2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【化石】石川県白山市で発見された「ドリコサウルス類」の化石 「カガナイアス ハクサンエンシス」と命名される

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2006/11/03(金) 20:29:36 ID:??? ?2BP(125)

 石川県白山市の地層「桑島化石壁」で二〇〇一年に発見された、は虫類「ドリコサウルス類」の
世界最古の化石が正式に新種と認められ、石川県と白山市にちなんだ「カガナイアス 
ハクサンエンシス」との学名が付くことになった。「加賀の水の妖精、白山にすまう」を意味し、
十六日発行のイギリス古生物学会誌「パレオントロジー」に論文が掲載され、正式に命名される。

 ドリコサウルス類は海生のは虫類で、トカゲの仲間。胴体が長く、手足は退化していたと考えられ
ている。化石は石川県と白山市(旧白峰村)の共同調査で、約一億三千万年前(中生代白亜紀前期)
の地層から見つかった。動物の胴から尾の付け根まで一五センチほどあり、背骨や骨盤などを確認。
全長四〇〜五〇センチと推定される。

 〇五年三月、調査に携わる専門家ら五人が、共同執筆の論文を学会誌に投稿した。その一人、
真鍋真・国立科学博物館主任研究員は「石川県や白山市にちなんだ学名を付けることは長年の
願いだった。化石の存在を広く知ってもらい“お国自慢”に加えていただきたい」と話した。

 ドリコサウルス類の化石は桑島化石壁で発見されるまで、白亜紀後期(約九千九百万〜六千
五百万年前)のヨーロッパの海の地層でしか見つかっていなかった。しかし、桑島化石壁はそれより
約三千万年さかのぼる川の地層であることに加え、ヨーロッパ以外では初の発見例だったため、
新種と位置付けられた。

 命名に合わせ三〜十二日、白山市桑島の白山恐竜パーク白峰で、化石が特別公開される。

 石川県にちなんだ学名は今回で二例目。過去には桑島化石壁から見つかったカゲロウの仲間の
化石が「カガプシコプス」と命名されている。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/00/ikw/20061103/lcl_____ikw_____000.shtml

2 :名無しのひみつ:2006/11/03(金) 20:30:23 ID:+iLVtFB6
チョウセン ヒトモドキ

3 :名無しのひみつ:2006/11/03(金) 20:31:06 ID:CeDsXGBN
「ハエタタキ」

4 :名無しのひみつ:2006/11/03(金) 20:39:26 ID:wQ6HfSly
隣の町の住民だが、、知らんかった

5 :素人 ◆GD..x272/. :2006/11/03(金) 21:08:17 ID:r1RPv0bH
ああそう。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)