2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古生物】37メートルの最大級恐竜、スペインで化石発掘 [06/12/22]

1 :鯔のへそφ ★:2006/12/22(金) 05:42:16 ID:???
 スペイン東部の約1億5000万年前(ジュラ紀後期)の地層から、推定
全長37メートル、体重48トンに達する最大級の恐竜の骨格化石を現地の
古生物学者が発見した。

 巨大な恐竜は、当時ひと続きの大陸だった南米とアフリカで最近相次いで
見つかっているが、大洋を隔てた欧州側にもジャンボ恐竜が生息していた
ことを示す発見で、22日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

 スペイン・テルエルの博物館「ディノポリス」財団の研究チームによると、
見つかったのは、長さ179センチに達する左上腕骨などの手足や背骨、
断片的な頭骨、歯などの化石。長い首と尾を持つ草食恐竜「竜脚類」の
新種で、トゥリアサウルス・リオデベンシスと命名された。

2 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 05:47:10 ID:oownrz13
画像みたいなぁ

3 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 06:00:58 ID:1rzLxUJQ
左上腕骨と身長一緒だ!

4 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 06:03:33 ID:MeAnjUFW
俺のペットといい勝負だな

5 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 06:04:25 ID:65HKK6WB
>>3のご先祖様に違いない

6 :鯔のへそφ ★:2006/12/22(金) 06:31:49 ID:???
すいませんソース忘れてました。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20061222i501.htm?from=main5

7 :鯔のへそφ ★:2006/12/22(金) 06:42:22 ID:???
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/12/22/k20061222000026.html
NHKで画像出ました

8 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 06:51:33 ID:1rzLxUJQ
じいちゃん・・・

9 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 07:05:43 ID:uljgxDb1
ゴッドハンドって教授いたよね?発掘の?

10 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 08:13:38 ID:wf8BpIop
>>7
>>ヨーロッパにも巨大な恐竜が生息していた

なんか違和感のある言い方。

11 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 08:19:30 ID:S0/YHMjZ
そろそろ素人降臨

12 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 12:29:23 ID:rsxcwEsv
また「素人」の生暖かいレスが読める古生物スレの誕生か!

現在発掘された中で長い恐竜とされるのは、
ディプロドクスのかつてセイズモサウルスという別種とされていた個体
(その後同種になった)の33.5m、
ディプロドクスに割合近いスーパーサウルスの33m、
中国のマメンチサウルス近縁種の1個体が35m(この前見つかった)、
そしてこの恐竜が37m

しかし、恐竜化石は発見後調べれば調べるほど推定全長は短くなっていく。
この個体が、35m以上のまま骨格組みあがりに持ち込めるのかどうか?

なお、部分骨格だけならアルゼンチノサウルスが30〜45mとか
アンフィコエリアスという恐竜が48mとか
ブルハスカヨサウルスというインドで発掘されたものが同じくらいとか
カマラサウルスのちょっと主生存時期を外れた地層から出てきたものが40mとか
いうのがあるが、これはごく少数の骨が近似種に比べ何倍の大きさだから
この倍率にした、というだけのもの。
骨に掛かる強度など考えると、超巨大恐竜は部分的な骨の長さ倍率の
2/3乗が全長の倍率だ、位の方が正確なのではと思うがw

13 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 14:01:21 ID:Bgc8/qzv
自重を問題にしない不思議。

14 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 14:21:24 ID:oi59AafZ
この時代は地球の重力が少なかったのだろうか?
いつも思うのだが、こんなでかい恐竜が歩けることに疑問を持たない奴はばか?

15 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 14:27:20 ID:pV3X/g6m
足跡化石が有るのに存在の否定から始めるお前みたいなのが馬鹿

16 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 14:40:42 ID:dCXIiheb
くじらぐらい?
水棲でなくても、こんな巨大生物OKなのか。

17 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 16:08:37 ID:5Z8nywxG
だから、昔は大きな生物しかいなかったと思われるんだよ。
たまには世界最小の恐竜ハッケンとかやってみそ

18 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 16:19:41 ID:rsxcwEsv
あちこちで小さい恐竜も見つかってる。
中国で羽毛の生えかけた奴とか

しかし、キリスト教原理主義創造論者を論破するためには
2chで嫌われる中国で発掘された化石を例示しないといけない。
そこでまた「中国の捏造」云々とw

キリスト狂信邪
中国共産主義ホロン部
電通
サヨク
トヨタ
マイクロソフト
創価

調子コキ物価吊り上げイケてる奴以外全部氏ねなグループと
道徳的にはこうであるべきだが我々の信条に反するやつは全員氏ねな宗教家と
(しかも新興宗教系だと金集めて幹部だけゼイタクしてやがる)
共産主義の奴隷となって最低限の生活で止まれなマルクスキチガイと

世の中で金と権力振り回せるグループはロクなのがないなあwww

19 :素人 ◆GD..x272/. :2006/12/22(金) 19:17:51 ID:M0nJB19K
またレスの付かない古生物スレの誕生か!

出遅れたべ。
もしかしたら、30m強の巨大竜脚類は恐竜時代では珍しい存在ではなく、
生育状況さえ許せば結構普通に存在していたのかも知れんなぁ。

>>14
理論上でも存在可能(一説によると四足動物の体重限界は140t)だから
何の問題もない。むしろ重力変動という方が非現実的現象なのだから、
そっちを信じている方が馬鹿。

>>16
竜脚類は長い首と尾で全長を稼いでいるので、体重はシロナガスクジラ
にはるか及ばない。

>>17
鳥類を除く恐竜で最小のミクロラプトルの発見はニュースになったけど。
鳥類を含めれば現生のハチドリの一種が最小。

20 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 21:05:22 ID:/RIZmhoD
>最小恐竜
小型動物のニッチは哺乳類が占めてたから、小型化出来なかったのではなかったかな……
だから、中生代にはネズミ大以下の恐竜はいなさそう……

21 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 21:10:30 ID:Zm6HwVuD
タイムマシンがあれば恐竜を見に行きたいってのもあるが、
もう一つ、
現在よりも地球に近くて大きく見えていた月を見てみたい。

22 :名無しのひみつ:2006/12/22(金) 21:25:19 ID:tyAHPcfn
ブラキオレイドス

23 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 09:00:03 ID:MCnCShuZ
おい、おまえら!!今日の26:10からジュラシックパークやるよ!!

24 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 09:59:35 ID:jHV08Q3D
やっぱりディプロドクスの亜種かな?

25 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 10:38:39 ID:P7mftD/1
>>15
14だが15は読解力なさすぎ文章を良く読んで欲しい。
>存在の否定から始める
私は存在の否定はしていない。化石が出てきているのに否定できないだろう。

26 :素人 ◆GD..x272/. :2006/12/23(土) 11:23:58 ID:w6rgjT0c
>>25
重力説持ち出してる時点でバカだから。

27 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 13:07:44 ID:P7mftD/1
48トンの恐竜が歩けることに疑問を持たない26がアホ

28 :素人 ◆GD..x272/. :2006/12/23(土) 13:11:16 ID:w6rgjT0c
>>27
計算上、40t級の四足動物の歩行は充分に可能とされてるのに、
感情だけで出来ないと決め付ける奴は、科学N+板には不要。

29 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 13:12:58 ID:RNzTJ+qS
体内に水素を取り入れて軽くしていたのでは?

30 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 13:18:11 ID:RNzTJ+qS
>>20
じゃあトカゲとかって何の子孫?

31 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 13:24:08 ID:TE6Xdm33
>>30
簡単に言うと両生類?
恐竜が生まれる遙か昔からトカゲやヘビ、首長竜等のグループと
恐竜とワニ、翼竜等のグループは枝分かれしてたんだよ

32 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 19:02:55 ID:MpIoxMJY
>>31
アホな質問ですまないけど、鳥類ってどの辺から分岐していったのでしょーか?
始祖鳥とか調べてもよー分からない。。。

33 :素人 ◆GD..x272/. :2006/12/23(土) 19:28:21 ID:w6rgjT0c
>>32
http://epp.eps.nagoya-u.ac.jp/~seicoro/bio/saurischia.html
の鳥群って所から。

最近の研究では、ヴェロキラプトルのようなドロマエオサウルス類は、
始祖鳥よりも鳥に近い事が分かっている。
故に以前は始祖鳥以降が鳥群だったが、現在ではそこを広義として
始祖鳥とドロマエオサウルス類を除いた残りの鳥類を、狭義の鳥群と
する・・・らしい。
つまり鳥という概念を広くみた場合では、ヴェロキラプトルは鳥。

34 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 21:14:01 ID:L+hcI244
あの小さな鎌のような蹴爪も、コエロフィシス類ですらノアサウルスとかで
いる位だし、それほど重要な特徴ではないのだろうか

35 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 22:13:52 ID:PRqumrKh
まだ進化を信じる奴がいるのかw
もう最近の学者でも信じないのにwwアホスwwwwwww

36 :名無しのひみつ:2006/12/23(土) 22:33:02 ID:LtY8Vxh8

時間って、ナンなの?
何で、過去があるの?
現在って?未来って??

今、感じている現在が理解出来ん。


37 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 03:30:02 ID:xwtrJRVP
恐竜の自重
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Jupiter/2914/kyouryuu1.htm

38 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 10:01:56 ID:dkc3+TZg
考えすぎると頭割れてしぬ

39 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 10:51:34 ID:hK3p46Qv
恐竜ってやっぱり体毛なかったのかな?

37bで体毛ふさふさだったら いいなぁ…

40 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 13:21:43 ID:K7BqFdQ+
古代生物にはロマンがありますな

41 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 13:50:20 ID:MC200sCz
現在のワニとかの感覚で考えるのが間違い。
どちらかというと鳥に近い生き物なので、見た目よりずっと軽い。

42 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 14:42:16 ID:t6g/vlPn
結局恐竜って温血なの?冷血なの?

43 :素人 ◆GD..x272/. :2006/12/24(日) 19:03:36 ID:dhwUKxYE
>>42
本物を見ない限り真実は分からない。

初期の鳥類が不完全な恒温性だったらしいので、恐竜も不完全
な恒温というのが今の所の多数派。あるいは種類によって恒温
の程度は異なるかもしれない。

巨大な竜脚類の場合、代謝的には変温であっても体の容量で
温度を維持する「慣性恒温」だったと考える人もいる。

44 :名無しのひみつ:2006/12/24(日) 19:52:44 ID:1oFALh6W
始祖鳥って今のトリじゃないってまじ?

45 :名無しのひみつ:2006/12/25(月) 00:46:13 ID:KmJ3kLg0
> 全長37メートル、体重48トンに達する最大級の恐竜の骨格化石を現地の

一匹倒しただけで、凄いお肉の量で食いきれなかっただろう。
味はやっぱり鶏肉に似てたのか。
地球に住んでる全生物の体重の合計は
時代に関係なく変わりないのではないか。
水分を除いた以外の化学成分量の合計は一定とかw





46 :名無しのひみつ:2006/12/26(火) 12:02:08 ID:FtwDmxBw
>>44
現生鳥類の祖先ではなかったが鳥ではある。って感じじゃなかったっけ?

47 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 03:04:14 ID:BjijqdL2
>>45
各時代の全生物の大まかな体重の合計は食物連鎖の
最下層の植物プランクトン辺りの量に比例しそうだねぇ。

48 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 17:48:40 ID:eRmfmS4u
>>42
あなたの言う温血≒恒温動物だと仮定しよう。
大型恐竜の大部分が「慣性恒温」だった可能性はかなり高い。
慣性恒温動物≒恒温動物と仮定するならば、
A.恐竜:恒温動物≒温血

だが、現在知られている恐竜の大半が変温動物であることは間違いない。
なぜなら、恐竜の表皮に表面積を稼ごうと努力した形跡が認められない
から。(この事実は慣性恒温説を補強する)
ここで冷血≒変温動物と仮定するならば、
B.恐竜:変温動物≒冷血

A.B.より恐竜:冷血≒温血

49 :名無しのひみつ:2006/12/27(水) 23:01:09 ID:Hs+mIIVT
サーベルタイガー見てみたい。

50 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 00:07:32 ID:lJ4WvRl/
当時の気温が30〜40度ならば変温も恒温もあるまい。

51 :名無しのひみつ:2006/12/28(木) 00:42:51 ID:+nfWtWvT
His judgement cometh and that right soon

男性諸君、結婚すると不幸になる。女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪い+嘘つき+女同士も上辺仲良し裏では悪口三昧
女の成分はA(性悪陰湿残忍+損得自己中感情)+B(良い女演技+体形+整形化粧+ファッション)
↑良い女演技は好きな男>>異次元>>男集団>他人の順に良くなる。年齢とともにBのメッキがはがれ内外ともに醜くなる(Aの良い女は極少数)
女は「人生の不良債権、北朝鮮、金メッキを施したゴキブリ」
社会的に男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、女尊男卑〜結婚しようとする君を彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★結婚は保留し、沢山の女性と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★避妊必須
★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★

それでも結婚する君へ究極護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により、自分の稼いだ財産はすべて自分の物
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、男達には卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、生き埋めにするか、脚と腕を不自由にして、戦えなくし奴隷とした
・王位継承権が女性にだけあった古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
・日本でも卑弥呼が女王
http://kr.img.dc.yahoo.com/b1/data/dci_etc/76.wmv ←女集団が、女一人をリンチしている動画(執拗に蹴り続けながら皆楽しんでる

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)