg5
結局、自作自演でFA?

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 03:17:55 ID:???
自作自演というか、ブッシュ政権による手引きがあった、みたいな感じかな。
おとり捜査で現場を押さえて逮捕みたいな作戦だったんじゃないかと。

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 20:05:30 ID:dySIiZX1
常任理事国とアラブ首長国連邦の結託と言うのが真実。
常任理事国というのは第二次世界大戦の連合国。背後には戦争軍需を狙う、
ユダヤ財閥(ロスチャイルド)がある。パキスタンも連合軍が
中央アジア石油を狙った布石。

つまりは、先の6カ国の協定で、中東OPEC体制を破壊、ロックフェラー・ユノカルの
利益に荷担し、攻撃を世界軍隊・警察のアメリカが担当、アラブは配下のビンラディンを
貸し出して、実質的侵略の主権侵害先制攻撃のお膳立てを行った。他の理事国は、
国際政界でのアメリカ先制攻撃の制止不可をお膳立て・演出して、保護している。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 13:10:54 ID:bWC1ckQs
かんべんして下さい

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 18:40:09 ID:LfiFicM1
アメリカ・ポチ政権配下の公安ワン公か?!!

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 21:01:18 ID:i1A1HXEl
ポチと語る奴にはこう言い返せ
ではおまえの首に繋がってるものはなんだ? となw

969 ::2006/04/07(金) 22:18:02 ID:6+NrRhw5
平和憲法と日米同盟があるかぎり、
ポチでもしょーがないですね。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 22:43:24 ID:HKfAXWs2
ポチでいいんじゃないの?
世界の平和を担ってるんだから。
シナの下僕よりはるかに良いことだと思うんだけど。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 00:53:55 ID:p9uwQJqB
ポチ議員なんて、戦争放棄平和国、世界第二位の工業国、日本の面汚しだよ。
アメリカ人だって、ただの極東の極小下っ端、程度に言ってるよ。
戦後の安物生産国の日本工業を世界最高品質に高めた日本工業界におぶさって、
戦争と石油のためなら、自国民ですら売るアメリカのご機嫌伺いだけをやっている、
無駄飯ぐらいの似非政治家。
小沢、管、鳩山、が並んでると、小泉首相以外はぱっとしない、ポチ丸出しの自民党よりも、
民主党の方が顔なじみがあるし、政治家らしく迫力がある。何かやってくれそうな気がするくらいだ。
政治家を教育しよう。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 00:56:54 ID:p9uwQJqB
国際政府での日本の二大政党体制】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1103715328/
少し前になるが、岡田前代表が、元来、軍関係であるアーミテージと会談した。
その時の岡田代表は、マインドコントロールでも受けたかのように、興奮し、
派兵寄りの発言を行っている。
想像するに、岡田氏を国際政府時代の日本の政党構成をネタに、そそのかしたの
ではないか?アーミテージが元来、軍関係であり、日本の軍国化を指示するのは、
分かる。しかしだ、仮に真実だとすると、米国軍人出身、しかも、パウエルと並んで
後衛の軍隊だ。ところで、前衛(デルタ)・後衛がチームを組むというのは陸軍の常套戦術だ。
この米国軍後衛が、この先制攻撃ムードが片付いた後の国際政界体制をコントロールできる
事を示している。(疑惑の真髄であるので「証拠」と言ってしまいたいくらいだ。)



973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 14:44:28 ID:???
>>970
>世界の平和を担ってるんだから。



974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 19:03:09 ID:p9uwQJqB
戦争と石油を頂点とする、ユダヤ財閥の財界単独支配からの不正な資金に群がる
国際政界トップ。それらの国際政界権力にこびを売って、政権の安定と、
国内にも伝播し始めた、財界支配構造と不法調整から得られる不正収入、に群がる
国内政界と言うだけ。
正義なんて存在しないのが、やつらの特徴だし、自己保存のルールだ。
だから、警戒しなければならない。ジャーリズムは、もっとリベラルに専制政治に
対抗しなければダメだ。本当にマンガみたいに地球を破壊しかねない連中だ。
自由のために戦え。「OilForFood事件」のように」癒着構造のリストをカタールから
リークしよう。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 20:51:49 ID:WJa5DwqE
石油王ロックフェラーはどこいった?

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 23:01:41 ID:p9uwQJqB
気になることでも?

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 20:37:11 ID:KT+fgDwE
戦争励起工作のため、CIAに軟禁されたかな?

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:37:55 ID:tYzcfa2o
>917
頭、大丈夫?

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 22:45:13 ID:???


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 20:02:23 ID:???
まあ、どう見ても殉教者になりたくて、嘘八百を並べているに過ぎないのは明白なのだが。
法が支配する社会ならば、彼を殺してはならないのだろう。
しかし被害者の死を愚弄し、自分はお前達の敵だと宣言するなら、殺したいと思うのは自然な感情だ。

981 :funわか:2006/04/22(土) 11:57:23 ID:4s7qmbPB
今回のテロではっきりと気づかされました。 強大な唯一の超大国でさえも、この地球号全て
の国の国民に、民主的な選挙で代表者を選ぶ富める民主主義国家を徹底的に多く広めないことには、全
ての国が、これからは幾度と無く戦争並のテロ攻撃にさらされる恐れが有るという事に!もちろん全世
界の国をアメリカ一国で民主主義国に作り直すわけにはゆきません。ですからこれからは20カ国前後
の富める先進国家に協力を仰ぎドミノ倒しで民主的国家を作り続けるようになるはずです。 その手始
めがテロ支援国の根絶なのです。 せめて民主的な20カ国だけでも、テロ支援をしている国の金の流
れや、情報をきちんと監視して行けば相当のテロ防止に役立つばかりか、根絶も夢ではないのです。 
すでに昔のテロ支援の大元ロシアはアメリカと同盟に近い協力関係を結ぼうとしています。 歩みは遅
いもののロシアにおいても、もう民主的な施策無くして国民を食べさせる事は出来ないと悟ったのです
。 これからは白人の旧共産国家軍は間違いなくテロ支援国家の過去を捨て去り、未だ残る支援国家と
の縁を切るでしょう。 それはアジアに置いても同じ事です。 今までは内部分裂を起こしているよう
な日本を筆頭にしたアジアの国々でも国内事情ですからと、逃げてばかりは許されないのです。

アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本のような、わざとテロ支援を見過ごす準テ
ロ支援国家や純粋テロ国家か、との二者択一を迫られるでしょう。もちろん直ぐにこのような世界の図
式に成るとは思いません。 私の言うのは今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流
れに沿うように成るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。
http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm




474 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)