2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

植林が地球温暖化を促進する

1 :auau...φ ★:2006/12/17(日) 00:41:41 ID:??? ?BRZ(5000)
一般に植林は地球温暖化の抑制にプラスの効果があると考えられているが、
低緯度帯以外での植林は、地球温暖化を抑制するどころか、
逆に温暖化を促進する可能性があるとのシミュレーション結果が発表された。

ワシントン・カーネギー研究機構のBala博士とKen Caldeiraによると、
日米欧などのある中緯度帯や、ロシアなどのある高緯度帯では、
植林によるCO2の減少や、雲が出来て光を反射することによる冷却効果よりも、
森林が地表付近で温度を閉じこめる効果の方が大きくなるとのこと。

(詳細は下のリンクで)
Care needed with carbon offsets
http://news.bbc.co.uk/2/low/science/nature/6184577.stm


2 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 00:42:24 ID:Z7AUl6yg
職人が植林する

3 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 00:46:50 ID:wi1n78pm
なんだかんだいってもアメリカが悪いんですけどね

4 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 00:47:27 ID:2zXOcZ/t
あとシナとか

5 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 00:54:57 ID:x4EKnhOJ
一番いいのはある程度成長したら伐採すること

6 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:05:01 ID:eL0tFJsN
「日本企業の森づくりの多くはノーサンキュー。」 - C.W.ニコル

7 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:07:24 ID:kLkgi3kU
「青姦は背後の熊に気をつけて。」 - C.W.ニコル

8 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:18:18 ID:FVp5ROKj
ここは寒いよ

森へ帰ろう 蟲たち

9 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:21:58 ID:tHJRh8LW
>>1
んじゃ、アマゾンとかの森林はドンドン伐採した方が
地球温暖化対策のためには良いことなんだなw

10 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:24:01 ID:IK114cAX
温暖化してもいいけど
酸素がなくなったらこまるから
植林すれば
まぁ女縁の無い俺からすれば関係ないが…

11 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:24:36 ID:kohbQ5Cn
アマゾンは低緯度帯だろ

12 :ガムはロッテ:2006/12/17(日) 01:26:44 ID:x47CUv+O
森林が地表付近で温度を閉じ込めるのだったら、
日射による温度上昇を防いでいることにもなるじゃん。

それでも1が正しいのなら、極地の木を伐採して植林して炭素固定するのが
一番効率的なのか

13 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:28:34 ID:o4ueSmbo
>森林が地表付近で温度を閉じこめる効果の方が大きくなるとのこと。
だからそれが、冬暖かくて夏涼しいんじゃ内科医?
雀が米を食べるからって、殺しまくった結果どうなったか。。。

14 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:35:07 ID:M+4D9xue
植草が,,,,,,,,,,,,

15 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:43:37 ID:1BwF0+Cm
二酸化炭素による地球温暖化なんて妄説をまだ信じている人がいるとは・・・

16 :ガムはロッテ:2006/12/17(日) 01:48:27 ID:x47CUv+O
客観的な根拠と世界中の研究成果から目を閉じ耳をふさぎ、
時には誤った情報を用いて盲目的な批判しかしない中二病よりはだいぶマシかと存じますよ

17 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 01:58:35 ID:XZk1gIYI
高緯度の諸国が植林を怠る口実にされるだけ。

18 :ガムはコリスに決まってる:2006/12/17(日) 02:01:06 ID:EuHN0mLy
中二病とかいう意味不明の言葉を最近よく見かけるが、
それは除いてそっくりそのままお返しする。
地球表面の温度変化の主因は太陽活動の変化以外にはない。
二酸化炭素が温室効果を持つこと自体は否定しないが、誤差程度でしかない。
仮に最悪シナリオ派の言うことが正しいとしても、
京都議定書が完全達成されても温暖化のペースを数年遅らせる程度の効果しかない。
走り書きで悪いが、適当にぐぐればわかる。

19 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 02:06:27 ID:TNGHadic
じゃあどうしろと

20 :ガムはロッテ:2006/12/17(日) 02:11:06 ID:x47CUv+O
>>18
そんなのみんなわかってるさ
京都議定書が完全達成される → 温暖化を数年遅らせるだけかもしれない
京都議定書を破棄する   → 温暖化を数十年〜早める

その数年〜数百年の時間を人類にもたらすことが
どれほど重要なことであるのか・・・

21 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 02:19:16 ID:teJiffQL
逆説的な事言って注目されたいだけだろ

22 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 02:20:06 ID:WXnP1Uaj
本末転倒ってやつですか
じゃぁどうすりゃいいんだよw

23 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 02:43:29 ID:VQd9O7/R
>逆に温暖化を促進する可能性があるとの
>シミュレーション結果が発表された。
別のシミュレーションでは正反対の結果なんだろ?
さすがオカルト


24 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 04:20:02 ID:B2bKWZ0J
>>18
IPCC2001の報告では最悪のシナリオで
100年後に平均気温が5℃あがる可能性を示しているが
これがまったくのデタラメだと?

25 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 06:39:49 ID:ivkUzCOb
>>24
でたらめと言っては語弊がありますが、
明日の正確な平均気温さえ、今の気象学(もちろん他の学問でも)では完璧に予測することは出来ません。
100年後のことなどなおさらわかりっこないというのが本当のところでしょう。

26 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 08:27:49 ID:teJiffQL
http://www.futsugou.jp/

27 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:00:03 ID:MqT3yHPN
とりあえず何が最優先の目標なのか定めないと議会は踊るされど進まずだ
地球環境最優先なら人間は絶滅もしくは他の惑星に
人間の存続が最優先なら人類滅亡に追い込む兵器の破棄、人口の抑制(中国を滅ぼす・難民への援助を打ち切る)

28 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:01:51 ID:XljdXPYx
>>20
   お ま え 白 痴 だ な


29 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:03:19 ID:qg8VGlTs
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm

30 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:05:50 ID:qg8VGlTs
70年代にはこれから氷河期が来ると言われていた。
現在は太陽の活動のせいでたまたま気温の上昇期にある。
株とおなじで皆が上がると言い出した頃が天井。
来年あたり暴落するはず。
そのとき気象学者がどんな顔して言い訳するのか楽しみ。

31 :班長 ◆RhaUAMBXFQ :2006/12/17(日) 09:07:07 ID:wBEkxB89
「日本のジャングルジムはノーサンキュー。」 - C.W.ニコル

32 :班長 ◆RhaUAMBXFQ :2006/12/17(日) 09:08:53 ID:wBEkxB89
>>29
うわっ
だれか出してくるかと思ったがもう出てきたか!
新エネルギー否定するひとだよねそのひと

33 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 09:15:02 ID:PDYhLyDo
凍土が溶け出すのはもっとまずい

34 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 11:03:41 ID:3JI7n+ln
北極に宇宙まで届く柱を立てて、ヒートパイプ代わりにしたら冷えるだろ

35 :ガムはロッテ:2006/12/17(日) 13:44:58 ID:x47CUv+O
>>29
季節的な温度変化によって海水温が変化したら、
溶存気体可能量が上下して、二酸化炭素量が変化するのは当たり前じゃん。
気温変化と二酸化炭素変化はお互いに相関しているだけであって、
スパンの短い変化だけ見て結論付けているそのサイトは酷い盲目的だと思うよ。
もっと長期的な変化、傾向に注目しないと。ていうか全体的にPICCのレベルに達していないだろ。

36 :名無しのひみつ:2006/12/17(日) 14:07:14 ID:uWncOFj9
>>29
炭素循環が専門ではない俺でも間違いだらけってことがわかる。。。。
今時(ていうか昔にいたのかも疑問)水蒸気の効果を無視してる研究者はいないと思うんだが。。

>>25
ローカルになればなるほどモデルの時空間分解能を上げないとだめだから
明日の気温の予測と100年後の気温の予測を並べて比べるのは注意が必要だと思う

IPCCの報告は様々な研究者が様々な条件でモデル計算を行った結果を吸い上げてるから
予測の幅は大きいし誤差もでかいから完璧とはもちろん言えない。

でも計算には根拠はある←これが重要

37 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:11:17 ID:W6WrrDnS
>>36
計算になんぼ根拠があったところで打つ手はないんだから、
来年あたり出るらしい第四次レポートもただのゴミだがな。ww


38 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:27:55 ID:l7KmSYMg
ワシントン・カーネギー研究機構のBaka博士

39 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:37:00 ID:T2OK6I0p
シミュレーションなんていくらでも恣意的改竄できるだろw

40 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:39:20 ID:FJ0ksTlH
>>37
気候変動の原因のうち、二酸化炭素(とメタン)に関してだけは打つ手がないわけじゃないわけだが。

41 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:43:45 ID:W6WrrDnS
>>40
じゃぁ聞こう。打つ手は何だい?
「排出削減」なんて言うなよ。


42 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 11:56:18 ID:5qKwdiFm
人類抹殺

43 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 12:46:19 ID:67KOWcAP
まず>>41からだな

44 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 15:51:55 ID:4c+md7wT
>>37
当然排出削減に対する温暖化の抑制効果も計算してるだろ
科学者サイドの提案を政治界と経済界がどう受け止めるかは大問題だけどな

45 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 19:14:20 ID:xtQjgnN0
排出削減に伴う温暖化の加速効果も忘れるなよ

46 :名無しのひみつ:2006/12/18(月) 19:49:46 ID:JfDNsHBa
温暖化の原因は色々あるってことかね?

47 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 16:40:37 ID:+X6J5NSa
なにをいまさら

48 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 17:44:06 ID:pEplOCDU
>>39

>シミュレーションなんていくらでも恣意的改竄

中のアルゴリズムと係数、境界条件、計算ステップ幅を全部公開しろと言われたら
とても出来ませぬ

49 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 19:01:06 ID:0ibFMwsZ
まあどんなにがんばったところで人類滅亡は避けられないってことか

50 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 19:14:17 ID:NhtbduVX
赤道付近が冷えてロシアがあったまるならOKなんじゃね?

51 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 19:22:20 ID:hG3rwH6d
縄文時代の気温とかを考えると、人間が何もしなくても温暖化はすると思うが

52 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 19:22:35 ID:0ibFMwsZ
人間なんてラララだね

53 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 20:38:58 ID:KjMAImgK
バイクで走るとよくわかるが
森林地帯に入ると、涼しい(寒い)ぞ。

>>1 ウソ書くな。

54 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 21:16:37 ID:X8b5lMLe
なんたってbaka博士ですから

55 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 21:55:03 ID:/ADWBucf
つまりどうせ人類は滅亡するからさっさと諦めようぜってことか。

56 :名無しのひみつ:2006/12/19(火) 22:16:36 ID:RYsF5sbI
誰か俺のチンコに植林してくれ

57 :名無しのひみつ:2006/12/20(水) 02:05:01 ID:gvhOLFuO
「森林が地表付近で温度を閉じこめる効果」 これは一回森になったらそれ以上保温効果が増えることは無くなるのでは・・?
CO2の削減効果は永遠と続くが。

58 :名無しのひみつ:2006/12/20(水) 23:31:30 ID:fHtUyfao
じゃあどうすりゃいいんだ?

59 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 05:46:56 ID:LzBMKpVF
>>56
お前のケツに植林してやる

60 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 07:55:37 ID:0nBSgNIW
バイオ燃料普及を見込んで中南米の原生林買い占めてるどこかの※国のデマだよ

61 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 08:00:44 ID:6HM0vTDE
ドライアイスを大量生産したらどんかの?

62 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 09:00:07 ID:k5mJjSLw
森林が地表の熱を閉じこめる効果ってのがよくわからん。

63 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 09:12:17 ID:lHaRUudG
>>61
二酸化炭素大量発生だわな

64 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 09:45:24 ID:Mj7C26+D
森林あった方が大気循環活発になりそうだけど、違う?
温暖化より砂漠化の方がダメージデカそうだから、植林止める必要は無いと思いました。

65 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 10:20:45 ID:7NAc8iug
>>63
二酸化炭素を集めてドライアイス化すると言う事では?

まあドライアイスを作るエネルギー消費でますます温暖化するわけだがw

66 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 10:26:20 ID:7NAc8iug
>>64
そもそもシミュレーションがおかしいな
森林が温度を閉じこめる効果(なんてものがあるとして)は一定値だけど、CO2現象効果は森林が
生きている限り常に発生する。
後、森林による温度現象効果(エネルギー消費など)は計算に入れて無いっぽい

67 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 11:37:27 ID:rD/M44/r
結論ありきのシミュレーションなんてニュースにするなよ。

68 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 12:22:25 ID:k5mJjSLw
       | ̄P━━━━━━
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|
        ∴
        ∴
       ∴∴
       ∴∴
      ∴∴∴      .        _ ,.... -‐‐
      ∴∴∴∴       ,...- ' ゙゙
                 , '´ヽ ヽ    _/
              /   j´  `'ー、_ j
              /  /`´      !ノ
           /  '!.j
          ,!'


69 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 12:30:13 ID:t2dt8Mtl

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/athletics/1144039978/605



70 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 12:37:09 ID:X9ZXrTkA
そりゃおめー、植物はもちっと暖かくて
二酸化炭素が多いほうを好む傾向のほうが強いんだから当たり前じゃね?
で、植物全体にとってきついレベルに達したら逆の影響を与え始めるんじゃね。
炭素を固定しすぎになる頃とか(人類活動があったらそこまでいかないだろうけど)

71 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 12:38:53 ID:iz6Pvjd3
>>69
楽しかった。

72 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 13:13:35 ID:vvLFOVZV
だからあああああああああああああああああああああああああああ


植林して、その木が成長しきる前に伐採して、腐敗しない方法で保存しとけばいいじゃんかああああああああああ

たとえば、紙に加工して、普通に使って、使い終わったら回収して、地下深くに埋めちゃうとかさ。

73 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 15:22:23 ID:4EMP4LtK
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/974/

温帯地域の森林が温暖化の原因に(米国)【PDF:122KB】
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/974/974-04.pdf

「北緯50 度の北部森林地域では、森林が全体として温暖化効果の原因になることは
以前から分かっていたが、今回の研究は温帯の森林が最終的には地球温暖化の原因に
なることを初めて示したものである。」とこの研究の筆頭著者であるリバモアのSeran
Gibbard が述べた。

この説明は熱帯林にはあてはまらない。熱帯地方では、森林が二酸化炭素を吸収す
るだけではなく、大量の水分を蒸散させることで地球の温度を低くする。
「森林の植林に対してカーボン・クレジットを導入することは検討すべきだろう。お
そらく中緯度や高緯度にある国々には適用できないが、熱帯林での適用は双方に利益
となる。何故なら、蒸発による冷却や二酸化炭素の吸収により、森林が地球の温度を
低くできるからである。」とBala は述べる。


74 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 16:02:37 ID:7NAc8iug
>>70
藤子FのマンガでそういうSFあったな

75 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:12:49 ID:GGgYnBxc
よく炭酸ガスは抑制すべきと言うけど、
石油とかを燃やして出る炭酸ガスは、
太古の昔から地球にあった物だよね?

地球内の炭酸ガス総量は変わってなくね?

76 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:20:08 ID:d/DUVsgX
「植林が地球温暖化を促進する」のは自明。
まず、植林がいいかどうかの政府主導委員会を作る。
次に、植林がいいかどうかの民間を交えた政府主導委員会を作る。
次に、植林がいいかどうかの民間を交えない、しかし政府主導委員会を作る。
 ・・・ 延々と続く。

77 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:26:37 ID:d/DUVsgX
って、オマエが二酸化炭素を排出している。それはよくない。規制対象!

78 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:45:01 ID:2fLBYAc9
アイドリングストップで排気ガスが増えるっていうシミュレーション結果があったよね。
シミュレーションなんてパラメータ次第でどんな結果でも導けるんじゃない?

79 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:45:54 ID:k5mJjSLw
うn

80 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 18:46:52 ID:qqgV8tjp
>>30
キショウシミュレーターなめてるな

81 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 19:52:56 ID:k5mJjSLw
明日の天気も予測できないんじゃねえw

82 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 20:22:28 ID:K0PN0+KA

ワシントン・カーネギー研究機構のBala博士とKen Caldeiraは

夏は涼しく冬は暖かい研究室にいるんだよな 

ワシントン・カーネギー研究機構のBala博士とKen Caldeiraは

夏は涼しく冬は暖かい研究室にいるんだよな

ワシントン・カーネギー研究機構のBala博士とKen Caldeiraは

夏は涼しく冬は暖かい研究室にいるんだよな

ワシントン・カーネギー研究機構のBala博士とKen Caldeiraは

夏は涼しく冬は暖かい研究室にいるんだよな

83 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 20:36:19 ID:d/DUVsgX
オマエが二酸化炭素を排出している。それはよくない。規制対象!

84 :名無しのひみつ:2006/12/21(木) 20:51:26 ID:DOvgJZUi
中国は地面に塗装する技術を持っている
これを用いて赤道付近を白く塗ったり黒く塗ったりで
地球規模の温度管理が出来るようになる

個人的には地球をプチ氷河期モードにして
地中海の水抜きをしてアトランティスの発掘をしてもらいたい

85 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 03:33:58 ID:LUroXOLE
要は単純に人間を半分に減らせばよろしい。
温暖化の解決策は実はこれしか無い。わかっていても誰も口にしない。

86 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 06:09:26 ID:lf4rFd2S
>逆に温暖化を促進する可能性があるとのシミュレーション結果が発表された。
シミュレーション=模擬
つまり合理的な建前部分だけを抽出して作り上げた類似する偽者。
粗悪コピーであってオリジナルではないという点を「シミュレーション」という
カタカナ用語を使い認識を隠蔽しているだけ。

やり方によって答えは正反対にもなりえる。誤差も極限に大きい。
どれだけ金をかけた天気予報が次の日すら180度違う間違えも犯す。
大体のシミュレーションは9割正解すれば、残りの1割はどうでもいい
といういい加減な考えのやり方だろう。
科学では問題を単純化させて考える、単純化した部分が9割実証すれば
正解となす。残りは隠蔽で問題はない。
模擬においては、沢山の別な尺度や価値観での検証が相互に合致した場合
のみ科学的結論に近いのであって、1つの結果だけで答えだというのは
オカルトに近い。

87 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 09:29:23 ID:/hstO9fU
つバタフライ効果

88 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 17:26:13 ID:rsxcwEsv
日が直接当たらない分、森の中はひんやりするなあ

いっぽう真っ白の雪原より、緑という濃い色の樹冠部は
より赤外線を吸収するだろ?というのが>>1の学者センセイの主張だ

シベリアは地中は永久凍土だから、木を切ったら地面に直接当たって
溶け始める。すると土中のメタンも出てきて、より温暖化を促進する
_______________________________________________

全く木が無い、1km×1kmのシベリアの土地を考える。

ここに、100m四方おきに10本くらいつつ、まばらに木を植えたとする。
すると地面には相変わらず殆ど変わらず太陽光線が当たるだろうし、
一方樹冠部のお陰で赤外線吸収も増える。
>>1の記事だと、こんなシミュレーションになってしまった感じもする
そして樹幹部の吸収を数値として残したまま、この土地全体の
凍土が溶けてメタンも出す。こんなシミュレーションになっちゃったかな?

一方、全部に満遍なくまばらに植えるのではなく、>>53がちょっと書いているのにヒントを得て、
より密植した植林地域を作ってみよう。その代わり、
1km×1kmの全区画のうち、10個の100m×100mの区画だけに200本の木が植えられている

するとその地域だけは、地温も上がらず、樹冠部のほうだけが赤外線吸収で気温上がる。
植えられていない他地域には、森部分の上昇気流のため
それほど気温上昇の影響が無いかも?となる
(あ〜ぁ手前味噌wwwww)

シベリアの場合、いかに凍土を溶かさないかを考えて植える事も大事であろうか。
とくに樹冠部が地表を有効に覆わない植林初期に、むしろ赤外線吸収率が
上がる事を考えるべきであろうかw

89 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 10:04:59 ID:UUJg9nQS
記者が汽車で帰社する

90 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 10:43:30 ID:W7UrsThj
まあ、海が一番の二酸化炭素の吸収源でして。
温暖化したら珊瑚礁も広がるかな。

91 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 13:31:30 ID:jHa2BzQa
貴社の記者が汽車で盗撮する

92 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 19:13:52 ID:q+PXkLNP
キシヤノキシヤキシヤデキシヤス

93 :REI KAI TSUSHIN:2006/12/23(土) 19:46:50 ID:Dfglc98n
×植林が地球温暖化を促進する

◎【植林】は、【効率的】に【炭素】を【固定】する【唯一無二】の方法。
◎【植林】は、【銀行】の【利子】よりも【確実】に【毎年成長し増える】【国の財産】です。m(__)m

94 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 09:38:51 ID:R936z/t+
×【植林】は、【効率的】に【炭素】を【固定】する【唯一無二】の方法。
×【植林】は、【銀行】の【利子】よりも【確実】に【毎年成長し増える】【国の財産】です。m(__)m

植林に意味があるのは、植生がない(あるいは薄い)場所だけ。
植物をすくすく育てるには、灌漑や施肥・管理が必要となり、
それにはエネルギーをつぎ込む(根元でCO2を出す)ことになって、
出るCO2のほうが、固定されるCO2より絶対に多いため、
植林すればするほど大気中のCO2は増える。


95 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 09:45:52 ID:Iy7nWUXd
貴社の喜捨した記者が汽車で帰社する。

96 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 17:21:09 ID:fuPqgD/b
用は伐採して埋めればいいんじゃね?
石油や石炭を掘り出したのがいけないんだから、戻せばいいだけ。

97 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 17:29:10 ID:drTKOM3V

          ばばばばばばっ
    w      w  _  _   w   w 
        w   ヽ(・ω・)ノ   w    w
         w .(( ノ(  )ヽ )) w
wwwwwwwww..............┛┗...........wwwwwwwww

98 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 04:52:53 ID:8WifVYTe
>>96
ただ埋めるだけじゃもったいないからコピー用紙にしてコピーに使ってシュレッダーに使ってから埋めよう

99 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 03:58:20 ID:mb/oCkMY
>>75
古生代、中生代にかけてはCO2濃度が現在よりもかなり高かった。
その温室効果で地球全体が熱帯雨林状態になっていた。
CO2濃度が減少するのは新生代以降、針葉樹が生まれてきたことに原因がある。

100 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 05:08:13 ID:bFhuH0N1
放射冷却で朝方はよく冷える今日この頃
炭酸ガスで温暖化なんて与太話を信じる方はまだおられますでしょうか?

101 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 09:54:39 ID:/NxzT6qu
>>100

102 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 15:19:20 ID:qDUZ8QG+
>>100
放射冷却の原理は理解してるのか?

103 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 15:43:06 ID:78LsqcMp
な〜んか研究者が計算モデルでオナーヌしてるあいだに
温暖化か寒冷化で人類あぼんのオカン

104 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 17:49:23 ID:/XXAV5XW
植林→葉からの蒸散増→大気中の水蒸気量上昇→温室効果→地球温暖化

105 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 18:50:52 ID:oGFMY6R+
シベリア寒気団はどうしてできると思ってるんだ。
ダメだなロスケは。

106 :名無しのひみつ :2006/12/26(火) 19:46:24 ID:yCXgYoKF
大丈夫だよ。
数百億年後には太陽の寿命が尽きて
終わるんだ。


107 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 19:51:15 ID:oGFMY6R+
数百億年も太陽はもたない。杉浦太陽はすでに終わったか?

108 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 19:54:37 ID:wxgjS6bJ
太陽は年々明るくなっていて、5億年後にはその熱で
地球の海が蒸発してしまい、生物自体が住めなくなるらしい

109 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 22:10:29 ID:jB6gaJ6l

ttp://online.wsj.com/article/SB116606091947649743.html?mod=opinion_main_europe_asia
WSJ(アジア版、社説):京都議定書という虚言(要旨)


キャピタルヒルでは地球温暖化問題で民主党(の左派)が気勢を上げていてアメリカが
京都議定書にサインしていないと非難している。それでは、京都議定書の内容と、現在の
世界の「グリーン・ガス排出」の現状を見てみよう。京都議定書は温暖化ガス排出の各国別
の上限を決めているわけだが、現状で見れば、京都議定書を推進したEUは目的達成が
困難であったり程遠い国が多い一方、アメリカの温暖化ガスの増加は押さえらてきている。

アメリカの温暖化ガス排出の成長は2000年までEUより高かったわけで、特に1995-2000は
そうだったのだが、2000年以降のアメリカの温暖化ガス排出量の成長率は200-2005が
1995-2000より8%低くなっている。これに比べてEUは同じ時期に2.3%増大している。

京都議定書の定めた2010年目標に達成可能と思われるのは英国とスエーデンで、
その他に6ヶ国が今後急速な温暖化ガス排出削減があれば達成できるかもしれない。
それ以外の国は見込みがない。EU15ヶ国のなかの7ヶ国は目標達成が無理である。

アメリカ経済がEU15ヶ国に比べて38%高い速度で経済成長していることを考えれば、
EUの成績は問題がある。EUは温暖化ガス削減の政策としてカーボン排出量取引を導入し、
これを決め手として削減を計画したがEU委員会は取引価格を安くきめて効果をなくしている。
安い価格で排出許可を得られるなら企業差削減の為の努力をしない。そうしたことが起こる
背景には幾つかの企業が、温暖化ガス排出制限のないインドや中国に工場を移動させる
などの動きがある。それは欧州の温暖化ガス排出を減らすかもしれないが、地球の温暖化
ガスを減らさない。

ブッシュ政権は$1Bの税金控除制度を作って新型の高効率低排出の石炭火力発電の
開発を推進した。アメリカの温暖化ガスの排出量成長の低下は、そうした技術開発の
なせる技である。中国はアメリカ企業から、この低公害石炭発電技術を買おうとしている。

温暖化ガス排出を減らす為に必要なことは企業への厳しい規制ではなく、企業の活力を
生かすことである。EUもアメリカも、この事実を認識すべきである。

110 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 04:06:53 ID:vqC51BNv
地球消滅が確定になったときの人類はどんなこと考えるのかな?

111 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 04:13:54 ID:VSaiKaHY
砂漠にした方がアルベドが上がる

112 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 05:57:47 ID:lOnfFL0e
>>110
地球は消滅しない
人類はするけど

113 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 11:30:57 ID:bGTYSqlY
>>108
ほんとうですか
じゃあその時に火星に地球の水を持っていけばちょうどいいじゃないですか
うまくできてるものですね

114 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 12:54:56 ID:dm7LE2y8
>>112
同意。
しかも近い将来

115 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 19:22:20 ID:AottS9d3
いつか太陽が寿命を迎えて爆発し
地球などの惑星を飲み込むんだそうだ

116 :ガムはロッテ:2006/12/27(水) 19:30:57 ID:ex1e2Gvo
それは50億年後といわれているが、
正直人類が50億年も持つとは思えない。
というか、50万年すらあやしい。

117 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 19:43:50 ID:AottS9d3
地球自体がいつかなくなるし、人類はそれまでもたない
という結論になる

118 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 10:48:12 ID:rQAPFb3M
>>112-117
ヘタな考え、休むに似たり

と言われる。冬休みで暇なんだねえ


119 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 12:52:06 ID:hhnoulJR
「温度を閉じこめる」って何だよwww

原文ではちゃんと「trap heat」になってるのに。

120 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 13:06:48 ID:/t7Zj82e
翻訳機能使えないと英文すら読めない 哀れなゆとりさんかw

121 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 14:10:20 ID:+KoyvX4B
>>118
冬休みで学生が多いんだな
まぁみんな一度は考える事だよな

122 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 16:36:01 ID:ZEpizko/
さあ、早く苗木を植える作業に戻りなさい
ほらほら

123 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 16:53:59 ID:nElI85Aw
>>109
その記事は京都プロトコル否定の記事であって、
温暖化否定の記事ではないような。

124 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2006/12/28(木) 20:06:14 ID:RakveKSj
南米ペルーのアマゾン川上流では、激しい雨が続いて少なくとも5つの
支流がはんらんし、流域の町や村では住宅が浸水して6000人が被災
するなど被害が広がっています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    世界は相変わらず米の戦争ごっこにしか関心ない
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    ようだが、そのうち取り返しのつかん事になるぞ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| これが温暖化なら結局、経済基盤を
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 崩壊しかねない事になるでしょうからね。(・A・ )

06.12.28 NHK「ペルーで洪水 6000人被災」
http://www.nhk.or.jp/news/2006/12/28/k20061228000077.html

125 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 20:44:31 ID:spPxbbJQ
>>124
国内ニュースじゃないよ

126 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 20:45:49 ID:PdvK6nIC
>124
それは地球寒冷化のひとコマだと思う。

127 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 22:53:22 ID:n1kSSZWY
アマゾン内陸で大干ばつ、と言われたのは半年ほど前だったかな

15年ほど前までは、ブラジル人の間でこんな笑い話があった
「先進国の報道機関がアマゾンの破壊とか言ってるけど
どいつもこいつも開発が進んでて、最初からサバンナっぽいロンドニア州
ばっかり行ってやがる。そんなに俺たちが森林破壊していると思いたいのか」
「アマゾニア州なんてどんなに火入れしたくても、万年雨季だから絶対開発できない」

実際、内陸にありつつ広大なアマゾンの森林のお陰で見事に水が閉じ込められた
(アンデスの水が河川となって流れ込んでいるお陰も勿論あるが)内陸で赤道直下の
アマゾニア州は、海側のパラ州などと違い年中雨が多く、焼畑とか牧場とかも作れなかった。

しかし、90年代初頭から、コンピュータシミュレーションにより
海側のパラ州の森林破壊が続く事で、これまで大西洋からアンデス山脈に至るまでに
森の木々が延々と橋渡ししてきた水循環が途切れ、アマゾニア州の乾燥が酷くなるだろう、

と予測されていたのだ。

そして、実際そんな状態が近づいてきたのか?
数ヶ月前まで大干ばつと言われたアマゾニア州が、今度は大洪水。
乾季と雨季が激しい、熱帯モンスーン気候(Am)になってしまった

128 :地球温暖化はウソ:2006/12/28(木) 23:33:45 ID:qSbN0hd6
しかし、環境問題についてもっと労力をかけるべき問題は沢山あるだろうに。
大衆はウソっぽいものには熱中するが、深刻なものには目を向けようとしない。

129 :名無しのひみつ:2006/12/29(金) 01:05:52 ID:pkDUAJy+

>大衆はウソっぽいものには熱中するが、深刻なものには目を向けようとしない。

マスコミその他を使って、その様にし向けたい者が居ると言う事だろう。
大事な、重大な事を嘘っぽく見せたり、隠したり。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)