2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【オーストリア】カクテル・ロボットの競演 ウィーンで展示会 ドリンクや軽食を出し、会話の相手にも[12/22]

1 :飛び出せ!! 釣り仲間φ ★:2006/12/22(金) 16:12:32 ID:??? ?2BP(3333)

通り過ぎる女性を見つめながらドリンクを差し出し、誘いの言葉をささやくバーテンダー。
その外見は、「オズの魔法使い」に出てくるブリキのきこりを思わせる――。

当地で開かれたロボット展「ロボエグゾティカ」の一場面だ。

1999年から毎年開催されているこのイベントには、バーでの遊びをテーマに、カクテル
を作ったり、ドリンクや軽食を出したり、会話の相手になったりするロボットが出展される。

今年も、世界各地の技術者らによる手作りの約30体が、その魅力を競った。

ブリキ男のようなバーテンダーは、「チャポック」という名前。
米サンフランシスコ州立大でロボット工学を教えるデービッド・カルキンズ氏の作品だ。

カクテル作りの腕前もさることながら、女性には「ロボットとデートしたことあるかい?」
と声をかけ、男性は「なんだって?女々しい飲み物を注文しないでくれよ」とあしらう口調が、
注目と笑いを誘った。

来場者がチャポックに思わず返事をする光景を見て、カルキンズ氏は「何よりの成果だ」
と微笑む。

「人々がバーへ行く目的のひとつは、周囲との交流だからね。話しかけてきたり、失礼なこと
を言ったりするロボットは、印象に残るはず。もちろん、シャツにアイロンをかけるような
ロボットも開発できるし、それもやりがいのある仕事だが、カクテル・ロボットを作る方が
ずっと楽しいね」

ロボエグゾティカの立ち上げに参加した芸術家で、ロボット愛好家のマグヌス・ウルツァー氏
は「ここの作品は実用的、効率的である必要はない。重要なのは、機知に富むアイデアや
洗練された雰囲気だ」と説明する。

これまで出展された中で同氏の印象に残っているのは、通りがかりの相手にドリンクを
ねだるロボットや、相手のたばこに火をつけようとして、自ら吸ってしまうロボットなどだ
という。

ニュースソース
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200612220006.html


2 :七つの海の名無しさん:2006/12/22(金) 16:19:51 ID:NjE7wt5H
オーストリーでしょ?

3 :七つの海の名無しさん:2006/12/22(金) 16:26:49 ID:fwC5ZPmJ
ゴキブリきのこぅぅぅぅ


4 :七つの海の名無しさん:2006/12/22(金) 16:29:06 ID:2bbGieSz
いや、オーストリーと呼んでほしいが
正式名称はオーストリアです。と
大使館のサイトに書いてあるよ。

5 :七つの海の名無しさん:2006/12/22(金) 16:34:42 ID:kOZHRejo
このマスターはバーボン出してくれるのか…

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)