2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

タクティクスイラク

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:13:06 ID:m2JOre6y
古代メソポタミア文明を受け継ぐイラク共和国…。
石油輸出国として栄えたこの国ではその覇権を巡り、民族間で紛争が絶えなかった。
そうした永い戦いに終止符を打った男がいた。
サダム・フセイン大統領である。
多民族からなるこの地を統一したフセイン大統領は
世俗主義を奨励し、スンニ派による独裁でこうした対立を取り除こうとした。
その統治は四半世紀に渡り、イラクは栄えた。
しかし、紛争の火種が消えたわけではなかった…。
湾岸戦争後、ムスタファ・バルザーニはイラク北部の大半を占める
クルド人を扇動し、クルディスタンの独立を宣言。
さらに西の大国・アメリカ合衆国と密約を結び、その庇護の下、クルディスタン共和国を建国した。
バルザーニはキルルーク全域を手に入れることを主張したが、
アメリカから派遣されたアメリカ中央軍司令官の
ジョン・アビザイド将軍は戦力の損失を恐れ拒否。
バルザーニも渋々それを受け入れ、クルディスタン領拡大は停止しした。
イラクの南半分に残された2つの民族主義陣営のうち、人口の7割を占めるシーア派民族主義勢力は
指導者・ムハンマド・バキル・ハキム師のもと、南半分の覇権を手にするため
シーア派住民に宣戦を布告。民族の根絶を目的とした虐殺を展開した。
一方、スンニ派はフセイン大統領を旗頭として抗戦したが、戦力の差によりわずか半年で敗北した。
ムハンマド・バキル・ハキム師はイラク暫定政府の樹立と
内乱の終結を宣言したが、スンニ派に対する弾圧は、なおも執拗に続いた。
残されたスンニ派の多くは抵抗を続けたが、
指導者・フセイン大統領が捕囚の身となってからはそれも次第に下火となり、暫定政府の用意した
石油に恵まれないスンニ地区に足を運ぶ者が増加した。
こうしてイラクの内乱は鎮静化した。
しかし、それが、つかの間の静寂であることを知らぬ者はいなかった…。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:15:41 ID:???
シーア派住民に宣戦を布告

スンニ派住民に

しまったミスった_| ̄|○

3 :ブッシュ大統領:2006/09/24(日) 20:24:25 ID:???
人は一切れのパンのために他人を殺す。
自分の幸せのためだけに戦うんだ。
だから、争いがこの世界から消えてなくなることはない。
人が人である限り戦いはなくならないのだ。
我々の役目は、そうした人々を管理し、秩序ある世界へ導くことだ。
イラクの民衆はそうした指導者を望んでいる。

4 :ガイドライン板より転載:2006/09/30(土) 12:12:29 ID:uRi2/ydl
57 名前:水先案名無い人 投稿日:2006/09/29(金) 19:54:59 ID:urQiwrTN0
暗黒合衆国
「いい加減、ゲロったらどうなんだ? 言えッ、あれはどこだッ!?

独裁国
「だから捨てたって言っただろ! 本当に知らないんだ!

暗黒合衆国
「そんな話をこの俺が信じるとでも!?

独裁国
「とにかく、俺たちは知らないんだ! アンタたちに刃向かうつもりもないッ!

暗黒合衆国
「おお、天にまします大いなる神よ! この男は私にウソをついています!
 我々が捨てさせた兵器なのに我々が支援した者たちがそれを作り、隠しているのです!
 神よ! この罪深き子羊をどうかその御心で哀れんでください!

 なんですって! この私めに彼を裁けとおっしゃるのか!?
 わかりました、神よ! 不肖、このデイジーカッターめが貴方様に成り代わり裁きをッ!!

暗黒合衆国
「そいつを殺せッ!!


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)